お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

引っ越しの初期費用が払えない!対処方法や家賃別の費用目安も紹介【賃貸】

引っ越しの初期費用が払えない!のイメージイラスト

引っ越しの初期費用が払えない!どうすればいい?という不安を解消します。そもそも引っ越しの初期費用はトータルいくらなのか、引っ越しの初期費用が払えない時の3つの対処方法、引っ越し初期費用を抑える方法なども紹介します!

そもそも引っ越しの初期費用っていくらかかるの?

引っ越しの初期費用の中には、賃貸の初期費用・引っ越し費用・家具家電購入費の3つの項目があります。それぞれの目安費用は以下です。

賃貸の初期費用 家賃4.5~5ヶ月分
引っ越し費用 約5~10万円
家具家電購入費 約10~15万円

賃貸の初期費用は、敷金・礼金や仲介手数料など、お部屋を借りる際に必要なお金です。

引っ越し費用は、引っ越し業者の利用料や自分で引っ越しした際のレンタカー代、梱包用のダンボール代などです。

家具家電購入費は、新居に設置する家具や家電を新しく購入した場合に発生する費用です。

賃貸の初期費用は、家賃によって変動しますが、東京の一人暮らし用の間取り物件の家賃相場である8万円で計算すると約51万~65万円です。

家賃別の初期費用目安

一人暮らしするまでに必要な初期費用のトータル金額の目安を、家賃別にまとめたので参考にしてください。

家賃5万円 約37.5~50万円
家賃5.5万円 約39.7~52.5万円
家賃6万円 約42~55万円
家賃6.5万円 約44.2~57.5万円
家賃7万円 約46.5~60万円
家賃7.5万円 約48.7~62.5万円
家賃8万円 約51~65万円
家賃8.5万円 約53.2~67.5万円

家賃が高いお部屋に住めば住むほど賃貸の初期費用が跳ね上がるので、払えないのではないかと心配な人は、家賃が安いお部屋を選びましょう。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

引っ越しの初期費用が払えない時の対処方法

賃貸物件に引っ越しする際に、初期費用が高すぎて払えない!けど、どうしても引っ越ししたい!という人向けに、対処方法を紹介します。

初期費用の見積もりを出してもらって金額を知った人向けです。そもそも、初期費用自体を抑える方法は後ほど紹介します。

①両親にお願いしてお金を負担してもらう
②クレジットカードで初期費用を分割する
③利用できる助成金がないか確認する

①両親にお願いしてお金を負担してもらう

引っ越しの初期費用を払えない人は、両親にお願いしてお金を負担してもらいましょう。

両親に初期費用を負担してもらえない場合は、貸して欲しいと交渉するか、引っ越しを延期してバイトなどで初期費用を貯めたほうが良いです。

②クレジットカードで初期費用を分割する

お部屋を借りる際の初期費用を、クレジットカードで分割しましょう。カード会社によって分割回数が違いますが、最大で24~36回の分割が可能です。

ただし、分割払いを対応しているかは、不動産屋によります。分割を検討しているなら先に「カードでの分割は可能か」「自分が持っているカードは対応しているか」の2点を確認しましょう。

ちなみにですが、現金での分割払いはできません。まれに大家さんとの交渉次第で対応してくれることがありますが、可能性はかなり低いで諦めましょう。

▶初期費用の分割払いについてはこちら

③利用できる助成金がないか確認する

自治体によって、学生や単身、ファミリー向けの引っ越し代を援助する、助成金制度がある地域があるので確認しましょう。

新宿区なら、学生・単身者が月1万円の家賃補助があり、最長3年間受け取ることができます。

豊島区なら、ファミリー向けの助成金があり、引っ越ししてきた場合、子どもの人数に合わせて月額上限1.5万円の支給があります。

ただし、助成金を受けるには自治体が定める条件をクリアしないといけません。詳しくは、各自治体のホームページで確認してください。

引っ越しの初期費用を抑える方法

賃貸契約の初期費用・引っ越し費用・家具家電購入費の3つに分けて、引っ越し費用のトータルを抑える方法を紹介します。

紹介する方法の中から、なるべく複数実行して少しでも初期費用を抑えてください。

賃貸契約の費用を抑えるコツ

・家賃相場が低いエリアで探す
・家賃が安いお部屋を選ぶ
・ゼロゼロ物件を選ぶ
・仲介手数料が半額以下のお部屋を選ぶ
・フリーレント付き物件を選ぶ
・連帯保証人のみで審査できるお部屋を選ぶ
・入居日を月初にしてもらう

賃貸契約の費用を抑えるコツは、何をおいても家賃を抑えることです。初期費用は、家賃を元に計算されるので、家賃が安ければ当然初期費用も安くなります。

東京都内であれば練馬区や葛飾区、名古屋であれば八事や本山、大阪であれば住吉区や平野区などの地域は相場が低めです。

駅徒歩15分以内、築年数不問などお部屋探しの条件を緩和するだけでも、家賃が5千円~1万円ほど抑えられます。

他にも仲介手数料や礼金など、払わなくても借主に影響を与えない項目はできる限り支出を減らして費用を抑えましょう。

入居日が相談可能なお部屋の場合は、なるべく月初1日にしてもらいましょう。1日に入居すれば、従来通りの家賃発生になるため前家賃1ヶ月分は不要です。

引っ越し費用を抑えるコツ

・引っ越し単身パックを利用する
・極力荷物を断捨離する
・フリー便を選ぶ
・時期が選べるなら6月に引っ越しする
・インターネット割引を利用する
・家具家電は購入店から直発送してもらう

一人暮らしで引っ越しするなら、先にも紹介した通り引っ越し単身パックを利用したほうが費用を抑えられます。

また、フリー便といって引っ越す日にちだけを決めておき、作業の開始時間は引っ越し業者にまかせるプランがある場合は、5千円ほど費用が安いです。

極力荷物を断捨離して引っ越しすれば、引っ越し業者を使わずに、通常の宅配料金で収まる場合もあります。

ちなみに、家具家電を新規購入する人は、購入店から直発送してもらえば引っ越し費用が安いです。とくに春は、送料無料になっていることが多いのでお得です。

家具家電購入費を抑えるコツ

・実家から持ち込む
・新生活応援セットで家電を買う
・中古品やディスカウントストアで買う
・小物は100円ショップで揃える

家具家電にかかる費用を抑える最大のコツは「買わないこと」です。実家や前の家で使っていた家具家電を持ち込むことで、費用を最低まで抑えることが可能です。

新たに家具や家電を購入する場合は、ディスカウントストアや新生活応援セールなど、できるだけ費用を抑えて購入できるタイミングを見極めましょう。

また、1月~3月の時期はどの電気屋も、「一人暮らし家電セット」などの名目で、冷蔵庫・洗濯機・掃除機のセットを販売しているので狙って購入するとお得です。

親身に相談に乗ってくれる不動産を探すことが重要

電卓の横に置かれたお金
引っ越しの初期費用を抑える最大のコツは、親身に相談に乗ってくれる不動産屋を探すことです。

親身に相談に乗ってくれる不動産屋であれば、あらかじめ決められた予算の中でお部屋を探してくれたり、家賃や敷金・礼金の交渉をしてくれたりと、費用を抑えるために試行錯誤してくれます。

また、引っ越し時期に余裕がある人は、不動産屋の閑散期である4月~7月に相談しましょう。1月~3月の引っ越しシーズンが終わりお客さんが少ないので、ゆっくり時間を割いて相談に乗ってくれます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識