部屋探しはいつから?何ヶ月前から物件探しを始めるの?【引っ越し】

部屋探しの知恵

鈴木

この記事の監修:鈴木
「イエプラ」宅建主任士

この記事の監修:鈴木
「イエプラ」宅建主任士

部屋探しをいつから始めればいいかのイメージイラスト

引っ越しの何ヶ月前に物件探しを始めるべきなの?いつから動くのがベスト?という疑問にお答えします!また、不動産屋に行く前にすべきことを具体的に解説し、部屋探しにおすすめの時期などもご紹介します。

不動産屋に行き始めるのは2ヶ月前から

お部屋探しは、入居希望日の2ヶ月前くらいから不動産屋に行き始めましょう。

賃貸物件は入居を予約したり取り置きしたりできないので、2ヶ月以上前からお部屋を探しても、入居までに他の人が借りてしまう可能性が非常に高いです。

また、物件の入居手続きには最短でも2週間ほどかかるので、1ヶ月前からでは、気に入る物件が見つかる可能性が低くなってしまいます。

不動産屋に行く前はネットで物件を探すべき

不動産屋に行って、実際にお部屋の内見をする前には、インターネットで気になる物件を探しておきましょう。

調べた物件が不動産屋に行く日まで空室のままとは限らないので、あくまで「どんな物件があるのか」の参考程度に考えると良いです。

また、物件情報と同時に、住みたい地域の家賃相場などについて詳しく調べましょう。家賃相場が分かれば、大体どれくらいの家賃のお部屋が多いのか分かります。

家賃相場以外には、治安や交通の便など、住みやすさについて調べると良いです。住みたい地域について「〇〇 住みやすさ」などの言葉で検索すれば、地域についての詳しい情報が分かります。

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

不動産屋に行く前にやっておくべき5つのこと

不動産屋に行く前の準備期間にやっておくべきことを5つ紹介します。以下の点をしっかりと準備しておくことで、より良い物件探しができます。

①お部屋の希望条件を具体的に決める
②物件の周辺情報を集める
③入居に必要な費用を計算する
④より良い不動産屋を選ぶ
⑤不動産屋へ予約しておく

①お部屋の希望条件を具体的に決める

以下のような観点から、自分がどんなお部屋に住みたいのか希望条件を具体的に決めましょう。具体的であればあるほど、物件情報サイトや不動産屋でお部屋を探しやすいです。

・家賃
・間取り
・キッチンの広さ
・何階にあるお部屋か
・日当たりの良さ
・お風呂とトイレが別々か
・独立洗面台などの設備があるか
・周辺地域の買い物環境
・周辺の治安が良いか
・駅までの距離
・学校や勤務先までの距離

また、同時に希望条件に優先度をつけておくと良いです。

希望条件全てを満たしている物件はほとんど見つからないので、優先度が低い条件から妥協していけば、より理想に近い物件を探しやすいです。

②家賃相場を調べる

自分の希望条件に近い物件や、住みたい地域の家賃相場を調べておきましょう。どれくらいの家賃の物件があるのか分かるので、家賃が割高なお部屋を借りずに済みます。

以下の記事は、東京の家賃相場についてまとめています。路線や地域ごとの家賃相場を参考にしてください。

▶東京の家賃相場についての詳細はこちら

また、割高な物件だけでなく、異常に家賃が安い物件も不用意に契約しないほうが良いです。

不自然に割安な物件は、騒音がある、虫が多いなど、なかなか入居者がつかない理由がある場合が多いです。

③入居に必要な費用を計算して準備しておく

入居に必要な費用を事前に計算して、初期費用を準備しておきましょう。引っ越しにかかる費用は、主に「賃貸契約の初期費用」「家具や家電の購入費用」「引っ越し費用」の3つです。

賃貸契約の初期費用は、家賃の4.5~5ヶ月分くらいが相場です。例えば、家賃8万円の物件なら36~40万円くらいかかります。

家具や家電の購入費用は、生活に必要な物を全てそろえると20万円ほどかかってしまいます。現住所から持って行ける物は持って行くようにして費用を抑えましょう。

引っ越し費用は、引っ越す時期や荷物の量によって大きく変わります。引っ越す距離が近いな荷物を車に乗せて自分で引っ越すと良いです。

▶一人暮らしを始めるのにかかる費用の詳細はこちら

④より良い不動産屋を選ぶ

条件に合う良い物件が見つかったら、取り扱っている不動産屋を確認しましょう。信頼できる不動産屋を選ぶことが何よりも大切です。

時間にルーズな不動産屋を使うと手続きに時間がかかったり、悪質な業者だと、不人気な長期の空室物件を紹介される場合もあります。

なるべく、1つの業者だけでなく、2~3件の不動産屋に行ってみて、もっとも良い対応をする店舗を選びましょう。頼りになる不動産屋は、値引き交渉などに応じてくれることもあります。

▶良い不動産屋の見分け方はこちら

⑤不動産屋へ予約しておく

不動産屋に行く前には、予約してからのほうが良いです。予約をせずに不動産屋に行った場合、長時間待たされたり、内見できる物件件数が限られる可能性があるからです。

土日の休みを使って物件探しをしようと考えている人は、特に予約してから不動産屋に行くことをおすすめします。平日に比べると、土日は不動産屋も混み合っています。

部屋探しにおすすめな時期は?

カレンダーとミニカー
できるだけたくさんの物件情報からお部屋を探したい人は、1~3月の部屋探しがおすすめです。

1~3月は引っ越しシーズンなので、空室になる物件がたくさんあります。ただ、競争相手が多い時期でもあるので、早く申し込まないと良い物件はすぐに埋まってしまいます。

また、良い物件に住むことよりも費用を抑えることを優先したい人は、4~8月の部屋探しがおすすめです。

とくに7月上旬~8月上旬は、入居希望者が1年間でもっとも少なくなる時期なので、家賃や初期費用などの値引き交渉が成功しやすいです。

繁忙期の1~3月に比べると物件の数は少なくなりますが、不動産屋の手が空いているので、時間をかけて部屋探しを手伝ってくれます。

▶月別の部屋探し時期の特徴についてはこちら

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザに驚く女性のイラスト
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

スマホを持っている手の写真
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

綺麗な内装のお部屋
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

探偵のイメージ写真
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

2、3月のイメージイラスト
【不動産屋が解説】2月・3月に引っ越しするなら知っておくべき時期的な注意点

 

東京タワーがある風景
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

電卓と万力で圧縮されている小銭
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

家のアイコンを持っている手のイメージ
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

書類を持って悩んでいる女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

綺麗な内装のお部屋
未公開物件はレインズにある?ネットに載っていない物件を探したい!

 

不動産屋と握手している写真
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき4つの理由

 

複数の不動産屋が相談している写真
複数の不動産屋を回るのはあり?良い不動産屋を見極めるポイントを大公開!

 

鍵のイメージ写真
家賃交渉で失敗しない人の4つのやり方を大公開!相場やタイミングは?

 

通帳とお金と電卓
賃貸契約の初期費用とは?内訳や安くするコツを徹底紹介!

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly