お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

不動産屋に予約なしで行っても良いの?アポなしでも物件紹介してくれる?

不動産屋に予約なしでいきなり行っても大丈夫?のイメージイラスト

不動産屋に予約なしで行っても大丈夫?アポなしだけどちゃんとお部屋の紹介をしてもらえるの?など、来店に関する不安を解決します!

予約なしで行く前に決めておくべきポイントや、飛び込みでもスムーズに対応してくれるおすすめの時間帯をご紹介します。

記事の紹介漫画

不動産屋は予約なしで行っても良い

「どんな物件があるか見てみたい」や「時間が空いたから立ち寄る」などの理由で不動産屋に予約なしで行っても良いです。

待ち時間が発生する可能性はありますが、手の空いているスタッフが対応してくれます。

また、時期や時間帯にもよっては、予約なしで不動産屋に行った当日に物件紹介~内見までできます。

ただし、お客さんが多いと「今日は予約でいっぱいです」と断られることがあります。

1月~3月の繁忙期は予約すべき

1月~3月は不動産屋の繁忙期です。引っ越す人が多いので、予約してから不動産屋に行くようにしましょう。

繫忙期に予約なしで行った場合、1時間以上待たされることが多いです。

また、次の予約のお客が来るまでの間しか対応してもらえません。簡単に条件を聞かれ、物件図面を渡されて「ぜひ検討してください」で終わってしまうことが多いです。

予約なしで不動産屋に行ったときの流れ

予約なしで不動産屋に行ったときの対応は以下の流れで進みます。

予約なしで不動産屋に行ったときの流れ

タイミング良くスタッフが対応してくれた場合でも、来店から申し込みまでは最低でも約2~3時間かかります。

ちょっとした空き時間に立ち寄っただけなら「〇時までには終わりたい」「予定があるので〇分で帰る」と事前に伝えるべきです。

各項目ごとに聞かれることや所要時間を解説します。

アンケート記入

初めて来店する不動産屋では、基本的にアンケートを記入するようにお願いされます。記入欄には以下のような項目があります。

・名前
・住所
・電話番号
・メールアドレス
・引っ越し理由
・お部屋の希望条件
・来店理由

その日のうちにお部屋が決まらなかった場合、不動産屋から営業連絡が来ます。

しつこい営業が苦手な人は「個人情報は部屋が決まってから教える」と伝えましょう。

引っ越し理由やお部屋の希望条件は、できるだけ細かく記入してください。回答をもとに不動産屋がお部屋を紹介してくれるからです。

アンケートは簡単な内容なので5~10分程度で終わります。書き終わったらスタッフが来るまでは「待ち」です。

スタッフによるヒアリング

スタッフが来たら、アンケートの内容をもとに家賃、設備、エリアなど希望条件のヒアリングが始まります。

「勤務先まで〇分以内」「オートロックが必須」など、アンケートに書ききれなかった細かい条件は、直接スタッフに伝えましょう。

ベテランの営業マンだと、雑談を交えながらヒアリングしてくれるので、リラックスして答えられます。

希望条件に合う物件紹介

ヒアリングが終わったら、不動産業者専用のデータベースから希望条件に合いそうな物件を紹介してくれます。

基本的にどの不動産屋も同じデータベースから物件を探しているので、不動産屋によって紹介される物件に大きな違いはありません。

パソコンの画面や物件資料を見ながら、物件を2~3件に絞ります。

実際に資料を見ていて、希望条件の追加や変更があれば遠慮せずにスタッフに伝えましょう。

実際に物件の内見

予約なしで行ってもスタッフに時間があれば物件の内見も可能です。内見とは、実際に現地に行って室内を見学することです。

パソコンの画面や物件資料ではわからない周辺環境や音の聞こえ方など、細かい部分まで確認します。

入居後に「イメージと違った」「やっぱり住みたくない」などと後悔しないため、申し込みをする前には必ず内見をしましょう。

▶内見のチェックポイントはこちら

住みたい物件に入居申し込み

内見をした物件が気に入ったら、不動産屋に戻って入居申し込みをします。

入居申込とは、大家さんや不動産屋に「このお部屋に住みたい」という意思を申込書にして提出することです。

申込書には、名前や住所、電話番号の他に、勤務先や年収、緊急連絡先などを記入します。

申込書を受け取った大家さんや不動産屋が「部屋を貸しても良いか」「家賃を支払い続けられるか」などを審査します。

予約なしで行くと、審査に必要な書類や情報が揃っていないこともあるので、不動産屋の指示に従って早めに不備をなくしましょう。

▶入居審査についての詳しい解説はこちら

不動産屋に行く前に希望条件を決めておく

不動産屋に予約なしで行く場合、あらかじめ物件の希望条件を決めてくと良いです。条件が細かく決まっているほどヒアリングの時間が短縮できるからです。

スケジュール帳やスマホに、以下のような希望条件をメモしておきましょう。

希望条件例
・引っ越し予定日
・希望エリア(区、路線、駅など)
・家賃の上限
・希望の間取り(お部屋の広さ)
・駅徒歩の距離
・築年数
・お部屋内の設備(BT別、室内洗濯機置き場など)

引っ越し予定日に関しては、決まっていない人は「未定」「良い物件があれば1ヶ月ほどで引っ越し可能」など、曖昧で良いです。

また、物件の希望条件に優先順位をつけておきましょう。理想のお部屋が無かった場合は、優先度の低い条件を1つずつ緩和してください。

予約なしでも対応がスムーズな時間帯

不動産屋に予約なしで行くなら「平日の午前中」がおすすめです。開店してすぐは、お客さんが少ないのでスムーズに対応してくれます。

土日になると、1日かけて申し込みまで終わらせたいと考えているお客さんで、午前中から混雑します。

水曜は定休日の可能性が高い

多くの不動産屋は水曜日を定休日にしています。土日にお客さんが集中するので、週末から一番遠い水曜日に休んでいます。

また、水曜日はお部屋の鍵を持っている管理会社も休みが多いため、気になった物件の内見はほとんどできません。

平日に時間が取れるなら、比較的お客さんが少ない火曜日か木曜日がおすすめです。

予約をするなら電話かメールが一般的

予約してから不動産屋に行くなら、急ぎの場合は電話、時間に余裕があるならメールがおすすめです。

電話なら、スタッフがその場で予約の空きを確認しているので、最短で調整しやすいです。場合によっては、即日来店も可能です。

メールの場合は、やりとりに時間がかかるので時間の余裕がある人向けです。遅いと、不動産屋からの返信が翌日~1日後になります。

なお、来店予約はネット上で気になる物件が見つかっていなくても可能です。とりあえず相談したいという人でも歓迎してくれるので、気負わず予約しましょう。

何日前までに予約すべき?

来店予約は、平日なら2日前、繁忙期や休日は1週間前にしておくと良いです。

最低2日あれば、不動産屋のスタッフが余裕を持って紹介物件の準備ができるからです。

繁忙期や休日は予約する人が多いので、1週間前に連絡すると空いている可能性が高いです。

予定の調整がしやすい人であれば、平日の午前中を狙って予約しましょう。利用客が少ない時間帯なので、予約が取りやすいです。

予約や来店が不要な不動産屋

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、予約も来店も不要です。イエプラは、基本的にチャットやLINEでやりとりをおこないます。

「物件を紹介してほしい」「〇月に引っ越し予定」「どこに住めば良いかわからない」「審査に通るか不安」など、なんでも相談可能です。

業者専用の物件サイトからお部屋を探してくれるので、SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれるし、ほかサイトの物件もまとめて確認できます。

深夜0時まで営業しているうえ、年末年始以外の定休日がほぼないので、急なお部屋探しでも気軽に利用できます!

イエプラボタンバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について