お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

IT重説とは?4つのメリットとやり方を徹底解説!必要なものを紹介!

オペレーター

IT重説とは?という疑問を解決します!賃貸契約におけるIT重説とは何かをわかりやすく解説し、4つのメリットとIT重説の流れ、やり方をご紹介します!また、事前に準備しておく必要があるものを一覧にして公開します!

IT重説とは?

「IT重説」とは、パソコン・スマホ・タブレットを使ったテレビ通話で、不動産契約の重要事項の説明を受けることです。

これまでは、契約しようとする人と直接対面で、重要事項を口頭説明することが義務付けられていました。

しかし、2017年10月に国土交通省が不動産業界のIT化を進めるため、オンラインシステムを使った画面越しでの「IT重説(ITを活用した重要事項説明)」を認めました。

現在は、賃貸物件のみIT重説が可能です。ただ、会社として、手続きの方法が決まっていない不動産屋は、IT重説をしてません。そのため、すべての物件で出来るわけではありません。

重要事項の説明を受けるタイミング

重要事項の説明を受けるタイミングは、審査通過から賃貸契約を結ぶ前です。賃料や部屋の広さ、契約期間など条件の詳細を理解するためです。

不動産業界では、重要事項の説明を「重要事項説明」といいます。重要事項説明書という書面を不動産屋が発行して、不動産の免許を持った宅地建物取引士が口頭で説明します。

重要事項説明書は、大きく分けて2つの事項があります。住所やライフライン、設備の整備状況などの「物件に関する事項」と、賃料条件や契約期間、更新方法などの「取引に関する事項」です。

宅地建物取引業法で定められている行為で、仲介業者を利用する物件では、重要事項説明をする義務があります。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

IT重説を受けるメリット

時計

IT重説を受けるメリットを紹介します。これまでの手続きにはないIT重説ならではのメリットなので、参考にしてください。

移動時間や交通費の負担が減る

IT重説を受けると、移動時間や交通費の負担が減ります。

例えば、重要事項説明を受けるため、大阪と東京を往復した場合、移動で約5時間と新幹線代は約30,000円かかります。IT重説なら、この移動時間と交通費が節約できます。

移動時間(片道) 交通費(片道)
札幌~東京(飛行機) 約2時間 約25,000円
大阪~東京(新幹線) 約2時間30分 約15,000円

好きな場所で空いている時間に受けられる

IT重説は、好きな場所で空いている時間に説明が受けられることがメリットです。インターネット環境さえ整っていれば、不動産屋の店舗に行く必要がないからです。

例えば、育児や介護で、長時間の外出ができない人は自宅で、仕事が忙しい人は、空いている時間にカフェで説明が受けられます。

ただし、IT重説は手元に重要事項説明書を用意して、説明を受ける必要があります。外出先で周りの目や音が気になる人は、個室で説明を受けることをおすすめします。

IT重説の流れとやり方

賃貸契約を結ぶ前のIT重説は、全部で5つの流れがあります。IT重説の流れと合わせて、やり方を参考にしてください。

①重要事項説明書を郵送で受け取る
②日時を決めて端末を手元に用意する
③通信状況の確認
④IT重説を受ける
⑤書類に署名と捺印して返送する

IT重説にかかる時間は30分程です。しかし、質問のやり取りや音声・映像の不具合などが理由で、1時間程かかる可能性もあります。

①重要事項説明書を郵送で受け取る

賃貸契約を結ぶ前に、不動産屋から「重要事項説明書」や契約の案内書類が郵送されます。

書類が手元に届いていないと、IT重説がおこなえないので、郵送先の住所や指定日があれば、事前に不動産屋に伝えてください。

書類が届いたら、なるべく早めに中身を確認してください。手続きをスムーズに進めるためです。

②日時を決めて端末を手元に用意する

IT重説をおこなう日時は、不動産屋と調整して決めます。宅地建物取引士がいないと、手続きがおこなえないので、早めに予約してください。

日時が決まったら、パソコン・スマホ・タブレットなど、テレビ通話が可能な端末を手元に用意してください。不動産屋によっては、専用アプリをダウンロードする場合もあります。

③通信状況の確認

時間になったら、不動産屋の担当者から連絡があります。担当者の案内に従って、音声や映像が乱れないか確認しましょう。

④重要事項説明を受ける

通信状況が問題ないと確認できたら、IT重説を受けます。まず、画面に映った不動産屋の顔と「宅地建物取引士証」の写真が同一人物かと、名前と登録番号を確認して読み上げます。

重要事項説明が終わると、そのまま契約を結ぶ不動産屋が多いので、テレビ通話で説明される重要事項説明書の内容に疑問があれば、その場で質問してください。

⑤重要事項説明書に署名捺印して返送する

IT重説の内容に納得できたら、重要事項説明書の該当箇所に署名捺印してください。署名するときは、フリックスペン(消せるボールペン)は使わないでください。

間違えても修正テープは使わずに、訂正箇所に二重線を引いて、訂正印を押してください。

署名捺印に漏れがなければ、不動産屋が指定する住所に書類を返送してください。住民票や身分証のコピーを同封する場合があるので、なにを返送するか不動産屋に確認してください。

IT重説に必要なもの

タブレット端末

IT重説を受けるためには、インターネット環境と書類が必要です。

IT重説を受けるために必要なものをまとめます。不動産屋によって方法が異なるので、あくまで、参考程度に確認してください。

IT重説に必要なもの
・パソコン、スマホ、タブレットなどテレビ電話が可能な端末
・LINEやスカイプなど音声通話が可能なアプリ
・不動産屋から郵送される書類

上記のものが必要な理由は、宅地建物取引士が映像を通して「宅地建物取引士証」を提示し、音声で書類の詳細を説明するためです。

書類は、不動産屋から事前に郵送されるので、手元に準備して説明を受けられます。そのため、スマホのように画面が小さくても問題ありません。

IT重説を受けた人の体験談

当サイトに寄せられたアンケートから、IT重説を利用した人の体験談を紹介します。上京前に自宅や職場、カフェで説明を受けたという人の声が多かったです。

交通費が節約できた
男性のアイコン地方から上京でお部屋を借りました。4月から入居ましたが、前の年の12月にはお部屋を決めていたので、鍵をもらうまでの間でIT重説を利用して、新幹線代が節約できました。浮いたお金で少し良い冷蔵庫を買いました。(男性/20代)
家を空けられないので自宅で説明を受けた
女性のアイコン生後3ヵ月の子どもがいます。長時間の外出はしたくないし、家をあけられないので、自宅でIT重説を受けました。子どもがお昼寝中の30分で説明が終わりました。(女性/20代)
怪我で外出ができない
男性のアイコン足を骨折してしまい、不動産屋に行けないと相談したら、IT重説で対応してくれた。書類も事前に送られてきて、目を通せたので、落ち着いて説明を受けられました。(男性/20代)
仕事の休憩時間にカフェで説明を受けた
女性のアイコン私の休みと不動産屋さんの定休日が被っていたので、お昼休憩の1時間を使ってカフェで説明を受けました。音声はイヤホンを通して聞けたので、周りは気になりませんでした。(女性/20代)

他にも「不動産屋だと、なんだか緊張してしまう」という人が、自宅だとリラックスして説明を受けられたという声がありました。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識