お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

駅徒歩20分の距離は何キロ?自転車だと何分?毎日歩くのはツラい?

駅徒歩20分の距離は何キロ?のイメージイラスト

駅徒歩20分の距離は何キロか、歩くと遠いのか、自転車だと何分くらいなのかという疑問を解決します。

実際に駅徒歩20分の距離を歩くとどのくらいの時間になるのかや、駅徒歩の距離や時間に関する注意点、徒歩20分のお部屋に住むメリット・デメリットも紹介します!

駅徒歩ごとの平均家賃や、実際に駅徒歩20分のお部屋に住んでいる人の体験談も紹介するので、自分が駅徒歩20分のお部屋に住むべきかの参考にしてください。

駅徒歩20分の距離は約1.6km

駅徒歩20分は距離に換算すると1.6kmなので、ほとんどの人が遠く感じます。

物件情報にある駅徒歩〇分という時間は「80m=1分」で計算されています。徒歩10分なら800m、徒歩15分なら1.2kmほどになります。

ただしこの駅徒歩の距離は、成人男性の平均歩行スピードで計算されているため、女性やゆっくり歩く人はプラス3分ほどかかります。

毎日の通勤・通学を考えると、駅までの往復で40分、合計3.2kmの距離を歩くことになります。

歩き慣れている人でも、駅徒歩20分はやや遠いと感じます。そのため、家賃の安さだけで駅徒歩20分のお部屋を選ぶと、キツいです。

実際に歩いてみると20分以上かかることが多い

あくまでもこの駅徒歩の時間は、成人男性の平均歩行スピードで計算されています。そのため、実際に駅から物件まで歩いてみると20分以上かかることが多いです。

歩くのが遅い人や体力がない人、ヒールを履く女性はプラス3~5分ほど多くかかります。

また、車や人などの交通量や天候、道幅などによっても左右されるため、実質30分ほどかかると認識しておくと良いです。

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

自転車なら約8分で行ける

徒歩20分でも、自転車なら約8分で駅に行けます。

自転車での所要時間に明確な定めはないですが「200m=1分」が平均的と言われています。

そのため、歩くのが苦痛の人でも、自転車があれば駅から離れたお部屋でも快適に暮らせます。

また、カゴがついた自転車であればカバンや買い物をした荷物を入れられるので、駅徒歩20分の距離でも荷物の重さが気になりません。

ただし、東京都内や大阪、名古屋などの大きい駅の駐輪場は、ほとんどが有料なので毎月1,500~3,000円ほどかかります。

バスはコストがかかるのでオススメしない

駅から家のそばのバス停までバスを利用しようと考えている人は、コストがかかるのでオススメしません。

都内の都バスであれば運賃が一律で1回210円、1ヶ月定期券で9,450円もかかります。

せっかく駅から離れて家賃を抑えても、バス代でプラマイゼロになるので、駅徒歩20分を選ぶなら自転車のほうが良いです。

駅徒歩20分の距離や時間に関する注意点

先ほども紹介したように、駅徒歩20分の距離はそれ以上の時間がかかることが多いです。

その理由は、以下の4つです。

駅の一番近い出口から計測されている

駅徒歩の距離は、物件に1番近い駅の出口から物件までの距離しか計算されていないため、駅構内の移動時間は含まれていません。

そのため、出口から改札に行くまでの時間、改札から電車のホームまでに行く時間で約5分ほどかかります。

東京駅や池袋駅、新宿駅など主要ターミナルの場合は、駅自体が大きいうえ人通りも多いので10ほど多く見積もっておくと良いです。

信号や坂道にかかる時間は含まれていない

駅の出口から物件までの距離を地図上で計測しているため、信号や坂道、踏切などの時間は含まれていません。

一般の信号だと1つにつき約3分、交通量が多い交差点の信号だと約5分ほど多くかかります。

また、坂道があると上りで体力を持っていかれるため、プラス2分ほどかかると思ってください。

人通りの多さによってかかる時間が変わる

通勤通学のラッシュ時や、商店街の人込みの多さも考慮されていません。

また、歩道が狭い場所だと朝の通勤ラッシュ時は前の人を抜かせないため、一人でも歩くのが遅い人がいるとますます時間がかかります。

天候や履物も考慮されていない

雨・強風・雪など、足元が悪い中外を歩くと思ったように前に進めなくて、時間がかかってしまいます。

また、履きなれない革靴やヒールの場合は、普段より歩行スピードが遅くなりやすいです。

例えば、大雨の中女性が5cmほどのヒールを履いていたとすると、駅徒歩20分の距離でも30分近くかかります。

駅徒歩20分のお部屋に住むメリット

スニーカーを履いている女性

駅徒歩20分という遠い距離のお部屋に住むメリットは4つあります。

・駅徒歩20分のお部屋は家賃が安い
・人通りが少なく静かに生活できる
・駅前よりも治安が良い
・運動不足解消につながる

駅徒歩20分のお部屋は家賃が安い

駅徒歩20分のお部屋は、あまり人気がないため家賃が低めに設定されていることが多いです。

不動産屋専用サイト「ATBB」で、都内23区にあるワンルームと1Kの築年数10年以内のお部屋で、駅徒歩の時間ごとに家賃相場を調べました。

下記の金額は、家賃安い順に並び替えたときの30件の平均金額です。

ワンルーム 1K
徒歩5分 約4.9万円 約5.6万円
徒歩10分 約4.7万円 約5.2万円
徒歩20分 約3.4万円 約4.7万円

駅徒歩5分のお部屋と比べると、約1万円~1.5万円も差がありました。立地より家賃の安さを選びたい人にとっては、かなり良いです。

また、心なしか駅近の物件よりお部屋が広いことがあります。

人通りが少なく静かに生活できる

ほとんどの街が、駅から離れると住宅街が広がっています。そのため、駅前より人通りが少なく静かに生活できます。

物音に敏感な人や、静かな空間んでゆったりと過ごしたい人は、あえて駅から離れたほうが快適に暮らせます。

駅前よりも治安が良い

駅から離れている住宅街のほうが、駅前よりも治安が良い傾向にあります。

駅前は人が多く集まるので、トラブルが起きやすいです。また、飲み屋なども駅前に集まるので、酔っ払いに絡まれる可能性があります。

ただし、駅から離れると街灯の数が少なくなる場合があります。女性が夜中に1人で歩くのは危険な地域もあるので、街全体の治安を調べたうえでお部屋を選ぶべきです。

運動不足解消につながる

駅徒歩20分も離れれば、通勤・通学の往復で強制的に3.2kmの距離をウォーキングしなければいけないので、運動不足解消につながります。

日々の運動を心がけたい人や健康的にダイエットをしたい人は、駅徒歩20分のお部屋を探してみてはどうでしょう。

駅徒歩20分のお部屋に住むデメリット

駅徒歩20分以上の物件のデメリットは、主に以下の3つです。

・体力を持っていかれる
・荷物が多いと疲れる
・人通りが少なく夜道が不安

体力を持っていかれる

片道20分、往復で40分もの時間を歩くので、体力に自信がある人でも会社や学校に着くまでに疲れ切ってしまいます。

とくに、夏場の暑い日はさらに体力が削られるので、人によっては通勤したくないと感じます。

荷物が多いと疲れる

普段からパソコンや書類などを持ち歩く人でも、20分も重たいカバンを持ち続けると疲れます。

とくに左右どちらかの肩にカバンを担いでいる人は、跡が残るほど圧迫されて痛い思いをすることもあります。

人通りが少なく夜道が不安

とくに女性は、駅から家までの道のりが長いと、ストーカーや公然わいせつなど犯罪に巻き込まれるリスクが高くなります。

せめてお部屋を借りる前の内見時に、大通りを通って帰れる場所なのか確認しましょう。

駅徒歩20分の距離に住んでいる人の体験談

実際に駅徒歩20分の距離に住んでいる人に、毎日の通勤・通学がどんな感じか聞いてみました。

駅徒歩20分の距離で満足している人と、後悔しているという人の両方の体験談を紹介します。

駅徒歩20分で満足している人の声

駅徒歩20分で満足している人は、理由は様々でしたがメリットに感じていることが多いようです。

どうしても歩くことが苦手な人は、自転車を買う、バスを利用するなど別の交通手段を考えたほうが良いです。

家賃の安さ第一に考えたら駅徒歩20分でも我慢できる
男性のアイコン駅徒歩20分って遠いかなって思ってたんですけど、家賃の安さを第一に考えたら我慢できる範囲だなって判断しました。実際に慣れてしまえば歩ける距離なので、苦ではないです。(男性/20代後半)
夜や休日は静かでゆっくりできる
男性のアイコン周りが住宅しかないので、21時以降とか休日は物静かです。ゆっくり映画を見たり趣味に没頭するには丁度良いです。あと、何より昼頃まで寝たい日は、外の音で起こされることも少ないので快適です。(男性/30代前半)
自転車があるので10分ほどで駅に行ける
男性のアイコン駅まで自転車で行くので、10分ほどしかかかっていないです。疲れた日でも自転車に乗ればすぐに家に帰れるし、買い物してもカゴに荷物を乗せれるので腕が疲れなくていいです。あと、隣の駅までちょっと遠出するときも自転車があると便利ですよ。(男性/20代後半)
音楽を聴いていればあっという間に駅につく
女性のアイコン好きな音楽を聴きながら通勤しているので、徒歩20分の距離でもあっという間に駅に着きます。だいたい5、6曲くらいで着きますよ。(女性/20代後半)

駅徒歩20分で後悔している人の声

駅徒歩20分のお部屋で後悔している人は、面倒臭がりな人や歩くことに慣れていない女性が多いようです。

自転車でもめんどい
困り顔の女性のアイコン駅徒歩20分だから自転車あればラクかな~って思ってたんですけど、正直自転車でもめんどいです。飲んだ日とかは飲酒運転になるので駐輪場に放置して、翌日歩いて駅まで行かなきゃいけないのがしんどいです。あと、自転車のタイヤの空気入れとかパンクしたときの修理とかも、全部面倒になってます。(女性/20代後半)
疲れるし汗で化粧が溶けるので最悪
困り顔の女性のアイコンパンプスで徒歩20分はキツいです。足は痛くなるし、会社に着くまでに疲れるし。とくに夏なんて、汗で化粧が溶けるので最悪です。次引っ越しするときは、絶対駅徒歩10分以内の物件を探します。(女性/20代前半)
飲んで帰ると帰宅が面倒
困り顔の男性のアイコン週末の飲み会のあとは、駅から自宅まで歩くのが面倒ですね。悪酔いしたときには1時間ぐらいかけないと家に着けなかったです。最近は駅前でタクシーに乗るようにしているので、地味に出費が痛いです。(男性/20代後半)
天気が悪いと自転車でもしんどい
困り顔の男性のアイコン雨とか風が強い日とか、天気が悪い日は自転車だとカッパを着なきゃいけないし、地獄です。しかもカッパを脱いだ後、かごに入れっぱなしにしておくと臭くなるし、かといって折りたたんで専用の袋にいれて持っていくのもめんどくさい。逆に歩いたほうが良いのかって思いましたけど、20分以上歩く体力もないです…(男性/20代前半)

駅徒歩20分のお部屋を選ぶときの注意点

駅徒歩20分は、最初にも記載したように「約1.6km」とかなり遠い距離です。

歩き慣れてない人が、家賃の安さだけで駅徒歩20分のお部屋を選んでしまうと、住んだ後に後悔するので以下の4つのことに気を付けましょう。

・内見時に駅から実際に歩いてみる
・駐輪場かバイク置き場があるか確認
・駅から物件までの間にスーパーがあるか確認
・近くのバス停の行き先を確認

内見時に駅から実際に歩いてみる

駅徒歩20分のお部屋を借りる予定の人は、内見の日に駅から物件までの道のりを実際に歩いてみましょう。

信号が長い場所があったり、坂道や人通りが多く歩きにくい場所があったりと直接確認できます。

また、本当に徒歩20分で着けるのか時間も計っておくと良いです。

駐輪場かバイク置き場があるか確認

駅から遠い場所でお部屋を借りる際は、住んでから自転車や原付バイクを購入する可能性があるので、利用できる駐輪場やバイク置き場があるか確認しておきましょう。

その際に無料で使えるのか、事前に管理会社に連絡して空きがあれば使えるのか、入居前に申請しなくてはいけないのかも不動産屋に聞いておいてください。

駅から物件までの間にスーパーがあるか確認

家に帰った後にわざわざ買い物に出たり、遠回りしてスーパーに行くのが面倒なので、帰宅途中にスーパーがあるか確認しておきましょう。

薬局やホームセンターもあるとかなり便利ですが、見つかりにくいのでスーパーの中に薬局が入っているようなお店を探してください。

お部屋探しの時に「駅前にスーパーがある場所が良い」とつたえれば、不動産屋スタッフが条件に合うエリアを探してくれます。

近くのバス停の行き先を確認

近くのバス停の行き先を確認しておきましょう。

大雨や台風などの悪天候の時は、徒歩20分も歩くのが大変なのでバス利用を視野に入れておくと良いです。最寄りの駅、もしくは乗り換え駅まで行くバスがあれば移動に便利です。

会社や学校近くまで直通で行けるバス路線がある場合は、バス通勤に切り替えても良いです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識