お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

お部屋探しはいつからすべき?何ヶ月前が理想?スムーズに引っ越すコツを紹介!

部屋探しをいつから始めればいいかのイメージイラスト

引っ越したいけど、お部屋探しは何ヶ月前からするべき?という疑問に答えます!

お部屋探しの理想のスケジュールから、入居までスムーズに進めるためのコツを解説します。

安く引っ越せるオススメの時期も紹介するので、引っ越しを考えている人はぜひ参考にして下さい!

お部屋探しは入居日の1ヶ月半~2ヶ月前から始めるべき

お部屋探しは、入居日の「1ヶ月半~2ヶ月前」から始めましょう。4月中に引っ越したいなら2月中にはお部屋探しを始めた方が良いです。

以下は、4月1日に入居したい場合の理想のお部屋探しスケジュールです。

部屋探しスケジュール

申し込む物件が決まっても、入居までには審査や引っ越し作業で時間がかかります。

物件にもよりますが、申し込んでから入居するまで約2週間はかかると思って良いです。

そのため、入居日の約2週間前には、お部屋の候補を2~3件は確保しましょう。複数物件チェックしておけば、審査に落ちた場合の保険になります。

早すぎるとダメな理由

入居日の2ヶ月以上前など、お部屋探しのタイミングが早すぎるのは良くありません。

退去したばかりや新築物件の場合は、ある程度入居日を先延ばしできますが、それ以外の物件は入居日までお部屋をキープできません。

そのため、入居審査後に決められた入居日から、実際に入居するまでの間の家賃が発生してしまいます。

遅すぎるとダメな理由

お部屋探しが遅すぎるのも良くありません。良いお部屋は他の人に取られ、なかなか見つからないからです。

また、申し込みや審査に時間がかかり、入居したい日に間に合わない恐れがあります。

荷造りや引っ越し業者の手配、ライフラインの手続き等もしなければならず、入居日までかなり慌ただしくなります。

マル秘イエプラバナー

不動産屋に行く前にやっておくべきこと

不動産屋に行く前に以下のことをしておけば、お部屋探しがスムーズに進みます。

・入居予定日をある程度決めておく
・お部屋の希望条件を具体的に決める
・住みたいエリアの情報を集める
・事前にネットで物件情報を見ておく
・必要な費用を計算する
・不動産屋の来店予約をする

入居予定日をある程度決めておく

あらかじめ入居したい日を決めておきましょう。不動産屋に入居予定日を伝えれば、自分の予定日に合った物件を探してくれます。

予定日は「入社が4/8なので1週間前までには引っ越ししたい」「入学まで余裕があるので4/1頃予定」など、大雑把で大丈夫です。

ただし、お部屋の工事や清掃等の都合で、入居日を若干ずらされることがあります。特に新築は工事が遅れると入居日もずらされます。

お部屋の希望条件を具体的に決める

自分が住みたいお部屋の条件は、具体的に決めておきましょう。決めておかないと、理想のお部屋が探しにくいです。

最低限決めるべき条件は以下の通りです。

・家賃目安(予算)
・住みたいエリア(通勤通学時間)
・間取り
・駅徒歩何分までなら妥協できるか
・必要なお部屋の設備

特に家賃は最も大事な条件です。自分の手取りに合わせて、予算を決めましょう。

住みたいエリアも重要ですが、特に希望のエリアがない場合、通勤通学時間が1時間以内の範囲で探しましょう。

設備はこだわり過ぎると家賃が高くなります。「室内洗濯機置き場・エアコン付き」程度であれば、安いお部屋が多いのでおすすめです。

▶お部屋の条件の決め方に関する詳しい解説はこちら

住みたいエリアの情報を集める

住みたい場所がある程度決まっている人は、エリア情報を集めておきましょう。

具体的に「平均家賃相場」「駅周辺の買い物スポット」「物件周辺の環境」はチェックすべきです。

治安が心配な人は、犯罪発生状況や駅から物件までの道の明るさもチェックしましょう。

事前にネットで物件情報を見ておく

不動産屋に行く前に、SUUMOやHOME’Sなどである程度気になる物件をピックアップしておきましょう。

選んだ物件を不動産屋に伝えれば、そのまま空室確認と内見予約をしてくれます。

もし空室じゃなくても、選んだ物件に近いものを不動産屋が探してくれます。

必要な費用を計算する

電卓で計算している女性
希望の家賃の物件に住むためにいくら必要なのか、事前に計算するべきです。

必要な費用は「賃貸契約の初期費用」「引っ越し費用」「家具・家電の購入費」の3つです。

賃貸契約の初期費用の相場は、家賃の4.5~5ヶ月分ほどです。引っ越し費用は距離や荷物量で変動しますが「約5~10万円」で、家具・家電の購入費は「約10~15万円」です。

家賃6万円のお部屋に引っ越しする場合は「約42~55万円」も必要になります。

▶必要な初期費用の目安詳細はこちら

不動産屋の来店予約をする

不動産屋での待ち時間を少なくするためにも、事前に来店予約をしておきましょう。

特に1月~3月は不動産屋の繁忙期なので、予約しないと対応してくれない恐れがあります。

また、事前に希望条件を伝えれば、物件を探しておいてくれる場合もあります。

引っ越しを急いでいる場合は不動産屋に相談すべき

受験や就職のせいでお部屋探しがギリギリになってしまった人は、すぐに不動産屋に相談しましょう。即入居可の物件を紹介してくれます。

それでもお店に行く暇がないという人は、チャット不動産屋「イエプラ」がおすすめです!

チャットやLINEで希望条件を伝えるだけで、プロの不動産スタッフが最適なお部屋を探してくれます。

深夜0時まで対応しているので、寝る前のちょっとした時間にお部屋を探せます。まさに時間がない人にぴったりです。

SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件も紹介してくれるので、たくさん物件を見たい人にもおすすめです!

イエプラボタンバナー

良い不動産屋の探し方

スムーズにお部屋探しをサポートしてくれる、良い不動産屋の探し方を紹介します。

以下の特徴があるお店は、良い不動産屋である可能性が高いです。

・初回問い合わせで来店を急かさない
・宅建免許を更新している
・広告に使用禁止用語を使っていない
・店内がキレイに整理整頓されている

問い合わせ時に来店を急かす不動産屋には要注意です。架空の「おとり物件」で客を釣り、無理矢理他の物件を紹介している可能性が高いです。目当ての物件は紹介してくれません。

また、不動産屋のサイトに掲載されている「宅建免許」の「東京都知事(★)第○○○号」の部分もチェックすべきです。

★の部分の数字が1だと、お店の営業年数が5年未満である証拠です。営業年数の多い大手の不動産屋より、対応が雑かもしれません。

不動産屋は複数はしごしても良い

不動産屋は、複数はしごしてもOKです。なるべくたくさんのお部屋を見比べたい人は、複数の不動産屋をはしごしていることが多いです。

また、自分に合った営業マンを見つけやすいというメリットもあります。ストレスなくお部屋探ししたい人にとってはメリットです。

SUUMOやHOME’Sで見つけた物件はどこのお店でも紹介してくれるので、良い営業マンがいたらその人に対応してもらいましょう。

また、お店によって仲介手数料などの必要費用が異なるため、費用比較もできます。

▶不動産屋のはしごについての詳細はこちら

大手と地域密着型だとどっちが良い?

たくさんの物件を見たいなら、大手不動産屋がおすすめです。不動産屋専用のサイト「レインズ」「ATBB」を使って、多くの物件候補を紹介してくれます。

予算が低く家賃交渉したい人は、地域密着型不動産屋がおすすめです。

大家さんと密接な関係にあるため、家賃の値下げや礼金の取り下げなどの交渉が上手です。

時期別のお部屋探しの傾向

お部屋探しするにあたって知っておきたい、不動産業界の傾向を時期別に紹介します。

1月~3月は繁忙期

1月~3月は、不動産屋が最も混み合う繁忙期です。学生や社会人など、新生活に合わせてお部屋を探す人が多いからです。

入居希望者がかなり多く、スピード勝負です。気に入っていた物件を他の人に取られないよう、早めに申し込むべきです。

また、他の時期よりも家賃が高めに設定されています。家賃交渉はできないと考えましょう。

6月は最も家賃が安くなる

「6月は最も家賃が安くなる」のイメージイラスト
6月は、不動産屋の閑散期です。引っ越す人が少ないため、家賃が最も安く設定されています。

また、大家さんや管理会社が費用交渉に応じてくれる確率も高いです。閑散期に空室だと、次の繁忙期までお部屋が埋まらない恐れがあるからです。

もし引っ越し時期を選べるなら、6月頃が最もお得でおすすめです。引っ越し業者の閑散期でもあるので、引っ越し費用も安く済みます。

9月~10月も繁忙期

9月~10月も、不動産屋の繁忙期です。秋の人事異動で、引っ越す社会人が増えるからです。

1~3月ほどではありませんが、閑散期に比べてやや家賃が高くなります。費用交渉にもあまり乗ってくれません。

長期休暇は割高になりやすい

GWやお盆などの長期休暇は、家賃や引っ越し費用が割高です。休日を狙って引っ越す人が多いからです。

お部屋探しのために不動産屋に訪れる人も多いので、来店予約しておいた方が良いです。

ちなみに、年末年始は多くの不動産屋がお休みです。お店によって期間が異なるので、いつからいつまで休みなのか、お店のHPで事前に確認しましょう。

引っ越しまでに必要な費用まとめ

メモする人のイラスト
スムーズに引っ越すためには、必要な費用を事前に準備しておく必要があります。

主に必要な費用は「初期費用」「引っ越し費用」「家具家電購入費」の3種類です。以下で、それぞれ大体いくらかかるのかまとめました。

賃貸の初期費用:家賃4.5~5ヶ月分
引っ越し費用:約5~7万
家具家電購入費:約7~10万

例えば家賃が6万円なら、必要費用は約39~47万円です。少し高めの家賃8万円なら、必要費用は約48~57万円です。

もしも必要費用が用意できない場合、分割払いが可能かどうか確認しましょう。お店によってはカード払いできなかったり、カードの発行が必要な場合があります。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す


follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識