お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

不動産屋で相談だけしても大丈夫?料金はかからない?

不動産屋に相談だけしにきたお客のイメージイラスト

不動産屋って相談だけでも良いの?料金はかからない?気になるお部屋が無かったら帰っていい?という疑問を解決します。

無料で受けられるサービス例や、相談に行くのにベストなタイミング、相談前に準備しておくことも紹介します!

不動産屋は相談に行くだけでも良い

不動産屋は気軽に相談に行くだけでも良いです。

ただ、気軽に行けるとはいえ、なるべく来店予約をしてから行くと良いです。予約方法は電話やメールがあり、自分が連絡しやすいと思う手段を選びましょう。

予約をしておけば、飛び込みで来店するよりもきちんと時間を取って対応してもらえます。

親切な担当者さんだと、予約連絡の際に希望条件を簡単に聞き出してくれるので、条件を元に物件候補を出してくれることもあります。

また、気になる物件がなければ、内見や申し込みをせずにそのまま帰って大丈夫です。

ほかに無料で受けられるサービスは?

不動産屋では相談以外にも無料で受けられるサービスがいくつかあります。

・物件紹介
・内見
・費用や入居日交渉
・審査書類の準備
・鍵の引き渡し

基本的に、賃貸契約を締結しなければ費用は不要です。契約した場合は「仲介手数料」として費用を支払います。

来店しなくても相談できる不動産屋もある

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、ちょっとした空き時間にチャットやLINEでプロの不動産屋に気軽に相談できます。

わざわざ不動産屋に行く時間を取らなくても良いですし、0時まで対応してくれるので、毎日の帰りが遅い人でも利用できて便利です。

相談の結果良い物件が見つかれば、内見予約までチャットやLINEで済ませられるので、普通の不動産屋よりも時間をかけずにお部屋を探せます!

イエプラに相談してみる
 

相談に行くベストなタイミング

不動産屋へ相談に行くベストなタイミングを、時期と曜日・時間帯に分けて解説していきます。

4月~8月の閑散期がおすすめ

4月~8月は、引っ越しシーズンが落ち着いた後の閑散期なので、利用客が少なくゆっくり相談できます。

また、4月~8月は費用交渉の相談にも積極的に応じてくれる不動産屋が多いです。

閑散期の場合、空き部屋を抱えている大家さんなら「多少費用を安くしてでも入居者を探してどうにか空室を埋めたい」と考え、不動産屋は「1件でも多く仲介して売上を伸ばしたい」と考えるためです。

ただ、会社勤めの大半の人の引っ越しは1~3月もしくは9~10月の引っ越しシーズンに行われるので、4月~8月の間に不動産屋へ相談に行けなさそうな人は、以下で解説する時間帯を工夫してみると良いです。

平日の午前中は客が少なくおすすめ

不動産屋へ相談に行くなら平日の午前中に行くと良いです。とくに開店直後の早いタイミングなら、高確率で空いているのでおすすめです。

平日の午前中に相談に行くメリットは、午前中に目ぼしい物件が見つかれば、午後一杯内見に連れて行ってくれることがあるからです。

時間的には一日中拘束されてしまいますが、これなら時間が取りづらい人でも効率よく物件探しを行うことができます。

相談に行く前に準備しておくこと

不動産屋へ相談に行く前に、どんなお部屋に住みたいのか希望条件を整理しておくと良いです。

ある程度条件が決まっていると、実際にある物件情報と比較しながら相談に乗ってくれます。

・家賃目安(予算)
・住みたいエリア(通勤通学時間)
・希望する間取り
・駅徒歩何分までなら妥協できるか
・そのほか必要なお部屋の設備条件
・総額でいくらくらいまでなら出せそうか

家賃の上限は、手取りの3分の1を目安にすると良いです。家賃を高くすると、入居審査に通りにくくなるうえ、毎月の生活費が確保できません。

間取りは一人暮らしならワンルーム・1Kが、同棲・新婚なら1LDK ~2LDKがおすすめです。駅徒歩はこだわり過ぎると物件数が少なくなるので、妥協できる範囲にしておくと良いです。

お部屋の設備条件は、拘り過ぎると家賃が高くなりやすいので「室内洗濯機置き場・エアコン付き」程度がおすすめです。女性であればBT別・オートロックも追加して良さそうです。

即日内見できそうなら

平日の午前中に不動産屋へ相談に行って、できたら即日内見をしたい人は、以下の持ち物を準備しておくと良いです。

・スマホ
・メジャー
・筆記用具
・靴下(サンダルの人は)

方位磁石や懐中電灯、カメラやメモ帳は、スマホがあれば大丈夫なので予備の充電器を持ち歩くとなお良いです。

メジャーはドア幅やお部屋の採寸をするのに使います。カーテンのサイズや洗濯機置き場、ドアの幅など測っておきましょう。

築年数が古いアパートを内見する可能性がある人は、ビー玉やリップクリームなど転がりやすいものを1つ持っておくと良いです。床に傾斜がないか確認できます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識