お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

内見予約したのに掲載終了している理由は?内見前に埋まったらどうしたらいい?

内見予約したのに掲載終了した理由は!?のイメージイラスト

気になる物件の内見予約をしていたのに、物件が掲載終了してしまっていた!という人の疑問や悩みを解決します。

掲載終了してるのはなぜ?もう申し込みできないの?という疑問にもお答えします!

これから内見する予定の人や、他の人に物件を取られたくない人はぜひ参考にしてください!

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

内見予約していても入居申込があるとに掲載終了される

スーモやホームズなどの物件検索サイトで、内見予約していたにも関わらず掲載終了するのは他の人が入居申込をしたからです。

内見予約は何人でも受け付けていますが、申し込みは基本的に先着1名しか受け付けできません。お部屋は早い者勝ちのため、内見予約していても先に申し込みした方が優先されます。

稀に2番手で申し込みを受け付けてくれる場合があります。2番手で申し込めば、先に申し込んだ人がキャンセルした場合繰り上がりで契約できます。

2番手を受け付けてくれることはかなり稀ですが、どうしても諦められない物件がある場合は不動産屋に尋ねてみましょう。

物件の広告掲載の流れ

一般的に、物件検索サイトに掲載されているお部屋は、複数の不動産屋が同時に募集しているケースが多いです。

広告掲載の流れがわかるイラスト

例えば、自分が「A不動産」で内見予約していたとしても、別の人が先に「B不動産」で入居申込した場合は、その時点で掲載終了になることがあります。

募集に関わっている不動産屋すべてが情報を把握し、情報を更新するまでには時間がかかります。そのため、掲載終了にタイムラグが発生することを覚えておきましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
特に繁忙期は物件の動きが早いため、情報更新に時差が出やすいです。タッチの差で他の人に申し込まれてしまったということもザラなので、気になる物件は早めに内見に行って申込むのがおすすめです。

内見予約したのに掲載終了していたら不動産屋に連絡するべき

内見予約したのに掲載終了していたら、まずは不動産屋に電話で連絡してみましょう。すでに申込みが入ってしまったという場合は、内見予約は取り消しできます。

不動産屋からなんの連絡もなかったり、申込状況を隠して強引に来店を勧めてくる場合は「おとり物件」の可能性があります。

おとり物件とは「実際は契約できないのにサイトや店頭に掲載されている物件」のことです。釣り物件やおとり広告とも呼ばれています。

おとり物件に騙されないためには、本当に空室なのかどうかを確認する必要があります。

阿部さんのアイコン 阿部
2021年2月に発表した「インターネット賃貸広告の一斉調査報告(第8回)」によると、調査対象335物件のうち41件が「おとり物件」でした。割合にすると約12%がおとり物件です。誰でも騙されてしまう可能性があるので注意しましょう。

おとり物件の主な特徴は「相場に対して家賃が安い」「募集広告に物件名が表記されていない」などです。

また、物件の画像がなかったり、複数の物件で使いまわししているケースも怪しいです。

当てはまるからといって全てがおとり物件というわけではないですが、お部屋探しするときは注意してください。

リアルタイムで空室確認する方法

「その物件がおとり物件なのかどうか」「本当に空室なのか」など、最新の情報を知るためには管理会社に連絡するしかありません。

ただし、一般の人が直接管理会社に連絡するのは難しいです。そこで便利なのがチャット不動産の「イエプラ」です。チャットやLINEでURLを送るだけで最新の空室状況を確認できます

イエプラで空室確認した時のチャット画面

上の画像のように、物件情報のURLを送れば、スタッフが管理会社に確認してくれます。

また、イエプラは不動産業者のみが使える「atbb」という専用サイトで最新情報を確認しているので、おとり物件は一切ありません

内見前日にも、改めて物件の情報を確認してくれるので、無駄な内見に行かずに済みます。万が一、内見直前に申し込みが入ってしまった場合は、必ず連絡してくれます。

チャットやLINEは深夜0時まで対応しているので、仕事が忙しくて不動産屋に行けない人も是非使ってみてください。

イエプラボタンバナー

内見予約したら掲載終了していた人の体験談と対処方法

内見予定の物件が掲載終了してしまっていた人の体験談を紹介します。

掲載終了に気づいたらどうすればいいのか、対処法も合わせて紹介するので是非参考にしてください。

店舗に行ったけど無駄足になったケース

内見予約した後で掲載終了に気がついたけれど、そのまま店舗へ行ったら結局内見できなかったというケースです。

困り顔の女性のアイコンネットでいい物件を見つけて、すぐに内見予約しました。前日にもう一度スーモの物件ページを見たら、掲載終了の文字が…。「もしかしたら担当者さんが内見のために募集を止めてくれたのかな?」と思い、とりあえず店舗に行きました。そしたら担当の人に「実は昨日申し込みが入ってしまったみたいで…。」と言われて、無理矢理他の物件を紹介されました。結局良い物件は無かったので、時間を無駄にしたなあと思いました。(女性/30代前半)

紹介された物件が気に入らなかった場合、店舗に行っても無駄足になってしまっています。

阿部さんのアイコン 阿部
確実に内見したいなら現地での待ち合わせがおすすめです。内見を現地待ち合わせにすれば、おとり物件を紹介されることはありません。物件を問い合わせる時に、現地待ち合わせを希望する旨を伝えれば対応してくれます。

前に不動産屋に連絡をして来店を断ったケース

内見予約した後で掲載終了に気がた時点で、不動産屋に連絡をして来店を断ったケースです。

事前に連絡して断った
困り顔の女性のアイコン内見を予定している物件が掲載終了していました。不動産屋に確認の電話をしてみたら、どうやらタッチの差で申し込みが入ったらしいです…。他の物件を紹介するので一度店舗に来てと言われたけど、店舗は県外だし、無駄足になると思って断りました。(女性/20代前半)

事前に連絡することで、お部屋探しの無駄を省くことができたようです。

阿部さんのアイコン 阿部
掲載終了に気づいた時点で不動産屋に連絡しましょう。親切な不動産屋であれば、空室状況を包み隠さず伝えてくれます。もし、強引に来店を勧めて来るようだったら他の不動産屋に行った方が良いです。賃貸の市場に出回っている物件は、どの不動産屋でも紹介できます。

内見のために募集を止めてくれていたケース

不動産屋が内見する人のために、物件の募集を止めてくれることがあります。とても親切ですが、かなり稀なパターンです。

基本的には内見予約を入れただけではお部屋の募集を止めてくれないことがほとんどです。

男性のアイコン内見する予定の物件が掲載終了してたので、不安になって不動産屋に問い合わせてみました。そしたら、内見の前に物件が決まらないように募集を止めてくれていたみたいです。こんな親切な不動産屋もいるんですね。(男性/20代前半)
阿部さんのアイコン 阿部
あまりないですが、親切な不動産屋だとわざわざ募集を停止してくれるケースがあります。ただ、どういう意図で掲載終了したかは問い合わせみないとわかりません。なので、掲載終了に気がついた時点で電話するのことが大切です。

メールでの問い合わせだと返信に時間がかかったり、迷惑メールフォルダにまぎれて正常に受信できないなどのトラブルもあります。

できる限り電話で連絡しましょう。電話に抵抗がある人はLINEやチャットがおすすめです。「既読マーク」が付くので、相手が読んだかどうかがわかります。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESで見つからない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える更新が早い物件情報サイトを、みなさんが無料で見れるように手配してくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について