お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

ゴキブリが出ない家の12条件!お部屋に出る原因と徹底排除する方法も紹介!

家の置物

徹底的にゴキブリを排除したい人向けに、ゴキブリが出ない家の12条件を解説します!そのほか、ゴキブリが出るお部屋の特徴や、徹底排除するための4つの対策方法、万が一家にゴキブリが出た場合の駆除方法もあわせて紹介します!

ゴキブリが出ない家の12条件

ゴキブリが出ない家の条件の前に、家に出る2種類ゴキブリの特徴を簡単に解説します。

チャバネゴキブリは、名前の通り見た目が茶色です。基本的に家の中で孵化して成長します。飛翔はできませんが、天井や壁から効果するようにジャンプします。

クロゴキブリは、真っ黒で大きいです。使い捨てライターくらいの大物もいます。基本的に屋外から侵入してくるので、森や公園など木が多い場所の近くは要注意です。

ちなみに、飛翔するゴキブリは、このクロゴキブリです。5メートルほどの高さまで飛びます。ただし、直線でしか飛べないので、目の前で見かけたら横か斜めに逃げてください。

知りたくもない特徴が分かったところで、この2種類のゴキブリが出ない家の12の条件を徹底解説していきます。

ゴキブリが出ない家の条件
①3階以上できれば5階以上の高層階
②築年数が浅い
③風通しと日当たりが良い
④ドアにポスト口がない
⑤窓や玄関近くに電柱がない
⑥木造アパートは避ける
⑦オール電化のお部屋は避ける
⑧エレベーターから遠い位置
⑨ゴミ捨て場や共有部分がキレイ
⑩長期間空室のお部屋が近くにない
⑪1階に飲食店やコンビニが入っていない
⑫近くに公園や森林がない

細かい条件で探すのが面倒という人は、築20年以内のお部屋で駅前や繁華街から離れた住宅街だと、多少出にくくなります。

①3階以上できれば5階以上の高層階

高層マンション

ゴキブリは下から上への飛行能力が低いため、3階以上のお部屋であれば窓などから直接侵入されません。

ただし、2階のお部屋から飛翔した場合は4階ほどまで外から入ってきます。5階以上であれば気圧の関係で外から侵入しにくいので、なるべく高層階のお部屋を選びましょう。

②築年数が浅い

築年数が浅いお部屋であれば、室内がキレイなうえ、劣化などによるヒビや穴が開いていないのでゴキブリが発生しにくいです。

また、過去に住んでいた住人が少ないので、ゴキブリの卵などが残っている可能性が低いです。

逆に、築年数が古いゴキブリだと、劣化などによるヒビや穴から侵入してきたり、ゴキブリの卵などがお部屋の中に残っている可能性があります。

③風通しと日当たりが良い

ゴキブリは、湿っぽくジメジメとした暗い場所を好みます。そのため、窓の前に建物がない風通が良いお部屋や、南向きで日当たりが良いお部屋を選べば、ゴキブリの発生を防げます。

また、ゴキブリの好物である埃やカビ、ダニの発生を防げるので、アレルギー対策もできて一石二鳥です。

④ドアにポスト口がない

ドアポスト

ドアにポスト口が付いているタイプのお部屋は、新聞やチラシが挟み込まれた些細な隙間からゴキブリが侵入してくるので、絶対に避けましょう。

もし、ドアにポスト口が付いている場合は、外と内側からテープで止めて隙間を防ぎ、独立しているポストを別で設置してください。

⑤窓や玄関近くに電柱がない

窓や玄関近くに電柱があるお部屋は、階層が高くても電柱を伝ってお部屋の中に侵入する可能性があるので、避けましょう。

都内であれば、23区の中でも率先して無電柱化を進めている練馬区がおすすめです。

また、窓のそばに街路樹の枝がある場合も、枝を伝ってお部屋の中に侵入する可能性があるので要注意です。

⑥木造アパートは避ける

アパートに住む場合は、木造ではなく鉄骨造という建物構造で作られた物件を選ぶべきです。

木造は、通気性を良くするため柱や壁の間に隙間を開けて建てられているので、外からゴキブリが侵入しやすいです。

木造アパートのゴキブリの侵入経路

また、マンションでよく見かけるSR造やSRC造も、鉄骨造同様にスキマがないので、ゴキブリは侵入しにくいです。

⑦オール電化のお部屋は避ける

チャバネゴキブリは電気の暖かさが大好きなので、オール電化で配線が多いお部屋はなるべく避けましょう。

とくに配線ボックスが外にあるタイプのお部屋や、周辺に飲食店があるなどゴキブリが発生しやすい条件が揃っている場合は、配線ボックス内に溜まる可能性があります。

⑧エレベーターから遠い位置

5階以上のお部屋を選んだ場合でも、エレベーターに乗って侵入する可能性があるので、エレベーターから遠い位置にあるお部屋を選びましょう。

エレベーターから離れていれば、手前のほかのお部屋に侵入して自分のお部屋には侵入しない可能性が高くなります。

また、非常階段など普段は使う人がいないスペースがある建物は、その場所を避けましょう。ゴキブリは基本的に人目を避けた場所に集まりやすいです。

⑨ゴミ捨て場や共有部分がキレイ

大掃除をイメージしたモチーフ

ゴミ捨て場や共有部分がキレイに清掃されている物件は、ゴキブリの発生原因であるゴミや埃などが少ないので、発生しにくいです。

逆に、ゴミ捨て場が近い、周辺にゴミ屋敷がある、共有部分がチラシなどで散らかっている物件は、不衛生なうえゴキブリが出やすいので避けるべきです。

⑩長期間空室のお部屋が近くにない

借りる予定のお部屋の、上下左右など近くに長期間空室のお部屋があった場合はやめましょう。

長期間人がいないお部屋は、埃が溜まりやすくジメジメしているうえ、掃除が定期的にされていないのでゴキブリが発生しやすいです。

物件検索サイトに同じ建物で複数のお部屋が出ていないかを確認したり、不動産屋に他に空室になっているお部屋はあるかを聞いてください。

⑪1階に飲食店やコンビニが入っていない

1階に飲食店やコンビニが入ってるマンションやアパートは、店内や倉庫に残っている廃材の臭いにつられて集まったり、段ボールに卵が産み付けられている可能性があります。

また、飲食店の場合はキッチンの熱気や生ゴミに誘われて、外からクロゴキブリが来る可能性もあります。

出来る限り、飲み屋やコンビニなどのお店が多い、繁華街や駅周辺も避けましょう。

⑫近くに公園や森林がない

ゴキブリは元来、落ち葉の下や腐葉土の中、木の幹のスキマが生息地です。そのため、近くに公園や森林、畑などの自然が少ない場所を選べば発生しにくいです。

また、ゴキブリは雑食で昆虫などもエサにすることから、公園など緑が多い所に住み着きやすい傾向にあります。

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

ゴキブリが出る家の特徴

ゴキブリが出る家は、以下のような発生する原因が潜んでいます。

・室内にゴキブリが入り込むスキマがある
・掃除をしていなくて髪の毛や埃が溜まっている
・段ボールをお部屋の中に放置している
・食べたものを片付けず放置している
・換気をしておらず室内の湿気が凄い
・玄関や窓を開けっぱなしにしている
・カバンや通販の荷物に紛れている

ゴキブリが出ない家に住んだとしても、掃除が面倒・苦手だからといって放置してしまうと、ゴキブリの好物である髪の毛や埃が溜まります。

また、通販でよく商品を注文する人は、段ボールにゴキブリの卵が付着している可能性があるので、商品を取り出したらすぐに捨てる癖をつけてください。

基本的にお部屋をキレイに掃除して清潔感を保っておけば、ゴキブリが出にくい家になります。

徹底的にゴキブリを排除する4つの方法

ゴキブリが出ない家の条件のお部屋に住んだからと言って、安心しきってはいけません。

引越ししたあと、なるべく早く以下の4つの事前対処をしておけば、徹底的にゴキブリを排除できます。

・侵入経路になりえるスキマを塞ぐ
・掃除をこまめにしてゴミを貯めない
・室内にハーブやアロマを置く
・5℃以下の寒い日に3時間換気する

侵入経路になりえるスキマを塞ぐ

ゴキブリは3mmのスキマでも侵入するといわれているので「玄関」「窓」「換気扇」「エアコン」「排水管」のスキマを防いでください。

ゴキブリの侵入経路

玄関や窓の隙間はスキマテープやゴムチューブで防げます。エアコンは、ホース穴を専用パテで埋めて、外気ホースの端にストッキングを被せてゴムで止めましょう。

排水溝や洗濯機の排水ホースの先も、エアコンの外気ホース同様にストッキングを被せる方法が効果的です。換気扇は24時間回しておけば、侵入できません。

掃除をこまめにしてゴミを貯めない

ゴキブリは、食べカスや髪の毛、ハウスダスト、段ボールが好物なので、こまめに掃除をしてゴキブリの餌になるものを排除すべきです。

とくに掃除し忘れがちな、冷蔵庫や電子レンジの下のスキマ、ベッドの下、お部屋の角は重点的に掃除すべきです。どの箇所も、ゴキブリが好む薄暗く狭いスペースです。

また、段ボールは適度なスキマと保温性がありゴキブリの住処になりやすいので、長期間お部屋に置いておくのは危険です。

室内にハーブやアロマを置く

ゴキブリが嫌う、ハーブやアロマを室内や玄関に置いておけば、侵入されにくくなります。

ゴキブリ対策に効果があるハーブ
・ミント
・ローズマリー
・タイム
・レモングラス
・ラベンダー
・ゼラニウム
・除虫菊  など

とくにミントと除虫菊は、蚊など他の虫の侵入も防ぐのでおすすめです。

アロマやハーブはそのまま置いても効果がありますが、葉を煮詰めてエキスを抽出し、網戸などに吹きかけるより良いです。

5℃以下の寒い日に3時間換気する

ゴキブリは5℃以下の寒い所では生きていけないので、冬の5℃以下の日に3時間以上換気することが最も効果的です。成虫だけでなく、卵も死んでしまいます。

ただし、3時間以下の短時間の場合は、お部屋の隅々まで冷たい空気が入らないため、ゴキブリが暖かい場所に逃げて生き延びます。

万が一発生した場合は自分で駆除するか業者に頼む

掃除を徹底していたのにゴキブリが発生したという人は、騒ぐとゴキブリがスキマに逃げて見失う可能性があるので、パニックにならず落ちつくことが大切です。

もし自分で対処する人は、噴出距離が長い威力が強い殺虫剤を使いましょう。噴出距離が短いと、ゴキブリの近くまでいかないと殺せません。

薬局やホームセンターで手に入る「ゴキジェットプロ」や「ゴキブリハンター」「ゴキブリ殺虫ゾル」あたりが、噴出距離も殺傷能力も強いです。

ゴキブリが大の苦手で自分で駆除できない人は、ゴキブリ駆除業者にお願いしましょう。24時間年中無休で対応してくれる業者が多いうえ、近くだと20分以内に駆けつけてくれます。

ただし、一人暮らし向けのワンルームや1Kだと、1.2~1.5万円ほどの利用料金が必要です。業者に頼むと、養生・ゴキブリの駆除・毒餌設置・作業場所の簡易掃除までしてくれます。

ちなみに、すぐに駆け付けてくれる友人がいる場合は、ゴキブリから目を離さずにすぐ連絡しましょう。目を離すとどこに行ったか分からなくなるうえ、お部屋内で繁殖する可能性があります。

▶ゴキブリ駆除の詳しい方法はこちら

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識