お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

クローゼットと押入れの違いとは?向いている人の特徴や使い方を解説!

クローゼットの写真

クローゼットと押入れの違いって何?うまく収納するにはどうしたらいいの?といった疑問を解決していきます!

それぞれのメリット、収納方法を解説します!ぜひ参考にしてみてください!

クローゼットと押入れの違いとは?

クローゼットと押入れの違いは「収納スペースの広さ」と「使い方」です。

クローゼットと押入れのサイズ、用途の違いをまとめました。

クローゼットは衣類を収納するスペース

空のクローゼット

出典:https://www.haseko-sumai.com/

クローゼットは衣類の収納をするのに適しています。

奥行きが狭く衣類以外は収納しにくいです。

dinos」によると、クローゼットのサイズは一般的に高さ180~230㎝で45㎝と60㎝のものが多いです。

上の部分にパイプがついているところが多いので、ハンガーラックとして使用できます。

押入れは寝具や日用品を収納するスペース

空の押入れ

出典:https://meetsmore.com/

押入れは寝具や日用品を収納するのに適しています。

真ん中に仕切りがあり、上下に分かれています。通常上段には布団を収納。下段には普段使わない家具や衣類を収納します。

SUUMOの「押入れのサイズの基本」によると上段(約90~100㎝)、下段(約70~80㎝)の2段に分かれていて、内側の奥行きが約78㎝あります。

寝具や夏場のヒーターや冬場の扇風機など、収納しやすいです。

マル秘イエプラバナー

荷物が少ない人はクローゼットが良い

クローゼットは縦長の収納スペースで奥行がありません。そのため、荷物が少なく衣類だけ収納したい人におすすめです。

普段使わないような小物類や客人用の寝具、かさばるコートなどが少ない人向けです。

クローゼットのメリット

クローゼット特有のメリットは4つあります。

・衣類の出し入れがしやすい
・たたまないのでシワになりにくい
・スペースを有効活用しやすい
・カビが発生しにくい

クローゼットは奥行きがあまりないので、物の出し入れしやすいです。

上部に取り付けられているパイプにハンガーをかけて、上着やズボンなどををたたまずに収納できます。服をかけたら下にスペースが空くので小物、バックの収納ができます。

稀ににパイプがついていないクローゼットがありますが、仕切りのないところがほとんどでハンガーラックなど置くことで、自分好みにアレンジできます。

衣類を出し入れするときに開け閉めが多いため、カビが発生しにくいです。

荷物が多いなら押入れのほうが良い

押入れは横幅も奥行もあるので、荷物が多い人向けです。

季節によって使わないものや、必要になるまで片付けておきたい小物、寝具などなんでも収納できます。

収納ケースをそのまま押入れに設置したり、ミニラックを組み立てるなどアレンジの幅も広いです。

荷物が多いけどお部屋の中に出したくない、必要なもの以外は全て片付けておきたいという人におすすめです。

押入れのメリット

押入れ特有のメリットは「収納スペースの広さ」です。

奥行き(約80㎝)があり、荷物が多くても収納できます。私物が多くても、お部屋の中に荷物が散乱しにくいです。

上段(高さ約70㎝)と下段(高さ約90㎝)の2段に分かれているので、使い道が広いです。例えば、普段着るものは上段、着ないものは下段に分けられます。

また、軽くて取り出しやすいものは上段に、重たくてすぐに使わないものは下段の奥にしまうなど、整理しやすいです。

押入れは築年数の古い物件が多い

押入れは和室に造られているところがほとんどです。そのため、築年数の古い物件が多くなっています。

建物によっては耐久性が低く、隙間から風や虫が入ってくることがあります。

収納スペースの広さだけにとらわれず、内見の際に押入れの中を隅々まで確認しましょう。

反面、築年数が古い分家賃が安めなのも魅力の1つです。

クローゼットの使い方4選

クローゼットの使い方をまとめました。荷物が多く収納に困っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

衣類は上部にかける

服のかかったクローゼット

出典:https://www.chintai.net

衣類を上部にかけることで、上着やズボンにシワをつくらずに収納できます。同じ丈の服、似た色の服でそろえると、スッキリした見た目になります。

突っ張り棒を使って2段に分ける

クローゼットの中に突っ張り棒

出典:https://limia.jp/idea/227588/

突っ張り棒は収納のスペース確保に便利です。

上部だけだとハンガーをかけるスペースが、足りなくなりがちです。

つっぱり棒を使うことによって、ハンガーをかけられるスペースが増えます。

下部のスペースに収納ボックスを敷き詰める

クローゼットの中に収納ボックス

出典:https://www.bellemaison.jp/

下部のスペースに収納ボックスを敷き詰めると、収納スペースが確保できます。

重量のある荷物、カバンや小物類の収納しやすくなります。

ホルダーなど吊り下げ収納で工夫する

クローゼット吊り下げ収納

出典:https://item.rakuten.co.jp/

吊り下げ収納ではシャツ、靴下、帽子など収納しやすいです。人によっては時計やアクセサリー、雑貨などのハンガーに、かけれないものも収納できます。

季節のアイテムをまとめて収納することで、衣替えが楽にできます。見た目もコンパクトになり、シャツをきれい畳んでしまいたい方におすすめです。

押入れの使い方4選

押入れの使い方をまとめてみました。

スペースが広すぎて収納方法に困ってる人はぜひ参考にしてください。

衣類やよく使うものは上部に置く

押入れ服収納

出典:https://shop1.efcreations.net/

衣類やよく使うものを上部に置くと物の出し入れがしやすくなっています。

押入れの上部は目につきやすいです。

広い奥行きがあるので使用頻度でわけて収納することが、スペースを有効活用するコツです。

収納ボックスやラックでスペースを区切る

押入れの中にハンガーラック

出典:https://roomclip.jp/photo/c2t2

収納ボックスやラックでスペースを区切り、無駄のない収納スペースが確保できます。

押入れは上段下段にしか分けられていないです。なので、衣類や雑貨を収納するにはスペースが広すぎます。

なので収納ボックスやハンガーラックで、仕切るのがおすすめです。

例えば、上段にハンガーラックをおいて上着やズボンをかけます。下に余ったスペースにトレイやかごを置きをシャツ、カバンやアクセサリーを収納しやすくなります。

頻繁に使わないものをまとめていれる

押入れ奥行き収納

出典:https://woman.mynavi.jp/

頻繁に使わないものはまとめてしまってておくといいです。

手前側に使用頻度の高いものを収納して、奥に使用頻度の少ないものをまとめてしまっておきましょう。季節の衣替えに出し入れをしやすくするためです。

布団をしまう際は、カビ対策としてすのこを敷くのがおすすめです。

デスクとして活用する

押入れをデスクに

出典:https://www.goodrooms.jp/journal/

押入れはアレンジすることで、デスクとして活用することができます。

押入れのサイズは一般的に下段が約70センチといわれています。これはオフィスデスクと同じくらいの高さになります。

扉を外して椅子を置けばデスクとして使うことができます。

下にフローリングマットを敷くだけでおしゃれに見えます。湿気が気になるなら、徐温材などを置くといいです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESで見つからない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える更新が早い物件情報サイトを、みなさんが無料で見れるように手配してくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す


follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について