お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

今すぐ引っ越したい!アパートに住んで1ヶ月で退去は可能?違約金はかかる?

今すぐ引っ越したい女の子のイメージイラスト

入居したばかりのアパートは1ヶ月で退去できるの?という疑問を解決します!

どうすれば1ヶ月で退去できるか、みんなが短期間で退去した理由は何か、退去するまでの簡単な流れを紹介します。

次の新居に引っ越すまでに必要な費用や、出費を安く抑えて引っ越す方法、即入居可能なお部屋についても解説します。

入居して1ヶ月で退去できるの?

賃貸契約を済ませた直後のアパートでも、違約金を支払えば1ヶ月で退去できます。

賃貸契約は2年契約という縛りのお部屋が大半で、2年ごとに契約を更新するか退去するかを決める形になります。

ただし、事情によって入居から2年未満で退去しない場合は、違約金を支払えば退去できる旨が契約書に明記されています。

違約金の相場は家賃1ヶ月分ですが、お部屋によっては家賃2~3ヶ月分を請求するところもあります。契約書に必ず記載されているので、確認しておきましょう。

もしも契約書を無くしたり捨てたりした場合は、不動産屋に問い合わせればコピーをもらえます。

原則として解約予告期間を守らないといけない

原則として、契約書に記載されている「解約予告期間」通りに退去連絡しなくてはいけません。

解約予告期間とは、退去連絡から退去日までに必要な期間です。基本的に「退去の1ヶ月~2ヶ月前まで」に解約予告するよう定められています。

緊急性の高い事情の場合は、不動産屋に説明することで考慮される場合があります。退去を決めたら、1度不動産屋に連絡してください。

1ヶ月で退去の場合の退去費用はいくら?

退去費用は「お部屋を住む前の状態に限りなく近づける」ための修繕費・原状回復費用です。

1ヶ月で退去の場合は、ほぼ綺麗な状態のままのなので、お部屋のクリーニング費用2~4万円ほどで済みます。

敷金を払っている場合は、敷金の範囲でまかなえるので違約金のみの支払いになります。

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

短期間で退去する理由とは?

実際に入居して、1ヶ月程度で引っ越した人に理由を聞いてみました。体験談とともに紹介します。

隣人の騒音がうるさすぎた
困り顔の女性のアイコン住んでみたら壁の薄い物件だったのか、隣人の騒音がうるさくて耐えられず引っ越しました。何回か管理会社に連絡したけれど、真夜中のどんちゃん騒ぎは毎日続きました。なかなか眠れず不眠症になり、仕事も休みがちになってしまい、私の日常生活に支障をきたすので、引っ越すことにしました。(20代前半/女性)
大嫌いな虫がいっぱい出る
困り顔の女性のアイコンほぼ毎日、排水溝からゴキブリが出てきたので気持ち悪くて引っ越しました。あとムカデや、よくわからない虫が出るので、毎日泣きながら退治していました…。悲鳴で隣人がらクレームが入ったこともあります。死ぬほど虫が大嫌いなので、即退去を決めました。(20代前半/女性)
恋人との同棲を解消した
困り顔の男性のアイコン恋人との同棲を解消したので、1ヶ月半ほどで引っ越しました。僕も元カノも、そのまま残りたくないってことで、申し訳ないけど退去連絡をしましたね。とにかくお金がかかるので、同棲は慎重になったほうがいいです…。(男性/20代後半)
思っていたよりも部屋が狭かった
困り顔の女性のアイコン条件に合った物件があったのですが、仕事が忙しくて内見をしている暇がなかったので、内見せずに引っ越したら狭すぎてびっくりしました。今ある自分の物を最小限に減らしたとしても、スペースがないので引っ越しを決意しました。やっぱり内見は、ちゃんとするべきですね。(女性/20代後半)
住んでみたら欠陥住宅だった
困り顔の男性のアイコン内見のときは全く気付かなかったのですが、住んでみたら床が斜めになっている欠陥住宅でした。試しに床にビー玉を置いてみたらコロコロ転がっていきました。家賃が安いという理由で、少し古いアパートを選んだのが間違いでした。(20代前半/男性)
転勤族で仕方なく
困り顔の男性のアイコン転勤族なので、仕事の都合でどうしても引っ越さなければならなかった。いくら転勤族とはいえ、半月で引っ越すことになったのは初めて。なかなか良い街、良い物件だっただけに、引っ越すことになってしまったのが残念。(30代前半/男性)

退去するまでの簡単な流れ

退去するまでの簡単な流れを紹介します。

通常、退去予定日の1ヶ月前に退去連絡をしなければいけないので、1ヶ月の大雑把なスケジュールを組んでみました。

退去するまでの約1ヶ月のスケジュール例

①退去連絡
②新居探し
③入居申込~賃貸契約
④転出届の提出(市区町村郡が変わる場合)
⑤引っ越し作業・原状回復
⑥ライフラインの手続き
⑦退去立会い・鍵の返却

新居がすぐに見つかって審査が通った場合は、早くて2週間ほどで退去できる場合があります。

ただし、退去予定日はなかなか前倒しできないため、退去連絡時にきちんと不動産屋に相談しておきましょう。

次の新居に引っ越すまでに必要な費用

次の新居に引っ越すまでに必要な費用目安は以下の通りです。

賃貸の初期費用 家賃4.5~5ヶ月分
引っ越し費用 約5万円
家具家電購入費 約3万円

すでに家具家電を購入している場合が多いので、初めて一人暮らしするときよりは家具家電購入費が半分以下に抑えられます。

新居の家賃が6万円ならトータルで約35~38万円、家賃が8万円なら約44~約48万円が目安となります。

できるだけ家賃が安いお部屋を探すべき

初期費用は家賃を元に計算されるため、できるだけ家賃が安いお部屋を探すべきです。

どこに住むべきか、家賃が安くても住みやすいお部屋はどんな感じなのか気になる人は、ネット上の不動産屋「イエプラ」に相談してみましょう。

スマホがあればチャットやLINEですぐに相談できるので、カップル一緒にお家でゆっくりお部屋探しができます。来店不要なので、周りの目を気にすることもありません。

SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件を紹介してくれるので、物件の選択肢が広く、快適な一人暮らしが送れるお部屋を選べます!

イエプラはこちらから

なるべく出費を安く抑えて引っ越す方法

違約金と引っ越し費用で出費がかかり、あまりお金をかけられない!という人に、できるだけ安く引っ越す方法をにまとめました。

賃貸の初期費用を抑える方法

・礼金不要のお部屋にする
・仲介手数料が安い不動産屋を選ぶ
・保証人のみで契約できるお部屋にする
・フリーレント物件を選ぶ

礼金不要・仲介手数料が半額~無料・連帯保証人のお部屋や不動産屋を選べば、最大で家賃3ヶ月分ほどの費用を抑えられます。

また、大家さんが決めた一定期間の家賃がタダになる「フリーレント付き物件」であれば、住んでいたお部屋と新居の二重家賃を抑えられるうえ、日割り家賃が不要です。

引っ越し費用を抑える方法

・複数の業者に見積もりをもらって比べる
・引越し単身パックを利用する
・フリー便を利用する
・レンタカーを借りて自分で引っ越しする

複数の業者に見積もりをもらって、安いところを選びましょう。もしくは、他の業者はこのくらいだったけど安くできないか交渉してみるのも良いです。

荷物が少ない人は、コンテナに乗る分だけ一定料金で運んでくれる「引っ越し単身パック」がおすすめです。ただし、1月~3月以外は対応していない業者もあります。

引っ越す距離が近い、友人が手伝ってくれるという人は、レンタカーを借りて自分で引っ越すのもアリです。レンタカー代とガソリン代のみで済みます。

費用を抑えるなら一括見積で比較すべき

引越し費用は1社のみに絞るよりも、複数の業者から見積もりをもらって比較したほうが費用を抑えられます。

その理由は、引越し費用には定価がないこととオプションが追加されているからです。

業者によっては料金が倍以上も変わるので、一括見積もりサイトを利用してたくさん見積もりを集めましょう。

特に「引越し侍」は一括見積もりサイトの中でも提携業者数が多いのでおすすめです。2020年10月現在で約310社と提携しています。

↓費用を安く抑えたいなら引っ越し侍↓

家具家電購入費はほぼかからない

家具家電は、すでに新居で揃えたものをそのまま持っていきましょう。

ただし、カーテンや洗濯機はサイズが合わないことがあるので、場合によっては買い替えなければいけません。

急な引っ越すは「即入居可能」なお部屋から探す

「即入居可能」のお部屋でないと、審査が通ったあとすぐに入居できません。

賃貸物件は、大きく分けて「すでに空室で、即入居可能の物件」と「まだ人が住んでいるが、退去が予定されている物件」の2つがあります。後者の「退去が予定されている物件」には、すぐに引っ越すことができません。

ただし「即入居可能=即日入居できる」というのは、申し込んだその日に入居できるわけはありません。入居するには、入居審査や契約などの手続きがあるので、最短でも申し込んでから1週間ほどかかります。

▶即入居可の物件の特徴はこちら

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識