お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

独立洗面台とは?どんな人に必要?無いとどんな感じで不便なの?

独立洗面台がないと不便?のイメージイラスト

独立洗面台とは?メリットとデメリットってなに?という疑問を解決します!独立洗面台が必要な人の特徴、独立洗面台がないお部屋に住んだ人の体験談、独立洗面台の有無による家賃の違い、独立洗面台があるお部屋に住むべきかどうかも紹介します!

独立洗面台とは

独立洗面台
独立洗面台とは、浴室の中ではなく独立して設置された洗面台のことです。

トイレや浴室とは別になっているため、洗面台が水でびしょびしょにならないうえ、湯気で曇って鏡が見えないという事態を防げます。

また洗面台自体が広く、コンセントや収納スペースが付いており、ドライヤーや整髪剤などを出しっぱなしにできます。大きな鏡がついているので、身支度しやすく女性に人気の設備です。

ただし、独立洗面台がついているお部屋は、お部屋のグレードが高めになっていることが多く、人気があるため家賃が高めに設定されています。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

独立洗面台が必要な人の特徴

当てはまったら、必ず独立洗面台があるお部屋にすべきです。

2人以上で住む予定の人

同棲やルームシェアなどで2名以上で住む場合は、どちらかがお風呂に入っていると洗面台が使えなくなるため必要です。

朝の忙しい時間でも、自分のリズムでお風呂に入れない、鏡が見れず身支度できないなどで不便に感じます。

また、2人分の整髪剤や洗顔、歯ブラシなどのアメニティをすべて収納できるので便利です。

外見に気を使う人

女性や、夜の仕事の人(キャバ嬢やホスト)は、身だしなみを整えやすいので必要です。

化粧品やワックス、ヘアアイロンなども収納できますし、コンセントがあるので、ドライヤーも大きな鏡を見ながら使えます。

お金に余裕があるなら、家賃が高くなりますが、三面鏡タイプの独立洗面台のお部屋がおすすめです。

朝の時間にゆとりがない人

朝の時間がバタバタしがちな人は、パッと身支度ができる独立洗面台が必要です。

洗顔や歯磨きをする時にわざわざ靴下を脱いで浴室内に入らなくて済みます。

独立洗面台がない生活は不便

木目調な独立洗面台

独立洗面台がないお部屋に住んだ人が不便に感じた点をご紹介します。ご覧いただき「イヤだ」と感じたら、独立洗面台ありのお部屋を検討しましょう。

部屋の配線が邪魔すぎる
ドライヤーやアイロンとかをいつもたこ足で繋ぎっぱなしなので、配線が邪魔です。部屋が散らかって見えます。(20代後半/女性)
化粧品がいつも机の上
化粧品やコンタクトの洗浄液などを収納するスペースがないので、机に置きっぱなしです。(30代後半/女性)
二人暮らしだと不便
同棲している部屋が独立洗面台なしなので、彼がお風呂に入っていると洗面台が使えなくて不便です。身支度に時間かかるのが苦痛です。(20代後半/女性)
冬は足が濡れて寒い
浴室の洗面台だと、お風呂のあとに歯磨きしたいだけなのに足が濡れます。冬はかなり寒いです。(20代後半/男性)
カビが生えやすい
浴室の洗面台はカビが生えやすいのでこまめに掃除が必要。湿気がこもりやすいので換気扇をまわしてカビ予防しています。(30代後半/男性)

独立洗面台があると家賃が5,000円ほど高くなる

独立洗面台があるお部屋は、ないお部屋と比べて家賃が約5,000円ほど高いです。

不動産業者専用の物件情報サイト「ATBB」で、東京23区・駅徒歩10分以内・築15年以内の一人暮らし向けの間取りの平均家賃を調べました。

独立洗面台なし 約5.5万円
独立洗面台あり 約6.1万円

独立洗面台の有無で家賃が約5,000円も変わるので、少しでも費用を抑えたいと考える人は、独立洗面台つきのお部屋は諦めましょう。

独立洗面台が必要ない人の特徴

次に当てはまる人は、独立洗面台がなくても不便なく暮らすことができます。

朝お風呂に入る人

朝風呂派の人は、浴室内に洗面台があることで洗顔や歯磨きを入浴時に一気に済ませることができるメリットがあります。

ヘヤセットやメイクをしない人

ヘヤセットやメイクをせず鏡やコンセントが必要がない人は、独立洗面台が無くても支障はありません。

掃除をするのが面倒な人

浴室内に洗面台がある場合、入浴時や風呂掃除の時に一緒に洗面台を洗うことができます。

また、浴室のシャワーを使用して丸洗いできるというメリットもあります。

独立洗面台がない部屋で快適に生活する5つのコツ

姿見
独立洗面台はあれば便利ですが、工夫することで独立洗面台がなくても不自由なく生活することができます。快適に生活する5つのコツをご紹介します。

①大きな鏡を買う

鏡があれば室内であってもヘアセットやメイクができます。両手が使えるスタンド式の鏡や姿見がオススメです。

②風呂用の防水スリッパを使う

バススリッパを使うことで靴下を履いたままでも足が濡れることなく浴室内に入ることができます。

③壁掛けの収納アイテムを使う

浴室内に洗面台が設置されていると、どうしても小物を置くスペースが限られてしまいます。

吸盤タイプのラックなど壁面を有効活用することで場所を取らずに小物を収納することができます。

④換気をこまめにする

お風呂に入った後は窓をあけるか換気扇をつけて換気を心がけましょう。

カビの発生を防ぐだけではなく、床が早く乾くことで足が濡れる不快感がなくなります。

⑤お風呂とキッチン両方に歯ブラシを用意する

お風呂とキッチンにそれぞれ歯ブラシを用意しておくことで、歯磨きの時に足を濡らすことがなくなります。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識