お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

50平米って何畳?家族向けの物件が多いの?一人暮らしには広い?

room-3090516_1280-min

50平米は畳数で表すと何畳なのかを解説します。また、近い広さのお部屋との比較、実際のお部屋の写真、おすすめの間取りを合わせて紹介します。

50平米は約30畳

物件情報に50平米と書いてあるお部屋は、お風呂やトイレを含むお部屋全体の専有面積が約30畳です。

ただし、お風呂やトイレなど、居住スペース以外の空間が約13平米(約8畳)を占めている物件が多く、居室だけの広さは約22畳くらいになっている場合が多いです。

畳の大きさは「不動産の表示に関する公正競争規約施行規則」で、1畳当たり1.62平米と決められているので、50平米なら「50÷1.62=約30畳」になります。

ちなみに、畳そのものの大きさは地域によって違いますが、物件情報に記載されている畳数は例外なく、1畳辺り1.62平米で記載されています。

他の平米数の詳細まとめ

他の平米の詳細をまとめたので、気になる人は以下のリンクからご確認ください。

畳数 坪数
20平米 約12畳 約6.05坪
25平米 約15畳 約7.56坪
30平米 約18畳 約9.08坪
35平米 約21畳 約10.59坪
40平米 約24畳 約12.1坪

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

50平米に多い間取りは2LDK

50平米のお部屋に最も多く見られる間取りは2LDKです。

下記の表は、不動産業者だけが使える専門の物件情報サイト「ATBB」を使って、50平米にどんな間取りの物件があるのかまとめたものです。

物件数(東京23区内)
ワンルーム 2件
1K 0件
1DK 3件
1LDK 30件
2K 1件
2DK 19件
2LDK 71件
3K 4件
3DK 22件
3LDK 1件

不動産業者専門サイト「ATBB」2019/06/06のデータより

2LDKの次に多いのは1LDKなので、50平米の広さがあればリビングのある物件を探しやすいことが分かります。

ただ、全体的に物件数は少ないです。家賃、設備、駅までの距離なども合わせて考慮すると、部屋探しにはかなり時間がかかります。余裕を持ってスケジュールを組みましょう。

広さが近いお部屋との比較

以下の画像は全て同じサイズの家具を配置しています。次の項目で、50平米と広さが近い、40平米と60平米で比較して解説します。

40平米は50平米より狭いが二人暮らしできる広さ

40平米

40平米は、二人暮らし向けの2DKなど広い間取りを借りられます。

ただ、2DKではキッチンスペース6畳、2つの居室が5畳など、少し狭くなってしまい各居室にベッドと大きい家具を1つずつ置くのが精一杯です。

ぎりぎり二人暮らしできる程度の広さなので、荷物が少ない人や家賃を抑えたい人にはおすすめです。

また、1LDKを借りることもできます。1LDKなら、キッチンスペースが8畳、居室も8畳の場合があり、お部屋全体を広々と使えます。

8畳あれば、居室だけでベッドと大きい家具1つ置けます。キッチンスペースにも収納がある物件なら、物が多くても安心です。

50平米は40平米より広く二人暮らしでも余裕がある

50平米

50平米は40平米よりもかなり広く二人暮らしでも余裕がある広さです。

50平米は、キッチンスペース8畳、2つの居室が7畳ずつのお部屋など、ベッドと別に大きい家具を3つは配置できる広さです。

ただ、一人暮らしには広すぎて、使用しないスペースが発生する可能性があります。広いお部屋は基本的に家賃が高いので、使わないスペース分で無駄な家賃が発生してしまいます。

一人暮らしを考えている人は、40平米以下の物件を探すのが良いです。

60平米は50平米よりもさらに広く家族向けの物件が多い

60平米

60平米は、50平米よりもさらに広く家族向けな広さです。一人暮らしには向いていません。

60平米あれば、3部屋ある物件に住んでもキッチンスペース8畳、3つのお部屋が7畳などかなり広々としています。

2LDKや3DKといった、広い間取りが多いです。

50平米の部屋を実際に見てみよう

50平米のお部屋を実際に写真で見てみましょう。

不動産屋専用の物件情報サイト「ATBB」に掲載されている50平米のお部屋を紹介します。

カナルフロント芝浦
「カナルフロント芝浦」という1DKのお部屋です。キッチンスペースは約12畳ありますが、かなり縦長な形をしているため、広さを感じにくいかもしれません。

東京ベイテラス
「東京ベイテラス」という、キッチンスペースが約14畳あるお部屋です。大きめの対面キッチンがあり、調理場が約3畳占めています。日ごろから料理をする家族層の人は暮らしやすい間取りです。

マートルコート白金三光坂
「マートルコート白金三光坂」という、1LDKのお部屋です。リビングは約11畳ですが、キッチンスペースと仕切りがあるため、広々としているように感じます。

50平米での二人暮らしなら1LDKがおすすめ

50平米の広さだと1LDKの間取りが多いです。中には2LDKもありますが、1部屋が5畳など狭くなってしまい、家具をあまり置けなかったり、レイアウトが難しくなってしまいます。

ただ、1LDKだとあまり大きな子供がいる家族層の人には物足りない広さです。小さい子供がいる家族や同棲などにおすすめです。

1LDKのリビングルーム"

リビングルームは約10畳以上あるお部屋がかなり多いです。ダイニングテーブルやソファーを置いてもゆとりがあります。

1LDKの洋室"

調理台も広いことが多いです。家族層で暮らしているなど、普段から自炊する人にはかなり嬉しい環境です。

▶1LDKの間取りの詳しい解説はこちら

▶2LDKの間取りの詳しい解説はこちら

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちら
3部門でNo.1 3部門でNo.1
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識