お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

5月に引っ越したい方必見!時期の特徴や部屋探しの注意点

5月に引っ越したい人のイメージイラスト

5月にお部屋を探そうと考えている方必見!5月ならではの時期的な特徴や、5月にお部屋を探す際の注意点をご紹介します!

5月が引っ越しやすい4つの理由!

5月は、以下のような理由からかなり引っ越しやすい時期です。不動産業界の繁忙期は4月で終わるので、落ち着いてお部屋を探せます。

①1月~4月より家賃や費用を交渉しやすい
②引っ越し費用が安い
③掘り出し物件が見つかりやすい
④梅雨入り前で気候が穏やか

①1月~4月より家賃や費用を交渉しやすい

1月~4月は引っ越しを考える人が多い時期なので、大家さんや不動産屋は「交渉に乗らなくても他に入居希望者がいる」と考えて、交渉に応じてくれないことが多いです。

ただ、5月以降は引っ越す人が格段に減ります。そのため、大家さんや不動産屋は「家賃や費用が多少安くなったとしても、空室よりマシ」と考えて、交渉に乗ってくれやすくなります。

②引っ越し費用が安い

不動産業界と同じく、引っ越し業者にとっても5月は閑散期なので、4月までの繁忙期と比べて引っ越し費用が安いです。荷物の量や引っ越す距離によりますが、繁忙期よりも約2万円も安くなることがあります。

③掘り出し物件が見つかりやすい

5月は、新築や駅近物件など、条件が良いのに空室になっている掘り出し物件が見つかりやすい時期です。ただし、日が経つごとに掘り出し物件と呼べるお部屋は減ってしまいます。

④梅雨入り前で気候が穏やか

お部屋探しや引っ越しでは外出する機会が多いので、冬場や夏場では疲れてしまいやすいです。5月は梅雨入り前で降水確率が低く、気温が高すぎないため、お部屋を探しやすい穏やかな時期です。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

5月に部屋を探す際の注意点

5月だからこそ注意するべき、部屋を探す際のポイントを紹介します。

気になるお部屋はすぐに内見すべき

5月に入居できるお部屋は、以下の2つの特徴があります。

・4月に空室になったお部屋
・繁忙期に余った、条件の良い掘り出し物件

「自分が気になっているお部屋は、必ず他の人も気になっている」と考えて、何部屋かまとめて内見するのではなく、気になるお部屋はすぐに内見すべきです。

5月を逃すと9月ごろまで良い部屋が見つかりにくい

5月のカレンダー
繁忙期は3月~4月ごろと9~10月ごろで、条件が良いお部屋は繁忙期に合わせて公開されます。掘り出し物件が残っているうちに決めてしまわないと、納得して引っ越せる機会が無くなってしまいます。

4月に退去されたお部屋情報をすぐに知れるようにするべき

4月に退去されて、新たに募集が出されたお部屋の情報をいち早く手に入れるかが、5月の部屋探しの最大のポイントです。

ちなみにHOMESやSUUMOは情報の更新が遅く、既に埋まってしまったお部屋の情報も多いので、実はあまりおすすめできません。

最新のお部屋情報を知りたいなら、不動産屋に行くか、不動産業者専用の物件情報サイトを常にチェックするべきです。

ただし業者専用のサイトは一般の方は契約できず、有料のサイトです。。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識