お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

不動産屋は何件ぐらいはしごする?何店舗も行ってOKなの?

不動産屋をはしごしている女性のイラスト

不動産屋ははしごしても大丈夫なのか、また、不動産屋を何軒もはしごするメリットとデメリットを解説します!また、不動産屋を何軒もはしごする際のコツも詳しく解説しているので、これから物件探しを行う人はぜひ参考にしてください。

不動産屋は何件ぐらいはしごする?

SUUMOが行なった「何件くらい不動産屋へ訪問したか」のアンケートによると、1件訪問と回答した人が約48%、不動産屋をはしごした人は、2件訪問が約17%、3件訪問が約11%で、はしごしたほとんどの人が2~3件という結果でした。

なるべくたくさんのお部屋を見比べたい人は、複数の不動産屋をはしごしてから住むお部屋を決めています。また、担当してくれたスタッフの対応の良さを確認するために、数件はしごする人もいるようです。

4件以上はしごする人は少なく、2~3件で良いお部屋が見つかるか、少し妥協して契約する人が多いようです。

不動産屋をはしごしない人は「せっかく紹介してもらったのに断るのは気が引ける」「どこのお店でも似たような物件を紹介されそうだから」といった理由があるようです。

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

不動産屋ははしごしても大丈夫!

ひらめくサラリーマン
不動産屋は何件はしごして回っても大丈夫です。不動産屋は、他社の物件と比べられることは想定内なので、とくにとがめられることはなく、系列店でない限りはどこの不動産屋に行ったのか知られることはありません。

ただ、不動産屋によっては他社物件もまとめて紹介してくれる所があるので、候補度の高い物件を取り扱ってる不動産屋に、気なってる物件があればついでに聞いてみると良いです。

また、一般的な仲介専門の不動産屋が紹介してくれる物件は、ほとんどが業者専用の物件データベースから紹介されます。同じエリアの不動産屋だと、何件回っても同じような物件を紹介されることになります。

不動産屋をはしごするメリット・デメリット

不動産屋を何件もはしごするメリットとデメリットを詳しく解説します。

メリット

不動産屋をはしごするメリットは以下のものが挙げられます。

・希望しているエリアの相場が分かる
・担当が良い営業マンかどうか分かる
・自社管理物件があれば物件を比較できる

現在では、インターネット上の物件情報のポータルサイトでおよその家賃相場は調べられますが、実際に不動産屋に足を運んで希望エリアの物件を紹介してもらうことで、より正確な相場を知れます。

また、1人の営業マンにしか担当してもらっていない場合、良い営業マンかどうか判断できません。複数人に担当してもらうことで、自分に合う接客をしてくれる担当営業マンを見極められます。

満足いく物件探しができるか否かは、不動産屋の担当営業マンによって左右されることも多いので、不動産屋をはしごする大きなメリットです。

自社管理物件がある不動産屋を中心に回れば、ほかでは見られない物件を見ることができます。仲介専門の不動産屋は、何件はしごしても同じような物件が紹介されるので、注意が必要です。

また、不動産屋によっては、初期費用を抑えられるキャンペーンを行っている物件、キャッシュバック、仲介手数料が安くなるなど、様々なサービスがある場合があります。

デメリット

不動産屋をはしごするデメリットは、以下の通りです。

・まとまった時間が必要
・同じような書類を何度も書かされる
・同じような物件を紹介される
・希望条件が変わると意味がなくなる

お店に入店してから、気に入る物件を紹介してもらえるまでには時間がかかります。不動産屋をはしごするには、まとまった時間を確保しなければなりません。

各不動産屋で、希望条件を記載する書類を書かされるので、同じ作業を何度も繰り返すことは我慢しなければなりません。

また、多くの不動産屋は「レインズ」「ATBB」と呼ばれる共通の物件データベースを使って物件紹介をしています。複数の不動産屋で、同じ物件を紹介されることもよくあります。

さらに、不動産屋をはしごして色んな営業マンと話していると、途中で大きく希望条件が変わってしまう場合があります。条件が変わる前に訪問した不動産屋の意味が薄れるので気を付けましょう。

はしごするのが面倒なら「イエプラ」がおすすめ

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから

不動産屋をはしごする際のコツ

不動産屋をはしごする際のコツを解説します。

・はしごする不動産屋はある程度絞る
・自社管理物件のある不動産屋を中心に行く
・内見する際は各不動産屋で1~2件に留める

はしごする不動産屋はある程度絞る

まず色んな不動産屋をはしごしたい人でも、訪問する不動産屋はある程度絞ってから行きましょう。訪問する不動産屋を絞る際の手順は以下の通りです。

①希望条件を決めて10社ほどに問い合わせ
②返信内容を見比べて2~3社に絞る

不動産屋をはしごしたい人は、最初に物件情報のポータルサイトで物件を探して、良さそうな物件を取り扱っている不動産屋10社ほどメールで問い合わせてみましょう。

返信内容の丁寧さ、来店を催促していないかなどを確認して、不動産屋を2~3社に絞ると良いです。

同じエリアの不動産屋の場合、ほとんど同じ物件情報を持っているので、多くても2~3軒程度に留めておきましょう。

▶良い不動産屋の見極め方はこちら

自社管理物件のある不動産屋を中心に行く

「2、3軒だけじゃ物足りない」と感じる人は、自社管理物件のある不動産屋を中心にたくさん訪問してみましょう。

3件以上回りたい人は、仲介専門の不動産屋は1件にして、ほかは自社管理物件を扱う不動産屋を中心に見ていけば、効率よくたくさんの物件を見比べられます。

自社管理物件とは、不動産屋が独自に管理している物件で、ほんとんどの場合その不動産屋しか紹介していません。

ただ、自社管理物件は基本的に戸数が少なく、希望条件に合致していなければ紹介してもらえる物件がない場合もありますから、その点は留意しておく必要があります。

内見する際は各不動産屋で1~2件に留める

不動産屋をはしごするなら、各不動産屋で内見させてもらうのは候補度の高い物件を1、2件だけに留めておきましょう。

行く先々で最大限の数を内見すると、とてつもなく時間がかかってしまい、最初の物件の印象は薄れ、後の方の内見はどんどん雑になり、結局どの物件が良かったか迷うことになるからです。

理想的なのは2、3軒の不動産屋で合計5件くらいの物件を見回る形です。これなら1件1件ゆっくり見れて、所要日数も2、3日程度で済みます。

また、最終的には1件に決めなければならないので、はしごして色んな物件を見ることが目的にならないように注意しましょう。

不動産屋に行かなくても部屋探しはできます

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる、信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識