お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

Casa(カーサ)の審査はゆるい?審査日数や通過するコツを大公開!【保証会社】

Casa(カーサ)の審査は甘い?のイメージイラスト

家賃の保証会社「Casa(カーサ)」の入居審査ってゆるいの?何を見られるの?という疑問を解消します!

審査に落ちる人の特徴や通過するためのコツ、更にはかかる日数までご紹介します。

「Casaの審査があるけど、ちゃんと通るか不安」という人はぜひ参考にしてください!

この記事は、宅地建物取引士で現役の賃貸営業をしている豊田さんに監修して頂きました。

監修 豊田 明
不動産屋「家AGENT」の営業マン
宅地建物取引士

賃貸の仲介会社「家AGENT」の現役の営業マン。宅地建物取引士の資格を取得している。営業マンとしての経験と専門知識を活かして、お部屋探しや入居審査についての不安や疑問を解決しています。

Casaの審査はかなりゆるい

Casaの入居審査は、他の保証会社に比べてかなりゆるいです。

クレジットカードの滞納歴などの「個人信用情報」と、他社での「家賃滞納歴」をチェックしないからです。ブラックリストの人や自己破産歴のある人でも問題なく審査に通ります。

また、無職やフリーランスなど、収入が不安定な人も審査に通りやすいと言われています。

保証会社の中でも審査難易度は低め

保証会社は「信販系」「LICC系」「LGO系」「独立系」の4種類に分けられます。

Casaは、その中でも比較的審査難易度が低い「LGO系」の保証会社です。

保証会社の種類による審査難易度の表

「LGO系」とは、保証会社の業界組織「賃貸保証機構(LGO)」に加盟している保証会社のことです。

LGO系の保証会社は、家賃滞納歴などの情報を共有していません。そのため、過去に家賃を滞納したことがあっても問題ありません。

審査にかかる日数は約2~3日

Casaの審査は、スムーズに進めば約2~3日で結果がでます。

必要書類を全て揃えて提出し、Casaからの電話連絡にすぐ出ればスムーズに進みます。確認の電話に出ずに無視し続けると、審査が遅れるので注意です。

連絡が遅くて心配なら、申し込みした不動産屋に連絡してみましょう。書類に不備があったりや本人確認の連絡が取れないと、審査が一時的に止まります。

マル秘イエプラバナー

Casaの主な審査基準

Casaの審査では、以下の4つの項目をチェックされます。

・Casaでの過去の家賃滞納歴
・年収
・職業
・預金残高

具体的にどうチェックされるのか、詳しく解説します。

Casaでの過去の家賃滞納歴

Casaは、申込者の過去の利用履歴と家賃滞納歴をチェックしています。

家賃滞納歴がある人は「入居後も家賃を滞納する恐れがある」と見なされ、審査に落ちます。

心当たりがある人は、他の保証会社を紹介してもらった方がいいです。

年収

Casaは申込者の年収もチェックしています。家賃を毎月払う余裕があるかどうか判断するためです。

入居審査に通るには、家賃の約36倍の年収が必要だと言われています。

以下は、家賃額ごとに必要な月収と年収の目安です。申し込んだ物件は収入に見合っているかどうか、今一度確認しましょう。

年収の目安 月収の目安
家賃5万円 180万円以上 15万円以上
家賃6万円 216万円以上 18万円以上
家賃7万円 252万円以上 21万円以上
家賃8万円 288万円以上 24万円以上
家賃9万円 324万円以上 27万円以上
家賃10万円 360万円以上 30万円以上
家賃11万円 396万円以上 33万円以上
家賃12万円 432万円以上 36万円以上

収入が表の金額以下だと「毎月の家賃を払う余裕がない」と判断され、審査に落ちる可能性が高いです。

新築や築浅の物件の場合は入居審査の難易度が高くなり、これ以上の年収を求められます。

▶審査に通るために必要な年収の詳細はこちら

職業

Casaは、申込者の職業をチェックします。安定して家賃を払い続けられるかどうか判断するためです。

特にフリーターやフリーランスなど、収入が不安定な人は審査に落ちる可能性が高いです。

しかし、通帳のコピーなどで安定した収入・貯金額が証明できれば、審査に通過する確率が上がります。

預金残高

無職の人や年金受給者などは、預金残高が分かる書類の提出を求められることがあります。職が無くても、家賃を払えるだけの貯金があるか見るためです。

もしも貯金がまったくない人は、審査に落ちる可能性が高いです。申込み前にできるだけ貯金しておきましょう。

審査が不安なら不動産屋に相談するべき

自分自身の情報を正直にすべて伝え、不動産屋を味方につけることが、入居審査に落ちないためには必要です。

不動産屋は「絶対に審査に通す」ことはできませんが、審査に落ちにくい方法を提案する協力ができます。

入居審査に落ちた経験があったり、審査に不安な内容がある方は、チャット不動産屋のイエプラがおすすめです。

イエプラは、審査が不安な人に丁寧に対応し、多くの人の審査を通してきた実績があります。

・滞納歴がある
・職業的に入居審査が不安
・希望の部屋の家賃が高めで不安

といった人も、審査に通りたいならぜひ相談してみてください!

イエプラボタンバナー

Casaの審査に落ちやすい人の特徴

Casaの審査に落ちた人によく見られる特徴をまとめました。自分に当てはまるものがある場合、何らかの対策をするべきです。

・年収が家賃に見合っていない
・Casaで過去に家賃を滞納していた
・勤務先や雇用形態が安定していない
・本人確認の電話に出ない
・申込書の内容が不十分
・申込書に虚偽の記載がある

年収が家賃に見合っていない

年収に対して家賃が高すぎると「家賃を払う能力がない」と見なされて審査に落ちます。

審査に通過するためには、家賃の約36倍の年収が必要とされています。

申込む前に、自分の年収と家賃を改めて見比べてみましょう。もし年収に見合っていなければ、他の物件を検討した方が良いです。

Casaで過去に家賃を滞納していた

過去にCasaで家賃を滞納したことがある人は、確実に審査に落ちます。

更新料を払わないなどの支払いトラブルを起こした人も同様です。

しかし、Casa以外の他社で家賃を滞納しても問題ありません。他社での滞納歴はチェックされないため、審査に影響はありません。

勤務先や雇用形態が安定していない

起業して間もない個人事業主やフリーターなど、勤務先や雇用形態が安定していない人は審査に落ちやすいです。

しかし、通帳のコピーなど安定した収入がある証明ができる書類を提出すれば、審査に通過する確率が上がります。

審査に通過するか不安な人は、一度不動産屋に相談してみましょう。

本人確認の電話に出ない

電話がつながらないイラスト
場合によっては、申込内容の確認のために申込者や緊急連絡先へ電話連絡が入ります。

電話に出ず、折り返さないまま放置していると、審査に落ちてしまいます。

緊急連絡先にも電話があるかもしれないことを伝え、必ず対応できるようにしましょう。

申込書の内容が不十分

申込書の必要項目に漏れがあると、審査に落ちる原因になります。

特に、生年月日や緊急連絡先は重要な項目です。欠けていると、そもそも審査を開始してくれません。

必要な内容は事前に確認しておくなどして、漏れが無いようにしましょう。

申込書に虚偽の記載がある

無職なのに会社員であると偽る、年収を実際よりも多い金額で書くなど、申込書に嘘の内容を記入すると審査に落ちる可能性があります。

入居申込書には「虚偽の記載をした場合、賃貸借契約を解除されても異議を唱えない」といった主旨の文言が書かれているのが通常です。

入居申込書には正しい情報を記入しましょう。

Casaの審査に通りやすくなるコツ

スムーズに審査を進め、通過するためにはコツがあります。以下で詳しく紹介するので、できるものがあれば実践してみましょう。

・通帳のコピーを提出する
・必要書類を全て揃えて提出する
・申込確認の電話に必ず出る
・申込書に虚偽の記入をしない

通帳のコピーを提出する

自分の収入が低い・職業が不安定な人は、通帳のコピーなど収入や貯金額を証明できるものを提出しましょう。

無職の人や自営業の人は、Casa側から提出を求められる場合があります。

職業が安定していなくても、家賃を払うのに十分な収入があることを証明できれば、審査に通ります。

不安要素がある人は、とりあえず通帳のコピーを不動産屋に渡しましょう。

必要書類を全て揃えて提出する

必要書類を不備なく全て提出すれば、審査がスムーズに進みます。

Casaの審査に必要な書類は以下の通りです。

・保証委託申込書
・本人確認書類
・商業登記簿謄本(法人契約の場合)

申込書は不動産屋が用意してくれます。必要項目に全て記入した上で提出しましょう。

「緊急連絡先の生年月日」など、分からない部分があれば確認が必要です。

なお、本人確認書類として社会保険証を提出すると、勤務先への在籍確認が省略できます。

追加の書類提出が必要な場合がある

申込者の状況によっては、追加の書類提出が必要な場合があります。

追加の書類がある人は以下のような人です。

【自営業】確定申告書or預貯金通帳or課税証明書
【年金受給者】年金受給所
【生活保護受給者】受給証明書or決定通知書
【無職】通帳のコピー
【未成年】親権者同意書
【学生】学生証or合格通知書or入学通知書

例えば学生は、学生証や合格通知書など「学生であること」が証明できる書類が必要です。

書類に不備があると審査が進みません。自分の今の状況を不動産屋に説明し、何が必要なのか事前に確認しましょう。

申込確認の電話に必ず出る

電話をしている人のイラスト
Casaから電話がかかってきたら必ず出ましょう。申込者の状況によって、申込内容の確認のために電話がかかってくる場合があります。

場合によっては勤務先や緊急連絡先にも電話が来ることもあります。

Casaからの連絡を放置していると「連絡がつきづらい人」と判断され、審査に落ちます。

忙しくて電話に出る暇がない場合は、不動産屋に電話に出れる時間帯をあらかじめ伝えておきましょう。

申込書に虚偽の記入をしない

申込書には正しい情報のみ記入しましょう。申込書に虚偽の内容を記入した場合、入居審査に落ちやすくなります。

年収や勤務先、雇用形などは、申し込み時に提出する収入証明書や健康保険証からバレます。絶対に虚偽申告はやめましょう。

Casaの審査に落ちてしまった際の対処法

審査に落ちても、Casaと不動産屋は落ちた原因について教えてくれません。

次に申込む際は問題なく通過できるよう、3つの対処法を紹介します。審査に落ちた場合は参考にしてください。

・収入が安定している親族に契約してもらう
・保証会社を変えて再審査を依頼する
・他に審査が通りやすい物件を紹介してもらう

収入が安定している親族に契約してもらう

審査に落ちたら、まずは収入の安定している保護者や兄弟などに、代理で契約してもらないか聞いてみましょう。

1度審査に落ちた人が、同じ名義で同一物件に再度申込むことはできません。しかし、親族であれば再チャレンジできます。

代理契約にしたらスムーズに審査に通ったという例はよくあります。

なお、保護者が年金生活者の場合、兄弟に頼んだ方が良いです。

保証会社を変えて申込む

申し込む保証会社を変えるイメージイラスト
代理契約でもダメなら、他の保証会社を利用して再チャレンジしましょう。

Casa以外の保証会社であれば、同じ名義で同一物件に再度申し込めます。

しかし、クレジットカードの滞納歴がある人は「信販系」の保証会社は避けましょう。信販系は個人の信用情報をチェックするため、高確率で審査に落ちます。

不安な人は、不動産屋に相談して審査に通りやすい保証会社が無いか尋ねましょう。店舗によっては、様々な種類の保証会社を用意している場合があります。

他に審査が通りやすい物件を紹介してもらう

契約者や保証会社を変えても審査に通らない場合、諦めて別の物件に申し込みましょう。

ある物件では審査に通らなくても、別の物件では審査に通ったということはよくあります。

不動産屋に頼って、審査に通る可能性が高い物件を紹介してもらいましょう。

Casaの保証料

保証会社を利用するには「保証料」を払う必要があります。保証料とは、家賃を保証する際の手数料と考えて良いです。

Casaの場合、入居契約時の「初回保証料」と、毎年の更新時の「年間保証料」の2種類があります。それぞれの金額は以下の通りです。

初回保証料 年間保証料
賃料等合計額の50% 10,000/年

不動産屋によっては、上記の金額と異なる場合があります。不動産屋によって、代理店の手数料などが通常の保証料に上乗せされている事があるためです。

申し込み前に保証料がいくらかかるのか、確認しましょう。

▶保証会社利用料の詳しい解説はこちら

Casaの審査に関するよくある質問

Casaの審査に関してよく寄せられる質問に答えます。ここまで読んでも不安な点がある人は参考にしてください。

国民健康保険だけど審査に通る?

国民健康保険だからといって、必ず審査に落ちるわけではありません。社会保険の方が有利というだけです。

物件に見合った年収など、審査基準を満たしていれば、審査に通過します。

また、転職のために一時的に国民健康保険になっている人は、前職の源泉徴収や通帳のコピーを提出すると審査に通りやすくなります。

水商売でも審査に通る?

審査に通るか心配な水商売の人
Casaは、水商売の人でも審査に通りやすいです。家賃を払える収入が証明できれば、問題ありません。

しかし、物件によっては「水商売の人不可」などの制限を設けている場合があります。生活時間帯の違いから起こるトラブルを回避するためです。

審査に通っても、大家さんの判断で入居を断られてしまいます。物件ごとの入居制限を確認してから申込みましょう。

緊急連絡先は誰でもいいの?

緊急連絡先は誰でも良いわけではありません。Casaでは、以下のような人を緊急連絡先として設定できます。

・3親等以内の親族
・日本国内に住んでいる
・成人済み
・日本語が話せる

もし親族で緊急連絡先になれる人がいない場合、不動産屋に相談しましょう。

場合によっては、友人や知人でも認めてもらえる可能性があります。

Casaから電話がかかってこないけど大丈夫?

Casaからの確認電話が来ないからといって、不安になる必要はありません。

電話が来るかどうかは、申込者の状況によるためです。中には、電話確認もなく審査に通る人もいます。

しかし1週間経っても、Casaや不動産屋から連絡がない場合は注意です。

申込書に記入した電話番号が間違っている、または書類不備で審査が止まっている可能性があります。一度不動産屋に連絡してみましょう。

審査に通ったらどうすればいい?

無事審査に通ったら、申込者がCasaに対してすることは特にありません。

そのまま契約手続きに進むので、不動産屋の担当者の指示に従いましょう。

物件によって異なりますが、大体は入居契約の際に初回保証料の請求書を渡されます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す


follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について