お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

個人事業主(自営業)で賃貸審査に通るには?審査に落ちやすい例も紹介

個人事業主のイメージイラスト

個人事業主(自営業)の人が審査に通るための項目を解説します。

審査に落ちてしまいやすいパターンや、審査に必要な書類の一覧、事務所利用して良いのかどうかについても合わせて解説します。

少しでも審査に通る確率を上げるために、是非とも参考にしてください。

個人事業主(自営業)でも審査は通る!

個人事業主や自営業で働いている人でも入居審査は通ります。正社員の人より収入が不安定なので、審査に通りにくいというだけです。

収入が安定していて継続的に家賃を支払い続けることが可能だと証明できれば、問題なく審査に通過します。

また、収入が安定している連帯保証人を立てられれば、より審査に通りやすくなります。

個人事業主が用意するべき収入証明書

個人事業主が入居審査を通過するために最も重要なのが「収入があることを証明」することです。

以下のような書類を準備しておきましょう。

証明できる必要書類 証明書を発行できる場所
住民税課税証明書 区役所・市役所・コンビニ
確定申告書の控え 税務署
納税証明書 区役所・市役所・コンビニ
所得税納税証明書 税務署

「住民税課税証明書」と「確定申告書の控え」は、特に管理会社から求められることが多いので、どちらかを準備すれば間違いありません。

また、用意する証明書はなるべく最新情報が記載されているものにしましょう。

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

審査を通過するためのポイント

個人事業主が賃貸の審査に通るためには、以下の5項目をクリアする必要があります。

①収入源を証明する書類を用意する
②連帯保証人か保証会社を立てる
③収入に合った家賃のお部屋を選ぶ
④身なりを清潔にする
⑤審査に落ちそうな情報を不動産屋に伝える

①収入源を証明する書類を用意する

先に紹介した証明書類以外に、収入源となる企業との業務委託契約書や、業務に関する覚書があるとより審査に通りやすくなります。

また、銀行の融資やほかの企業からの後ろ盾がある際、証明書やその旨を不動産屋に伝えておくと良いです。

②連帯保証人か保証会社を立てる

連帯保証人とは、借主本人が家賃を支払えなくなったとき、代わりに支払う代理人のことです。現役で働いている、親や兄弟など近しい間柄の親族になってもらうのが望ましいです。

保証会社とは連帯保証人の役割を代行する会社のことです。使用料として家賃1ヶ月分の20~100%が必要で、初期費用と一緒に支払います。

どちらも契約者が家賃を支払えなかった場合、大家さんに家賃を立て替える立場にあります。そのため、大家さんの損失が少ないので審査に通る可能性が上がります。

ちなみに保証会社を利用するときは、カード履歴などの信用情報を調べられない「独立系」と呼ばれる会社がおすすめです。独自の審査項目で判断するため、緩い傾向にあります。

③収入に合った家賃のお部屋を選ぶ

一般的には、1ヶ月分の家賃が月収の30%ほどであれば審査に通りやすいです。

ただし個人事業主の場合、収入が不安定だと思われやすいので、月収の20~25%ほどの家賃で探したほうが無難です。後ほど詳しく紹介します。

④身なりを清潔にする

不動産屋に来店するとき・内見するときの身なりを清潔に整えましょう。

不動産屋から大家さんや管理会社に、どういう人物なのか伝わるため、見た目の印象はかなり大切です。

⑤審査に落ちそうな情報を不動産屋に伝える

自分自身の情報を正直にすべて伝え、不動産屋を味方につけることが、入居審査に落ちないためには必要です。

不動産屋は「絶対に審査に通す」ことはできませんが、審査に落ちにくい方法を提案する協力ができます。

入居審査に落ちた経験があったり、審査に不安な内容がある方は、チャット不動産屋のイエプラがおすすめです。

イエプラは、審査に不安がある人に丁寧に対応し、多くの人の審査を通してきた実績があります。

・職業的に入居審査が不安
・仕事を始めたばかりで不安
・希望の部屋の家賃が高めで不安

といった人も、審査に通りたいならぜひ相談してみてください!

審査が「不安」ならイエプラ

個人事業主の家賃目安は月収の20~25%

一般的には、月収の30%以下の家賃であれば入居審査に通りやすいと言われていますが、個人事業主の場合は月収の20~25%が家賃の目安です。

税金や保険料などが差し引かれるうえ、経費などで1度お金を支払うため、手持ちが少ないと判断されやすいからです。以下は、収入に対する家賃目安です。

フリーランスの家賃目安
月収20万円 4~5万円
月収25万円 5~6.2万円
月収30万円 6~7.5万円
月収35万円 7~8.7万円

ただし、専門職などで月収が40万円以上の場合は、よほど家賃が高いお部屋を借りない限りは審査に通りやすいです。

賃貸の審査に必要な書類一覧

収入証明書を含めた、賃貸の審査に必要な書類は以下の通りです。

・身分証明書(免許証・保険証・パスポートなど)
・収入証明書
・住民票(同居人分も)
・印鑑証明書
・通帳のコピー(預貯金審査の場合)
・連帯保証人の身分証
・連帯保証人の収入証明書

1つでも書類が欠けていると、審査期間が延びたり、最悪の場合は審査してもらえないことがあります。

事前にきちんと書類を用意しておき、素早く提出できるようにしておきましょう。

審査に落ちやすい5つのパターン

個人事業主の人が、審査に落ちてしまいやすい5つのパターンを紹介します。解決策もあるので、ぜひ参考にしてください。

①申告した金額が実収入より低い
②個人事業を始めてから2年目
③保証人を用意できない
④大家さんが個人事業主を嫌がる
⑤服装や髪形が不潔で不信感がある

①申告した金額が実収入より低い

税金対策として、実収入よりも収入を低く見積もって申告した場合は、そもそも審査に通る金額に満たないことがあるので要注意です。

実際には収入に困っておらず家賃を支払う余裕があるとしても、大家さんは実収入ではなく申告した金額を信じて審査します。

②個人事業を始めてから2年目

個人事業を始めてから2年目までは、前年度の収入証明書が発行できないことが多いので信用度が低いです。

ただし、独立する前と同じ業種で働いている場合は、独立してから日が経っていなくても審査に通る場合があります。

例えば、独立前は年収300万円の企業でエンジニアをしていて、エンジニアとして独立してからの収入を450万円と申告していたとします。

大家さんは「わざわざ独立したのに年収が下がるわけはない」と考えるので審査に通る可能性が上がります。

③保証人を用意できない

保証人を用意できない場合は、保証会社を利用すれば良いです。

ただし、保証会社によって審査の難易度は異なります。クレジットカード会社が大元の「信販系」と呼ばれる保証会社は難易度が高いので避けましょう。

④大家さんが個人事業主を嫌がる

誰を住まわせるのか最終的に判断するのは、物件の大家さんです。

大家さんが過去にトラブルにあった経験から個人事業主NGとしている場合は、対策の仕様がないのでその物件は諦めましょう。

ただ、分譲賃貸といってお部屋ごとに大家さんが違う場合は、別のお部屋で申込できます。

⑤服装や髪形が不潔で不信感がある

身なりが不潔で印象が悪く、大家さんの一存で審査に落ちてしまう可能性があります。

不動産屋に行く際は、派手すぎたり不潔すぎる格好は避けましょう。スーツを着たりして過度に気を使う必要はありませんが、最低限清潔な印象を与えられるような恰好をすべきです。

居住用物件を事務所利用するのは基本NG

居住用の物件を事務所として利用するのは、以下のような理由から、基本的に不可能です。

・居住用と事務所では固定資産税が違う
・大勢の出入りは防犯上の不安がある
・管理組合が禁止している

また、仮に事務所として利用できた場合も、法人登記はできないので注意が必要です。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識