お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

徒歩20分ってどれくらい大変?自転車だとどう?駅遠物件の特徴を解説!

駅徒歩20分の距離は何キロ?のイメージイラスト

駅徒歩20分の物件は、毎日の行き来はどれくらい大変なのでしょうか?また、自転車で移動すればどれくらい負担が軽くなるのでしょうか?この2つの疑問をメインに解説していきます。

実際に駅徒歩20分の距離を歩いたときに掛かる時間や、メリットデメリットを併せて紹介していきます。

駅徒歩20分ってどんな感じ?

お部屋探しの際に「駅から徒歩20分離れている」と聞くととても不便で住みづらいように感じます。

実際に、「毎日の行き来に時間が掛かる」「帰り道に買い物をためらう」など、沢山のデメリットがあります。

デメリットは工夫次第で減らせますし、少し目線を変えるとメリットも見えてきます。

初めに、twiterにあった駅徒歩20分の物件に実際住んでいる人の声を紹介します。

twitterでは駅までの行き来で苦労している人と、家賃の安さを喜んでいる人の声が同じくらいの数ありました。

メリットとデメリットは表裏一体で、人によって感じ方は変わるようです。

以下では、駅徒歩20分の物件の特徴や、実際に住む場合の注意点について解説していきます。

マル秘イエプラバナー

駅徒歩20分の距離は約1.6km

物件情報にある駅徒歩時間は「1分=80m」で計算されています。徒歩10分なら800m、徒歩15分なら1.2kmほどになります。

駅徒歩時間は「不動産の表示に関する公正競争規約」によって定められており、どの物件情報でも同じ基準が用いられています。

基準は同じですが、歩く速さには個人差があり、実際に掛かる時間と大きな差が生まれることもあります。

1分以内の端数は切り上げられて表記され、計算上1分5秒掛かる場合でも表記上は2分になります。この表記方法も実際の移動時間との差が生まれる原因になっています。

人によってはさらに時間がかかる

80mを1分で歩ける人でも、1.6kmでは20分以上かかることが多いです。

最初の1分と最後の1分を同じ速さで歩くのは難しいです。長い距離を移動するほど疲れが溜まり、歩くペースは遅くなっていきます。

履物や人の往来によっても必要な時間は変化します。駅徒歩の時間よりも実際には長く掛かると認識しておくと良いです。

自転車を使えば約8分

徒歩で20分かかる場合でも、自転車なら約8分で駅に着けます。自転車での所要時間に明確な定めはありませんが「200m=1分」が平均的と言われています。

自転車であれば疲れは少なく、人混みに悩まさせることもありません。カゴがついていれば重いカバンや買い物袋も楽に持ち運べます。

デメリットとして、首都圏や大都市などの大きな駅では駐輪場が有料なことが多く、毎月1500~3000円ほどかかることが挙げられます。

悪天候の日や寒い時期なども対策は必要ですが、特徴を理解していれば便利な移動手段として活用できます。

距離や時間に関する注意点

歩く速さのほかにも駅徒歩時間と実際の移動時間に差が生まれる原因は沢山あります。

敷地の始まりからの距離で計測されている

駅徒歩時間は、建物の入り口や改札からではなく、敷地の始まりから計算されています。

駅の規模が大きくなるほど、敷地から改札、改札から電車までの距離は長くなります。

東京駅や池袋駅、新宿駅などの主要ターミナルを利用する人ほど、駅徒歩時間と実際に掛かる時間の差は広がります。

信号や坂道にかかる時間は含まれていない

坂道と信号機のイラスト

駅徒歩は地図上の道のりを用いて計算されています。信号や坂道、踏切などで掛かる時間は考慮されていません。信号は大通りなほど、踏切は駅に近いほど沢山の待ち時間が掛かります。

交通量が多い地域などでは、歩道橋や地下道が最短な道のりの場合があります。自転車では最適な経路でない可能性もあるので、事前に走って確かめましょう。

上り坂や階段に慣れている場合でも、人の流れがあると思うように進めないことが多いです。

人通りによって掛かる時間が変わる

通勤ラッシュ時や商店街の人混み、駅構内など人の流れがある場所では自分のペースで移動することは難しいです。

前の人を抜けないので、1人でも歩くのが遅い人がいるとますます時間がかかります。

天候や履物でも必要な時間が変わる

雨・強風・雪など、足元が悪いと思うように移動できず、時間が掛かってしまいます。この場合も人の流れが滞りやすく、思うように移動できないことが多いです。

また、履きなれない革靴やハイヒールの場合も、普段より歩くスピードが遅くなるので注意が必要です。

天候が悪い日の自転車移動はとても危険です。他の移動手段と比べると地面に接している面積が小さく、強風や路面の影響を受けてバランスを崩しやすいからです。

傘を差した歩行者や自動車からの視界も悪くなり、事故が起きやすくなってしまいます。

駅徒歩20分のお部屋に住むメリット

駅徒歩20分のお部屋のメリットを5つまとめました。1つでも気になった人はぜひ検討してみてください。

①家賃が安い
②喧騒から離れて生活できる
③運動不足が解消できる
④景観が良い
⑤複数の駅を利用しやすい

以下では駅から離れた物件ならではの特徴と併せて、各メリットを解説していきます。

①家賃が安い

賃貸の家賃には物件の立地が大きく関係し、駅から離れるほど安くなっていきます。駅徒歩5分と20分のお部屋では、家賃相場が8000~10000円ほど差があります。

家賃を妥協したくない人は、駅から離れた物件にも一度目を通してみるべきです。

駅から離れた地域ほど敷地に余裕があるので、設備や間取りにゆとりがある物件が多いです。

家賃の安さが決め手でした
男性のアイコン駅まで20分は大変だな…って思っていたんですけど、家賃の安さに惹かれてこの物件に決めました。毎日歩いて歩いてこの距離にも慣れてきました。体力ついた気がします。(男性/20代前半)

②喧騒から離れて生活できる

駅から離れた住宅地になるほど治安が良い傾向にあります。

駅前は人が沢山集まるのでトラブルが起きやすく、居酒屋などお酒を提供する店舗も集中するため、夜は浮ついた雰囲気になります。

物音に敏感な人や、お休みの日にゆったりと過ごしたい人は、あえて駅から離れたほうが快適に暮らせます。

週末でも静かに暮らせます
女性のアイコン周りは静かな住宅地なので、休みの日はお昼頃までゆっくりできます。騒音で起こされることがないのが嬉しいです。趣味のヨガにも没頭できます。(女性/20代後半)

③運動不足が解消できる

駅徒歩20分の立地であれば、毎日の通勤通学のたびに往復40分、3.2kmのウォーキングができます。

日々の運動を心がけたい人や、これまでのダイエットが長続きしなかった人は駅徒歩20分のお部屋がおすすめです。

半年で5kgも痩せました
男性のアイコン普段はデスクワークでほとんど動きません。運動しないとなぁ、とは思っていたんですが、いつの間にかこの歳になってしましました(笑)駅まで離れてるので毎日必ずウォーキングができます。筋肉がつくと運動するのがさらに楽しくなりますね。体重も減って良いことづくしです。(男性/40代前半)

④景観が良い

景観の良い住宅街のイメージ

建物が密集する駅前とは反対に、駅からはなれた地域ほど敷地に余裕があります。窮屈なつくりが少ない、公園や緑が多いなどの特徴があり、心豊かに暮らせます。

駅から離れた新興住宅地では、分譲地や住宅のデザインに規定がある地域も多く、統一的で美しい街並みを楽しめます。

毎朝の散歩に癒やされています
女性のアイコン駅からは少し離れていますが、遊歩道や公園が沢山あって気に入っています。日本のサントリーニ島!…とまでは言えませんが統一感があって美しい街並みも自慢です。(女性/40代前半)

⑤複数の駅を利用しやすい

ある駅から離れるということは、別の駅に近づくことでもあります。

違う路線の2駅間にお部屋を借りる場合、見方によっては交通の便がよくなります。毎日の通勤はA駅から、休日はB駅を利用して遊びに行く、といった使い分けができるからです。

都内などの路線が集中している地区にお部屋を借りる人におすすめです。

出勤が楽になりました
女性のアイコン乗り換えが慌ただしくて疲れるなって毎朝思っていたんです。家から近いもう1つの駅を利用してビックリしました。路線が違うだけでこんなに余裕があるんですね。出勤が楽チンになりました!(女性/20代前半)

駅から離れた物件も、実際に住んでみると悪いことばかりではありません。気になる条件があった人はぜひ検討してみてください。

駅徒歩20分のお部屋に住むデメリット

駅徒歩20分のお部屋に住むデメリットを3つまとました。駅から離れた物件を検討中の人も一度参考にしてみてください。

①毎日の負担が大きい
②荷物が多いと疲れる
③人通りが少なく夜道が不安

以下では駅から離れた物件ならではの特徴と併せて、各デメリットを解説していきます。

①毎日の負担が大きい

片道20分の行き来は大きな負担になります。

出勤前から体力を使ってしまうのはもちろん、疲れ切っている日は帰り道が長く感じてしまうでしょう。

夏は汗だくになり、冬は寒さに耐える必要があります。天候が悪い日は視界が悪く、足元にも注意が必要です。体力がついて歩くことに慣れても負担はなかなか減りません。

朝はいいけれど…
困り顔の男性のアイコン体力には自信があったのと、家賃に惹かれて契約しましたが、早くも後悔しています。毎朝1.6km歩くのは段々と慣れてくるんですが、帰り道はそうもいきません。仕事で疲れた日、お酒が入っている日は特ににキツいです。歩くのが面倒で駅前のホテルに泊まったこともありますよ。(男性/20代後半)

②荷物が多いと疲れる

教科書やパソコンなど普段から重たい荷物を持ち運ぶ人ほど負担が大きくなります。

帰り道に買い物をする場合も、お部屋までの道のりを考えると沢山の物は買えません。

斜めがけするカバンは片方の肩に負担が集中するので避けたほうが賢明です。

帰り道が長く感じます
困り顔の男性のアイコン夕方になると簡単な買い物を家族から頼まれるんです。牛乳1本お醤油1本とか…、普段ならなんでもないんですけど、仕事帰りには堪えますね…。(男性/40代後半)

③人通りが少なく夜道が不安

街灯

駅から離れるほど、街灯と人通りが少なくなっていきます。

人目が無くなると、ストーカーや公然わいせつなどの犯罪が発生しやすくなります。特に女性は巻き込まれないよう注意が必要です。

防犯グッズを持ち歩く、なるべく大通りを通るなど少しでも安全を確保して移動しましょう。

夜道が不安でしょうがないです…
困り顔の女性のアイコン駅前で騒がしいより静かで落ち着いた地域がいいなぁと思っていたんですが、この辺りあまりにも静か過ぎます。アパートの近くまで来ると街灯もほとんどありません。防犯グッズとか用意居したほうが良いんでしょうか…?(女性/20代前半)

駅徒歩20分のお部屋でも快適に暮らせる人の特徴

駅から離れたお部屋をおすすめできる人の特徴を5つまとめました。当てはまった人はぜひ検討してみてください。

①家賃を抑えたい
②自転車での通勤/通学を検討している
③運動不足を解消したい
④お部屋では静かに過ごしたい
⑤複数駅を利用したい

以下では駅から離れた物件の特徴と併せて解説していきます。

①家賃を抑えたい

家賃を第一に考える人は駅から離れた物件を検討してみるべきです。

人気が控えめで敷地に余裕がある物件が多いので、広い間取りの物件も簡単に見つかります。

入居までのスケジュールに余裕がない人にもおすすめできます。

②自転車での移動を検討している

既に自転車を持っている人や購入を考えている人は駅から遠い物件がおすすめです。

毎日の行き来が楽になり、カゴ付きの場合は重たい荷物も簡単に運べます。

お部屋や駅の駐輪場を確保できれば魅力的な選択肢になります。

③運動不足を解消したい

ダイエットが長続きしない人にも駅から離れた物件はおすすめです。

何かを継続するためには習慣が、習慣をつくるのには環境が必要です。

駅から遠い不便な環境も、運動を続けるのにはうってつけです。毎日40分歩く習慣が身につけば、特別辛く感じることもなくなります。

④お部屋では静かに過ごしたい

徒歩20分も離れていれば、駅前の喧騒が届くことはありません。

騒音に敏感な人や、休日お部屋で過ごすことが多い人におすすめです。

⑤複数路線を利用したい

複数の路線に囲まれている地域では駅から離れた物件がおすすめです。

電車での移動では、直線距離が短くても乗り換えに時間が掛かってしまうことが珍しくありません。

複数の路線を使いこなせば、結果的に短い時間で目的地にたどり着くことができます。

駅徒歩20分のお部屋を選ぶときの注意点

駅徒歩20分のお部屋を選ぶときに確認すべきポイントを4つまとめました。

現地で体験する、不動産屋に直接聞くなど、内見時でも確かめられることは沢山あります。入居した後に後悔しないよう事前に確認すると良いです。

①内見時に駅から実際に歩いてみる
②駐輪場かバイク置き場があるか確認
③駅から物件までにどのような施設があるか確認
④近くのバス停の場所と行き先を確認

事前に確認するべき理由を紹介していきます。

①内見時に駅から実際に歩いてみる

駅徒歩20分のお部屋を借りる予定の人は、契約前に一度は駅から物件までの道のりを歩いてみるべきです。

なかなか変わらない信号や、坂道や商店街など歩きにくい場所は現地でないと把握できないことも多いです。

明るい時間だけでなく、暗くなってからの雰囲気も確認しておくと入居してからのギャップを減らせます。

仕事で革靴やハイヒールを履く人は、通勤時と同じ格好でどれくらい時間が掛かるか計っておくと良いです。

②駐輪場があるか確認

駅まで自転車で移動する予定の人は駐輪場の確認も必須です。

駅や物件に駐輪場はあるのか、申請すれば使えるのか、費用はいくら掛かるのかなどを事前に不動産屋や管理会社に聞いておいてください。

③駅から物件までの間にある施設を確認

駅から物件の間にある店舗の場所と営業時間を確認しておくと後から役立ちます。

帰り道に気軽に寄れるスーパーや施設があると生活にハリが生まれます。下町など昔ながらの地域では現地でないと分からないことも多いので、実際に足を運んで確認してください。

希望する店舗など条件が複数ある場合は、不動産スタッフに相談すればおすすめエリアを紹介してくれます。

④近くのバス停の場所と行き先を確認

入居前に近くのバス停の場所と行き先を確認するべきです。

悪天候の時は、自転車での移動はもちろん、20分歩くのですら一苦労です。

暑さ寒さが厳しいときや、仕事で疲れたときにバス移動という選択肢は非常に魅力的です。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

深夜0時までネット上で営業している不動産屋「イエプラ」なら、空き時間にチャットで希望を伝えるだけで、無料でお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESで見つからない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える更新が早い特別な物件情報サイトが無料で見れるように手配してくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す


follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について