仕送りなしの大学生は一人暮らし可能?奨学金を利用すべき?家賃はいくら?

部屋探しの知恵

早川

この記事の監修:早川
「イエプラ」営業担当

この記事の監修:早川
「イエプラ」営業担当

図書室で勉強する女子学生

仕送りなしの大学生は一人暮らしできるの?という疑問を解決します!仕送りなしの場合は奨学金を利用すべきか、国立大学と私立大学に通う大学生の毎月の生活費、どれくらいアルバイトすればよいのか、節約方法についても紹介します!

仕送りなしの大学生は一人暮らしをやっていけるの?

一人暮らしのお部屋
仕送りなしの大学生でも一人暮らしできますが、学費や家賃、毎月の生活費まですべて自分で払わなくてはいけないのでかなり大変です。

大学とバイトの両立はもちろん、炊事洗濯などもすべて行わなくてはいけません。友達と遊んだり、大学のサークルに顔を出す暇もないほど忙しい生活になります。

もし、少しでも親に甘えられるようであれば、毎月の仕送りはなくとも学費は負担してもらうか、後々返す前提で親から借りておくべきです。

そうしないと、毎月の生活費を支払えず、頑張って入学した大学を中退するハメになります。

私立の場合で仕送りなしなら奨学金は必須

私立大学の学費は、国立大学の学費より2倍以上かかるので、私立大学に通うなら奨学金が無いと親の仕送りなしでは生活できません。

独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)が行った調査をもとに、年間の学費を単純に12で割った場合の毎月の学費は以下の通りです。

この学費には、授業料以外の修学費、課外活動費、通学費も含まれています。また、学校や学部によって金額が違うので、あくまで目安として考えてください。

区分 月間の学費(年間÷12)
国立 約54,000円
私立 約113,000円

毎月11万円以上の学費を自腹で支払わなくてはいけないので、家賃や毎月の生活費のことを考えると、仕送りなしでの一人暮らしは現実的ではありません。

どうしても私立大学に通いたい場合は、奨学金を借りましょう。給付型+貸与型の奨学金を併用するか、貸与型のみで月に約8万円近く借りたほうが良いです。

ちなみに「給付型」は返済義務のない奨学金で、学生ローンと言われる「貸与型」は、大学卒業後にお金を返済しなくてはいけません。

奨学金あり+アルバイトで一人暮らしする場合

奨学金とアルバイト代で一人暮らしをしている人の毎月の生活費例を紹介します。

国立大学と私立大学の2つのパターンを紹介するので、どれだけ生活費に違いがあるのか確認してください。

ちなみに、JASSOの調べによると奨学金の平均借入額は月8万円で、大学4年間トータルで約400万円(利息込)になります。

国立大学に通う大学生の生活費例

収入合計:15万円
奨学金:8万円
アルバイト代:7万円
支出合計:約14.1万円
学費:5.4万円
家賃:6万円
食費:2.5万円
水道光熱費:0.8万円
飲み代・サークル代:1万円
娯楽費:1万円
スマホ・インターネット代:1万円
衣類・日用消耗品:1.3万円

奨学金ありで国立大学に通う場合は、時給990円以上の場所で平日毎日3~4時間バイトするか、平日3日3時間ほどで土日のどちらか半日バイトすれば、月7万円は稼げます。

月で換算すると60時間ほどのバイトで済みます。東京都内の居酒屋であれば、時給1000円ほどなので大学とアルバイトを両立しながらでも稼げます。

家賃は6万円ほどだと、そこまで生活は圧迫されません。設備や立地を重視したい場合は、最大でも7万円以内に収めましょう。

ただし、アルバイトの時間を増やすか、娯楽費や飲み代を少しでも削らないといけなくなります。

私立大学に通う大学生の生活費例

収入合計:20万円
奨学金:8万円
アルバイト代:12万円
支出合計:約20万円
学費:11.3万円
家賃:3.6万円
食費:2万円
水道光熱費:0.8万円
飲み代・サークル代:0万円
娯楽費:1万円
スマホ・インターネット代:0.8万円
衣類・日用消耗品:0.5万円

奨学金ありで私立大学に通う場合は、時給1,000円以上の場所で平日毎日4時間+休日合計で7時間バイトしないと、月12万円稼げません。

それでも、家賃や食費、サークル代やスマホ代などギリギリまで節約しなくてはいけません。

都内の家賃相場が安い「練馬区」や「足立区」「葛飾区」の学生向けアパートで、家賃4万円以下に抑える、1日3食すべて自炊するようにしましょう。

また、自分の時間はほぼバイトに取られてしまうので、サークル活動はできないうえ、友達ともあまり遊べないと考えてください。

アルバイトだけで一人暮らしする場合

履歴書

アルバイト代だけでどうにか一人暮らしをする大学生の毎月の生活費例を紹介します。

正直、現実ではないので、親の仕送りや奨学金なしでどうにか一人暮らしをしようと考えないほうが良いです。

国立大学に通う大学生の生活費例

収入合計:15万円
アルバイト代:15万円
支出合計:約14.8万円
学費:5.4万円
家賃:4万円
食費:2万円
水道光熱費:0.8万円
飲み代・サークル代:0万円
娯楽費:1万円
スマホ・インターネット代:0.8万円
衣類・日用消耗品:0.8万円

アルバイト代のみで生活する場合は、時給1,200円以上の場所で平日毎日4時間+土日どちらかで9時間以上働かないと、月15万円稼げません。

コンビニや飲食店の深夜勤でバイトすれば、時給25%UPするので、もう少しゆとりを持って毎月の生活費を稼げます。

ただし、家賃を4万円以下に抑える、まかない付きのバイト先にする、自炊して毎月の食費を2万円以下に収めるなど日々の節約が大切です。

休日のどちらかくらいしか自由時間がないので、サークル活動も友達と遊ぶことさえもできないような生活になります。

私立大学に通う大学生の生活費例

支出合計:約19.5万円
学費:11.3万円
家賃:3.5万円
食費:1.8万円
水道光熱費:0.7万円
飲み代・サークル代:0万円
娯楽費:1万円
スマホ・インターネット代:0.7万円
衣類・日用消耗品:0.5万円

私立大学に通うのに、アルバイト代のみで一人暮らしする予定の人は、今すぐやめるべきです。

大学に通いながら、月20万円を稼ぐためには風俗店で働くしかないうえ、とてもではないですが現実的ではありません。

家賃や食費、光熱費など限界まで削ってジリ貧生活をしたとしても、一人暮らしは難しいです。むしろ、栄養失調で倒れてしまいます。

生活費がいくら必要か計算してみよう

貯金箱と電卓とお金
大学生になって一人暮らしする予定がある人は、人暮らしを始める前に、自分の生活費がどれくらいになるのか計算してみましょう。

おおよそのアルバイト代や奨学金を入力することで、毎月どのくらい手元に残るのか、もしくは足りないからアルバイトを増やさなくてはいけないかがわかります。

1ヶ月のアルバイト代+奨学金
学費
家賃
(管理費・駐車場代含む)
食費
水道光熱費代
通信費
(スマホ代・ネット代)
飲み会代・デート代
衣類・日用品代
娯楽費
1ヶ月の生活費合計
収入-生活費

大学生で一人暮らしをするうちは、ほとんど貯金ができないと考えましょう。また、病気や怪我などの急な出費用に、少しだけでも予備費を確保しておくべきです。

仕送りなしで生活するための節約術

仕送りなしで一人暮らしするためには、日々の節約が大切です。以下で紹介する5つのことを意識して、生活費を抑えましょう。

コスパの良い食材で自炊をする

1日3食すべて自炊をすれば、月20,000円以内に食費を収めることも可能です。

小麦粉・キャベツ・卵だけで簡単にできるお好み焼きは1食約60円ほど、もやし・豆腐・鶏むね肉・味噌で作る味噌鍋は1食約120円ほどです。

コスパの良い食材例
もやし:1袋10~20円
豆腐:1パック20~30円
パスタ麺:1袋100~200円
納豆:3パックセット50~150円
鶏胸肉:100g70円
ひき肉:100g60円
キャベツ:半玉200円
じゃがいも:1個25~35円
人参:1個35~45円
たまご:1パック100~200円

また、業務用スーパーや夕方のタイムセールで食材を買えば、数十円ほど費用を抑えられます。日々の節約が大切なので、少しでも安いスーパーで食材を買いましょう。

外食するなら学食や格安チェーン店で食べる

自炊が苦手な人や、疲れて面倒に思う場合は、学食や格安チェーン店を利用すれば1食200~400円ほどで食べられます。

学食は、学費によって一部費用が控除されているので、安くてボリューム満点の食事が多いです。ほとんどワンコインで食べられます。

格安チェーン店だと、吉野家の牛丼並盛で380円、マクドナルドの安いセットで500円、サイゼリアのランチセットで500円ほどで済みます。

まかない付きのアルバイト先を選ぶ

まかない付きのアルバイト先を選べば、1食分の食費が浮きます。例えば、1食500円だとしても、20日アルバイトすれば約1万円もの食費を節約できます。

まかないがない場合でも、社割で格安でご飯を食べれるバイトを選べば食費を抑えられるのでおすすめです。

タップ式のコンセントにして使わない家電はオフにする

タップ式の延長コンセントにして、使用していない家電製品の電源をオフにするよう心がけましょう。

面倒かもしれませんが、寝ている間の7時間だけでも、テレビ・ブルーレイレコーダー・パソコン・ドライヤーなどの待機電力をなくすだけで年間1,500円ほどの節約になります。

エアコンの温度は一定にする

エアコンの温度設定と夏は26度、冬は20度で固定するだけで、電気代の節約になります。年間で、約15,000円近く節約できます。

エアコンは設定温度を1度変えるだけで、13%も電力の消費量が変わると言われています。どうしても温度を変えたい場合は、なるべく長時間同じ温度設定にしましょう。

格安SIMのスマホに変えるかプランを見直す

大手キャリアから格安SIMに変更すると、毎月4,000円ほどスマホ代を抑えられます。大手の携帯会社だと最低でも6,000円はかかりますが、格安SIMであれば2,000前後で利用できるからです。

格安SIMに変えなくても、契約中のプランを見直して、使っていない分の電話代やパケット代を削れば、1,000~2,000円の節約になります。

お部屋にWi-Fiを設置している場合は、帰宅したらWi-Fiを使うよう徹底すれば、パケット量を抑えたプランでも問題なくスマホが使えます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザに驚く女性のイラスト
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

探偵のイメージ写真
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

11月のイメージイラスト
年内に引っ越したいなら11月中には部屋を探しておくべき理由

 

綺麗な内装のお部屋
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

スマホを持っている手の写真
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

東京タワーがある風景
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

電卓と万力で圧縮されている小銭
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

家のアイコンを持っている手のイメージ
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

ソファでスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

書類を持って悩んでいる女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

綺麗な内装のお部屋
未公開物件はレインズにある?ネットに載っていない物件を探したい!

 

不動産屋と握手している写真
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき4つの理由

 

複数の不動産屋が相談している写真
複数の不動産屋を回るのはあり?良い不動産屋を見極めるポイントを大公開!

 

鍵のイメージ写真
家賃交渉で失敗しない人の4つのやり方を大公開!相場やタイミングは?

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly