お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

ハイツやメゾン・コーポという物件名の違いって何?

マンションの画像

ハイツやメゾン、コーポなどの違いって何?物件名にカタカナ語を使う理由や、マンションとアパートの違いについても掲載しています!

ハイツ・メゾン・コーポに明確な違いは無い

「ハイツ」「メゾン」「コーポ」などの言葉は、日本のマンションやアパートの名前として使われている場合、明確な違いはありません。

マンションやアパートの名前について定めている法律が無く、大家さんが自由に決めているためです。

つまり、物件名は「気になるお部屋がどんな建物なのか」の判断材料になりません。名前の意図は大家さんしか分からないので、名前と建物に大きなギャップがある場合もあります。

物件名にカタカナ語を使う理由

昭和時代には、物件に「〇〇荘」や「〇〇館」などの和風の名前を付けるのが流行していため、現存する「〇〇荘」といった建物は築年数が古い場合が多いです。

古い物件は人気が無く、入居希望者が集まりづらいので、外国語を使ったカタカナの物件名が多くなりました。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

物件名でよく見る言葉の意味

物件名にはいろいろなカタカナがついていますが、オシャレな響きだから何となくつけているわけではなく、英語やフランス語、スペイン語で住宅や建物という意味合いを持つものが多く使われています。

「メゾン」はフランス語で「家」という意味で「ヴィラ」は英語で「郊外の一戸建て邸宅」という意味になります。日本では主にアパートに多く付けられています。

「レジデンス」は英語で「大邸宅・高級住宅」という意味で「パレス」は「宮殿」という意味になります。日本では主にマンションに多く付けられています。

マンションとアパートの間にも明確な違いは無い

マンションとアパートの間にも、法的に明確な違いはありません。アパートという名前が付いた高層物件や、マンションという名前がついたボロボロの長屋もあり得ます。

ただし、マンションとアパートの場合、不動産屋ごとに分け方のルールを設けている場合が多いようです。「マンションという名前なのにアパートっぽい」というような誤解を避けるためです。

一般的には、3階建て以上でコンクリート造の物件をマンション、2階建て以下で木造や軽量鉄骨造の物件をアパートと呼ぶ傾向にあります。

マンションと呼ばれる物件
マンションと呼ばれる物件
アパートと呼ばれる物件
アパートと呼ばれる物件

マンションとアパートは英語だと意味が違う

日本における「マンション」と「アパート」は、本来の英語の意味とは異なります。いわゆる和製英語なので、外国人に言っても通じません。

マンションの語源となったmansionというのは、海外では超豪邸のことを意味します。

アパートは、英語でいうところのapartment(アパートメント)とのことで、いわゆる集合住宅のことです。

賃貸物件なら、apartment rental(アパートメントレンタル)になります。

▶マンションとアパートの違いについて詳細はこちら

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識