お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

無職だと賃貸アパートを借りられない?審査に落ちない方法は?【引っ越し】

無職だけど物件は借りられるか?のイメージイラスト

無職だと賃貸アパートを借りられない?という疑問にお答えします!無職でも賃貸物件を借りられる3つの方法と、審査に落ちないためにやるべき行動を紹介します!入居申込・審査・契約時に必要なものもまとめたので、参考にしてください。

「無職だと賃貸物件を借りられない」わけではない

ひらめいたサラリーマン
無職でも、以下の3つの方法をとれば、賃貸物件を借りられる可能性が上がります。

①代理契約で申し込む
②預貯金審査で審査に挑む
③マンスリーマンションなどの前払いできる物件に申し込む

無職だと賃貸物件を借りるのが難しくなるのは、定期的な収入がなく、家賃の支払い能力に乏しいからです。

物件の持ち主であるオーナーは「家賃滞納のリスクがある人には部屋を貸したくない」と考えているので、無職だと入居審査で落とされてしまうのです。

ただし、上記の3つの方法をとれば、オーナーの抱えている不安をある程度までは解消できます。それぞれの項目について詳しく解説するので、参考にしてください。

①代理契約で申し込む

自分自身ではなく両親や祖父母の名義で入居申し込みする「代理契約」の制度は、無職が賃貸物件を借りる際にもっとも有効な手段です。

入居者ではなく代理人の年収をもとに審査してもらえるので、審査に通りやすくなります。

もちろん、代理人に安定した収入が無く、家賃の支払い能力が認められない場合には、審査には通りません。目安は、年収が家賃の36倍以上あること、です。下表を参考にしてください。

年収の目安 月収の目安
家賃5万円 180万円以上 15万円以上
家賃6万円 216万円以上 18万円以上
家賃7万円 252万円以上 21万円以上
家賃8万円 288万円以上 24万円以上
家賃9万円 324万円以上 27万円以上
家賃10万円 360万円以上 30万円以上
家賃11万円 396万円以上 33万円以上
家賃12万円 432万円以上 36万円以上

また、なるべく入居者に近い親族であることが望ましいです。あまり遠い関係だと「もしものときに家賃を回収できないかもしれない」とオーナーに思われてしまいます。

具体的には「両親>実子>祖父母>兄弟姉妹>孫>伯父伯母>いとこ」の順番で、審査の通りやすさが変わります。

もっとも良いのは安定した収入のある両親に代理契約してもらうことです。

▶代理契約をする場合の入居までの流れはこちら

②預貯金審査で審査に挑む

「仕事を辞めて無職になった」などの状態で、収入はないけど貯金はある、という場合には、預貯金審査で審査に挑むのが効果的です。

2年間の家賃分の貯金があれば、審査に通る可能性があります。以下に、家賃ごとに必要な貯金の残高をまとめたので、参考にしてください。

必要な残高の目安
家賃5万円 120万円以上
家賃6万円 144万円以上
家賃7万円 168万円以上
家賃8万円 192万円以上
家賃9万円 216万円以上
家賃10万円 240万円以上
家賃11万円 264万円以上
家賃12万円 288万円以上

上記の金額以上の残高があれば「少なくとも最初の2年間は家賃を滞納しない」という主張の根拠になります。もちろん、残高がより多ければ多いほど、有利です。

なかには、自分だけでなく、両親の通帳残高も合わせて提出することで、審査に通過する可能性がさらに上がるケースもあります。

ただし、すべての賃貸物件で預貯金審査が使えるわけではありません。預貯金審査に応じてくれるのは、もともと審査が緩い物件に限られます。

入居申し込みのタイミングになって、いきなり「預貯金審査でお願いします!」と伝えても、希望の物件では対応していない可能性が高いです。

不動産屋で部屋探しを始めた段階で、自分の事情はスタッフに伝えましょう。

③マンスリーマンションなどの前払いできる物件に申し込む

マンスリーマンションやウィークリーマンションなどの契約形態が特殊な賃貸物件の場合は、入居期間の家賃を前払いすることで、審査を受けずに入居できるケースがあります。

お金さえあれば入居できるので、一時的に賃貸物件を借り、就職活動をしたい人におすすめの方法です。

一般的な賃貸物件よりも家賃が高い傾向にありますが、敷金や礼金などの初期費用がかからなかったり、家具家電が備え付けだったりするので、場合によっては費用を抑えられることもあります。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

無職で賃貸物件を借りたいなら確率を上げるよう努めるべき

ポイントマークを持つサラリーマン
無職で賃貸物件を借りたいなら、少しでも入居審査に通りやすくなるように行動すべきです。

例えば、安定した収入のある複数の親族を連帯保証人に立てたり、家賃保証会社を利用したりすれば、入居審査に通る確率は上がります。

また、なるべく安い家賃の物件を選んだり、人柄に問題がないように振る舞うことも重要です。

アルバイトを始めて多少の収入を得たり、就職活動の具体的なビジョンを不動産屋に話すのも効果があります。

なるべく、不動産屋の担当スタッフと、物件のオーナーから「この人なら部屋を貸しても大丈夫」と思ってもらえるよう、努力しましょう。

▶入居審査に通る確率を上げる方法はこちら

申し込みから契約までに必要なもの

書類に記入する手
無職が賃貸物件を借りる際に必要なものを一覧にまとめました。本人のものだけでなく、連帯保証人の書類も必要なので、事前に準備しておきましょう。

入居申し込み・審査に必要なもの
・身分証明書(免許証・保険証・パスポートなど)
・通帳のコピー
・勤務先の正式名称、住所、電話番号
・連帯保証人の身分証明書のコピー
・連帯保証人の収入証明書
・連帯保証人の電話番号、生年月日
・連帯保証人の勤務先の名前、住所、電話番号
・連帯保証人の部署名、役職、勤続年数

無職の場合は、給与がないので収入証明書は不要ですが、残高の分かる通帳のコピーを求められることは多いです。また、連帯保証人の収入証明書も必要です。

申込書の内容に空白や誤りがあると、審査に不利になる可能性もあるので、なるべく慎重に記入しましょう。

また、もしも「無職じゃない」と偽っていたとしても、入居申し込み時には勤務先の連絡先などを記入しなくてはなりません。在籍確認の電話もかけられるので、嘘は必ずバレます。

不動産屋からの信用をなくしてしまうので、絶対に職業を偽って記載するのはやめましょう。

賃貸契約時に必要なもの
・身分証明書(免許証・保険証・パスポートなど)
・住民票の写し(妙本)
・実印
・印鑑証明書
・家賃の引き落とし先になる銀行口座
・銀行印
・連帯保証人の住民票
・連帯保証人の印鑑証明書
・初期費用(後日振込の場合もあり)

賃貸契約時に必要なものは、無職であっても変わりません。

住民票や印鑑証明は、役所で発行してもらってから3ヶ月以内のものしか使用できないので、注意してください。

「家賃の引き落とし先になる銀行口座」は、代理契約の場合は親族のものでも構いません。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識