お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

アパート・マンションのゴキブリ対策!侵入経路は?出たときの対処方法は?

ゴキブリを見つけた女性のイラスト

アパートやマンションのゴキブリ対策はどうすればいい?侵入経路はどこなの?という疑問を解決します!ゴキブリが出る前の対策方法や、発生する原因、万が一出た場合の対処方法、ゴキブリが出ないお部屋の探し方も紹介します!

ゴキブリが出る前の対策方法

誰もが嫌うゴキブリが、室内に発生する前にできる限りの対策をしておくべきです。以下で5つの対策方法を紹介します。

アパートやマンション、戸建てなど、建物の種類に限らず利用できる対策方法なので、ぜひ試してみてください。

侵入経路になりえるスキマを塞ぐ

ゴキブリは3mmのスキマでも侵入するといわれているので、出来る限り侵入経路になりえるスキマはすべて防ぎましょう。

気を付けるべき箇所は「玄関」「窓」「換気扇」「エアコン」「排水管」です。

室内にゴキブリが発生する箇所

玄関や窓の隙間は、ホームセンターに売っているスキマテープやゴムチューブで防ぎましょう。エアコン用のホースを通す穴は、粘土のような専用パテ、もしくはゴム板を詰めてください。

エアコンの外気のホースや排水溝は、ストッキングが効果的です。ホースの先端にストッキングを被せ、ビニールテープかゴムで蓋をしましょう。排水溝は、蓋にストッキングを被せるだけです。

換気扇は24時間回しておけば、ゴキブリの侵入を防げます。24時間回せない人は、網が細かいタイプのフィルターがおすすめです。

掃除をこまめにする

ゴキブリは、食べカスや髪の毛、ハウスダストが好物なので、こまめに掃除をしてゴキブリの餌になるものを排除しましょう。

とくに掃除し忘れがちな、冷蔵庫や電子レンジの下のスキマ、ベッドの下、お部屋の角は重点的に掃除すべきです。どの箇所も、ゴキブリが好む薄暗く狭いスペースです。

段ボールはすぐに捨てる

引っ越しで使った段ボールや、通販で購入した商品が入っていた段ボールはすぐに捨てて、室内で保管しないようにしてください。

段ボールは適度なスキマと保温性があるので、ゴキブリの住処として好まれます。また、湿気などで水分を含んだ段ボールは、ゴキブリの餌になります。

他にも、倉庫などで保管されていた段ボールは、中にゴキブリの卵が潜んでいる可能性があります。少しでもゴキブリの発生を防ぐためにも、早急に処分すべきです。

室内にハーブやアロマを置く

ペパーミントの束
ゴキブリが嫌う、ハーブやアロマを室内や玄関に置いておけば、侵入されにくくなります。

ゴキブリ対策に効果があるハーブ
・ミント
・ローズマリー
・タイム
・クミン
・レモングラス
・セロリ
・キャラウェイ
・ラベンダー
・ゼラニウム
・除虫菊

とくにミントと除虫菊は、蚊など他の虫の侵入も防ぐのでおすすめです。

アロマやハーブはそのまま置いても効果がありますが、葉を煮詰めてエキスを抽出し、網戸などに吹きかけるより良いです。

5℃以下の寒い日に3時間換気する

ゴキブリは5℃以下の寒い所では生きていけないので、冬の5℃以下の日に3時間以上換気することが最も効果的です。成虫だけでなく、卵も死んでしまいます。

ただし、3時間以下の短時間の場合は、お部屋の隅々まで冷たい空気が入らないため、ゴキブリが暖かい場所に逃げて生き延びます。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

アパートにゴキブリが出る原因

白いお部屋と掃除用具

アパートにゴキブリが出る主な原因は以下です。

・室内にゴキブリが入り込むスキマがある
・掃除をしていなくて髪の毛や埃が溜まっている
・段ボールをお部屋の中に放置している
・食べたものを片付けず放置している
・換気をしておらず室内の湿気が凄い
・玄関や窓を開けっぱなしにしている
・カバンや通販の荷物に紛れている

基本的に、侵入経路になりえるスキマをすべて防ぎ、お部屋の中をキレイにしておけばゴキブリは出てきません。

万が一ゴキブリが出たときの対処方法

お部屋の中にゴキブリが出た場合の対策方法を5つ紹介します。

突然のゴキブリにパニックになる人もいますが、騒ぐとゴキブリがスキマに逃げて見失うことがあるので、なるべく冷静に対処してください。

噴出距離が長い殺虫剤を使う

殺虫剤をまく手
チャバネゴキブリは基本的に飛べないですが、黒ゴキブリは飛んでくる恐れがあるので、噴出距離が長い殺虫剤を使って仕留めましょう。

薬局やホームセンターで手に入る「ゴキジェットプロ」や「ゴキブリハンター」「ゴキブリ殺虫ゾル」あたりが、噴出距離も殺傷能力も強いです。

ただし、臭いが強烈なのと、退治後にベタ付きが残るのが難点です。

長い棒にガムテープをくっつけてとる

とくにチャバネゴキブリに有効なのが、長い棒にガムテープをくっつけてとる方法です。

飛翔能力がないためガムテープで駆除しやすいですが、動きが早いので1発で仕留める必要があります。

ガムテープにくっつけた後は、そのままゴミ袋かスーパーの袋にくっつけて蓋をしましょう。あとは、袋ごとガムテープでぐるぐる巻きにして捨てれば良いです。

殺虫剤の強烈な臭いが室内に残らない点は良いですが、仕留めた後にゴキブリと距離を詰めなければいけない部分がネックです。

バルサンを焚く

ゴキブリを殺虫剤やガムテープで仕留めた後は、別のゴキブリが出ないように「バルサン」などの霧タイプの殺虫剤をまきましょう。

おすすめ製品は「アースレッドプロα」「バルサンプロEX」です。

ただし、霧タイプの殺虫剤をまいている間は室内に入れないうえ、強烈な臭いが残ります。

また、1度まいたからといって安心できません。ゴキブリの卵はセメントのように固い膜で守られているので、中まで殺虫剤が届かない可能性があるので、2~3週間後にもう一度焚きましょう。

家電製品近くに毒餌を置く

お部屋の隅や押入れに毒餌(ベイト剤)を置きがちですが、ゴキブリは暖かい場所が好きなので、家電製品近くにも毒餌を置きましょう。

おすすめの毒餌は「コンバット ブラックハンター」や「ブラックキャップ」で、固形よりはゼリータイプのものが食べられやすいです。

また、ゴキブリにも食の好みがあるようなので、併用して2種類使うと取り逃しがなく、より効果的です。

ゴキブリ駆除業者にお願いする

ゴキブリが大の苦手で自分で駆除できない人は、ゴキブリ駆除業者にお願いしましょう。24時間年中無休で対応してくれる業者も多いです。

業者によって費用が違いますが、おおよそ間取り別で下記のような価格設定がされています。

ワンルーム 約12,000円
1K 約12,000円
1DK 約15,000円
1LDK 約15,000円
2K 約17,000円
2DK 約17,000円
2LDK 約20,000円

どの業者も、基本的な作業内容は、ゴキブリの駆除・養生・毒餌設置・作業場所の簡易掃除です。業者によっては、霧タイプの殺虫剤散布をしてくれるところもあります。

ちなみに緊急時の場合は、素早い業者で20分以内に駆けつけてくれるようです。

害虫駆除専門の「ムシプロテック」は、ゴキブリ対応が8,000円~と相場よりも安いうえに、出張料もかからないので、おすすめです。

▶ムシプロテックの公式サイトはこちら

ゴキブリが出ないアパートの探し方

住宅と電卓と虫眼鏡

ゴキブリが出ないアパートに引っ越ししたいと考えている人は、以下の6つの条件でお部屋を探しましょう。

・3階以上のお部屋
・建物構造が鉄骨造
・築年数が浅い
・1階に飲食店やコンビニが入っていない
・近くに公園や畑などがない
・風通しと日当たりが良い

3階以上のお部屋

ゴキブリは下から上への飛行能力が低いため、3階以上のお部屋であれば窓などから直接侵入されません。

飛翔能力が高い黒ゴキブリも、上から下に滑空するように飛ぶものが主なので、極力出会いたくない人は高層階を選びましょう。

ただし、100%出なくなるというわけではありません。背の高い木と伝って侵入してきたり、エレベーターに乗って侵入する可能性もあります。

建物構造が鉄骨造

アパートに住む場合は、木造ではなく鉄骨造という建物構造で作られた物件を選ぶべきです。

木造は、通気性を良くするため柱や壁の間に隙間を開けて建てられているので、外からゴキブリが侵入しやすいです。

木造アパートのゴキブリの侵入経路

また、マンションでよく見かけるSR造やSRC造も、鉄骨造同様にスキマがないので、ゴキブリは侵入しにくいです。

築年数が浅い

築年数が浅いお部屋であれば、室内がキレイなうえ、劣化などによるヒビや穴が開いていないのでゴキブリが発生しにくいです。

また、過去に住んでいた住人が少ないので、ゴキブリの卵などが残っている可能性が低いです。

逆に、築年数が古いゴキブリだと、劣化などによるヒビや穴から侵入してきたり、ゴキブリの卵などがお部屋の中に残っている可能性があります。

1階に飲食店やコンビニが入っていない

1階に飲食店やコンビニが入っていない物件を選んでください。

1階に飲食店やコンビニが入ってるマンションやアパートは、店内や倉庫に残っている廃材の臭いにつられて集まったり、段ボールに卵が産み付けられている可能性があります。

また、同じ理由から、近くに飲食店や大型倉庫がある場所も避けるべきです。

ゴキブリは元来、落ち葉の下や腐葉土の中、木の幹のスキマが生息地です。そのため、近くに公園や畑などの自然が少ない場所を選べば発生しにくいです。

また、ゴキブリは雑食で昆虫などもエサにすることから、公園など緑が多い所に住み着きやすい傾向にあります。

風通しと日当たりが良い

ゴキブリは、湿っぽくジメジメとした暗い場所を好みます。そのため、窓の前に建物がない風通が良いお部屋や、南向きで日当たりが良いお部屋を選べば、ゴキブリの発生を防げます。

また、ゴキブリの好物である埃やカビ、ダニの発生を防げるので、アレルギー対策もできて一石二鳥です。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

最近、流行している、お部屋探しから内見までを店舗に行かずに自宅にいながら完結できるおすすめの不動産屋サービスを2つ紹介します!

①イエプラ

イエプラは、空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を紹介してくれるサービスです。

自分の住みたい部屋を、店舗に行かずに文章でやりとりしながら見つけたい人におすすめです!

②家AGENTオンライン

家AGENTオンラインは、ビデオ通話で物件の紹介から内見まで、すべて自宅で完結できるサービスです。

自分の住みたい部屋を、店舗に行かずに画面越しのスタッフと直接相談しながら見つけたい人におすすめです!

好きな方を利用してみよう

どちらもSUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える信頼性の高い物件情報サイトから紹介してくれます。

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋へ行く時間がない人にもおすすめです!

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識