お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

【賃貸】台風の被害は入居者の負担?対応と予防策を解説!

台風の中の男性

賃貸物件で台風の被害があったら入居者が補修費用を負担するの?修繕費用の負担義務が誰にあるのかを事例をあげて分かりやすく解説したので、参考にしてください!また、被害にあってしまったときの対応と予防策も紹介します!

台風の被害による賃貸物件の補修費用は入居者が負担するべきなの?

剥がれ落ちた壁

台風の被害で、入居者が補修費用を負担する義務があるのは故意や過失があったときです。

故意や過失がないならば、家具や家電(家財道具)については火災保険、室内の床、壁や窓ガラスの被害については大家さんの負担となるのが一般的です。

入居者の故意や過失とは、台風がくると分かっていたが、十分な対策をしていなかったり、規則を守らなかったことが原因で被害が発生した場合のことをいいます。

入居者が費用を負担するケース

入居者が補修費用を負担するのは、故意や過失が原因による被害です。家財道具の買い替えや修理にかかる費用だけでなく、室内の床、壁や窓ガラスの補修費用なども含みます。

例えば、台風が近づいていることが分かっていたにも関わらず、窓を開けっ放しにしていて、家財道具や壁紙が汚れてしまったケースです。

火災保険に加入していても、故意や過失があると保険が下りない可能性があります。

火災保険が適用されるケース

火災保険が適用されるのは、入居者に故意や過失がないときの、家財道具の補修費用です。

台風の影響による風災で家財道具が破損したケースで、買い替えや補修にかかった費用の全額か、一部を補てんしてもらえます。ただし、保険会社や、契約内容によって対応は異なります。

また、台風によって怪我を負った場合にも保険で費用が出ることがあるので、必ず確認しましょう。外に置いてある自転車の破損も、保険の対象となる可能性があります。

大家さんが費用を負担するケース

大家さんが費用を負担するのは、建物全体の設備の被害や窓ガラスの破損、室内の壁紙や床の被害を負担するのが一般的です。

例えば、入居者が台風に備えて窓を閉めていたが、強風によって飛んだきた石でガラスが割れ、床に大きな傷がついてしまったような場合です。

以前から、入居者が天井の水漏れの補修するよう依頼していたにも関わらず、対応が遅れ、台風で被害を受けてしまった場合なども大家さんや管理会社の責任となります。

▶火災保険の詳しい解説はこちら

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

被害に遭ったときはどうすればいいの?

台風による被害を受けてしまった際は、早めに保険会社と管理会社への報告が必要です。被害発生時に報告しなかった場合、退去時に補修費用を敷金から差し引かれる可能性があります。

また、費用負担のトラブルを避けるために被害の記録と、状況を細かく報告することが大切です。被害状況は写真として記録しておいたほうが良いでしょう。

保険会社と管理会社に連絡する

保険会社へは、被害発生の報告と状況を細かく伝えます。連絡の際には「保険証券番号」が必要なので、事前に確認しておくか、保険会社へ問い合わせて教えてもらいましょう。

管理会社には、被害を伝えて、現地を確認してもらいましょう。トラブルを避けるためにもオーナーへ直接連絡することは避け、管理会社へ間に入ってもらうことをおすすめします。

被害状況を記録しておく

被害状況を写真で記録する際には、以下の箇所を鮮明に撮影しておきましょう。

・被害を受けた家具や家電の全体写真
・窓や壁紙など損傷状況が確認できる写真

写真の記録がないと、保険会社やオーナーが負担してくれる割合が変わる可能性があります。

台風が来る前には何をすればいいの?

割れた窓ガラス
台風が来る前には、被害を受けないための予防策を講じることが大切です。賃貸物件でもすぐにできる予防策をいくつか紹介します。

雨戸やシャッターを閉める

雨戸やシャッターを閉めて、ガラスが割れるのを予防しましょう。雨戸やシャッターが付いていない物件ではネットショップや100均で防犯フィルムを購入して、被害の拡大を防ぎましょう。

雨戸やシャッターが付いている物件で閉めないことは、入居者の故意や過失に該当してしまう可能性があります。

ベランダや庭に物を置かないようにする

ベランダや庭には物を置かないようにしてください。置物、鉢植え、物干し、掃除用具など、風で飛ばされやすいものは窓ガラスを割ってしまう可能性があります。

また、アンテナや植木など、室内へ移動させることができないものは、ロープやネットを使って飛ばされないように固定しておきましょう。

日ごろから建物の状況を確認しておく

日ごろから、建物の外壁や天井部分のひび割れを発見したら、管理会社に報告すべきです。

台風が来た際に、ひび割れから雨水がしみ込み、雨漏りがしたり、カビが発生したりする可能性があります。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識