1DKの間取り図

1LDKとはどんな間取り?1DKや2DKとの違いは?

部屋探しの知恵

2019年1月6日投稿

1LDKとはどんな間取り?1DKや2DKとの違いは?という疑問を解決します!一人暮らしや同棲向けの1LDKの平均的な広さや間取りの違い、1LDKと1DKと2DKのどのお部屋に住むべきか、1LDKの間取り例、理想のお部屋を探すコツを紹介します!

ワンルームとは 1Kとは 1SKとは
1DKとは 2Kとは 2DKとは
2LDKとは 3LDKとは

1LDKとは

1LDKとは1部屋+リビングダイニングキッチンが8畳以上の広さの間取りのことです。LDKは「Living Dining Kitchen」の略称です。
1LDKの間取り図

1LDKのメリットデメリット

1LDKはキッチンスペースがダイニングとリビングを兼ねているのでかなり広いです。一人暮らしだと、家具をたくさん置いたとしても、広々と過ごせます。同棲をしてもスペースに余裕があります。

1LDKの間取りは、2000年ころに流行り始めたため、築年数が浅い物件が多く、オートロックなどの防犯設備が充実しているため人気の間取りです。

その代わり家賃が高いので、一人暮らしなら収入に余裕がないとおすすめしません。お部屋が広い分、掃除の手間がかかるうえ、エアコンの効きが悪いので電気代が高くなります。

1LDKの平均の広さは35~38㎡

1LDKの広さの平均は「専有面積が35~38㎡」です。1LDKで一人暮らしをするなら、お部屋の広さは5~7畳あれば十分です。

同棲するなら、お部屋の広さは8~12畳で、リビングスペースが10~12畳(専有面積は43~47㎡)がおすすめです。

一人暮らしでも同棲でも、リビングスペースにソファーやテレビ、ダイニングテーブルなどの家具を設置するスペースがあるため快適に過ごせます。

1LDKは二人暮らしでも空間に余裕がある

1LDKはリビングスペースが広く、二人暮らしでも空間に余裕があるため、同棲カップルに人気のある間取りです。

一緒にいる時間を増やしたい、自炊を良くする、お互いが支払う家賃を抑えたいと考えるカップルが1LDKを選んでいます。

1LDKであれば、将来赤ちゃんが生まれたときも、リビングスペースにベビーベッドや遊び場を作れるくらい空間に余裕があります。

他の間取りとの家賃比較

住みやすく人気なので、1LDKは他の間取りと比較しても家賃が高めです。不動産屋専用サイト「ATBB」を使用して、間取りごとの家賃をまとめました。

下記の金額は、東京23区・築年数15年以内・駅徒歩15分以内・専有面積13㎡以上の条件で出てきたお部屋の、家賃の安い順30件分の平均金額です。

ワンルーム 約5.1万円
1K 約6.5万円
1DK 約7.2万円
1LDK 約8.1万円
2DK 約8.3万円

※東京23区・築年数15年以内・駅徒歩15分以内・専有面積13㎡以上

1LDKと1DKと2DKの違い

1LDKを1DKと2DKの間取りと比較して違いを解説していきます。

1LDKと1DKの違いはキッチンスペースの広さ

1LDKと1DKの違いはキッチンがあるお部屋の広さです。1DKはキッチンスペースが4.5~8畳未満ですが、1LDKはキッチンスペースが8畳以上とかなり広めです。

1LDK 1DK
1LDKの間取り図 1DKの間取り図

1LDKであれば、キッチンスペースにテーブルやテレビ、家具などを配置しても空間に余裕がありますが、1DKだと置く家具を制限しないと狭くて住みにくくなります。

広さを求めないけど、食事と寝るスペースは分けたい人は1DKで十分です。

1LDKと2DKの違いは部屋数とキッチンスペースの広さ

1LDKと2DKの違いは、部屋数とキッチンスペースの広さです。1LDKはお部屋は1つしかありません。

2DKは、キッチンスペースが4.5~8畳未満ですが、お部屋の数が2つあります。

1LDK 2DK
1LDKの間取り図 2DKの間取り図

ただし、DKの間取りは、少し前に主流だったため、建物自体の築年数が古いことが多いです。

1LDKと1DKと2DKどれに住むべき?

1LDK・1DK・2DKの、どのお部屋に住むべきか迷っている人は下記を参考にしてください。

1LDKに向いている人の特徴
・収入に余裕がある
・同棲する予定がある
・在宅勤務をする
・友達を頻繁に呼ぶ
1DKに向いている人の特徴
・家賃よりお部屋の広さを重視したい
・築年数を気にする
・料理をお部屋に持ち込みたくない
・友達を定期的に呼びたい
2DKに向いている人の特徴
・お部屋が2つ欲しい
・築年数が古くても気にしない
・プライベート空間が欲しい(同棲の場合)

1LDKの間取り例

1LDKは、物件によって色々な間取りがあります。お部屋の広さだけではなく、自分が生活したときにストレスを感じない間取りを選びましょう。

4つの間取りを例に、どんな感じのお部屋なのか紹介します。

長方形

長方形になっている1LDK
長方形は、玄関側に水回りが集中していることが多いので、ベッドでくつろいでいるときにトイレに行きたくなった場合、移動が面倒です。

ただし長方形は、リビングスペースが広く作られていることが多いので、大きめの家具を配置しやすいです。

L字型

L字型になっている
L字型など、少し変わった形の間取りの場合、お風呂やトイレなどの設備を配置し、余った空間を収納スペースとして作られていることが多いので、荷物が多い人に向いています。

その代わり、生活動線を重視して作られたお部屋ではないため、生活するうえで不便に思うことがあります。

玄関周辺に水回りが集中している

玄関に水回りが集中しているタイプの1LDK
玄関に水回りが集中している間取りは、生活動線が短く、移動がしやすいのでおすすめです。

メゾネットタイプ

メゾネットタイプの1LDKの間取り
メゾネットタイプは、1階と2階に分かれているお部屋で、1階も自分のお部屋なので、足音などの騒音トラブルを回避できます。ただし、家賃がかなり高いです。

▶メゾネットの詳しい説明はこちら

理想のお部屋を探すコツ

理想のお部屋を探すコツは、あれもこれもと条件を欲張らず、本当に自分に必要かどうか考えて希望条件に優先順位をつけることです。

家賃、初期費用、お部屋の広さ、日当たりの良さ、設備、周辺環境、治安など、気になる条件を1度書き出してみて、自分に本当に必要か、妥協できるならどれかを考えてみてください。

自分で優先順位を決めきれない場合は、不動産屋に相談すると的確なアドバイスがもらえます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

まとまった時間がなくても、移動中の電車や自宅にいてもお部屋を紹介してもらえて便利です!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラを詳しく知る
 

イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザという文字
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

部屋探しサイト
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

チャット不動産屋「イエプラ」のロゴ
イエプラの口コミ・評判|SUUMOやHOME’Sと比べるとどう?

 

万力で挟まれている硬貨と電卓
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

ひらめいた男性の人差し指と電球
部屋探しが面倒な人におすすめしたい「チャット不動産屋」とは?

 

ソファに寝そべってスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

東京のビル群
東京で評判の良い不動産屋さんはここ!

 

調査している探偵
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

綺麗な内装のリビングルーム
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

グレーで統一したオシャレな室内
一人暮らし向けの部屋の間取りを比較|ワンルーム・1K・1DK・1LDK

 

東京の風景
東京都内の住みやすい街!おすすめの区や駅はどこ?【一人暮らし】

 

一人暮らしのお部屋
初めての一人暮らし|始めるまでの11ステップと部屋探しのポイント

 

鍵とお金を渡す手
無職で賃貸契約する方法と審査を通過しやすくするコツ

 

おしゃれな部屋の内装
フリーレントとはどういう意味?ホントにおトクなの?【賃貸】

 

チェックマークを付ける男性の手
賃貸の入居審査とは?通過する7のコツと落ちた人の特徴

 

不動産屋の立ち合い
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき5つの理由

 

一人暮らしでかかる費用は?初期費用や毎月の生活費の実例を大公開!

 

男性が手で立たせているスマホ
ネットでお部屋を探す方法は大きく分けて2通り!おすすめはどっち?

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly