お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

3LDKのレイアウト|どんなインテリアが良いの?家具配置例を実例で紹介!

3LDKのレイアウトのイメージイラスト

3LDKのおすすめのレイアウトやインテリアを紹介します!メリハリがある生活を送りたい人、寝室をリラックス空間にしたい人、和室をスッキリ見せたい人などのニーズ別で家具配置の実例を紹介します!

3LDKはレイアウトの自由度が高い!

3LDKの間取りは3部屋に加えて広いリビング・ダイニングスペースがあるので、レイアウトの自由度が高く、好みのお部屋を作りやすいです。

子どもが幼稚園以上の家族暮らしの場合は、1部屋を子ども部屋にして、残り2部屋を両親の寝室にするのがおすすめです。まだ子どもが小さい場合は、リビングに子ども用のスペースを作れば、目が届いて安心できます。

お部屋の数に余裕があるときは、1部屋を趣味用のお部屋にすると良いです。プロジェクターを置いてミニシアターにしたり、本棚を並べて読書部屋にできます。

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

メリハリがある生活を送るレイアウト

メリハリがある生活を送るレイアウトにするには、LDK部分をリビングとダイニングに区切ることが大切です。

LDK部分は、ソファでリビングとダイニングを区切ったり、リビングとダイニングで別のラグを敷くと良いです。また、オープンキッチンの場合はダイニングテーブルでキッチンスペースとリビングを区切ると良いです。

ソファでリビングとダイニングを区切る
和室にソファを置くレイアウト例

出典:https://suumo.jp/ikkodate/aichi/sc_nagoyashimidori/nc_88055956/

リビングとダイニングでラグの種類を変える
和室にベッドを置くレイアウト例

出典:http://roomclip.jp/photo/qMRq

ダイニングテーブルでキッチンとリビングを分ける
和室にベッドを置くレイアウト例

出典:https://www.pinterest.jp/pin/265571709256426314/

子どもが広々遊べるリビングレイアウト

子どもが広々遊べるリビングにするなら、大きなテーブルは置かないほうが良いです。大きめのカーペットを敷いて、できるだけフローリングを隠しましょう。フローリングは滑りやすいので、子どもが転んでケガをしてしまうことがあります。

また、絵本やおもちゃをまとめる収納スペースを壁に寄せて作ると良いです。

子どもが広々遊べるリビングレイアウト①
お互いのイスを置いたレイアウト例

出典:http://roomclip.jp/tag/172268

子どもが広々遊べるリビングレイアウト②
お互いのイスを置いたレイアウト例

出典:http://roomclip.jp/photo/q5CO

寝室をリラックス空間にするレイアウト

寝室をリラックス空間にするなら、ベッドの配置と照明の種類がポイントです。ベッドの色はアイボリーやベージュなどの暖かい色にすると良いです。

ベッドは頭側を窓のない壁に向けて、両脇に通路を確保するように置きましょう。窓がある壁は薄く、外の気温や騒音が伝わりやすいことが多いです。

照明は直接光が当たるシーリングライトではなく、暖かい色の間接照明がおすすめです。

頭側を窓際から避けたレイアウト
ヨーロピアンなレイアウト例

出典:https://interior-style.tokyo/post-1012/

照明が柔らかい色の寝室
北欧風のレイアウト例

出典:http://tagle.jp/house/diw00000010033

クッションでくつろぐリビングレイアウト

リビングはあえてソファを置かないで、クッションでくつろぐようにすることもできます。クッションだけを置くことで広々としたスペースが確保できるため、気軽に横になれてくつろぎやすいです。

クッションは、大型の四角いものがおすすめです。体を預けることができるのでソファ代わりに使えます。また、ビーズクッションなら体が沈み込まないので、座ったり枕にできます。

クッションでくつろぐリビングレイアウト①
モダンな雰囲気のレイアウト例

出典:http://interior-sofa.jp/erabikata/concept/chicmodern.html

クッションでくつろぐリビングレイアウト②
格調高い雰囲気のレイアウト例

出典:https://www.interior-heart.com/seven-color/photo/a11.html

クッションでくつろぐリビングレイアウト③
格調高い雰囲気のレイアウト例

出典:https://www.houzz.jp/photo/2998989

低い家具でスッキリ見せる和室レイアウト

和室を客間として使う場合は、ローテーブルと座布団を部屋の真ん中に置いて、収納家具などは置かないようにしましょう。視界を遮るものがなくなり、部屋がスッキリして見えます。

寝室として使うなら、脚が無いローベッドを置けば、天井との間に空間ができて広々した印象になります。

ローテーブルと座布団を置いたレイアウト
2人の趣味を楽しむレイアウト例

出典:http://www.aqura.co.jp/gallery/sw0096/detail/95/

ローベッドを置いたレイアウト
読書好き向けのレイアウト例

出典:http://tagle.jp/house/diw00000010036

木製家具のレトロなレイアウト

木製家具のレトロなレイアウトにしたいなら、暗めの色の家具で統一すると良いです。

また、イスやソファは座面が革張りのヴィンテージ系のものを置きましょう。普通の家具屋よりも、アンティークショップにあるイスやソファのほうがよりレトロな雰囲気を出せます。

木製家具のレトロなレイアウト
ダブルベッドで快適な寝室を作るレイアウト例

出典:https://www.rafuju.jp/gallery/gallery_82/

革張りのソファを置いたレイアウト
洋室にダブルベッドを置いた例

出典:http://www.designerskagu.jp/SHOP/040102228.html

緑の家具と観葉植物でナチュラルなレイアウト

全ての家具を緑色にしてしまうと、部屋全体が暗い雰囲気になってしまいます。緑色の家具は2つか3つだけにして、ほかの家具は木目調のものにすると良いです。

また、大きい観葉植物は1つだけにして、お部屋のアクセントとして使いましょう。

ナチュラルな雰囲気のレイアウト①
2人の趣味を楽しむレイアウト例

出典:https://www.pinterest.jp/pin/433471532863476117/?lp=true

ナチュラルな雰囲気のレイアウト②
読書好き向けのレイアウト例

出典:http://www.receno.com/plant/umbellata.php

ナチュラルな雰囲気のレイアウト③
映画好き向けのレイアウト例

出典:https://www.pinterest.jp/pin/349803096035581161/

白い家具の落ち着いたレイアウト

ただ白い家具で統一するのではなく、家具ごとの素材感に注意しましょう。ソファを革製ではなく布製にして、テーブルや本棚を木製にすると良いです。

また、白一色だと部屋全体の印象がぼやけてしまいます。ベージュ、ライトブラウン、グレーなどの家具を1つか2つ置くと、引き締まった印象になります。

シンプルな白い家具のLDK①
カフェ風のキッチンのレイアウト例

出典:https://www.pinterest.jp/pin/619807967438366936/?lp=true

シンプルな白い家具のLDK②
カフェ風のダイニングのレイアウト例

出典:http://luv-interior.com/floor-color-dark-white-1595

黒い家具のシックなレイアウト

黒いテーブルやソファでシックなお部屋にするなら、壁紙やラグは白やグレーなど少し明るい色を使うと良いです。部屋全体を黒で統一してしまうと、暗い印象になってしまいます。黒いテーブルとグレーのソファを合わせるのもおすすめです。

テーブルは光沢感のあるもの、ソファは革製のものが良いです。大人っぽい落ち着いた雰囲気を演出できます。

黒で統一したシックなレイアウト
シンプルなリビング例

出典:http://roomclip.jp/mag/archives/5587

グレーのソファを置いたレイアウト
シンプルなリビング例

出典:http://www.latricedesigns.com/amazing-modern-furniture-history/ikea-history-2/

レイアウトを考える際に知っておくべき5つのコツ

①移動しやすく機能性が高いレイアウトにすべき

室内の目的の場所に移動する際に、まっすぐたどり着けるレイアウトにしましょう。家具の間を横向きにならないと通れなかったり、跨ぐ必要があるなどは、おしゃれであっても住みにくくなってしまいます。

椅子を引いても通れるか、家具が飛び出していて小指をぶつけないかなど、生活をイメージしながらレイアウトを考えましょう。

②背の高い家具は壁際に配置するべき

背の高い家具は壁際に配置しないと、圧迫感を感じる狭い部屋になります。

ただ、1部屋をさらに分けて使いたい場合は、背の高い家具は仕切りとして使えます。

③家具の占有率はお部屋の3分の1にする

家具の理想の占有率はお部屋の3分の1程度です。

どれだけおしゃれな家具を用いても、3分の1を超えると、ごちゃごちゃした印象になってしまいます。

④ならべる家具の奥行きは統一する

タンスやソファなどを2つ並べて置く場合、奥行きを同じくらいにすべきです。

片方だけ出っ張っていると、足の小指をぶつけやすくなったり、掃除がしにくいなどのデメリットが増えます。

⑤部屋のテーマを決めて統一感を出す

機能性よりも、おしゃれなレイアウトを優先したい人は、まずお部屋ごとにテーマを決めるべきです。テーマが曖昧だと、おしゃれな家具を集めても、まとまりがない印象になってしまいます。

また、テーマを決める際は、壁紙の色やフローリングの色をベースに考えるべきです。

必要最低限の広さのお部屋に住むべき

基本的にお部屋は広いほど家賃が高くなるので、必要最低限の大きさのお部屋に住むべきです。

どういうふうに家具を置くのかなどをよくシミュレーションしてから、お部屋を借りるようにしましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識