お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

不動産屋への上手な断り方|注意点やコピーして使えるメールの例文を大公開

不動産屋への上手な断り方は?のイメージイラスト

不動産屋に断り連絡を入れたいけどどう言えば良いかわからない、上手に断りたいという不安を解消します!

上手な断り方のポイントやタイミング別の注意点を解説します。コピペで使えるメールの例文も紹介しているので、是非活用してください。

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

不動産屋への上手な断り方

不動産屋への上手な断り方のポイントを解説します。以下の3つの点に気を付けるだけで、スムーズに断れます。

  • ・なるべく早く断る
  • ・理由は正直に伝える
  • ・お礼はしっかり伝える

なるべく早く断る

断る決心をしたら、なるべく早く不動産屋に連絡を入れてください。

「断るかどうか迷っている」「言い出しにくい」などの理由で連絡が遅くなると、不動産屋側が次の準備を進めているのでさらに断りにくくなります。

不動産屋は断られることに慣れています。早く断ってもらった方が余計な手間がかからず、他のお客さんに時間をかけられるので不動産屋としては機会損失を防ぐことに繋がります。

断る側としては気まずいかもしれませんが、気にせずにハッキリ断りましょう。

理由は正直に伝える

「○○が付いていないから」「他の不動産屋の方が安かったから」など、断る理由は正直に伝えましょう。

理由を明確に伝えることで、次に紹介してもらうお部屋がより希望に近くなるからです。

もし、スタッフの対応に不満があって断る場合は「他の不動産屋にお願いすることにした」など、汎用性の高い断り文句を使ってください。

二度と利用しないからといって不満をぶつけると、スタッフも人間なので不満を覚えます。

不動産屋は横の繋がりが強いです。情報共有されて、他の不動産屋でお部屋探ししにくくなることもあるので注意しましょう。

お礼はしっかり伝える

断るときはお礼の言葉を忘れずに伝えましょう。「ありがとうございました」と一言伝えるだけで印象が良くなり、別の機会に利用する際に丁寧に対応してもらえます。

お礼もなく一方的に断った場合は、印象が悪くなります。悪い印象は人の記憶に残りやすいので、再度利用するときに敬遠されます。

断るときはメールでも電話でも良い

不動産屋に断りを入れるときは、メールと電話どちらでも良いです。来店時や内見後に断る場合は、口頭で「気に入るお部屋がないので、今回はやめておきます。」と伝えれば断れます。

対面や電話では断りにくいという人は、メールを入れましょう。

チャット不動産屋なら気軽に利用できる

「電話は嫌」「かしこまったメールは苦手」という人は、気軽に利用できるネット上の不動産屋「イエプラ」がおすすめです。

チャットやLINEで相談するので、電話やメールよりもやりとりが簡単です。

深夜0時までスタッフがリアルタイムで対応してくれる上に、レスポンスも早いのでストレスなくお部屋が探せます。

メールと違って既読マークも付くので、確実にスタッフとやり取りできて非常に便利です。是非利用してみてください。

イエプラボタンバナー

コピーして使える断りメールのテンプレート

コピーして使える断りメールのテンプレートを紹介します。

何を伝えればよいかわからない、文章を作るのが面倒という人は、是非活用してください。

汎用性が高い断り文句

●●様

お世話になっております。▲▲です。
沢山のお部屋のご紹介ありがとうございます。

これまでご尽力いただきましたが、今回は他の不動産屋にお願いすることにしました。

大変短い期間でしたが、とても親身にご対応下さり、誠にありがとうございます。また機会がありましたら、その際はよろしくお願い致します。

▲▲(自分の名前)

やむを得ない事情で断る場合

●●様

お世話になっております。▲▲です。

いつもお部屋のご紹介ありがとうございます。
突然で申し訳ありませんが、〇〇(やむを得ない理由)により引越しを止めることになりました。

ご尽力いただいた手前、誠に申し訳ございません。

大変短い期間でしたが、とても親身にご対応下さり、誠にありがとうございます。
また機会がありましたら、その際はよろしくお願い致します。

▲▲(自分の名前)

気に入るお部屋がなかった場合

●●様

お世話になっております。▲▲です。
いつもお部屋のご紹介ありがとうございます。

ご紹介いただいているお部屋ですが、〇〇の条件を満たしていないので、今回は見送らせてください。

・〇〇
・〇〇
・〇〇

上記の条件に当てはまる良いお部屋があれば、引き続きご紹介いただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

▲▲(自分の名前)

紹介メールを止めてほしい場合

●●様

お世話になっております。▲▲です。
いつもお部屋のご紹介ありがとうございます。

沢山のお部屋を紹介いただいて恐縮なのですが、1度配信を止めていただきたいです。

今いただいているお部屋の確認が終わりましたら、こちらからご連絡いたします。その際は、またご紹介いただけますと幸いです。

どうぞ宜しくお願い致します。

▲▲(自分の名前)

メール内容は使いやすいように自由に変更してください。

ちなみに、自分の名前はフルネームで書きましょう。「鈴木」や「佐藤」など定番の名字だと、誰だかわからないことがあります。

不動産屋に断るときのNG行動

不動産屋に断りを入れるときにやってはいけないことを3つ紹介します。

間違った断り方だと思わぬトラブルに発展することもあるので注意してください。

電話やメールを無視する

不動産屋からの電話やメールを無視して、断ったつもりになるのはやめましょう。

不動産屋は見込み客として対応するので、メールや口頭で断られるまではお部屋を紹介してきます。契約するつもりがないのであればハッキリと断ってください。

曖昧に伝える

「検討しておきます」のように曖昧に伝えるのはやめましょう。こっちが断ったつもりでも、相手は断られたと受け取らないこともあるからです。

電話やメールの連絡が継続される可能性が高いので、断るときは「今回はやめておきます」のように伝えましょう。

予算と合わないと言う

「予算と合わないから」と断るのはNGです。前提としてお部屋探すときは、スタッフに予算と希望条件を伝えた上で紹介してもらいます。

スタッフは条件に合うお部屋を紹介したのに予算を理由に断られると、探す手間と時間が無駄になったと感じます。

スタッフにも失礼になるので、お部屋探しするときは予算をあらかじめ伝えておき、予算を断る理由として使わないようにしましょう。

マル秘イエプラバナー

断るタイミング別の注意点

断るタイミングによっては違約金やトラブルが発生することがあります。以下でタイミング別の注意点を紹介するので参考にしてください。

入居申込・審査後は「申込金の返金」に要注意

すでに入居申込をしている、書類が通過して審査に進んでいる場合は、早急に不動産屋に断りたい旨を連絡してください。

その際に「申込金(預り金)の返金」について必ず確認しましょう。宅地建物取引業法により、申込金の返金義務が定められています。

一般的には、申込金を支払った時点で発行される「預かり証」が証拠となるのでスムーズに返金されます。

預かり証が無くとも返金義務があるので、不動産屋に渋られた場合は消費者センターなどに相談すべきです。

審査通過後・契約前は断れない可能性が高い

審査通過後・契約前は、断れない可能性が高いです。その理由は、すでに申し込みを終了しており、入居の手続きを進めているからです。

中には「契約書に署名捺印していない」という人がいますが、契約は口頭でも成立するので難しいです。

やむを得ない事情がある場合は、きちんと理由を説明しましょう。親切な不動産屋であれば、キャンセルしてくれる場合があります。

契約後は「違約金」が発生する可能性がある

契約後は、契約書の内容に納得して署名捺印しているので「解約違約金」が発生する可能性があります。

解約違約金は、一般的に「家賃1ヶ月分」が相場です。家賃6万円のお部屋の場合は、解約違約金も6万円となります。

また、敷金礼金などの初期費用をすでに支払っていた場合は、1円も返金されません。かなりの金額をドブに捨てることになるので、よほどの理由がない限りは断らないほうが良いです。

断った後の不動産屋の反応は担当による

断った後の不動産屋の反応は、担当スタッフによってバラバラです。

丁寧に返信をくれる人もいれば、断りメール後一切の返信がない人もいます。反応が違うからと言って気にする必要はありません。

稀に、断りメールを入れた直後に電話をかけてくる人がいますが、ストレートに「他で決まりました」と伝えてください。

あまりにしつこい場合は、着信拒否などで対策しましょう。忘れたころにお部屋紹介メールが来る場合もありますが、返信などはせずに無視で大丈夫です。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す


follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について