お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

日当たりの悪いお部屋のメリットとは?注意点や対策方法を徹底解説!

部屋の日当たりのイメージイラスト

日当たりの悪いお部屋のメリットって何?快適に過ごすにはどうしたらいいの?といった疑問を解決します。

日当たりの悪いお部屋での注意点と対策方法も紹介します。是非参考にしてください。

日当たりの悪い理由

日当たりの悪い主な理由は「方角」と「周辺施設」です。

北向きのお部屋は、南向きに比べて直射日光がないので日当たりが悪いです。時間帯が変わっても、室内に光が差し込みません。

また、日当たりの良い方角であっても、周辺施設の状況で日当たりが悪くなります。横や向かいの建物と距離が近い、周辺の建物の背が高い場合は、陰りやすいです。

ベランダの屋根やフェンスの形状によっても、日光が差し込みにくくなるので内見時にしっかり確認したほうが良いです。

マル秘イエプラバナー

日当たりの悪いお部屋のメリット

日当たりの悪いお部屋にも、メリットはたくさんあります。

・日当たりの良いお部屋に比べて家賃が安い
・夏場は涼しくて過ごしやすい
・カーテン、床、家具が日焼けしにくい

実際に住んでいる人の生の声と一緒に紹介するので、是非参考にしてください。

日当たりの良いお部屋に比べて家賃が安い

日当たりが良いお部屋と比べると、条件が同じお部屋でも5千円ほど家賃が安めに設定されています。

1番日光が当たる南向きと比較すると、住む場所によっては1万円近く差が出ることもあります。

洗濯物が乾きにくい、お部屋の中に光が差し込まないといった理由で人気がないからです。

立地を優先しても予算内に収まった!
男性のアイコン駅徒歩10分以内で探していたんですが、たまたま予算内に収まったのが北向きお部屋でした。同じ物件でほかにも空室の部屋があったんですが、そこは自分が借りたところより家賃が7千円、管理費が千円高かったです。方角だけでこんなに変わるものなんだなって思いましたね。得した気分です。(男性/20代前半)

夏場は涼しくて過ごしやすい

直射日光が差し込まないので、夏場は涼しくて過ごしやすいです。エアコンを切って日中外出していても、サウナ状態になりにくいです。

暑がりの人や、エアコンの風が苦手、できるだけ電気代を抑えたいという人は、日当たりが悪いお部屋にすると良いです。

夏場なのに快適に過ごせた
男性のアイコン室内がずっと陰っているので、夏でも多少ひんやりしています。窓を開けるだけでも、割と快適に過ごせますね!(男性/30代後半)
電気代を節約につながった!
女性のアイコン前の家だと冷房ガンガンで電気代が高かったけど、今は27度設定で十分涼しくなります。思ったより電気代の節約に繋がっているので嬉しいです。(女性/20代後半)

カーテン・床・家具が日焼けしにくい

日当たりの悪いお部屋は、紫外線が差し込みにくいのでカーテンや床、家具などが日焼けしにくいです。

買い替える頻度が減るうえ、退去時の原状回復費用が高額になりにくいので、費用面でのメリットがあります。

本が日焼けしない!
女性のアイコン本が大好きで、室内が書庫みたいになっています。実家にいたときから、本棚に日光が当たらないよう努力していたんですが、すぐに色あせて困っていたんですよね…。でも、北向きのお部屋にしてからは対策しなくても焼けにくいので助かっています!(女性/30代前半)

他にも、高層階であれば直射日光が当たらないので景観を楽しめる、休日でも昼過ぎまでゆっくり寝られるなどのメリットもあります。

日当たりの悪いお部屋に向いている人

日当たりの悪いお部屋に向いている人の特徴をまとめました。日当たりに悪いお部屋に住むか悩んでいる人は、是非参考にしてください。

・夜勤の人
・日中家にいない人
・一人暮らしで洗濯が少ない
・室内干しも気にしない
・暑がり体質

夜勤の人は日中に寝る人がほとんどです。日当たりが良いとまぶしくて寝付きにくいですが、日当たりが悪いと室内が暗いので寝付きやすいです。

日中に家にいない人は夜に帰宅する人がほとんどです。夜は日が出ていないので全く気にならないです。

洗濯物が少ないと、部屋干ししやすいです。少しでも気になる人は、殺菌か除菌効果のある洗洗濯洗剤を使ったり乾燥中に除菌スプレーを使うと良いです。

暑がり体質の人はとても過ごしやすいです。ずっと冷房を付けずに扇風機でも快適に過ごせるので暖気代の節約になります。

日当たりの悪いお部屋の注意点と対策

日当たりの悪いお部屋の注意点と対策を紹介します。どれも簡単に出来るので、是非参考にしてください。

湿気やカビが発生しやすい

日当たりが悪いので湿気が溜まるので、カビ対策発生しやすいです。とくに梅雨は、窓周辺に衣類をかけるだけでも大惨事になります。

アレルギーを持っている人は、健康被害にもかかわってくるので注意してください。以下で、すぐにできる対策を4つ紹介します。

定期的に換気をする

定期的に換気をすれば、湿気が減るのでカビが発生しにくいです。

換気する際は、窓だけではなく玄関も少し開け、風の通り道を作ることが大切です。

窓を開けても風通しが悪い場合は、エアコンの除湿をつける、扇風機を首振りで使うなどで代用しましょう。

除湿器を置く

除湿器を置くことで湿度を40~55%に保てます。カビは湿度60%以上で活発に動くので、効果的な対策です。

衣類を室内干しする場合、乾きやすく嫌な臭いがしにくいというメリットもあります。

クローゼットや押入れに除湿剤を置く

クローゼットや押入れに除湿剤を置くと、湿気が溜まりにくくなるのでカビが発生しません。

また、クローゼットや押入れの床にすのこを置いて、通気性を良くするだけでも湿気対策に繋がります。

換気するついでに、クローゼットや押入れを開けっ放しにするのも良いです。

布団は布団乾燥機を使う

1ヶ月に1回は、布団乾燥機にかけましょう。カビやダニは熱に弱いので、布団乾燥機をかければ対策ができます。

布団乾燥機がない人は、専用の掃除機を使う、コインランドリーを利用するなどしましょう。

冬場は室内が冷え込みやすい

夏は涼しいですが、冬は室内がかなり冷え込みます。日差しが入りにくいので、外とほぼ同じ温度になりやすいです。

とくに女性や、冷え性持ちの人はデメリットが大きく感じてしまうので、以下で紹介する対策をしてください。

カーペットやコルクタイルを敷く

カーペットやコルクタイルを敷けば、冷えたフローリングとの接触面を減らせます。なかでも、ホットカーペットや断熱性のカーペットがおすすめです。

暖かい空気の約10%は床から外に逃げると言われています。フローリングを覆うことで、温かい空気を室内に保てます。

断熱性カーテンを使う

断熱性カーテンを使うのも良いです。断熱性カーテンは、特殊な素材を使っているので、通常よりも50%近くも保温性が高いです。

また、外からの冷たい空気や、窓の結露により発生した冷気を室内に入れにくくする効果もあります。

室内と外気の温度差で出来る結露も防止できるので、カビ対策にも繋がります。

インテリアの色を明るくする

日当たりの悪いお部屋は、インテリアの色を白基調にしましょう。

白を基調とすることで、光が反射しやすく室内が明るく温かい雰囲気になります。寒色系を使うと、薄暗く冷たい雰囲気になりやすいです。

実際の温度での変化はありませんが、気持ちが明るくなることで温かく感じやすいです。

日当たりが悪いと洗濯物が乾きにくい

日当たりの悪いお部屋だと洗濯物が乾きにくいです。室内干し特有の嫌な臭いも残ります。

日当たりの悪いお部屋だけでなく、1階に住む予定の人にもおすすめな対策を紹介するので、是非参考にしてください。

洗濯物の間隔をあける

洗濯物の間隔は約10㎝あけましょう。隙間を空けることで、風が通り乾きやすくなります。

また、丈の長いものと短いものを交互に干すなど、高低差を付けるのも良いです。

浴室や換気扇下で干す

浴室や、キッチンなど換気扇がある場所で室内干しましょう。空気が通るので、洗濯物が乾きやすいです。

また、通常の室内干しよりも短時間で乾きやすいので、臭い対策にもなります。

コインランドリーを使う

室内干しが嫌、臭いが気になる、まとめて選択したいという人はコインランドリーを使うのも手です。

洗濯~乾燥まで一気にできるうえ、短時間で乾かすので臭いが出にくいです。また、コインランドリーの乾燥機は業務用で高温なので、ダニやカビが死滅します。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESで見つからない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える更新が早い物件情報サイトを、みなさんが無料で見れるように手配してくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す


follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について