メゾネット物件で一人暮らしはあり?メリットとデメリットを徹底解説!

部屋探しの知恵

藤本

この記事の監修:藤本
「家AGENT」営業主任

この記事の監修:藤本
「家AGENT」営業主任

日当たりの良い螺旋階段

メゾネット物件で一人暮らしはあり?なし?という疑問を解決します!一人暮らし向けの普通の間取りとメゾネットタイプの家賃比較や、メゾネットで一人暮らしをするメリット・デメリットも詳しく紹介します!

メゾネットで一人暮らしは収入に余裕がないと厳しい

メゾネットで一人暮らしをしたい場合は、収入に余裕がある人でないと難しいです。普通の賃貸物件より2倍以上家賃が高い傾向にあります。

不動産屋専用情報サイト「ATBB」で、東京23区内の駅徒歩10分以内、築年数20年以内のワンルーム・1Kの条件で、家賃の安い順30件の平均家賃をまとめました。

普通のお部屋とメゾネットタイプで比較をすると、2倍以上家賃に開きがあります。

普通の1R・1K 56,200円
メゾネットの1R・1K 122,600円

メゾネットのお部屋は、ほとんどが家賃10万円以上に設定されていることが多いので、家賃に見合う収入がない人は諦めましょう。

そもそもメゾネットとは?

メゾネットとは、1つのお部屋の中に階段があり、1階と2階に分かれているタイプのお部屋のことを指します。
一人暮らし用のメゾネットの間取り

一人暮らし向けのメゾネットは、1階にバス・トイレ・キッチンなどの水回りが集中していて、2階が居室になっているタイプが多いです。

ごくまれに、2階に水回りが集中していて、1階が居室になっている場合もあります。

▶メゾネットの詳しい説明はこちら

メゾネットの一人暮らし向け物件が少ない

一人暮らし向けの東京23区内の駅徒歩10分以内、築年数20年以内・1DKのメゾネットは物件数がかなり少ないです。とくに1Kになると、全体の賃貸物件のうち1%以下です。

不動産屋専用サイトATBBで、東京23区内の駅徒歩10分以内、築年数20年以内のワンルーム・1Kタイプのメゾネットを調べたところ、全体の約0.6%しかありませんでした。

また、メゾネットは人気が高い物件なので、ネット上に掲載されている情報はごく一部です。どうしてもメゾネットで一人暮らしをしたい人は、不動産屋に聞いたほうが手っ取り早いです。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

メゾネットで一人暮らしをする6つのメリット

階段が特徴的なメゾネット
メゾネットで一人暮らしをするメリットは以下の6つです。詳しく解説していくので、お部屋探しの参考にしてください。

・周囲の生活音が聞こえてこないので静か
・広々としたスペースを使える
・生活空間にメリハリができる
・友人や親族などの来客を呼びやすい
・寝室が隠れるので女性でも安心できる
・窓が多いので日当たりや風通しが良い

周囲の生活音が聞こえてこないので静か

メゾネットは、1階と2階の両方が自分の部屋になるので、空間が広い分外からの音が反響しにくいです。また、自室の音も外に漏れにくいです。

ただし、建物自体の防音性は、壁などの素材によって違うので、内見時にか必ず壁を叩いて防音性を確認しておくべきです。

広々としたスペースを使える

2階分のスペースをすべて自分1人で使えるので、メゾネットでの一人暮らしでは、かなり広いスペースで生活できます。

また、階段下や図面上の空いたスペースが収納用になっているなど、工夫されているお部屋が多いため、普通の賃貸物件に比べると収納スペースが広いケースが多いです。

生活空間にメリハリができる

1階をダイニングキッチン、2階を寝室としっかり分けられるので、生活にメリハリが出ます。寝室にある家具や衣類に、料理の臭いがつく心配もなくなります。

また、1階と2階でコンセプトの違うインテリアを設置し、空間の雰囲気を変えて楽しむこともできます。

友人や親族などの来客を呼びやすい

空間が広いので、友人や親族などの来客を呼んでも、手狭にならずに便利です。

1階をリビングやダイニング、2階を寝室のように分けられる物件の場合は、急な来客があってもプライベートな空間を見られずに済みます。

寝室が隠れるので女性でも安心できる

寝室
ほとんどのメゾネット物件では2階部分に寝室があるので、女性の一人暮らしでも安心できます。

外の通りや共有部分の廊下から寝室が見える危険が減るので、通常の一人暮らし向け物件の1階を借りるよりも防犯面で優れています。

窓が多いので日当たりや風通しが良い

メゾネット物件では1階と2階の両方に窓があることが多いので、一般的な一人暮らし向け物件よりも日当たりや風通しがかなり良いです。

1階と2階の窓を両方開ければ、物件内を風が通り抜けるので、換気扇を付けることなく空気の入れ替えが可能です。

メゾネットで一人暮らしをする6つのデメリット

メゾネットで一人暮らしをするデメリットは以下の6つです。詳しく解説していくので、お部屋探しの参考にしてください。

・家賃がかなり高い
・光熱費が高くなる
・夏は暑くて冬は寒い
・Wi-Fiが届きにくいので工夫が必要になる
・掃除の手間がかかる
・階段の昇り降りが煩わしい

家賃がかなり高い

メゾネットは、1階と2階をぶち抜きにする設計や、階段を設置するなど、通常のお部屋より建築費用が掛かるため家賃がかなり高いです。

最初にも開設しましたが、普通の一人暮らし向けのワンルームや1Kの間取りよりも2倍以上家賃が高いです。また、敷金や管理費も高めに設定されていることが多いです。

光熱費が高くなる

普通のお部屋よりも空間が広く、1階と2階の両方で電気がかかるので、光熱費が1.5倍~2倍ほど高くなります。

とくに、エアコンの効きが悪いので、夏と冬場の電気代が跳ね上がります。

夏は暑くて冬は寒い

メゾネットのお部屋は、夏は暑くて冬は寒くなることが多いです。その理由は、フロアが2つあるからです。

夏の暑い空気は、2階など高い部分に溜まりやすくなるので、夏は2階がかなり暑くなります。逆に、冷気は空気よりも重く下にたまるので、冬は1階部分がかなり冷えます。

Wi-Fiが届きにくいので工夫が必要になる

スマホのネット回線
お部屋が1階と2階に分かれるため、一人暮らし向けのインターネット回線だとWi-Fiが届きにくいです。別々のルーターを用意するなど工夫が必要です。

お部屋によっては、各階ことに有線LANのポートが設置されている場合もあるので、内見時に確認しておきましょう。

掃除の手間がかかる

スペースが広い分、掃除の手間も時間もかかります。また、内階段に埃が溜まりやすく、1段1段掃除するのがかなりの手間です。

面倒だと思って掃除を怠ってしまうと、階段に埃が溜まってしまい、足をすべらせる原因になるため危険です。

階段の昇り降りが煩わしい

メゾネット物件では、トイレやキッチンを使うために階段を昇り降りしなくてはならないため、普通の物件よりも動き回る距離が多くなります。

また、疲れ切っているときや、酔っぱらったときは階段を上るのが面倒で、玄関やキッチンで寝てしまう可能性も出てきます。

メゾネット物件を探すのにおすすめな不動産屋は?

収入に余裕がありメゾネットで一人暮らしを探したい人は、ネット上の不動産屋「イエプラ」がおすすめです。

わざわざ不動産屋に行かなくても、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけで簡単にお部屋を探せます!

まとまった時間がない人や、遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラを詳しく知る
 

イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザという文字
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

東京のビル群
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

7月のイラスト
7月に引っ越したい方必見!時期の特徴や部屋探しの注意点

 

調査している探偵
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

綺麗な内装のリビングルーム
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

不動産屋の立ち合い
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき5つの理由

 

万力で挟まれている硬貨と電卓
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

薄暗い街並み
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

チャット不動産屋「イエプラ」のロゴ
チャット不動産「イエプラ」と物件サイトや街の不動産屋の違い

 

悩んでいる女性
イエプラの口コミ・評判|SUUMOやHOME’Sと比べるとどう?

 

部屋探しサイト
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

ソファに寝そべってスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

赤いベッドに寝そべる女性
お金ないけど一人暮らししたい!費用を最低限に抑える現実的な方法

 

笑顔で振り返る女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly