お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

賃貸物件が安い時期はいつ?閑散期に引っ越しするメリット・デメリットを紹介!

賃貸物件が安い時期のイメージイラスト

賃貸物件が安い時期はいつ?という疑問を解決します!初期費用と引っ越し費用が安い時期一覧や、閑散期に引っ越しするメリット・デメリットも合わせて紹介します!

賃貸が安い時期は6~8月

散乱するカレンダー
賃貸物件の費用が1番安い時期は6~8月です。

不動産業界の繁忙期である1月~3月に入居者が見つからず、そのまま空室になっている物件が多いからです。賃貸物件は5月のGW明けから、安くなりだす傾向にあります。

6月に入っても空室の物件は、次の繁忙期である1~3月まで入居者が決まらない可能性があるため、大家さんが焦って値下げをすることが増えてきます。

そのため、同じ物件であっても、家賃や礼金などを値下げして募集されることがあります。

賃貸の高い安い早見表

賃貸物件の初期費用が高くなる時期、安くなる時期を一覧にしてみました。引っ越し業者の料金が安くなる時期も合わせて記載しています。

賃貸物件の初期費用 引っ越し費用
1月 高い 普通
2月 高い 普通
3月 高い 高い
4月 普通 高い
5月 安い 普通
6月 安い 安い
7月 安い 普通
8月 安い 普通
9月 普通 普通
10月 普通 高い
11月 普通 安い
12月 普通 普通

上記の一覧で分かるように、賃貸物件の費用・引っ越し業者費用ともに1番安くなる時期は「6月」です。

9月~10月も不動産屋の閑散期と言われますが、企業の人事異動時期と重なるため、6~8月ほど安くなりません。逆に、人事異動シーズンが落ち着いた11月上旬が狙い目です。

11月中旬~12月は、次の不動産屋繁忙期にむけての準備期間に入るので、4月・5月より費用が高く設定されていることが多いです。

ちなみに、賃貸物件の費用が高い1~3月は、引っ越しする人も物件数も1番多い時期です。

6月~8月のほうが引越し費用も安くなる

不動産屋の閑散期に合わせるように、引っ越し業者にかかる費用も安くなることが多いです。1~3月の繁忙期より、6~8月の閑散期のほうが2~3万円も費用が抑えられます。

以下、距離ごとに大体の費用の相場をまとめました。ちなみに東京⇔大阪が約500kmです。

6~8月 1~3月
200km未満 ~約50,000円 ~約80,000円
500km未満 ~約60,000円 ~約90,000円
500km以上 約75,000円~ 約100,000円~

閑散期の中でも「6月」と「11月」は、引っ越し業者の費用が安い傾向にあります。

6月は閑散期なうえ梅雨で引っ越しする人が少なからです。11月は人事異動が落ち着いた時期で、転居を考えている人は年が明けてからの引っ越しスケジュールを立てることが多いからです。

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

安い時期に引っ越すメリット

引っ越しする人
賃貸物件の費用が安い時期に引っ越しするメリットは4つあります。

ライバルが少なくじっくりお部屋が探せる

費用が安い閑散期は、引っ越しする人が少ないため、ゆっくり時間をかけてお部屋を探せます。

基本的にお部屋は申し込みが早い物順に埋まっていくため、繁忙期は時間との勝負です。逆に閑散期は、時間をかけてお部屋を探せる分、納得のいくお部屋に出会える可能性が高いです。

不動産屋の対応が丁寧になりやすい

他のお客さんがいない分、不動産屋の対応が丁寧になりやすいです。

一人ひとりに割ける時間が多くなるので、繁忙期よりかなり親身になって接客してもらえます。多少ワガママを言っても、キチンとお部屋を探してもらえる可能性が高いです。

初期費用や家賃を交渉しやすい

閑散期は、費用が安くなるだけではなく、初期費用や家賃の交渉もしやすいです。

冒頭でも触れましたが、6~8月の閑散期に入居者が入らなかったお部屋は、年中空室の可能性が出てくるため、大家さんの収入が減ります。

そのため、少しでも交渉に応じて入居してもらおうと考える大家さんが多いため、交渉がしやすい時期でもあります。

フリーレントを付けてくれる場合がある

フリーレントが無い物件でも、交渉次第で一定期間家賃がタダになるフリーレントを付けてもらえることがあります。

家賃を値下げするとほかの入居者から「自分も下げてほしい」と言われる可能性があるため、トラブルを避けるためにもフリーレントのほうが交渉してもらいやすいです。

安い時期に引っ越すデメリット

費用が安い時期に引っ越しするデメリットを3つ紹介します。費用以外の部分でこだわりたい人にとっては、デメリットが多いと感じるかもしれません。

選べる物件数が少ない

費用が安い時期は、閑散期のため空室になっている物件数が少なく、探しにくいと感じるかもしれません。

たくさんのお部屋を見比べたい人や、こだわりをもって探したい人は選り好みできない可能性があります。

人気が高い物件はほぼ埋まっている

駅近、新築や築浅、風呂トイレ別など、人気が高い物件はほぼ埋まっていて選り好みできません。

根気よく探せば見つかる可能性はありますが、時間や手間がかかります。

家具家電のお得なセットがない

1~3月は新生活応援キャンペーンなどという名目で、洗濯機・冷蔵庫・電子レンジなどがセットになっていますが、6~8月はお得なセットがないのでバラバラで購入しなくてはいけません。

実家や現在住んでいるお部屋から家具家電を持っていく人は、購入費を抑えられますが、新しく一式を購入する場合は10万円ほどは必要です。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識