お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

フリーランスが賃貸の入居審査に通る方法を解説!必要書類や家賃目安は?

フリーランスのイメージイラスト

フリーランスで賃貸物件を借りたい!でも入居審査に通るか不安という人のために、どうすれば審査に通るのか詳しく解説します!

なぜフリーランスは審査に通りにくいのか、審査に通るために用意すべき収入証明書や必要書類、家賃目安を紹介します。

また、審査に落ちやすいパターンと対策方法や、審査が緩い保証会社、在宅勤務で家賃を経費計上できるのかも紹介します!

なぜフリーランスは入居審査に通りにくい?

フリーランスとして働いている人は、毎月の給料が変動しやすく収入が不安定とみなされるため、入居審査に通りにくいです。

収入が安定しない人は家賃を滞納する危険があるので、入居を断られます。

フリーランスが賃貸の入居審査に通るためには、家賃を確実に支払えるだけの収入がある証明を提出することが大切です。

また、身元がはっきりしている連帯保証人を立てれれば、信用度が上がるので審査に通りやすくなります。

フリーランス歴1年未満は厳しい

フリーランス歴1年未満の人は、前年度の確定申告の控えが提出できないので審査が厳しいです。

前職に正社員だった場合は、正社員の時の源泉徴収票を提出し、ほぼ収入が変わらないことを不動産屋の人に伝えておくべきです。

また、出せるのであれば直近2ヶ月分ほどの給料明細を証拠として提出することで、やや通りやすくなります。

事務所利用する場合はさらに厳しい

事務所利用する場合は「法人契約(事務所契約)」になるため、入居審査がさらに厳しいです。

企業が法人契約する場合は、資本金や売上などの安定性を重視しますが、フリーランスの場合はそれがないので大家さんは慎重になります。

とくに、従業員や関係者が出入りするような事務所の場合は、近隣住民とトラブルにならないかも重視されます。

物件のセキュリティ面の懸念も出てくるため「事務利用可(SOHO可能)」と記載された物件以外は、ほぼ審査に通らないと考えたほうが良いです。

ちなみに、居住用は非課税、事業用は課税対象と法律で決められているため、居住用物件を事務所利用できません。

もし黙って事務所として利用しており、バレてしまった場合は契約違反になります。無断利用の期間分の税金を支払わなくて話いけないうえ、退去の恐れがあります。

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

フリーランスは収入証明をきちんと提出することが大切

フリーランスの人は給料が安定していないと思われがちなので、収入証明をきちんと提出することが審査に通りやすくなるポイントです。

以下のような書類を不動産屋に提出する必要があるので、早めに準備しておきましょう。

①住民税の課税証明書・納税証明書
②所得税の納税証明書
③確定申告書の控え
④通帳の入金履歴

①~③は特に優劣はないので、自分が準備しやすい物を用意してください。

①住民税の課税証明書・納税証明書

住民税の課税証明書や納税証明書は、年間の所得額が載っている書類です。

住民税の課税額が決まるのは6月上旬なので、証明書の発行が5月以前なら前々年の、6月以降なら前年の所得証明が必要です。

基本的に役所で発行されますが、マイナンバーカードを持っている人は、コンビニのマルチコピー機でも発行できます。

②所得税の納税証明書

所得税の納税証明書は、税務署などの収受印があるものが必要です。

ただ、所得税の納税証明書には未納額も載っています。納めていない税金がある人は、家賃の滞納の恐れがあると判断されるので審査に落ちやすくなります。

所得税の納税証明書は、納税した地域の税務署で発行できます。オンラインの申請システム「e-Tax」を使用していれば郵送発行もできますが、マイナンバーカードが必要です。

③確定申告書の控え

確定申告書の控えは、前年度分必要です。

確定申告書の控えを紛失した場合は、再発行まで1ヶ月ほど時間がかかるので注意してください。

確定申告は白色申告よりも青色申告のほうが、大家さんに信頼されます。青色申告は細かく帳簿へ記帳する必要があるので、しっかりした人だと捉えられます。

④通帳の入金履歴

上記の3点を提出できない場合の最終手段として、通帳の入金履歴でも審査できます。

ただし、通帳には入金された金額しか載っていないので、経費を考慮したうえでの正確な収入は分かりません。

大家さんや管理会社によってはやや不利になるので、なぜほかの書類が用意できないかの事情をしっかり説明しなければいけません。

そのほか必要な書類一覧

賃貸の審査に必要な書類は以下の通りです。漏れがあると審査してもらえなかったり、入居日が延びたりするので、事前にそろえておきましょう。

・身分証明書(免許証、保険証、パスポートなど)
・住民票(同居人がいる場合は全員分)
・印鑑証明書
・通帳のコピー(預貯金審査の場合)
・連帯保証人の身分証
・連帯保証人の収入証明書
・車検証(駐車場を借りる場合)

なお、発行が3ヶ月以内のものしか使えません。

審査を通過しやすい家賃は月収の20~25%

一般的には、月収の30%以下の家賃であれば入居審査に通りやすいと言われていますが、フリーランスの場合は月収の20~25%が家賃の目安です。

税金や保険料などが差し引かれるうえ、経費などで1度お金を支払うため、手持ちが少ないと判断されやすいからです。以下は、収入に対する家賃目安です。

フリーランスの家賃目安
月収20万円 4~5万円
月収25万円 5~6.2万円
月収30万円 6~7.5万円
月収35万円 7~8.7万円

ただし、専門職などで月収が40万円以上の場合は、よほど家賃が高いお部屋を借りない限りは審査に通りやすいです。

フリーランスでも審査に通りやすいお部屋を探す方法

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、フリーランスや個人事業主を審査に通した経験が豊富です。

審査に通りやすい家賃帯の提案や、どうすれば審査に通るのかなど親身に相談に乗ってくれます。

深夜0時まで営業しているうえ、PCやスマホからチャットやLINEで手軽に相談できるので、仕事が忙しい人でもすぐにお部屋探しが可能です。

来店不要なので対面で話すのが苦手、遠方に住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けないという人にもおすすめです。

イエプラはこちらから

在宅勤務するなら経費計上できる

在宅勤務で自宅で仕事をする場合は、仕事で使う面積分の家賃と電気代を確定申告で経費計上できます。

その分の家賃が浮くので、不動産屋にあらかじめ「在宅勤務で経費計上するため〇〇円ほど戻ってくる予定」と伝えておきましょう。

大家さんに連携してくれて、審査が通りやすくなる可能性があります。

家賃の経費計上の方法は、年度末の確定申告書に記載するだけです。ただし、確実に経費として認めてもらうには「仕事で使った平米数を記入した図面のコピー」と「電気代の支払い明細」が必要です。

税務署から細かく指摘されることがあるので、あらかじめ準備しておくと良いです。

開業届を出していない人でもできる節約方法なので、在宅勤務のフリーランスの人は試してみてください。

審査に落ちやすい4パターンと対策方法

フリーランスの人が、入居審査に落ちやすいパターンは以下の4つです。

①税金対策をして収入を低く見せている
②フリーランスになってから2年未満
③大家さんがフリーランスを嫌がる
④服装や髪形が不潔で不信感がある

事前に対策できるものがあるので、以下で解説していきます。

①税金対策をして収入を低く見せている

税金対策として経費を多めに使い、年間の収入を少なく見せている人は、審査に落ちやすい傾向にあります。

納税証明書などには節税後の金額しか載っていないので、収入が少ないと判断されます。

節税に取り組んでいる場合は不動産屋に正直に話して、審査に通りやすい物件を紹介してもらいましょう。

②フリーランスになってから2年未満

フリーランスになってから2年未満の人は、入居審査に落ちやすいです。前年の収入証明書を発行できないため、収入がないとみなされます。

ただし、通帳をこまめに記帳しており、入金や預貯金の残高を示すことができれば、審査してもらえる可能性があります。不安な人は、1度不動産屋に相談してみてください。

③大家さんがフリーランスを嫌がる

大家さんがフリーランスを嫌がっている場合は、審査に通りません。

事前に不動産屋にフリーランスであることを伝え、大家さんが大丈夫なのかを確認してもらったほうが良いです。

もしくは、1部屋ごとに大家さんが違う、分譲マンションであれば別のお部屋で審査に通る可能性があります。

④服装や髪形が不潔で不信感がある

服装や髪形が不潔だと、印象が悪いためフリーランスに限らず審査に落ちやすくなります。

入居希望者の容姿や雰囲気は、不動産屋から大家さんに伝えられるため、不動産屋に来店するときは身だしなみを整えてから行きましょう。

審査に不安なら「独立系」の保証会社がおすすめ

家と電球のイラスト

収入が安定しているけど、クレジットカード履歴がブラックなど不安要素がある人は「独立系」と呼ばれる保証会社がおすすめです。

独立系は、個人信用情報を調べられないので、独自の審査項目で入居しても大丈夫か確認します。そのため、カードがブラックでも審査に通る可能性が高いです。

以下は、審査が甘い保証会社を一部まとめたものです。

・フォーシーズ株式会社
・株式会社Casa(カーサ)
・日本セーフティー株式会社
・ALEMO(アレモ)株式会社
・日本賃貸保証株式会社(JID)
・全保連株式会社

なかでもフォーシーズ株式会社は審査の通過率が98%です。ほとんどの人が審査に通ります。

信販系・LICCと呼ばれる保証会社は、個人信用情報や家賃滞納履歴を確認されるので、審査がかなり厳しいです。

保証会社は自分で選べないので、不動産屋のスタッフに「独立系の保証会社のお部屋が良いです」と伝えておきましょう。

そもそも審査に不安なら不動産屋に相談したほうが良い

そもそも審査に不安な人は、不動産屋に素直に相談したほうが良いです。事情を知っていれば、上手く審査に通るように立ち回ってくれます。

審査が通りやすいお部屋や、預金審査できそうなお部屋を探してくれたり、審査が通りやすいよう口添えしてくれます。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、フリーランスや自営業だけではなく、学生や母子家庭、夜職の人など審査に通りにくい人を通した経験が豊富です。

審査に落ちやすい人の傾向や、対策など親身に教えてくれます!また、深夜0時まで営業しているので、仕事に行く前や仕事の合間でも、チャットやLINEで気軽にお部屋探しが可能です!

審査が「不安」ならイエプラ
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識