お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

6月に引っ越ししたい人必見!時期的特徴や費用が安くなる理由を解説!

雨の日に不動産屋へ来たお客様のイラスト

6月は悪天候でお部屋探す気が起きにくいですが、実はメリットがたくさんあります。とくに費用を少しでも抑えたいと考えている人は必見です!

6月の時期的特徴やお部屋探しのコツ、内見に特に確認すべき箇所、梅雨でも快適にお部屋探しする方法を徹底解説しています。是非参考にしてください。

6月の時期的特徴

6月は、時期的特徴が明確になっています。主に以下で紹介する5つの特徴があります。

単身向け物件の家賃が安い

6月は単身向け物件の家賃が、1年で最も安くなる時期です。

理由は、1月~3月の繁忙期に埋まらなかったお部屋は、次の繁忙期まで空室の可能性が高いからです。

大家さんの収入が無くなるので、家賃を下げてでも入居してもらおうと考え、家賃の見直しが入ります。

また、家賃がやすくなっていないお部屋は、礼金が値下げ~0円になっていることがあります。

費用交渉に応じてもらいやすい

引っ越す人が少ない時期なので、費用交渉に応じてもらいやすいです。家賃や礼金だけではなく、仲介手数料も交渉できます。

交渉の際は、入居申込前におこないましょう。審査に通ると、申し込み時の金額で契約書類の作成まで進むからです。

「予算オーバーなので〇円値下げ出来ないか」「値下げに成功したら必ず契約する」など、明確な言葉で交渉してください。

LDKの物件がやや増える

同棲・新婚向きのLDKの間取りがやや増える時期です。6月のジューンブライドに合わせて新居に引っ越しするカップルが多いからです。

ただし、築浅のLDKは人気が高いので、家賃は安くなりません。

利用客が少なくゆっくりお部屋探しできる

不動産屋の利用客が少ないので、時間をかけてゆっくりお部屋探しができます。

予約なしで来店しても、スタッフの空きが多いので丁寧に対応してもらえます。

引っ越し業者利用料も安い

6月は賃貸物件関係の費用だけでなく、引っ越し業者の利用料も安いです。理由は「祝日が1つも無く引っ越す人が少ない」「梅雨で天候が悪い」からです。

繁忙期と比べると、引っ越し費用だけで約2~3万円も安く設定されています。以下、距離ごとに大体の費用の相場をまとめました。

6~8月 1~3月
200km未満 ~約50,000円 ~約80,000円
500km未満 ~約60,000円 ~約90,000円
500km以上 約75,000円~ 約100,000円~

距離の目安は、東京⇔大阪間で約500kmです。

また、引っ越し費用も6月は交渉しやすいです。「安くしてくれたらお願いしたい」「他社は〇円だったので勉強してほしい」など、具体的に言えば値引きしてくれる可能性が高いです。

マル秘イエプラバナー

6月にお部屋を探す際のコツ

6月にお部屋を探す際のコツを5つ紹介します。賃貸物件は、早い者勝ちなのでほかの人より早く動くことが大切です。

天候が悪いときにこそ不動産屋に行く

悪天候の時は、不動産屋に行く人がいないません。場合によっては、店内で貸し切り状態になるほどです。

スタッフが多めに時間をとってくれるので、じっくり吟味してお部屋探しができます。

また、店舗によっては空いているスタッフ数人が同時にお部屋を探してくれるので、より理想のお部屋が見つかりやすくなります。

気になるお部屋はすぐに内見する

気になるお部屋は、すぐに予約をして内見しましょう。自分が気になる物件は、他の人も気に入る可能性が高いからです。

とくに、駅徒歩5分以内、築年数20年以内の物件は人気があります。

申し込んだ順に審査に進むので、早い者勝ちです。ほかの人にとられないためにも、気に入ったらスピード勝負で動くべきです。

有休や代休で連休を作る

6月は祝日が1つも無いので、有休や代休をとれる人は3連休を作りましょう。

とくに引っ越し作業は、搬送・受け取り・荷解きで時間がかかるので、土日を入れて3連休あると良いです。

また、不動産屋に行くためにお休みをとる人は、水曜日は避けたほうが良いです。土日から一番遠い平日なので、定休日に設定しているところが多いです。

最新情報は細かく確認する

6月は、繁忙期と比べると取り扱い物件数が少ないので、こまめに最新情報を確認しておかないとすぐに埋まります。

HOMESやSUUMOなど、複数の不動産屋が登録する情報サイトは、反映まで時間がかかるのでおすすめできません。

不動産屋が直接運営しているサイトで調べるか、メールや電話で確認したほうが確実です。

また、業者専用のデータベース「ATBB」や「レインズ」を利用している不動産屋は、最新情報を持っている可能性が高いです。

悪天候でも内見はきちんとすべき

悪天候で外に出たくないと感じていても「内見」はきちんとすべきです。むしろ、6月特融の「湿気」や「カビ」の状態を確認できます。

内見時に窓の周辺を重点的に見て、以下のような状態になっていないか確かめましょう。

・窓の内側(室内)に結露がたくさん出来ていないか
・窓のレールに水が溜まっていないか
・壁紙が捲れていないか
・壁紙が変に浮き上がっていないか
・壁紙に水跡のようなシミが出来ていないか
・壁紙にカビが発生していないか
・壁紙が濡れていないか

当てはまる項目が多いお部屋は、日当たりや風通しが悪く、湿気がこもりやすいです。

衣類や寝具にカビが発生しやすいので、避けたほうが良いです。

外に出たくないなら「オンライン内見」が可能な不動産屋を利用すべき

オンライン内見とは、VRと違ってテレビ電話を通じて実際のお部屋を見学する手法です。

不動産屋のスタッフが現地に行ってくれるので、気になる部分をすぐに確認してくれます。また、お部屋の採寸も対応可能です。

お部屋の中や設備、周辺環境など、重点的に確認したい場所も確かめられます。

梅雨でも快適にお部屋探しする方法

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、来店不要でチャットやLINEで相談するだけでお部屋探し可能です。

不動産業者専用のデータベース「ATBB」を利用しているので、SUUMOやホームズなどネット上ない非公開物件の紹介もあるし、ほかサイトの物件もまとめて確認してくれます。

来店不要なので6月の悪天候の日でも、気軽にお部屋を探せて便利です。使い方次第では、内見や契約時の重要事項説明もオンラインで完結します。

深夜0時まで営業しているので、仕事が忙しくて不動産屋に行けない、移動時間や寝る前の時間を有効活用したいという人にもおすすめです。

イエプラでお部屋を探す

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について