【賃貸】不動産屋の繁忙期と閑散期はいつ?時期ごとのお部屋探し注意点を紹介!

部屋探しの知恵

小向

この記事の監修:小向
「家AGENT」宅建主任士

この記事の監修:小向
「家AGENT」宅建主任士

部屋の中を虫眼鏡で見る人

不動産屋の繁忙期と閑散期はいつ?繁忙期と閑散期の部屋探し注意点はある?という疑問を解決します!ほかにも月ごとの不動産業界の特徴まとめや、物件数の多さ・家賃の安さ・不動産屋の対応の良さなどをまとめた早見表も紹介します!

賃貸不動産屋の繁忙期は年2回ある

賃貸物件を取り扱っている不動産屋の繁忙期は「1月~3月」と「9月~10月」の2回あります。

1月~3月は、4月の新年度に向けて初めて一人暮らしをする人が多いため、1年で最も不動産屋利用客が多い時期です。

とくに、学生から新社会人になる若い人が多いので、一人暮らし向けの物件が1番増える時期でもあります。

9月~10月は各企業の異動シーズンのため、それに合わせて転勤する人が多く春先の繁忙期に次いで、不動産屋の利用客が増えます。

ファミリーで転勤先に引っ越しする人も多いので、一人暮らし向けからファミリー向けの広い間取りまで出回ります。ただし、1月~3月よりは物件数が少ないです。

閑散期は6月~8月

逆に1年で最も不動産屋の利用客が少ない閑散期は「6月~8月」です。丁度、引っ越しシーズンが落ち着いて、次の異動シーズンを迎える前の期間です。

また、6月~8月は梅雨や猛暑といった気候でも左右されます。雨で引っ越ししにくい、夏の暑い日に大変な思いをしたくないと考える人が多く、引っ越しする人が減ります。

そのため、引っ越し業者の費用が最も安い時期でもあります。

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

繁忙期と閑散期で何が違うの?

繁忙期と閑散期では、引っ越しする人の数や家賃の高さ、不動産屋のスタッフが1人に避ける時間などが変わってきます。

学校や仕事の関係で4月までに引っ越ししなければいけないなど引っ越し時期が決まっている以外は、何を重視するかで不動産屋に行くタイミングを決めましょう。

たくさんの物件を見たいなら繁忙期

とにかくたくさんのお部屋を見たいという人は、賃貸物件の数が増える繁忙期がおすすめです。

4月の新生活にあわせて引っ越す人が多く、空室物件も増えます。また、この時期にあわせて単身向けのアパートやマンションが新しく建つので、新築のお部屋も多いです。

また、あまりにも空室のお部屋が多いので、物件情報サイトに登録されていない未公開の物件が多いのも繁忙期です。

複数のお部屋を見比べたい、ネット上に登録されていない非公開物件を見たいという人は、1月~3月にお部屋探ししましょう。

とにかく費用を抑えたいなら閑散期

閑散期は、1月~3月の繁忙期に埋まらなかったお部屋がそのまま空室になっている可能性があるので、家賃が下がっていたり、礼金がないお部屋が増えます。

費用が安い理由は、1月~3月の繁忙期に入居者が決まらなかったお部屋は、次の繁忙期が来るまで空室のままになる可能性が高く、その間の大家さんの収入がないからです。

また、大家さんが決めた一定期間の家賃が無料になるフリーレント付き物件が増える時期でもあるので、とにかく費用を抑えたい人は閑散期にお部屋を探しましょう。

じっくり時間をかけて選びたい人は閑散期

閑散期は引っ越しする人が少ないので、気になったお部屋のライバルが少なく、じっくり時間をかけてお部屋を見比べられます。

一部屋一部屋、時間をかけて丁寧に内見したいという人も、ほかの人と内見がブッキングしないのでおすすめです。

また、不動産屋自体の利用客が少ないので、一人一人のお客に対してスタッフが丁寧に対応してくれます。そのため、家賃や仲介手数料などの費用交渉をしたい人にもおすすめできる時期です。

繁忙期にお部屋を探すときの注意点

新生活に合わせてお部屋を探す人や、たくさんの物件を見たいという理由で繁忙期にお部屋を探す場合、以下の4つのことに注意しましょう。

不動産屋で待たされる時間が長い

不動産屋の利用客が多いので、来店しても待たされる可能性が高いです。そのため、丸1日もしくは半日ほど予定を空けて置かないと、上手いことお部屋を探せません。

予約なしで来店しても大丈夫ですが、できるなら少しでも待ち時間を利用するために、事前に来店を予約することをおすすめします。

ただし、予約しても10分ほど待たされるのは覚悟しておいた方が良いです。

また、自分を対応中であっても、一人のスタッフが複数のお客さんを対応することがあるので、話を進めている最中も待ち時間が発生します。

家賃など費用交渉はほぼできない

繁忙期は、次から次へと引っ越し希望者がくるため、何もしなくとも空室が埋まります。そのため、家賃など費用交渉はほぼできないと考えましょう。

仮に、費用交渉で来たとしても、交渉している最中に別の人が申し込む可能性もあるので、交渉している間のロスタイムが無駄になります。

基本的に早い者勝ちで入居者が決まる

お部屋の入居審査は、申し込んだ者順で審査をおこなうため、基本的に早い者勝ちで入居者が決まります。

どうしても気に入ったお部屋がある場合は、2番手で申し込んでも良いですが、先に申し込んだ人が審査に通った場合は審査に進めないので注意してください。

また、気に入ったお部屋の仮押さえはできません。不動産屋が仮押さえしましょうか?と言った場合、それは入居申し込みになります。

自動的に審査まで進むので、審査に通った場合はキャンセルできません。言葉に惑わされず、しっかりお部屋を選びましょう。

おとり物件が増える

繁忙期は、自分のとこの不動産屋にお客をたくさん呼び込もうとするため、架空のお部屋である「おとり物件」が増えます。

また、次から次へとお客が来るため、ネット上の物件サイトを更新する時間がなく、すでに埋まったお部屋が掲載されたままになっている可能性があります。

事情はお客にわからないので、不動産屋によってはおとり物件が多かったと感じます。

簡単におとり物件を見分ける方法は、気になった物件を来店せずに現地集合で内見予約することです。架空のお部屋であれば、現地集合するとバレてしまうので、不動産屋は嫌がります。

おとり物件が少ないサイトは「イエプラ」

イエプラは、不動産屋専用の物件情報サイトに掲載されている物件のみ紹介されるので、おとり物件が少ないです。

不動産屋専用のサイトは物件情報の更新が早く、既に埋まっているおとり物件を紹介されることは、ほとんどありません。

また、不動産屋専用のサイト「ATBB」をタダで見せてくれるので、自分の目で確かめることができます。

イエプラに相談してみる 

閑散期にお部屋を探すときの注意点

逆に閑散期である6月~8月にお部屋を探すときは、以下の3つのことに注意しましょう。

選べる物件数が少ない

閑散期は、繁忙期の半分以下くらいの物件数しかないので、なかなか理想のお部屋に出会えません。下手をすると、どの不動産屋に行っても同じお部屋を紹介されることがあります。

たくさんのお部屋を見比べたい人や、こだわりをもって探したい人は閑散期を避けましょう。

条件が悪いお部屋が多い

閑散期は、繁忙期である1月~3月に埋まらなかったお部屋や、途中退去したお部屋があるので、条件が悪いお部屋が多いです。

例えば、駅徒歩10分以上で築年数が30年といった立地や築年数が悪いお部屋や、床が畳だったりします。

駅近、新築や築浅、風呂トイレ別などの人気が高いお部屋は、根気よく探せば見つかる可能性はありますが、時間や手間がかかります。

キャンペーンなどお得情報があまりない

閑散期は、仲介手数料半額~無料、現金キャッシュバックなどのキャンペーンをすると、不動産屋の売上が上がりにくいので基本的にキャンペーンはほぼありません。

また、1月~3月は新生活応援キャンペーンなどという名目で、洗濯機・冷蔵庫・電子レンジなどのお得なセットがありますが、閑散期はバラバラで買う必要があるので高くつきます。

月ごとの不動産業界の特徴まとめ

月ごとの不動産業界の特徴をまとめてみました。物件の多さや家賃の高さ、不動産屋の対応など簡単にまとめています。

1月 ・早めに物件探しを始める人が動く時期
・前入居者がいて内見ができない場合が多い
・家賃は繁忙期なので高め
2月 ・入退去が最も多い時期
・1年の中で家賃相場が1番高い
・不動産屋へ行く際は事前連絡するべき
3月 ・引っ越しが最も盛んな時期
・引っ越し業者の料金が高い
・下旬は不動産屋の忙しさが少し落ち着く
4月 ・良い物件はほとんど埋まっている
・家賃交渉に応じてもらえる可能性がある
5月 ・カップル向けなどの物件情報が多く出始める
・一人暮らし向けの良い物件は見つかりにくい
・不動産屋でじっくり対応してもらえる
・GWは休みの不動産屋が多い
6月 ・1年で1番費用が安い時期
・一人暮らし向けの物件の値下げ交渉がしやすい
・ファミリー向けの物件はほとんど埋まっている
7月 ・物件数は少ないが値下げ交渉がしやすい
・不動産屋でじっくり相談に乗ってもらえる
8月 ・引っ越し業者の利用料が安い
・お盆は不動産屋が休みの場合が多い
・お盆明けから家賃が少し高くなり始める
9月 ・ファミリー向けの物件が多くなる
・家賃が少し高めに設定されている
・上旬はまだ不動産屋が落ち着いている
10月 ・転勤シーズンで物件の競争率が高い
・家賃が高めに設定されている
・不動産屋へ行く際は事前連絡するべき
11月 ・時間をかけてゆっくり探せる
・家賃の値下げはほとんどない
・一人暮らし向けの物件はまだ少ない
12月 ・中旬から一人暮らし向けの物件情報が増え始める
・中旬前なら不動産屋でじっくり対応してもらえる
・値下げ交渉はほとんど応じてもらえない

月別の物件の探しやすさ比較

物件探しの時期ごとで、物件数の多さや家賃の安さ、不動産屋がじっくり対応してくれるかどうかなど比較できる早見表を作成しました。

物件数 家賃 対応時間
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

引越し時期が決まってない人は、不動産屋業界の特徴や上記の早見表を参考にしながら、いつからお部屋探しを始めるべきか考えましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザに驚く女性のイラスト
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

スマホを持っている手の写真
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

綺麗な内装のお部屋
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

探偵のイメージ写真
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

12月のイメージ写真
年内最後のチャンス!費用を抑えるなら12月中旬までにお部屋を探すべき理由

 

東京タワーがある風景
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

電卓と万力で圧縮されている小銭
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

家のアイコンを持っている手のイメージ
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

書類を持って悩んでいる女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

綺麗な内装のお部屋
未公開物件はレインズにある?ネットに載っていない物件を探したい!

 

不動産屋と握手している写真
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき4つの理由

 

複数の不動産屋が相談している写真
複数の不動産屋を回るのはあり?良い不動産屋を見極めるポイントを大公開!

 

鍵のイメージ写真
家賃交渉で失敗しない人の4つのやり方を大公開!相場やタイミングは?

 

通帳とお金と電卓
賃貸契約の初期費用とは?内訳や安くするコツを徹底紹介!

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly