お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

フェアー信用保証の審査はゆるい?家賃を滞納してても平気?必要書類も公開!

フェアー信用保証の審査はゆるい?のイメージイラスト

フェアー信用保証の審査に通るか不安な人の悩みを解決します。

審査基準はゆるい?過去に家賃を滞納してても大丈夫?という疑問から、落ちてしまった際の対応策も紹介します!

審査に通る年収の目安も紹介するので、審査に不安がある人は是非参考にしてください。

フェアー信用保証の審査はかなり緩い

家賃の保証会社「フェアー信用保証」の審査は、他の保証会社と比べてかなり緩いです。

フェアー信用保証は独立系保証会社と呼ばれており、独自の審査基準で審査しているためです。

独立系の保証会社は、信販系と呼ばれる保証会社と違いクレジットカードの滞納歴や自己破産歴などの個人の信用情報をチェックしません。

そのため、ブラックリストの人でも審査に通りやすいです。

他の保証会社の家賃を滞納歴は調べられない

フェアー信用保証は、他の保証会社と家賃の滞納歴を共有していません。

他の保証会社での過去の家賃滞納歴をチェックできないので、他社で滞納していた人でも審査に落ちません。

しかし、フェアー信用保証で家賃を滞納している場合は審査に落ちてしまいます。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

フェアー信用保証の特徴は審査スピード

フェアー信用保証は、最短30分で審査結果が出ます。一般的な保証会社の審査期間は約2~3日と言われているので、業界内ではかなり速いです。

しかし、そのためには必要書類をそろえて出し、本人確認の電話にすぐ対応する必要があります。

申込内容に不備があったり、不動産の繁忙期の1~3月は、さらに時間がかかる場合があります。

連絡が来なくても審査に落ちたわけではない

1週間以上経っても審査結果の連絡がなくても審査に落ちているわけではありません。

連絡が遅くて心配な人は不動産屋に連絡してみましょう。情報の不備や本人確認の連絡が取れていない場合、審査が一時的に止まっている可能性があります。

ちなみに、保証会社の審査は情報が不備のまま1週間以上経過すると、申し込みがキャンセル扱いになります。

フェアー信用保証の審査で必要な書類

フェアー信用保証の入居審査で必要な書類は以下の3つです。

・本人確認書類(顔写真付きのもの)
・申込書
・会社登記簿謄本(法人契約の場合)
・会社代表者の身分証明書(法人契約の場合)

申込書は、不動産屋が用意しています。指定された項目を全て記入すれば大丈夫です。

書類に不備があると、審査が長引いてしまったり、審査を開始してくれません。

自分の現在の状況を不動産屋に相談し、必要書類をそろえて提出できるよう準備しましょう。

場合によっては追加書類が必要になる

申込者の状況によっては、追加の書類提出が必要な場合があります。

追加の書類がある人は以下のような人です。

・未成年者…親権者同意者
・学生…学生証又は合格証書
・自営業…収入証明書
・年金受給者…年金の源泉徴収票
・外国籍の人…外国人登録証明書(裏・表)
・生活保護受給者…生活保護決定通知書
・退職予定・無職の人…通帳のコピー

上記の他にも追加書類が必要な場合があります。

不動産屋の担当者に自分の今の状況を説明し、何が必要なのか確認しましょう。

フェアー信用保証の保証料

保証会社を利用するには、保証料を支払う必要があります。

フェアー信用保証は審査基準がゆるい代わりに、他の保証会社に比べて保証料が高いです。

保証料の金額は加入するプランによって異なります。フェアー信用保証が用意している、2種類のプラン毎の保証料は以下の通りです。

プラン名 フェアープラン住居用(年間更新料なし)
初回保証委託料 月額賃料の70%
契約更新料 月額賃料の20%
プラン名 フェアープラン住居用(年間更新料あり)
初回保証委託料 月額賃料の50%
※委託事務手数料:月額賃料の15%
契約更新料 月額賃料の7%

不動産屋によっては、上記の金額と異なる場合があります。不動産屋によって、代理店の手数料などが通常の保証料に上乗せされている事があるためです。

保証料がいくらなのか分からない場合は、不動産屋に聞きましょう。

▶保証会社の保証料とは?の詳しい解説はこちら

審査に通る年収の目安

入居審査に通るには、一般的に家賃の36倍の年収が必要です。

以下で、家賃に対する年収と月収目安をまとめたので、お部屋探しの参考にしてください。

年収の目安 月収の目安
家賃5万円 180万円以上 15万円以上
家賃6万円 216万円以上 18万円以上
家賃7万円 252万円以上 21万円以上
家賃8万円 288万円以上 24万円以上
家賃9万円 324万円以上 27万円以上
家賃10万円 360万円以上 30万円以上
家賃11万円 396万円以上 33万円以上
家賃12万円 432万円以上 36万円以上

収入が表の金額以下だと「毎月の家賃を払う余裕がない」と判断され、審査に落ちる可能性が高いです。

また、新築や築浅の物件の場合は入居審査の難易度が高くなり、これ以上の年収を求められます。

▶審査に通るための年収の詳細はこちら!

フェアー信用保証の審査に落ちたときの対処法

不動産屋や保証会社は、審査に落ちた理由を教えてくれません。

もし審査に落ちてしまったら、次の審査に通過するために落ちた理由を考え対策しなければなりません。

落ちた際の対応策を紹介するので、審査に通るか不安な人は参考にしてください。

他の保証会社で申し込む

フェアー信用保証の審査に落ちてしまったら、他の保証会社を利用できないか不動産屋に聞いてみましょう。

しかし、フェアー信用保証の審査に落ちた場合、他の保証会社の審査も落ちる可能性が高いです。

どうしても賃貸物件に住みたいのであれば、親族に代理契約を頼んだ方が良いです。

収入が安定している親族に契約してもらう

保護者や兄弟など、収入が安定している親族に代理で契約してもらいましょう。

契約者が違えば、同物件でも再度審査してもらえます。

代わりの契約者は収入が安定している人を選びましょう。もし保護者が年金受給者である場合は、定職に就いている兄弟に頼んだ方が良いです。

他に審査が通りやすい物件を紹介してもらう

申し込んでいる物件を諦めて、別の物件に申し込むという手もあります。ある物件では審査に通らなくても、別の物件では審査に通ったということはよくあることです。

不動産屋に頼って、審査に通る可能性が高い物件を紹介してもらいましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識