メゾネットでの子育ては大変?メリットやデメリットは?【体験談】

部屋探しの知恵

鈴木

この記事の監修:鈴木
「イエプラ」営業担当

この記事の監修:鈴木
「イエプラ」営業担当

赤ちゃんとお母さん

メゾネットのお部屋で子育てするのは大変?といった疑問に、実際にメゾネットで子育てしたことがある人の体験談と一緒に回答します!メゾネットで子育てするメリットとデメリットや、子育てする際のコツもあわせて紹介!

メゾネットの子育て経験者に聞いてみた

メゾネット物件で子育てをしたことがある人に、子育ては大変だったかどうかや、実際のお部屋の使い方を聞いてみました。メゾネットでの子育ては、経験者の間でもかなり賛否両論あるようです。

大変だった派の意見

子どもまでの距離が遠い
現在メゾネットに住んでいますが、正直子育てには向いてないと感じます。1階を親(私たち)の居室、2階を子ども部屋として使ってます。家事をやってて、子どもが泣いた時は、階段を上がって駆けつけるのが大変です。いまさら後悔しても遅いですが、普通のフラットな間取りであればもう少し違ったのかな?と思います。(30代前半/女性)
ハイハイや歩けるようになると階段が怖い
ウチの子は月齢7ヶ月頃からハイハイしだすと階段に興味を示し、9ヶ月頃から伝い歩きできるようになると、しきりに階段で遊びたがりました。一応階段の上下にベビーゲートを設置していましたが、子どもがゲートに手をついてガタガタやったり、もたれているのを見たときは毎回ヒヤッとしました。当時はメゾネットでなければ、こんな問題は起こらないのになぁと切実に思ってました。(30代後半/女性)
ベッドは2つ必須…
最初は1階で寝かせてたけど、家事の音のせいでよく子どもがグズってたので、2階で寝かせる。でもできるだけ目が届くところで寝ててほしいし…と思って、結局ベビーベッドを1階にも2階にも置くことにしました。部屋がかなり狭くなっちゃうけど、まあ…みたいな感じです。(20代後半/女性)

大変じゃなかった派の意見

工夫次第で全然暮らしやすい
メゾネットは1、2階の行き来が面倒だと聞いていたので、子どもが小さいうちは洋服やおもちゃなどの荷物を全部1階に降ろして、昼寝もリビングでできるようにして、夜寝る以外はずっと1階で生活させていました。今は駆け回るようになって、階段が危なっかしいとかお隣さんに迷惑じゃないとかが新たに気になっていますが、当時からほとんど問題なく過ごせています。(20代後半/女性)
子どもの生活リズムが整えられるでおすすめ
メゾネットは、普段遊んだり食事をする場所を1階のリビング・ダイニング、寝る時は2階のベビーベッドのある寝室というように生活シーンを明確に分けられたので、子どもの生活リズムが整うのが早かった気がします。おかげで夜泣きも2ヶ月くらいで収まり、寝る前も抱っこして階段を上る習慣のおかげで、早い段階ですんなり寝てくれるようになりました。(30代後半/女性)
色んな便利グッズがあるので不便しなかった
私の母親世代であれば、メゾネットや一軒家で子育てするのはまあまあ大変だったと思いますが、今は色んな便利グッズがあるので、すごい子育てに不便することはありませんでした。例えば、子どもがまだ動けないうちは1階に可動式のバウンサーを置き、卒乳までは2階にウォーマーを置いておいて、自分で動けるようになって階段が危なく感じたらベビーガードをつけていました。(30代前半/女性)

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

メゾネットで子育てする4つのメリット

メゾネット物件は、普通のワンフロアの賃貸とは使い勝手がかなり違います。メゾネットタイプでの子育てならではのメリットを紹介します。

①上下階の騒音を気にしなくて済む
②家賃が安めで養育費を貯めやすい
③収納スペースが多い
④駐車場から玄関が近い

それぞれ詳しく解説していきます。

①上下階の騒音を気にしなくて済む

一般的なマンションやアパートだと、子どもが走ったりジャンプしたりして下の階に響かないか気を遣います。しかし、メゾネット物件なら1階と2階に分かれているので、2階に子ども部屋を作ってあげれば騒音を気にしないで済みます。

とくに以下のような、戸建て住宅が連なっているタイプの物件なら、隣り合っているお部屋が少ないので、騒音の心配が少ないです。以下のような物件は、不動産屋によって「テラスハウス」と呼ばれる場合もあります。

メゾネット

出典:https://kaihatsu.uniho.co.jp/gallery/apartment/2466/

②家賃が安めで養育費を貯めやすい

同じくらいの広さや間取りのメゾネットと、フラットタイプのマンションやアパートなら、メゾネットの方が数千~3万円ほど家賃が安い傾向があります。

物件情報サイトのSUUMOで、比較的メゾネット物件の募集が多い世田谷区での家賃相場を調べてみました。メゾネットタイプのほうがマンションタイプよりも約3万円ほど家賃相場が低いです。

物件タイプ 家賃相場
メゾネット 18.3万円
マンション 21.0万円

絞り込み条件「2LDK」「50~60㎡」「築年数10年以内」

③収納スペースが多い

メゾネットは玄関のシューズボックスからキッチン回りの戸棚、洋室のクローゼットまで、フラットタイプの物件よりも比較的収納が大きく作られている物件が多いです。

小さな子どもを育てている家庭は子ども用の衣服や道具などがかさばりやすいので、フラットタイプのお部屋よりも使いやすいです。

④駐車場から玄関が近い

メゾネットタイプのお部屋は、玄関の前に専用駐車場が付いていることが多いです。

フラットタイプのマンションだと、買い物した後にわざわざ駐車場から子どもと荷物を抱えて移動するのが大変ですが、メゾネットなら最小限の労力で済みます。

また、駐車場が付いているタイプのメゾネット物件は、1世帯につき車1台分の駐車場が備え付けになっている場合が多いので、駐車場が満車になる心配もありません。

メゾネットの専用駐車場

出典:http://www.bluebox-mp.com/blog/2012/05/20/080600.html

メゾネットで子育てする3つのデメリット

続いて、メゾネットで子育てするデメリットは以下のとおりです。

①子どもを抱えての階段の昇り降りが大変
②子どもが階段から落ちる心配がある
③冷暖房や照明で電気代が高くなる

①赤ちゃんを抱えての階段の昇り降りが大変

子どもがまだ小さいうちは抱っこして階段を昇り降りすることになります。産後で骨盤が安定していなかったり、普段から子どもを抱っこして足腰を酷使しがちなお母さんにとっては、負担がかかりやすいです。

②子どもが階段から落ちる心配がある

子どもがまだよちよち歩きの時期までは階段にベビーゲートなどを設置して、転落を防げますが、自力でゲートを開けて階段を昇り降りできるようになると、階段から落ちてしまう可能性が出てきます。

もしメゾネットに住むなら、以下のような階段が設置されている物件に住むべきです。

・段数が多くて傾斜が緩やか
・1段の幅が、子どもが座れるくらい広い
・手すりが付いている
・日中は日が当たり、夜は照明で明るくできる

③冷暖房や照明で電気代が高くなる

子育てしていると子どもの体調を気遣って冷暖房を頻繁に使用したり、危なくないように夜間は電気を色んな場所で点けっ放しにすることがあります。

しかし、例えばリビング脇から2階に続く階段があるような間取りの場合、冷暖房を使用しても階段から上に空気が抜けてしまうので、なかなか冷えない・暖まらないという現象がおき、結果的に電気代が高くなりやすい傾向があります。

冷暖房を効率よく使うためには、サーキュレーターで冷暖房から出た空気を循環しやすくすると良いです。

メゾネットで子育てする際の4つのコツ

メゾネットタイプのお部屋で子育てをする際に役立つコツを4つ紹介します。

①階段にベビーゲートをつけておく
②リビング周りで生活が完結する環境にする
③寝室に哺乳瓶ウォーマーを置いておく
④別室で寝る子どもはベビーモニターで見る

①階段にベビーゲートをつけておく

子どもが2~3歳頃までは階段の上下にベビーゲートを設置して、子どもの転落を防ぎましょう。

ただ、子どもは1歳を過ぎて歩けるようになると、自分でベビーゲートを開けるようとしたり、よじ登ろうとしたりする子もいます。大きめのゲートを取り付けたり、鍵を付けたりして対策しましょう。

階段のベビーゲート

出典:https://item.rakuten.co.jp/babydan/10000006

②リビング周りで生活が完結する環境にする

子どもが赤ちゃんのうちは、子どもを抱えて上階と下階を往復するのが大変なので、リビング周りで生活が完結する環境を整えると良いです。

例えば、子どもの洋服やおむつ、本やおもちゃなどの荷物は全部リビング付近に収納しておき、遊び場所もリビングの一画に設けると良いです。

そして、子どもを抱えて階段を上るときは夜寝るときだけという風にすると、日中の移動する際の負担を極力減らすことができます。

③寝室に哺乳瓶ウォーマーなどを置いておく

もし哺乳瓶で授乳するなら、寝室に哺乳瓶ウォーマーや調乳ポット(もしくは電気ポッド)を置いておくと、夜間にわざわざキッチンへ行ってミルクを作る手間が省けるのでおすすめです。

哺乳瓶ウォーマーは、だいたい1,000円~3,000円くらいで買えますし、メゾネットタイプのお部屋でなくても重宝するので、買っておくと良いでしょう。

哺乳瓶ウォーマー

出典:https://ja.aliexpress.com/item/Snug-Constant-heating-Double-Warmer/32823039177.html

④別室で寝る子どもはベビーモニターで見る

例えば、子どもを別室で寝かしつけた後に、キッチンで家事を進めたり、リビングで休んだりしたいときは、ベッド脇にベビーモニターを設置して子どもの様子を見守れるようにすると良いです。

ベビーモニターは、設置したカメラから専用受信機器やスマートフォンに映像と音声をリアルタイムで送ることができるもので、映像に動きや音声があるとライトが光って教えてくれる機種があります。

ちなみに、ベビーモニターは1万円以下で購入することができます。また、デジタル式とアナログ式のベビーモニターがあって、セキュリティや解像度がより優れているのはデジタル式です。

ベビーモニター

出典:http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/2653

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザに驚く女性のイラスト
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

探偵のイメージ写真
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

綺麗な内装のお部屋
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

スマホを持っている手の写真
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

12月のイメージ写真
年内最後のチャンス!費用を抑えるなら12月中旬までにお部屋を探すべき理由

 

東京タワーがある風景
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

電卓と万力で圧縮されている小銭
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

家のアイコンを持っている手のイメージ
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

ソファでスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

書類を持って悩んでいる女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

綺麗な内装のお部屋
未公開物件はレインズにある?ネットに載っていない物件を探したい!

 

不動産屋と握手している写真
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき4つの理由

 

複数の不動産屋が相談している写真
複数の不動産屋を回るのはあり?良い不動産屋を見極めるポイントを大公開!

 

鍵のイメージ写真
家賃交渉で失敗しない人の4つのやり方を大公開!相場やタイミングは?

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly