考える女性

不動産屋に飛び込みで行くのはアリ?予約するべき?不動産屋に行く前に決めるべき5つのポイント!

部屋探しの知恵

2018年2月21日投稿

イエプラ イエプラ

不動産屋に行くときって飛び込みで行って良いの?事前に予約したほうが良い?といった、不動産屋に行くときの疑問にお答えします!不動産屋に行く前に決めておくべき5項目や、どの不動産屋に行けば良いか分からないときの対処法も合わせて公開!

飛び込みではなく予約してから行ったほうが良い

不動産屋は、できるだけ事前に予約してから行きましょう。予約なしで飛び込み訪問も可能ですが、デメリットが大きいのでおすすめしません。

以下に、予約するメリット4つと予約せずに訪問するデメリット3つをまとめました。

予約するメリット

①順番待ちがほぼ発生しない
②混雑時でもしっかり時間を取ってもらいやすい
③先に物件候補を用意してくれることがある
④用意された物件は即日内見に行ける場合が多い

予約しないデメリット

①混んでいると待たされる可能性が高い
②混雑時や担当者によっては丁寧に対応されない
③その日のうちに内見できないことが多い

また、不動産屋にはできるだけ清潔感がある服装で行きましょう。スーツを着たりしてかしこまる必要はありませんが、第一印象が良いと不動産屋に信用してもらいやすくなります。

できれば4~6月に予約するべき

電話をかける女性
4~6月は、不動産業界にとって閑散期に当たるので、お部屋を探す人が少ないです。時間に余裕がある営業マンが多いので、お部屋をたくさん見せてもらえることが多いです。

また、営業マンは少ないお客さんから売り上げを上げる必要があるので、丁寧に対応してくれることが多いです。繁忙期はお客さんが多く、一人ひとりに時間を割きすぎるわけにはいきません。

夕方と月末は避けるべき

夕方は、午前中や午後の早い時間帯と比べて、混雑している傾向があります。会社勤めの人が仕事帰りに来店することが多いためです。

また、ノルマを達成していない営業マンは月末になると焦るので、なんとなく強引な営業に感じることがあります。できるだけ色んな物件を見てから慎重に選びたい人は、特に避けたほうが良いです。

時間は午前中がおすすめ

9~10時くらいの、開店してからすぐの時間がおすすめです。お客さんが少ない分、じっくり対応してもらえる可能性が高いです。しかも、人手が余っている状態なら、連携して物件候補を一気に探し出してくれることがあります。

また、午前中に目ぼしい物件が見つかれば、午後を使って即日内見に行ける場合も多いです。移動時間も含めると3~5件程度回れます。

不動産屋に行く前に決めておくべき5ポイント

予約して不動産屋に行く前に、お部屋の希望条件の優先順位を付けておきましょう。希望条件をすべて満たしたお部屋はまず無いので「絶対に妥協できない条件」と「妥協したくないが無ければ諦める条件」と「あればラッキーな条件」のように優先度をつけ、優先度が低いものから順番に切り捨ててお部屋を探すと良いです。

以下で、優先度を高く設定されやすい項目と、考える際の注意点をまとめました。

①家賃・初期費用の予算

優先順位をなるべく高めで検討したいのが、家賃や初期費用の予算です。

家賃予算はよく月収の3分の1が目安と言われますが、3分の1というのは審査の足切り基準であって、実際に給料の3分の1も家賃が占めてしまうと、毎月いっぱいいっぱいの生活を送ることになります。

趣味にお金を使って貯金もしたいと考えると、月収の4分の1~5分の1程度で考えると良いです。また、この程度の家賃比率であれば、より審査が通りやすいです。

家賃だけではなく、お部屋を借りる際に必要な初期費用の予算についても考えておきましょう。以下は、お部屋の初期費用としてかかる項目と相場の一覧です。

内訳 相場
敷金 家賃1ヶ月
礼金 家賃1ヶ月
仲介手数料 家賃1ヶ月+税
前家賃 家賃1ヶ月
日割り家賃 日数で異なる
鍵交換費用 15,000円
保証会社利用料 家賃50%~100%
火災保険料 20,000円

初期費用に関する詳しい解説はこちら

敷金(家賃1ヶ月分)

敷金とは、退去時に部屋の破損や汚れを修繕したり、万が一の家賃滞納などに備えたりするために一時的に預けるお金のことです。原則返金されますが、お部屋にキズや汚れがたくさん付いていると修繕費が高くなり、退去時の返金額は少なくなります。

敷金0円の場合は、代わりにハウスクリーニング代を契約時に請求されます。また、退去時に別途でお部屋の修繕費が必要になります。

礼金(家賃1ヶ月分)

礼金とは、入居する物件の大家さんに「入居させてくれてありがとう」という意味を込めて支払うお金のことです。敷金と違い返金はされません。

仲介手数料(家賃1ヶ月分+税)

仲介手数料とは、お部屋を紹介してくれた仲介業者に成果報酬として支払うお金のことです。費用の上限は家賃の1ヶ月分までと法律で定められています。

前家賃(家賃1ヶ月分)

前家賃とは、翌月分の家賃のことです。例えば、3月にお部屋の契約をした場合、4月分の家賃を契約時に支払うことになります。

不動産屋によっては、初期費用の概算にあえて前家賃を含めずに表示して「他の不動産屋よりも安い!」とアピールしている場合があります。初期費用の項目に前家賃が含まれているかしっかり確認しましょう。

日割り家賃(日数によって異なる)

日割り家賃とは、月の途中から入居した場合に発生する家賃で、入居日数によって支払う金額が変わります。

例えば、1月の途中から家賃6万円のお部屋に入居して、8日間日割り家賃が発生した場合、60000÷31(6万円÷31日)=約1900円、1900×8=15200円を支払うことになります。

鍵交換費用(15,000円)

鍵交換費用とは、前の入居者が使用していた鍵から自分が使用する鍵に交換する費用のことです。防犯性の低いものだと1.5万円ほどですが、防犯性の高いものは2万円以上かかります。

保証会社利用料(家賃50%~100%)

保証会社利用料とは、保証人の代わりになる会社を利用する費用のことです。万が一家賃を支払えなくなった場合、一時的に家賃の立替えをしてくれます。保証人を立てれば不要になる場合もあります。

火災保険料(20,000円)

火災保険料とは、火事や落雷で燃えてしまった建物や家具の補償をしてくれる保険の費用のことです。相場の2万円よりも安い料金で利用できる保険会社もありますが、不動産屋が指定している保証会社以外は選べないことが多いです。

 

また、お部屋の初期費用とは別に、引っ越し費用や家具家電・日用品の購入費用もかかります。お部屋を借りる初期費用のみ工面すれば良いわけではないので、十分注意しましょう。

引っ越し費用・家具家電などの購入費用の解説はこちら

②エリア

家賃の次に優先度が高めの項目は「どんな場所に住むか」です。住みやすいエリアの基準は人によって異なりますが、以下の5つの条件が基準になることが多いです。

①家賃相場が安いか
②職場や学校に通いやすいか
③繁華街などに出やすいか
④子育てがしやすいか
⑤買い物環境が充実しているか

また、エリアが絞れたら、一緒に「駅から徒歩何分まで歩けるか」も考えておくと良いです。駅から離れるほど家賃が安くなります。

③間取り

間取りは広ければ良いわけではなく、自分の生活スタイルに合わせて探しましょう。部屋に置くものが少ない一人暮らしなのに、広いからといって1LDKのお部屋に住んでしまうと、お部屋を持て余してしまいます。

以下で一人暮らし向けの間取りと同棲向けの間取りをまとめているので、間取りを決める際の参考にしてみてください。

一人暮らし向けの間取りに関する解説はこちら

同棲におすすめの間取りに関する解説はこちら

④ペット可・楽器可などの条件

すでにペットを飼っていたり、楽器を使いたい場合は、それぞれが許可されている物件でないと住めません。

ペット可物件は、大家さんの意向によって飼ってよい動物と飼えない動物が決められていることがほとんどです。大型犬や猫は禁止されている場合が多いので、飼っていいかどうか事前に聞いておくべきです。

また、楽器演奏可の物件でも、あまりに大きな音が出る楽器やドラムセットなどの大きな楽器は禁止されていることがあります。

⑤お部屋の設備

チェックマーク
以下に、人気があるお部屋の設備と特徴をまとめてみました。どれもあると嬉しい設備ばかりですが、人気の設備なのでたくさん付いているお部屋ほど家賃が高くなります。

1.バストイレ別
2.エアコン付き
3.階数が2階以上
4.室内洗濯機置き場付き
5.ベランダ・バルコニー付き
6.南向きの採光面
7.駐車場・駐輪場付き
8.宅配ボックス付き
9.インターネット無料
10.リフォーム・リノベーション済み

1.バス・トイレ別

お風呂とトイレが別の空間に分かれている間取りのことです。ワンルームや1Kの間取りはスペースの都合上、お風呂とトイレが同じ空間にあることが多いですが、ワンルーム・1K以外のお部屋では分かれているお部屋がほとんどです。

2.エアコン付き

エアコンが付いていれば家電の購入費を減らせるので、費用を安くしたい人におすすめです。また、築年数が浅いお部屋ほどエアコン付きの割合が増える傾向にあります。

ただ、あまりにも年式が古いエアコンが付いていると、冷暖房効率が悪く、電気代が余計にかかることがあります。

3.階数が2階以上

1階は外から侵入されやすいため、特に女性に人気がある条件です。

階数が多いマンションでは、階数が高くなればなるほど家賃が上がっていく傾向があります。以下の記事で、1階と2階以上と最上階のお部屋で、それぞれメリットやデメリットを比べてみたので、参考にしてみてください。

1階・2階以上・最上階の比較はこちら

4.室内洗濯機置き場付き

物件によって、洗濯機置き場が室内にあるタイプと室外にあるタイプがあります。ほとんどの物件は室内タイプですが、築年数が20年以上経っている物件は室外タイプが多いです。

室外タイプでは洗濯物が盗まれたり洗濯機が雨に濡れる危険があるので、室内タイプが人気です。

5.ベランダ・バルコニー付き

ベランダやバルコニーが無いお部屋では、洗濯物を室内に干さないといけません。

ほとんどのお部屋に付いている設備なので見落とすことがありますが、ワンルームの間取りではベランダ・バルコニーが付いていないお部屋も多いので、図面に書かれているか確認しましょう。

6.南向きの採光面

採光面が南向きのお部屋は日当たりが良く、洗濯物が乾きやすいため人気です。

東向きは朝日が差し込むので、午前中は暖かいですが、夜は暗く冷えやすいです。また、西向きは朝は冷え込みますが、午後は暖かく、とくに夏場の西日は暑くて冷房代が高くつきやすいです。

それぞれの採光面の特徴をまとめた記事はこちら

7.駐輪場・駐車場付き

車を持っている人にとって駐車場は最優先の条件ですが、駐輪場が付いているかどうかは見落としてしまうことがあります。

駐輪場が無い物件では自転車を止められず、近隣の有料駐輪場に停める必要があります。

8.宅配ボックス付き

築年数が浅い物件に増えている設備で、不在時に届いた荷物を受け取れて、非常に便利です。

ネット通販をよく利用する人や、外出が多い人におすすめです。

9.インターネット無料

軽い調べものや簡単な作業でしかインターネットを使わない人におすすめの設備です。建物自体でネットに契約しているため、個人でネット契約しなくても無料で使えます。

ただ、回線自体は遅いので、仕事やネットゲームなどで早い回線が必要な人は個人で契約したほうが良いです。

10.リフォーム・リノベーション済み

リフォーム済み物件とは、建築当時の状態に戻す施工をした物件のことです。また、リノベーション済み物件とは、設備や間取りを変更する改修工事を行った物件のことです。

築年数が古くて家賃が安めでも綺麗なお部屋に住めるので、建物の頑丈さや外観を気にしない人におすすめです。

急いでいるなら引っ越しの準備も進めておく

急いで引っ越す必要があるなら、お部屋探しと並行して引っ越しの準備も進めておきましょう。

まず、引っ越し業者を決めると良いです。荷物の大きさや量を見積もってもらえば、サービスとして段ボールをもらえることがあります。また、必ず複数の業者に見積もってもらい、比較して決めましょう。

業者が決まったら、普段使わない荷物から順番に段ボールに詰めます。何が入っている箱なのか簡単にメモしておくことも忘れてはいけません。

どの不動産屋に行けば良いか分からないときは?

物件情報サイトを見ていても、同じお部屋なのに不動産屋がたくさんあったりして、どこに行けば良いか分からなくなることがありますよね。

ネット営業の不動産屋「イエプラ」なら、気になるお部屋探しから内見まで、一度も不動産屋へ行かずに済ませられます!

チャットやLINEでお部屋を探せるので、不動産屋に行くのがめんどくさい人や、遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人にもおすすめ!

SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます!

イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザという文字
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

部屋探しサイト
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

チャット不動産屋「イエプラ」のロゴ
イエプラの口コミ・評判|SUUMOやHOME’Sと比べるとどう?

 

万力で挟まれている硬貨と電卓
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

ひらめいた男性の人差し指と電球
部屋探しが面倒な人におすすめしたい「チャット不動産屋」とは?

 

ソファに寝そべってスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

東京のビル群
東京で評判の良い不動産屋さんはここ!

 

紅葉の写真
年内に引っ越したいなら11月中には部屋を探しておくべき理由

 

調査している探偵
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

綺麗な内装のリビングルーム
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

一人暮らしのお部屋
初めての一人暮らし|始めるまでの11ステップと部屋探しのポイント

 

鍵とお金を渡す手
無職で賃貸契約する方法と審査を通過しやすくするコツ

 

おしゃれな部屋の内装
フリーレントとはどういう意味?ホントにおトクなの?【賃貸】

 

チェックマークを付ける男性の手
賃貸の入居審査とは?通過する7のコツと落ちた人の特徴

 

初期費用を分割払いする方法!現金で分割できる?【賃貸】

 

不動産屋の立ち合い
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき5つの理由

 

手をつないだカップル
二人暮らしの生活費|平均の費用はどれくらい?【シミュレーション】

 

暖炉の前で雑談するカップル
同棲の間取り|おすすめのお部屋をカップルタイプ別に大公開【二人暮らし】

 

一人暮らしでかかる費用は?初期費用や毎月の生活費の実例を大公開!

 

男性が手で立たせているスマホ
ネットでお部屋を探す方法は大きく分けて2通り!おすすめはどっち?

 

散らばっている大量のコイン
家賃目安は3分の1の割合っていうけど手取り?給料?年収?

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly