お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

南東向きの部屋の日当たりは?どんな人に向いているの?【マンション】

お空

南東向きの部屋の日当たりはどう?という疑問を解決します!時間帯別の日当たりの良さや、南東向きのメリットとデメリット、南東向きの部屋に向いている人の特徴はもちろん、ほかの方角の日当たりとの比較も紹介します!

南東向きは午前中の日当たりが良い

南東は、南向きの日当たりの良さと東向きの午後の日差しの少なさを持ち合わせた、バランスの良い方角です。

南東向きは、朝早くから日が差します。お昼を過ぎても日は差しますが、南向きと比べると日が陰ってくるので暑くなりにくいです。

季節や場所にもよりますが、南東の日照時間は約8時間と言われていて、南向きは約9~12時間と長く、北向きは約7時間と短いので、南東向きの日照時間は長すぎず短すぎず丁度良いでしょう。

不動産屋によっては、南東向きのことを「東南向き」や「巽(たつみ)向き」という場合がありますが、南東向きと意味は一緒です。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

南東向きのお部屋のメリット・デメリット

南東向きのお部屋のメリットとデメリットを紹介します。

南東向きのお部屋のメリット

メリット

南東向きのお部屋には、以下の3つのようなメリットがあります。

・朝暖かい
・洗濯物が乾きやすい
・夏でも暑くなりすぎない

朝暖かい

午前中からしっかり日が差し込むので、お部屋が朝から暖かくなり朝日を浴びられます。体のリズムや自律神経が整うので、健康志向の人にもおすすめです。

洗濯物が乾きやすい

東向きよりも日当たりが良いので、厚手の洗濯物でも乾きやすいです。毎日大量の洗濯物がある家族や、週末にまとめて洗濯する人でも安心です。

夏でも暑くなりすぎない

南向きは、日当たりが良すぎて夏は暑すぎる場合がありますが、南東向きは午後から日が陰るので南向きと比べると過ごしやすいです。

南東向きのお部屋のデメリット

デメリット

南東向きのお部屋のデメリットと一緒に、対処方法も紹介します。デメリットは下記の2つです。

・二度寝しづらい
・物が痛みやすい
・カーテンや家具などが日焼けしやすい

二度寝しづらい

朝の日当たりが最も良いメリットがある反面、休みの日でも朝日が眩しくて目が覚めてしまう場合があります。

遮光カーテンを使っても眩しい場合は、遮光シートを窓に貼ると良いです。朝の強い日差しを遮ってくれます。

ただし、お部屋が暖まりにくくなってしまうので、お部屋を暖めたいなら、寝る場所を窓際から離したほうが良いです。

食べ物が痛みやすい

南東向きのお部屋は日が当たっている時間が長いため、窓際に食べ物を置いているとすぐに傷んでしまいます。直射日光を避けるべきものの置く場所には注意が必要です。

家具やフローリングが日焼けしやすい

日当たりの良い時間が長い分、窓に近いカーテンや家具、フローリングなどが日焼けしやすいです。

窓に遮光フィルターを貼ったり、カーテンを遮光性の高いものに替えたりして対策しましょう。

日当たりは物件の方角だけでなく実際の部屋の窓で判断すべき

南東向きの物件でも、日を浴びる目的で使いたい部屋にある窓が南東にあるかを確認しましょう。

図面には主要採光面の方角が書いてあります。主要採光面とは、採光上有効な窓として1番大きいものが取り付けられている面のことで、基本的にバルコニーが付いている方角を差すことが多いです。

寝室や居室など、バルコニーが付いていない部屋の窓が南東を向いているかどうかは、物件によって違うので注意しましょう。

南東向きのお部屋が向いている人の特徴

窓辺
南東向きのお部屋が向いている人の特徴をまとめてみました。南東向きのお部屋に住もうと考えている人は、自分が当てはまるか確認してください。

・生活スタイルが朝型の人
・生活リズムを整えたい人
・日中部屋にいることが多い人
・洗濯物が多い人
・寒いのが苦手な人

他の方角の日当たりとの比較

お部屋の日当たりは、窓が向いている方角によって大きく異なります。それぞれの方角ごとに日当たりの特徴をまとめました。

表のなかの青い文字をタップすると、それぞれの方角のお部屋について詳しく解説した記事に移動できます。

北向き 1日を通して日当たりが悪い
北東向き 早朝は日が当たる、正午前には日が差さなくなる
東向き 朝方の日当たりが良い
南東向き 朝方の日当たりが良い、午後から日が陰ってくる
南向き 1日を通して日当たりが良い
南西向き 昼前くらいから日が差す、夕方の日当たりが良い
西向き 夕方の日当たりが良い
北西向き 夕方から西方向から日が差す

快適な日当たりの方角は、ライフスタイルによって異なります。ただし、一般的には日当たりが良い方角のお部屋ほど家賃が相場よりも高めです。

日本では、南向きのお部屋が1番家賃が高く、次に東向き、西向き、北向きの順に家賃が安くなる傾向にあります。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識