お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

部屋探しは何ヶ月前からする?いつから始めればスムーズに引っ越しできる?

部屋探しをいつから始めればいいかのイメージイラスト

お部屋探しは何ヶ月前からするべき?という疑問に答えます!理想のスケジュールから、スムーズ入居するために準備しておくべきことを解説します。

安く引っ越せる時期や、良い不動産屋を見分けるコツも紹介するので、引っ越しを考えている人はぜひ参考にして下さい!

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

お部屋探しは入居希望日の1ヶ月半~2ヶ月前から始めるべき

お部屋探しは、実際に入居したい希望日の1ヶ月半~2ヶ月前から始めましょう。

例えば、4月中に引っ越したいなら2月中にはお部屋探しを始めた方が良いです。以下で、4月1日に入居したい場合の理想のスケジュール例を紹介します。

部屋探しスケジュール

お部屋を決めて申し込んでから、鍵を受け取るまでに2週間はかかるので余裕を持ってすすめましょう。具体的な流れについては後ほど詳しく解説します。

時間がない人はすぐに不動産屋に連絡するべき

もし急いで引っ越したい場合は、すぐに不動産屋に連絡するべきです。入居日まで時間がないことを伝えれば、優先的に対応してくれます。

忙しくて不動産屋に行く時間がないという人は、ネット上の不動産屋「イエプラ」がおすすめです。

深夜0時までチャットやLINEでリアルタイムで相談できます。不動産屋が休みが多い水曜日でも相談できるので、平日休みの人にもピッタリです。

不動産業者だけが有料で見られる物件情報サイトから紹介してくれるので、SUUMOやHOME’Sに載っていないお部屋も紹介してくれます。

イエプラボタンバナー

お部屋探しの具体的な流れ

お部屋探しの具体的な流れを解説します。希望の入居日に間に合わせたい人は是非参考にしてください。

入居日の1ヶ月半~2ヶ月前までは情報収集

入居日の1ヶ月半~2ヶ月前までは、ネットや雑誌などで住みたいエリアやどんな物件があるのかなどの情報収集をしましょう。

予算や希望条件がある程度決まっていれば、不動産屋に行ってからスムーズにお部屋を紹介してもらえます。

入居日の3週間前に不動産屋でお部屋探し

3週間前になったら、不動産屋に行ってスタッフと相談しながらお部屋を探します。

不動産屋は予約なしで行っても対応してもらえますが、予約した方が良いです。特に繁忙期は混み合うので長時間待たされたり、最悪の場合は対応を断られてしまいます。

入居日の2週間前に入居申し込みする

お部屋が決まったら、入居日の2週間前までに入居申込します。

申し込むと、収入や職業などを元に「この人を入居させて問題ないかどうか」を判断する審査がおこなわれます。

入居審査に通ったら、契約書を交わし初期費用を支払います。その後、鍵を受け取れれば入居できます。

入居日の1週間前までに荷造りしておく

入居日の1週間前までに荷造りしておきましょう。引っ越し後すぐに使わないシーズンオフの洋服や、アルバムなど思い出の品から段ボールに詰めるのがコツです。

新居ですぐに使いたいものはまとめて段ボールに入れて、印を付けておくと引っ越し後にスムーズに生活が始められます。

お部屋探しが早すぎると余計な家賃がかかる

入居日の2ヶ月以上前など、お部屋探しのタイミングが早すぎると余計な家賃が発生します。

良いお部屋が見つかったとしても、希望の入居日までキープしたり、家賃の発生を待ってもらうことはできないからです。

実際に住んでいるわけでもないのに、家賃の支払いが発生してしまうので注意してください。

前の住人が退去したばかりでクリーニングやリフォームで時間がかかる物件や、新築物件は入居日を先延ばしにできるので不動産屋に相談してみましょう。

ちなみに、遅すぎるのも良くありません。入居審査には2週間かかるため、間に合わない可能性が高いです。

時期にこだわりがなければ閑散期に探すのがおすすめ

引っ越し時期にこだわりがなければ、6~8月の閑散期がおすすめです。引っ越す人が少ないため、家賃が安く設定されているからです。

閑散期に空室のままだと次の繁忙期までお部屋が埋まらない恐れがあるため、大家さんが費用交渉に応じてくれる可能性が高いです。

引っ越し業者の閑散期でもあるので、費用が安く済みます。ただし、8月でもお盆は引っ越す人が増えるためやや高めに設定されています。

繁忙期は費用が割高になりやすい

1~3月と9~10月の繁忙期は、費用が高くなりやすいです。引っ越す人が多いため、家賃が高めに設定されているからです。

次から次へと入居希望者が訪れるため、費用交渉にも応じてくれません。

ゴールデンウィークやお盆など長期休暇も、引っ越す人が増えるため費用が割高になります。費用を抑えたい人は避けるのがおすすめです。

不動産屋に行く前にするべきこと

不動産屋に行く前にするべきことを6つ紹介します。事前に準備しておけば、お部屋探しがスムーズにすすみます。

・入居予定日をある程度決めておく
・お部屋の希望条件を具体的に決める
・住みたいエリアの情報を集める
・事前にネットで物件情報を見ておく
・必要な費用を計算する
・不動産屋の来店予約をする

入居予定日をある程度決めておく

あらかじめ入居したい日を決めておきましょう。不動産屋に入居予定日を伝えれば、自分の予定日に合った物件を探してくれます。

予定日は「入社が4/8なので1週間前までには引っ越ししたい」「入学まで余裕があるので4/1頃予定」など、ざっくりで大丈夫です。

ただし、お部屋の工事や清掃等の都合で、入居日を若干ずらされることがあります。

特に新築は工事が遅れると、入居日に間に合わない可能性があるので注意してください。

お部屋の希望条件を具体的に決める

自分が住みたいお部屋の条件は、具体的に決めておきましょう。決めておかないと、理想のお部屋が探しにくいです。

最低限決めるべき条件は以下の通りです。

・家賃目安(予算)
・住みたいエリア(通勤通学時間)
・間取り
・駅徒歩何分までなら妥協できるか
・必要なお部屋の設備

特に家賃は最も大事な条件です。手取りの3分の1以下を目安に予算を決めましょう。

住みたいエリアもいくつかピックアップしておいてください。特に希望のエリアがない場合、通勤通学時間が1時間以内の範囲で探すのがおすすめです。

希望設備はこだわり過ぎると家賃が高くなります。優先度を決めて、どうしても譲れない条件は2~3つに絞っておくべきです。

▶お部屋の条件の決め方に関する詳しい解説はこちら

住みたいエリアの情報を集める

住みたいエリアがある程度決まっている人は、周辺の情報を集めておきましょう。

具体的には「家賃相場」「駅周辺の買い物スポットや施設」「物件周辺の環境」はチェックすべきです。

治安が心配な人は、警察が公表している犯罪発生状況を確認しておくと安心です。

事前にネットで物件情報を見ておく

不動産屋に行く前に、SUUMOやHOME’Sなどの物件探しサイトで気になる物件をピックアップしておきましょう。

選んだ物件を不動産屋に伝えれば、そのまま空室確認と内見予約をしてくれます。

もし空室じゃなくても、選んだ物件に近いものを不動産屋が探してくれます。

必要な費用を計算する

電卓で計算している女性
希望の家賃の物件に住むためにいくら必要なのか、事前に計算するべきです。

必要な費用は「賃貸契約の初期費用」「引っ越し費用」「家具・家電の購入費」の3つです。

賃貸契約の初期費用の相場は、家賃の4.5~5ヶ月分ほどです。引っ越し費用は距離や荷物量で変動しますが「約5~10万円」で、家具・家電の購入費は「約10~15万円」です。

家賃6万円のお部屋に引っ越しする場合は「約42~55万円」必要になります。

▶必要な初期費用の目安詳細はこちら

不動産屋の来店予約をする

不動産屋での待ち時間を少なくするためにも、事前に来店予約をしておきましょう。予約はメールがおすすめですが、急いでいる人は電話してください。

特に1月~3月は不動産屋の繁忙期なので、予約しないと対応してもらえない恐れがあります。

また、事前に希望条件を伝えれば、物件を探しておいてくれる場合もあります。

良い不動産屋を見分けるコツ

スムーズにお部屋探しをサポートしてくれる、良い不動産屋の探し方を紹介します。以下の特徴があるお店は、良い不動産屋である可能性が高いです。

・初回問い合わせで来店を急かさない
・宅建免許を更新している
・広告に使用禁止用語を使っていない
・店内がキレイに整理整頓されている

問い合わせ時に来店を急かす不動産屋には要注意です。実際は入居できない「おとり物件」で客を釣り、無理矢理他の物件を紹介している可能性が高いです。

また、不動産屋のサイトに掲載されている「宅建免許」の「東京都知事(★)第○○○号」の部分もチェックすべきです。

★の部分の数字が1だと、お店の営業年数が5年未満である証拠です。営業年数の多い大手の不動産屋より、対応が雑かもしれません。

不動産屋は複数はしごしても良い

不動産屋は、複数はしごしてもOKです。なるべくたくさんのお部屋を見比べたい人は、複数の不動産屋をはしごしていることが多いです。

はしごすると、自分に合った営業マンを見つけやすいというメリットもあります。

SUUMOやHOME’Sで見つけた物件はどこのお店でも紹介してくれるので、良い営業マンがいたらその人に対応してもらいましょう。

また、お店によって仲介手数料などの必要費用が異なるため、費用比較もできます。

▶不動産屋のはしごについての詳細はこちら

大手と地域密着型だとどっちが良い?

たくさんの物件を見たいなら、大手不動産屋がおすすめです。不動産屋専用のサイト「レインズ」「ATBB」を使って、多くの物件候補を紹介してくれます。

予算が低く家賃交渉したい人は、地域密着型不動産屋がおすすめです。

大家さんと密接な関係にあるため、家賃の値下げや礼金の取り下げなどの交渉が上手です。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

深夜0時までネット上で営業している不動産屋「イエプラ」なら、空き時間にチャットで希望を伝えるだけで、無料でお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESで見つからない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える更新が早い特別な物件情報サイトが無料で見れるように手配してくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す


follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について