スマホを持ってオーケーマークを作る女性

部屋探しアプリおすすめランキングBEST5|比較して良さを紹介!

部屋探しの知恵

2018年11月13日投稿

イエプラ イエプラ

お部屋探しアプリのおすすめランキングをご紹介します!物件の数、画面の見やすさ、アプリの使いやすさ、良いお部屋の見つけやすさなどで、もっとも優れているのはどこなのか、アプリごとの特徴と併せて発表します!

第1位:イエプラ

イエプラアプリのイメージ

おすすめの部屋探しアプリの第1位は、チャット不動産屋イエプラのアプリです。

物件の多さ 物件の数は多い
画面の見やすさ アプリ画面は非常に見やすい
アプリの使いやすさ アプリの処理能力は非常に優れている
条件に合うお部屋の見つけやすさ 希望条件は非常に絞り込みやすい

イエプラはアプリ内のチャットで不動産屋とやり取りして、物件を紹介してもらえる部屋探しアプリです。「登録したらあとは待つだけ」をコンセプトにしていて、部屋探しの手間を丸投げできます。

また、イエプラのもう1つの特徴は、お部屋探し、内見の手配、大家さんとの交渉、賃貸契約までを1つの不動産屋でしていることです。

会員登録にはメールアドレスか電話番号の入力が必要ですが、SNS等のアカウントでも登録できます。対応しているのは、Googleアカウント、Yahoo!ID、ツイッター、Facebookです。

対応エリアは関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)と関西(大阪・京都・兵庫・奈良)です。

チャットで希望条件を伝えられる

スーモやホームズのようなカテゴリ分けの探し方では伝えられないイメージをチャットで伝えて、部屋を紹介してもらえます。

対応しているのはプロの不動産屋スタッフなので、かなり細かい要望や質問に応えてくれます。

たとえば「親が契約者になって息子が住むことはできる?」「駅までの道に坂道がない部屋が良い」など、自分の希望条件に合った指定ができます。

イエプラアプリのチャットの様子

イエプラアプリのチャットの様子

深夜0時までチャットで相談できる

イエプラは、午前9時30分から深夜0時までチャットの返信がすぐに返ってきます。夜中でもスタッフが対応しているので、寝る前のベッドからでも気軽に部屋探しの相談ができます。

イエプラアプリは深夜0時まで運営できる

ほかのサイトで見つけた物件の空室状況も調べられる

ほかのサイトで見つけた物件でも、物件情報のURLを送るだけで、空室状況を30分以内に確認してもらえます。空室だった場合は、その後の対応も一貫して任せられます。

イエプラアプリでほかのサイトで見つけた物件の空室状況も確認する

未公開物件を紹介してもらえる

イエプラでは、未公開物件の情報を調べられます。未公開物件とは、スーモやホームズといった一般向けの物件情報サイトには載っていないお部屋のことです。

イエプラによる未公開物件サイトへのアクセス案内

未公開物件は、不動産屋だけが使えるサイトでしか見られないのですが、イエプラのチャット内でリクエストすると、そのうちの1つであるatbb(アットビービー)を使えるように手配してくれます。

▶未公開物件についての詳しい解説はこちら

イエプラのアプリが向いている人

・不動産屋に行く時間がなかなか取れない
・自分で部屋を探すのが面倒
・地方から関東や関西に引っ越す
・部屋探しの段階からプロに相談して進めたい
・スーモやホームズに載っていない物件も見たい

イエプラのアプリを使った人の感想

スタッフの返信が早い
女性のアイコンチャットの返信がかなり早い!サイトには「60秒でご紹介!」て書いてありますけど、もっと早い気がします。仕事から帰る電車の中でパパっとやりとりできたのが、すごく良かったです。深夜でも対応してくれるのは助かります。あと、よくいる不動産屋の営業マンみたくしつこくないのも印象良いですね。(女性/20代)
細かい条件でも探してくれる
女性のアイコン部屋にこだわりがあるので、かなり細かい条件で部屋を探していたんですけど、しっかり見つけてくれました。すごい。条件のなかでも難しいものには難しいとちゃんと言ってくれるので、逆に安心して任せられました。(女性/20代)
便利な時代になったなぁと感心
男性のアイコン自分が働いているあいだに代わりに部屋を探してくれるので、ただただ「便利な時代になったな~」と感じるアプリでした。内見も現地集合に対応してくれたので、いままでで一番手間がかからない引っ越しでした。(男性/30代)
iPhone/android
アップストアインストールボタン グーグルプレイインストールボタン

イエプラ(ウェブ版)はこちらから
 

第2位:SUUMO(スーモ)

SUUMOアプリのイメージ

おすすめの部屋探しアプリ第2位は、日本最大級の物件情報サイトであるSUUMO(スーモ)のアプリです。

物件の多さ 物件の数は非常に多い
画面の見やすさ アプリ画面は見やすい
アプリの使いやすさ アプロの処理能力は優れている
条件に合うお部屋の見つけやすさ 希望条件は非常に絞り込みやすい

スーモは、全国各地の不動産屋から物件情報を集めているアプリです。全国の賃貸物件に対応していて、物件の数が多いので、たくさんの部屋から自分に合ったものを探せます。

ただ、スーモ自体は不動産業をしていないので、お部屋を借りるときの対応はそれぞれの不動産屋の質に左右されます。

悪質な不動産屋の広告だと、すでに入居者が決まっている古い物件情報が残っていて、いわゆる「おとり物件」にされていることがあります。また、同じ物件の情報が重複して掲載されているあるのも気になります。

地図に円を描いてエリアを指定できる

アプリ内の地図に指で丸を描き、指定したエリアにある物件を探せます。間取り、家賃、建築構造などのほかの絞り込みと合わせて使えます。

スーモアプリの地図をなぞる機能

物件の住所をもとに、なぞったエリアにある部屋の一覧を表示する機能です。位置を確認するために、別の地図アプリを立ち上げなくていいので便利です。

通勤・通学時間から検索できる

通勤・通学時間と乗り換えの回数を指定して物件を探せます。

スーモアプリの通学通勤時間による絞り込み

3つまで駅を追加できるので、通勤先、恋人の家、よく買い物に行くところなどを設定して、ちょうどいい位置の部屋を探せます。

スーモのアプリを使った人の感想

条件の保存とプッシュ通知が便利
男性のアイコン最初こそ物件情報を入力しなくてはいけないから手間がかかるけど、条件が保存できるので、2回目以降は楽チンです。3つまで保存できるんで、複数の地域で並行して部屋を探せました。プッシュ通知をオンにすれば、条件ごとに新着情報の通知がくるのも便利です。(男性/20代)
機能がひと通り揃っていて分かりやすい
女性のアイコン必要な機能がだいたい揃っている感じです。家賃、間取り、オートロック、風呂トイレ別、室内洗濯機置き場、駐車場とか、いろいろ条件を指定して、検索できます。カラ物件とかダブり物件も多いですが、私はもう引っ越し慣れしているので、あんまり気にならなかったです。(女性/30代)
複数の物件紹介があってよく分からない
困り顔の男性のアイコン同じ物件なのに、2件も3件も紹介記事がある。それぞれ取り扱っている不動産屋が違うようだが、書いている紹介内容も微妙に違っていたりして、どれを信用していいのかわからない。(男性/20代)

スーモのアプリが向いている人

・たくさんの物件情報から探したい
・地方で部屋探しをしている
・駅よりもさらに細かいエリアで探したい

iPhone/android
アップストアインストールボタン グーグルプレイインストールボタン

SUUMO(ウェブ版)はこちらから
 

第3位:goodroom(グッドルーム)

goodroomアプリのイメージ

おすすめの部屋アプリ第3位は、おしゃれな部屋探しに特化したgoodroom(グッドルーム)のアプリです。

物件の多さ 物件の数は普通
画面の見やすさ アプリは見やすい
アプリの使いやすさ アプリの処理能力は非常に優れている
条件に合うお部屋の見つけやすさ 希望条件は非常に絞り込みやすい

グッドルームは、リノベーションやデザイナーズ、古民家など、少し変わった物件をメインに扱っています。物件の紹介記事が独特で、写真が多いため、雑誌を読んでいるような感覚で部屋探しができるアプリです。

ただ、対応しているエリアは東京、千葉、神奈川、埼玉が中心なので、関東以外の部屋探しには向いていないです。

イエプラと同じように、アプリにチャット(メッセージ)機能があるので、電話をかけずに部屋探しの相談ができます。スタッフが対応できるのは、定休日の水曜日を除く10:00-20:00です。

マイナス面まで合わせて物件が丁寧に紹介がされている

「気になるポイント」として、物件のマイナス面まで紹介しているのが、グッドルームの紹介文の特徴です。デメリットを把握したうえで、入居するかどうかを検討できます。

設備についてだけでなく、物件のある街についても紹介文では触れていて、入居したあとにどんな生活になるのかをイメージしやすいです。

goodroomアプリの物件紹介文

360度写真で室内の様子が見れる

グッドルームには「360度写真」という機能が付いている物件がかなりたくさんあります。

goodroomアプリの360度写真機能

360度写真機能では、Googleのストリートビューのように、お部屋のなかを移動できます。ただ、読み込み速度は遅いです。データ容量の制限がかかっていると使えないかもしれません。

地方から上京するような場合は、なかなか内見ができないので、360度写真で細かくお部屋のことが見られるのは助かります。

アプリ内のカレンダーで内見予約ができる

アプリ内のカレンダーを使って内見の予約ができます。予約できるのは、翌週までの10-18時までです。ただし、水曜日は定休日になっています。

内見は、店舗集合と現地集合に対応しています。

goodroomアプリの内見予約カレンダー

グッドルームのアプリを使った人の感想

部屋にキャッチコピーが付いていて雑誌みたい
女性のアイコンお部屋の1つ1つにキャッチコピーが付いていて、読み物みたいなアプリです。文章もわくわくする書き方なので、引っ越しのテンションが上がります。人気のある部屋のランキングとか、コラムなんかもあるんですよ!(女性/20代)
センスの良い写真が多い
男性のアイコン物件の写真がかなりセンスが良いと思います。もう引っ越し終わったので消していいアプリなんですが、なんとなくときどき開いて、いろんな部屋の写真を眺めています。ほかの不動産屋の味気ない写真とは大違いです。(笑)(男性/20代)
物件の数が少ない
困り顔の男性のアイコンほかのアプリと比べると、物件の数は少ないです。あと、良くも悪くも風変りな部屋が多くて、スタンダードな部屋を探すのには向いていないです。私は普通な部屋に住みたかったので、ほかのアプリを使いました。(男性/20代)
iPhone/android
アップストアインストールボタン グーグルプレイインストールボタン

goodroom(ウェブ版)はこちらから
 

第4位:LIFULL HOME’S(ホームズ)

LIFULL HOME'Sアプリのイメージ

おすすめの部屋探しアプリ4位は、スーモと並ぶ、日本最大級の物件情報サイトであるLIFULL HOME’S(ホームズ)のアプリです。

物件の多さ 物件の数は非常に多い
画面の見やすさ アプリ画面は見やすい
アプリの使いやすさ アプリの処理速度は普通
条件に合うお部屋の見つけやすさ 希望条件は絞り込みやすい

ホームズは、スーモと同じように、各地の不動産屋から広告を集めている物件情報アプリです。不動産業はやっていないので、問い合わせ後の対応の質は不動産屋によって変わります。

物件の数がかなり多いので、よほど極端な条件を設定しなければ、自分自身で部屋探しができます。

ただ、AR機能など最新の機能を搭載していて負荷がかかるのか、アプリの処理速度は遅いです。

スーモと同じように、すでに入居者が決まっている古い情報が載ったままになっていたり、同じ物件の情報が複数掲載されている欠点がります。

初期費用の概算がわかる

「初期費用の概算」という機能が各物件についていて、ボタンひとつでおおまかな初期費用を計算してくれます。

HOME'Sアプリの初期費用概算機能

不動産屋に問い合わせなくても、必要なおおよその金額が分かるので便利です。

ただし「初期費用の金額」を検索条件にして部屋を探す機能はありません。

パノラマ画像機能で室内を見渡せる

物件によっては、居室、トイレルーム、バスルームなど、主要な箇所を360度を見渡せる「パノラマ画像」という機能があります。

グッドルームの「360度写真」よりも画質は劣りますが、内見する前に部屋の状況を詳しく知りたい人におすすめです。

ストリートビューが見れる

物件周辺のGoogleストリートビューが、物件紹介のページで見られます。どんな道沿いにあるのか、近くにどんなお店があるのかなど、周りの環境を手軽に確認できます。

HOME'SアプリのGoogleストリートビュー機能

AR機能はあまり役立たたない

ホームズのアプリには、スマホのカメラと連動した「かざして検索」や「見学メモ」といったAR機能がありますが、2018年現在では、まだ実用レベルではありません。

ほかの部屋探しアプリにはない機能なので物珍しさがありますが、あまりアテにしないほうが良いです。

ホームズのアプリを使った人の感想

パノラマ画像が便利
女性のアイコンほとんどの物件がパノラマ画像に対応しているようです。部屋だけでなく、玄関、バスルーム、トイレ、バルコニーなど、いろいろなところをぐるっと見れるので便利です。(女性/20代)
余計な機能が多くてアプリが重い
困り顔の男性のアイコンARを使った機能とか「やることリスト」とか、余計な機能が多くて、なんだかごちゃごちゃしています。そのせいかアプリも重いです。「やることリスト」っていうのは引っ越しの各ステップを教えてくれるものなんですが、余計なお世話というか、結局使わなかったです…。(男性/20代)

ホームズのアプリが向いている人

・たくさんの物件情報から探したい人
・初期費用の概算が知りたい人
・物件の周辺をストリートビューで確認したい人

iPhone/android
アップストアインストールボタン グーグルプレイインストールボタン

HOME’S(ウェブ版)はこちらから
 

第5位:賃貸物件検索

賃貸物件検索のイメージ

おすすめのお部屋探しアプリの第5位は、賃貸物件検索というアプリです。

物件の多さ 物件の数は非常に多い
画面の見やすさ アプリ画面の見やすさは普通
アプリの使いやすさ アプリの処理能力はふつう
条件に合うお部屋の見つけやすさ 希望条件は絞り込みやすい

賃貸物件検索は、合計11の大手不動産屋の情報を一括検索できるアプリです。

ただ、重複している物件やおとり物件も多いので、アプリを上手く使えるかどうかはユーザー次第になります。

また、複数のサイトから情報を集めているので、検索結果の画面などがあまり整理されていません。

大手の部屋探しサイトの情報を網羅している

賃貸物件検索は、以下の部屋探しサイトに載っている情報を網羅していて、横断的に部屋を探せるアプリです。

掲載サイト
・at home(アットホーム)
・SUUMO(スーモ)
・LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)
・いい部屋ネット
・マイナビ賃貸
・CHINTAI
・アパマンショップ
・不動産なび
・HOME ADPARK
・ピタットハウス
・賃貸スモッカ

膨大な物件情報が1つのアプリで見れるので、たくさんの選択肢のなかから、部屋を探せます。

間取り表示で物件一覧が見れる

希望条件で絞り込んだ物件一覧の表示を、お部屋の間取りで見られます。建物の外観よりも間取りを優先したい人に、おすすめのアプリです。

賃貸物件検索アプリの間取り表示画面

間取り別の表示にした場合に、一画面に映るのは4件が限度ですが、スライドしながら気になる間取りをサッと探せます。

賃貸物件検索のアプリを使った人の感想

複数サイトをまとめて検索できる
男性のアイコン複数の部屋探しサイトの情報が、1つのアプリで探せるので便利です。このアプリを見つけるまでは、スーモとホームズのアプリでそれぞれに気になった部屋をお気に入り登録したりしていましたが、いまは賃貸物件検索アプリしか使っていないです。(男性/20代)
表示がゴチャゴチャしていて見づらい
困り顔の女性のアイコン色んなサイトの情報をまとめて表示しているので、少しゴチャゴチャして見にくいです。物件ごとに「SUUMO」とか「at home」とかロゴが付いていて、邪魔です…。(20代/女性)

賃貸物件検索のアプリが向いている人

・たくさんの物件情報が欲しい
・複数のアプリを使っていてわずらわしい

iPhone/android
アップストアインストールボタン グーグルプレイインストールボタン

アプリにはウェブサイトにはない機能がある

iPhoneやandroidの部屋探しアプリには、ウェブサイトにはない機能が載っていることが多いです。

以下に挙げるものは、ほとんどの部屋探しアプリに共通してある機能です。各アプリ特有の機能と合わせて活用することで、部屋探しをよりスムーズにしてくれます。

希望条件の保存

アプリ内に、検索に使った希望条件を保存できます。ほとんどのアプリでは、希望条件の設定は5つほど保存できます。

プッシュ通知

条件を登録しておくだけで、希望に合った新しい物件の募集が始まったときに、スマホに通知が届きます。

新着物件がないか確認する手間が省けるので便利です。

SNSやメールで情報の共有ができる

物件情報のページをFacebookやLINE、メールなどで共有できます。

両親に相談したい学生や友人同士でルームシェアの物件を探している人には、かなり有用な機能です。

自分で探すアプリより探してもらうアプリの方が便利

スーモやホームズといった、自分自身で条件を設定して部屋探しをするアプリより、初めからプロのスタッフに任せるアプリのほうが断然おすすめです!

1位のイエプラは、深夜までスタッフがチャットで対応してくれます。お部屋を代わりに探してくれるだけでなく、物件選びの疑問や相談にも応えます。

さらに、不動産屋だけが使える専用の物件情報サイトも公開しているので、競争相手の少ない物件も見つけられます!

iPhone/android
アップストアインストールボタン グーグルプレイインストールボタン

 

イエプラ(ウェブ版)はこちらから

イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザという文字
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

部屋探しサイト
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

チャット不動産屋「イエプラ」のロゴ
イエプラの口コミ・評判|SUUMOやHOME’Sと比べるとどう?

 

万力で挟まれている硬貨と電卓
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

ひらめいた男性の人差し指と電球
部屋探しが面倒な人におすすめしたい「チャット不動産屋」とは?

 

ソファに寝そべってスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

東京のビル群
東京で評判の良い不動産屋さんはここ!

 

調査している探偵
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

綺麗な内装のリビングルーム
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

クッキーが乗っているマグカップ
年内最後のチャンス!費用を抑えるなら12月中旬までにお部屋を探すべき理由

 

グレーで統一したオシャレな室内
一人暮らし向けの部屋の間取りを比較|ワンルーム・1K・1DK・1LDK

 

東京の風景
東京都内の住みやすい街!おすすめの区や駅はどこ?【一人暮らし】

 

一人暮らしのお部屋
初めての一人暮らし|始めるまでの11ステップと部屋探しのポイント

 

鍵とお金を渡す手
無職で賃貸契約する方法と審査を通過しやすくするコツ

 

おしゃれな部屋の内装
フリーレントとはどういう意味?ホントにおトクなの?【賃貸】

 

チェックマークを付ける男性の手
賃貸の入居審査とは?通過する7のコツと落ちた人の特徴

 

不動産屋の立ち合い
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき5つの理由

 

一人暮らしでかかる費用は?初期費用や毎月の生活費の実例を大公開!

 

男性が手で立たせているスマホ
ネットでお部屋を探す方法は大きく分けて2通り!おすすめはどっち?

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly