お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

不動産屋の選び方|7つのポイントや注意点を徹底解説!

不動産屋の選び方のイメージイラスト

どの不動産屋に行けば良いかわからない!自分に合う不動産屋はどこ?という人のために、不動産屋の選び方について徹底解説します!

選ぶ際の7つのポイントや、不動産屋の取り扱い物件について、大手と地域密着型の不動産屋の違いや、避けるべき不動産屋の特徴も紹介しています。是非参考にしてください。

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

自分に合う不動産屋の選び方

良いお部屋を見つけるためには、自分に合う不動産屋を見つけることが大切です。

以下で、不動産屋の選び方のポイントを7つ紹介します。是非参考にしてください。

・何を重視するかで使い分ける
・ネット上の口コミを確認する
・フランチャイズ店はなるべく避ける
・夜遅くまで営業している
・定休日が少ない
・宅地建物取引業者免許が更新されている
・お店の外観や店内が綺麗

項目ごとに詳しく解説していきます。

何を重視するかで使い分ける

自分が何を重視するかで、どういう不動産屋に行けば良いのか簡単に精査できます。

沢山の物件が見たい人は「大手不動産屋」「仲介不動産屋」がおすすめです。取り扱い物件数が多いので、たくさんのお部屋から吟味して探せます。

地域情報を細かく聞きたい人は「地域密着型不動産屋」が良いです。近場のエリアに特化しているので、情報が豊富です。

相談のしやすさを求めるなら「チャット」「LINE」などのツールを使ってやりとりをする不動産屋が良いです。対面しないので、聞きにくいことも気軽に相談可能です。

不動産屋は複数店舗回っても良いので、知りたい内容によって使い分けるのもアリです。

ネット上の口コミを確認する

ネット上の口コミは確認しておくべきです。ただし、ネット上は不満のはけ口として使われることが多いので、悪い意見が多いです。

その中でも、良い意見が複数ある不動産屋は、満足度が高い可能性があります。

逆に、Googleなどの口コミで良い意見しかない不動産屋は要注意です。悪い口コミの削除依頼をしている可能性があるからです。

フランチャイズ店はなるべく避ける

フランチャイズ店は、店舗によって接客の質がバラバラなので、なるべく直営店に行くようにしてください。

フランチャイズ店とは、大本の企業とフランチャイズ契約を結んでいる加盟店です。お店ごとに責任者が独立しているので、店舗ごとに独自の教育方法やルールがあります。

直営店は、教育マニュアルが統一されているので、どの店舗も接客の質が高めです。

夜遅くまで営業している

夜遅くまで営業している、営業時間が長い不動産屋がおすすめです。仕事終わりに不動産屋によるなど、予定が調整しやすいです。

ほとんどの不動産屋の営業時間は、9時~17時(遅くとも19時)です。仕事終わりに不動産屋に行こうと思っても、閉店しているので休日に行くしかありません。

また、夜遅くまで営業していると、夜に内見に行ける場合があります。ほかの入居者が最も集まっている時間帯なので、リアルな生活音を確認できます。

定休日が少ない

定休日が少ない不動産屋も、予定が調整しやすいのでおすすめです。

また、定休日がない分、待機時間がないのでスピーディーに対応してもらえます。

宅地建物取引業者免許が更新されている

宅地建物取引業者免許を更新している不動産屋は、営業歴が長く安定しているお店です。

宅地建物取引業者免許は、不動産屋の公式ホームページに必ず掲載されています。

東京都知事(★)第○○○号
国土交通大臣(★)第○○○号

上記の★になっている部分の数字を確認してください。これは、5年ごとに1回更新するたびに「1→2→3」と数字が増えていきます。

()内が1なら営業5年未満、2なら営業10年以上、3なら営業15年以上営業している店舗ということがわかります。

お店の外観や店内が綺麗

お店の外観や店内の雰囲気も大切です。窓に貼り出されている物件情報が綺麗、店内が整理整頓されているお店は、管理がしっかりしていて良い不動産屋の可能性が高いです。

窓に貼られている物件情報が日に焼けている、情報が古い、店内がごちゃごちゃしている、机に書類が出しっぱなしの不動産屋が避けてください。

管理がしっかりしていないので、審査や契約時に書類を無くされるなどトラブルになる可能性があります。

マル秘イエプラバナー

どの不動産屋も同じ物件を紹介してくる

複数の不動産屋を見て回ろうと考えている人は、どこに行っても紹介される物件がほぼ同じだということを認識しておきましょう。

不動産屋は、業者専用の有料のデータベース「レインズ」や「ATBB」に掲載されている物件を紹介します。そのため、同じ条件だと、別の不動産屋でも紹介される物件が被ります。

物件情報のネットワーク図例

レインズやATBBには、全国の賃貸物件の約8割の情報が掲載されています。そのため、レインズやATBBを利用している不動産屋に行けば、何件もはしごする必要はありません。

管理会社直の物件はほかに出回らない

管理会社が仲介不動産屋も兼任している場合は、他の不動産屋にない物件が見つかる可能性があります。

「自社物件」「自社管理物件」と言って、自分たちの会社が管理している物件の取り扱いがあるからです。

自社物件や自社管理物件は仲介手数料がかからなくて魅力的ですが、普通の賃貸より家賃や管理費が高い傾向にあります。自分にとってどちらがお得かよく考えるべきです。

ほかサイトの物件をまとめて確認する方法

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、ATBBを使ってお部屋を探すので、ほかサイトの物件もまとめて確認できます!

気になるお部屋のURLや物件名を、チャットやLINEで送るだけで空室状況を調べてくれます。詳細確認や内見予約もすぐにできて便利です。

AIではなくスタッフが手動で返信しているので、気になる疑問や不安点も的確に回答してくれます。

深夜0時まで営業しているので、仕事が忙しくてなかなか予定を空けられない、外出するのが嫌だという人でも気軽に利用できます。

イエプラボタンバナー

大手と地域密着型不動産屋の違いは3つ

大手不動産屋と地域密着型不動産屋の違いは「地域情報の豊富さ」「取り扱い物件数」「家賃交渉の成功率」の3つです。

地域情報の豊富さ

地域密着型不動産屋は、その名の通り地域に寄り添っているのでエリア情報が豊富です。実際に住んでいる人並みに、細かい情報を持っています。

治安や交通アクセス、住みやすさや買い物環境といった基本情報から、夜の街の雰囲気、坂道や街灯の多さ、町内会の動向などまで把握しています。

大手不動産屋は、対応エリアが幅広いので基本情報程度しか知らない事が多いです。

取り扱い物件数

取り扱い物件数は、大手不動産屋のほうが段違いに多いです。その理由は、レインズやATBBに登録されているお部屋を紹介するからです。オフシーズンでも、余るほどの物件情報を所有しています。

地域密着型不動産屋は、レインズやATBBを使わず、大家さんから直接物件の営業を預かっていることが多いです。新築やデザイナーズマンションなど人気の物件は、見つかりにくいです。

家賃交渉の成功率

地域密着型不動産屋は、大家さんと密な関係にあるので、家賃や礼金交渉が成功しやすいです。まれに、大家さんをその場に呼んで、直接交渉させてくれることもあります。

大手不動産屋も家賃交渉はできますが、不動産屋が大家さんとの関係性を気づけていないと、成功しにくいです。

避けるべき不動産屋の7つの特徴

注意を促す女の子イラスト

避けるべき不動産屋の特徴も7つ紹介します。当てはまる数が多いほど、対応が悪い可能性が多いので避けるべきです。

・空室確認もせずに来店を急かしてくる
・広告のキャッチコピーが大袈裟
・ネットの口コミや評判が悪すぎる
・貼り出し物件の情報が古い
・看板が路上にはみ出している
・店内の机などに書類が散乱している
・スタッフの対応が親身ではない

空室確認もせずに来店を急かしてくる

気になる物件を問い合わせした際に、空室確認などの情報もなく「いつ来店できますか?」と急かしてくる不動産屋は避けるべきです。

問い合わせた物件が、架空・募集終了しているなど「おとり物件」の可能性があるからです。

おとり物件は、好条件で人気のある物件を広告代わりに掲載し、お客を集める違法行為です。明らかに良い不動産屋とは言えません。

空室情報がきちんとあるうえで、来店を聞いてくる場合は、実在するお部屋なので予約して良いです。

広告のキャッチコピーが大袈裟

不動産屋広告は、不動産公正取引協議会「特定用語の使用基準」で使ってはいけない言葉が決められています。

・完全、完ぺき、絶対、万全
・日本一、業界一、初、当社だけ、抜群
・特選、厳選
・最高、極、特急、超
・最安値、破格、特安、激安、バーゲン など

上記のような大げさな言葉を使っている不動産屋は「ルールを気にしない」「ルールを破ってでも大げさな言葉を使わないとお客さんが来ない」など問題を抱えているケースが多いです。

ネットの口コミや評判が悪すぎる

大手の不動産屋で全国展開している場合、店舗によって接客の質が違うのでインターネット上の口コミや評判は要チェックです。

評判が悪すぎる場合は、行ってもストレスになるだけです。悪い意見が多くても、良い意見が複数ある不動産屋であればアタリの可能性があります。

逆に良い評判しかない不動産屋も要注意です。

貼り出し物件の情報が古い

不動産屋の外観やや窓に貼り出されている物件情報が古いお店は避けてください。

長期間貼り出されているので、よほど人気がない物件か、おとり物件の可能性が高いです。

また、情報を更新しない、管理していない不動産屋なので、申し込みや審査、入居手続きなどが思うように進まない可能性もあります。

看板が路上にはみ出している

路上まで看板がはみ出ている不動産屋もおすすめはできません。看板は建物の敷地を超えて設置してはいけない法律があるからです。

法律を無視してでもお客さんを集めようとしているお店なので、強引に契約に進める可能性があります。

店内の机などに書類が散乱している

店内の机などに書類が散乱している不動産屋は、個人情報の取り扱いができない証です。

契約書を無くす、他のお客さんに情報を見られてしまう、他の入居者の基に必要書類が誤送される懸念があります。

スタッフの対応が親身ではない

良いお部屋を探すためには、不動産屋スタッフとの相性も大切です。挨拶しない、口調が馴れ馴れしい、言葉を濁すなど、親身ではないち感じたら別の不動産屋に行くと良いです。

理想のお部屋があったとしても、ストレスが溜まります。入居後のサポートもしてもらえない可能性があります。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

深夜0時までネット上で営業している不動産屋「イエプラ」なら、空き時間にチャットで希望を伝えるだけで、無料でお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESで見つからない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える更新が早い特別な物件情報サイトが無料で見れるように手配してくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す


follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について