お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

軽量鉄骨造の防音性|音の聞こえ方や騒音対策についても徹底解説!

軽量鉄骨造の防音性のイメージイラスト

軽量鉄骨造の防音性について徹底解説しています。騒音に対するリアルな声や、建物構造ごとの音の聞こえ方、軽量鉄骨造でも防音性が高いお部屋の特徴を紹介しています。

自分で出来る防音対策や、そもそも軽量鉄骨造とはどんな建物か、他の建物構造との住み心地比較もあるので、是非参考にしてください。

軽量鉄骨造は防音性重視の人に不向き

軽量鉄骨造は、防音性重視の人に不向きです。木造より防音性はやや良いものの、隣人や上下階の生活音はほぼ聞こえてきます。

以下、Twitterで見かけた軽量鉄骨造の音に関するツイートです。大半の人が、防音性に不満を持っています。

扉の開閉音や掃除機の音、洗濯機や冷蔵庫の機会音だけではなく、テレビの音やシャワー音なども場合によっては筒抜けです。

中には、軽量鉄骨造でも静かだったというツイートを見かけましたが稀です。

ほかの入居者のライフスタイルが自分と同じで音が気にならない、本当に防音性が高い物件のどちらかに当てはまれば、軽量鉄骨造でも静かに暮らせます。

建物構造ごとの音の聞こえ方

日本建築学会が発表している、建物の「遮音等級」を参考に、建物構造ごとの音の聞こえ方をまとめました。

鉄骨造は、木造よりマシなレベルなので、生活音はほぼ聞こえてきます。

遮音等級 建物構造 音の聞こえ方
L-35 - 日常生活で気になるような音はほぼ聞こえてこない。防音設備などで用いられるほどの等級。
L-40 SRC造 子どもの泣き声や走り回る音や、落下音はかすかに聞こえる。上の階の音がわずかに聞こえるが、気にならない。建物構造で最も防音性が良い。
L-45 - 子どもの泣き声や走り回る音は少し聞こえる。踵で歩く足音も軽減される。ライフスタイルが同じなら、他の生活音は気にならない。
L-50 RC造 子どもの泣き声や走り回る音は聞こえる。振動を伴う音は聞こえるが、気にならない程度。テレビ音やシャワー音はほぼ聞こえない。
L-55 - 洗濯機や掃除機など、振動を伴う音は聞こえるが我慢できる範囲。日常で見るテレビ音は聞こえてこない。
L-60 重量鉄骨造 足音やドアの開閉音や振動を伴う音が聞こえる。隣よりも上下の音が響きやすい。落下音や振動を伴う音がうるさい。
L-65 軽量鉄骨造 木造よりはマシなレベル。ドアの開閉音、家具家電など振動を伴う音など、生活音はほぼ聞こえる。上の階の足音が響く。
L-70 - L-75よりマシなレベルで大差はほぼ無い。生活音が筒抜けなのでうるさく感じる。
L-75 木造 生活音がかなり筒抜ける。ドアの開閉音、テレビ音、冷蔵庫や洗濯機の音はうるさく感じる。人の位置がわかるほどで、プライバシーの確保がしづらい。

引用:日本建築学会編「建築物の遮音性能基準と設計指針」技報堂出版

起きている間に聞こえる音は気にならない、1度寝たら朝まで起きないという人であれば、軽量鉄骨造の物件に住んでも快適に暮らせます。

防音性を重視したい、神経質で些細な音が気になる、多少家賃が高くても支払えるという人は、RC造やSRC造がおすすめです。

RC造もSRC造も、ファミリー向けの大型のマンションで用いられる構造です。建物の素材にコンクリートを使っているので、軽量鉄骨造よりも防音性が高いです。

築浅の鉄骨造は防音性がやや高め

少しでも家賃を抑えたくて軽量鉄骨造の物件を選ぶ人は、築浅~新築がおすすめです。ハウスメーカー独自の最新技術が導入されている、防音性が高い素材が使われているからです。

2021年4月に大阪で、2021年5月に神奈川で、全国ニュースになる騒音トラブルが発生しています。このような事件を未然に防ぐため、各ハウスメーカーが防音対策に力を入れています。

大手ハウスメーカーの大東建託では、高遮音床「ノイズレスフロア」という独自の構造・素材を導入し始めています。

積水ハウスの賃貸物件「シャーメゾン」では、上階からの衝撃音を大幅に抑える「シャイド55」という独自技術を開発しています。

築年数が浅い物件ほど最新技術が導入されているので、軽量鉄骨造で防音性を重視したい人は、築10年以内で探すと良いです。

防音性重視で鉄骨造を探すなら不動産屋に聞いた方が早い

防音性重視で鉄骨造を探すなら、不動産屋に聞いた方が手っ取り早いです。掲載されてない情報を教えてくれたり、大家さんにすぐ確認と取ってくれます。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でチャットやLINEからすぐに相談できます。

「築浅の軽量鉄骨造は?」「鉄骨造で防音性を重視したい」など相談するだけで、理想のお部屋を見つけてくれます。

業者専用の有料のデータベースからお部屋を探すので、SUUMOやホームズにない非公開物件が見つかりますし、ほかサイトで気になった物件もまとめて確認してくれて便利です。

イエプラボタンバナー

騒音に悩まされない軽量鉄骨造の選び方

軽量鉄骨造でも、騒音に悩まされない物件の選び方を5つ紹介します。周辺環境で静かな場所を選ぶことが、快適なお部屋を探す近道です。

・線路沿いなど音が出やすい場所を避ける
・繁華街などのお店が集まる場所は避ける
・道路に面していない角部屋を選ぶ
・居室同士が隣り合っていないお部屋を選ぶ
・過去に騒音トラブルがないか不動産屋に聞く

線路沿いなど音が出やすい場所を避ける

線路や高速道路近くの物件は、いくら防音性が高いお部屋でも音や振動がうるさいので避けるべきです。

とくに高速道路は、夜中の寝静まった時間、平日・休日問わず車の音が聞こえます。また、緊急車両のサイレンの音がかなりうるさく、睡眠の邪魔になることがあります。

繁華街などのお店が集まる場所は避ける

繁華街から離れている物件
商店街や繁華街などお店が集まる場所は、人も多く集まり賑やかなので避けるべきです。

とくに繁華街近くは、夜遅くに酔っ払いが騒ぐ声が聞こえてきます。酷い時には喧嘩や事件に発展するので、おすすめしません。

道路に面していない角部屋を選ぶ

道路に面していない角部屋であれば、隣り合っているお部屋が1つだけなので、騒音トラブルが少ないです。

道路沿いの角部屋の場合は、外からの音が聞こえやすいです。

ただし、角部屋はほかの部屋と間取りが異なり、家賃が少し高くなっていることがあるので注意しましょう。

居室同士が隣り合っていないお部屋を選ぶ

お部屋とお部屋の間に、収納スペースやトイレ、お風呂などがある間取りのお部屋を選んでください。生活音が響きにくいです。

居室が隣接していない間取り

居室同士が隣り合っている物件は、遮るものがないので生活音が筒抜けになりやすいです。

物件情報や間取り図で、居室が隣り合っているかどうかわからない場合は、不動産屋に聞いてください。ほかのお部屋の間取りを確認してくれます。

過去に騒音トラブルがないか不動産屋に聞く

過去に騒音トラブルがあったか、不動産屋に聞いておくのも忘れないでください。

もし、過去に騒音トラブルが起きている物件の場合、防音性が低いか、トラブルを越しやすい人が住んでいる可能性があります。

不動産屋に聞いても教えてくれない、言葉を濁す場合は、何らかのクレームが入っている可能性が高いので避けてください。

内見時に防音性を確認する方法

内見時に防音性を確認する方法を5つ紹介します。必ず複数試してください。

・お部屋の中心で手を叩く
・壁をノックしてみる
・スタッフに共有部分を歩いてもらう
・近隣の建物の窓と近くないか確認する
・時間をずらして2回内見する

お部屋の中心で手を叩く

お部屋の中心で、大きな音が鳴るように手を叩いてください。音が反響した場合は、壁が薄いです。

すぐに音が消える、空気が震えない場合は、壁が厚く防音性が高いです。

舌を鳴らして高音が出せる人は、マイクテストのように何度か鳴らしてみるのも手です。同様に反響音を確かめられます。

壁をノックしてみる

壁を叩く手
壁の中心を拳でノックしてみましょう。軽い音がしたり、壁が柔らかいと感じたお部屋は避けてください。

ゴツゴツと鈍く固い音がした場合は、壁が分厚いので防音性が高いです。

また、隣のお部屋に人が住んでいる場合は、壁に耳を当てて実際の音を聞くのも良いです。

スタッフに共有部分を歩いてもらう

同行した不動産屋のスタッフに、廊下や階段などの共有部分を実際に歩いてもらってください。その際、窓やドアは締め切りましょう。

足音がうるさいと感じた場合は、実際に住んでもうるさく感じるので辞めるべきです。

近隣の建物の窓と近くないか確認する

窓を開けて、近隣の窓と近くないか確認してください。ガラス1枚なので、防音性が低いです。

窓同士が重なっていると、お互いの生活音が筒抜けになる可能性があります。

また、近くに音が出そうな建物が見えるかも確認しておきましょう。

時間をずらして2回内見する

面倒ですが、内見は時間をずらして2回すべきです。昼と夜、平日と休日など、入居者が最も多い時間帯は必ず内見しましょう。

時間帯や曜日を変えるだけで、聞こえる音が変わります。より住んだ後のリアルな音を確認できます。

マル秘イエプラバナー

軽量鉄骨造に住むなら自分で出来る対策はすべき

軽量鉄骨造のお部屋に住むなら、自分でできる防音対策はすべきです。

・TVなどの裏に吸音パネルを貼る
・壁に遮音シートを貼る
・壁際に本棚やタンスを置く
・壁から5cmほど話して家具や家電を置く
・家電に防振ゴムをつける
・厚手のカーペットを敷く

テレビや冷蔵庫などの家電製品の後ろに、吸音パネルを貼っておけば音を経験できます。30cm×30cmほどのサイズで700円ほどです。

あまりお金をかけたくない人は、100円均一などで手に入る防振ゴムやクッションシールなどを、家電製品の裏や足につけておきましょう。

振動音を吸収してくれるだけでなく、振動によるズレなども防止してくれます。

そもそも軽量鉄骨造とはどんな建物?

鉄骨造の骨組み
そもそも軽量鉄骨造とは、建物の骨組みに使われている鉄骨が、厚さ6mm未満の建物のことを指します。アパートや小型店舗など、高さがない建物に多い構造です。

壁や床、天井などに使う素材は、木造と同じく石膏ボードやハウスメーカー独自のパネルを用いられていることが多いです。そのため、防音性は木造よりマシな程度で、ほぼ同じです。

鉄骨の厚みが6mm未満と薄く、重量に堪えられないので、地震の揺れには弱いです。木造よりも揺れが大きく感じることがあります。

ただし、1981年6月1日以降に建てられた建物は、震度6~7でも倒壊しないことを基準に建てられているので、心配しなくて良いです。

鉄骨造に住むメリット

軽量鉄骨造のお部屋に住むメリットをまとめました。

・RC造やSRC造よりも安い
・木造よりも耐久性が高い
・虫が出にくい

RC造やSRC造より素材や建築コストが低い分、家賃が低めに設定されています。物件にもよりますが、相場より安いお部屋が見つかりやすいです。

鉄骨は折れにくく、鉄や鋼の粘りにより倒壊しにくいため、木造より耐震性が高いです。火事が起きた場合も、火の回りは木造より遅く燃え広がりにくいです。

鉄骨造は虫が卵を産みつけにくいので、木造より虫が出にくいです。ただし築年数が古い場合は、老朽化で隙間ができていることがあるので外から虫が侵入する可能性があります。

鉄骨造に住むデメリット

防音性が低い以外のデメリットは「通気性が悪い」と「断熱性が低い」の2つです。

鉄骨は熱伝導率が高いため、室内に溜まった熱が逃げにくいです。また、一度冷えると建物全体が冷たくなるため、温まりにくいです。

不動産屋から「軽量鉄骨造ですけど通気性が良い」と言われた場合は、壁の中が空洞になっており音を通しやすいので防音性に欠けます。

ほかの建物構造との住み心地比較

軽量鉄骨造と、他の建物構造である木造・従量鉄骨造・RC造・SRC造との住み心地を比較しました。

自分に合っている建物構造はどれか知りたい人は、是非参考にしてください。

家賃 防音性 耐震・
耐火
通気性
木造 かなり
安い
かなり
低い
低い かなり
良い
軽量鉄骨造 安い 普通 普通 良い
重量鉄骨造 普通 普通 高い 良い
RC造 高い 高い かなり
高い
かなり
悪い
SRC造 かなり
高い
かなり
高い
かなり
高い
かなり
悪い

防音性を最重要視したいなら、最も性能が良い「SRC造」がおすすめです。ただし、家賃も1番高いです。

家賃の安さを最重要視するなら「木造」一択です。素材費用、建設コストが低い分、家賃が安く設定されています。

軽量鉄骨造とRC造は、建物構造内でも中間に位置します。アパートなら軽量鉄骨造、マンションならRC造が多いです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESで見つからない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える更新が早い物件情報サイトを、みなさんが無料で見れるように手配してくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す


follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について