チェックする女性

入居審査を通過する方法と落ちる人の特徴【賃貸】

部屋探しの知恵

2017年9月17日投稿

イエプラ イエプラ

「入居審査が通るか不安・・・」「入居審査に落ちてしまった!」というあなたに、入居審査を通過する方法と入居審査に落ちる人の特徴を年収や職業などの項目ごとにご紹介します。

入居審査は4つの項目をクリアできれば通過できる!

入居審査の項目は、以下の4項目がメインです。他にも入居審査項目はありますが、満たしていなくても落ちることはありません。

  1. 年収
  2. 職業・勤務先
  3. 連帯保証人
  4. 人柄・見た目

入居審査に落ちるのはこんな人!

入居審査に落ちる人は以下に当てはまるような人です。

・希望する物件の家賃に対して収入が見合っていない
・クレジットカード滞納中(滞納履歴がある)
・連帯保証人が親族じゃない
・金髪・タトゥーなどで心象が悪い
・水商売・派遣社員など安定していないと思われる業種
・仕事ができない不動産屋で物件を紹介してもらう

これから審査項目毎に、通過する方法と落ちた人の特徴についてご紹介します。

1.年収の審査を通過する方法と落ちた人の特徴

年収の項目を通過する方法

年収の項目を通過する方法は、信頼できる不動産屋に、審査が通りそうな物件を提案してもらったうえで、審査が通るように年収を工夫して伝えてもらうことです。

信頼できる不動産屋は、年収で引っかかりそうな物件で審査にのぞみません。審査が通りそうな物件を提案してくれて、オーナーに伝える際も、審査が通るように工夫して伝えてくれます。

年収の項目で落ちた人の特徴

年収の項目で落とされる人は、2つの特徴があります。

1.年収に対し最適な賃料帯で物件を紹介してくれる不動産屋で紹介を受けなかった人

2.オーナーに交渉することなく、年収をそのまま伝える不動産屋に頼んだ人

あまりにも年収に対して、最適な賃料帯ではない場合は、審査に落ちてしまいますし、善良な不動産屋なら、審査が通らないと思いますので、もう少し賃料を下げて探しましょうと言われます。

支払い能力があると判断されるかどうかの早見表

自分はどれくらいの家賃なら、支払い能力があると判断されるのか確認して、その金額以下の賃料で探しましょう。

年収 支払い能力ありと判断される金額
220万円 約6万円
250万円 約6万8千円
280万円 約7万5千円
300万円 約8万3千円
350万円 約9万7千円
450万円 約12万5千円
600万円 約16万6千円
800万円 約22万2千円
1000万円 約27万7千円

支払い能力があると判断される家賃の基準は、年収を36で割った額が「希望物件の賃料+管理費」を上回っていない場合です。以下に具体例で紹介します。

【例】年収360万円÷36=10万円

家賃10万円以下なら支払える金額とされます。

2.職業・勤務先の審査を通過する方法と落ちた人の特徴

職業・勤務先の項目を通過する方法

職業・勤務先の項目を通過する方法は、業務内容や勤務実績証明をあらかじめ用意して信用してもらうことです。会社の業務内容や、真面目に働いている証明などで、職業ハンデを覆して信用してもらいましょう。

職業・勤務先の項目で落ちた人の特徴

職業・勤務先の項目で落ちた人の特徴は、フリーター、派遣社員、契約社員など定着性が低く、安定した収入を見込めない人です。

職業差別をするわけではありませんが、夜の仕事、肉体労働、トラックの運転手などは、ハンデがあるという認識を持っておいた方が良いです。

ちなみに無職ならば、審査を通すことはかなり難しいです。簡単に説明すると、代理契約(親族名義)で通す、預貯金審査で通す以外に方法はありません。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

無職で賃貸契約ってできるの?不動産屋が【現実】を教えます

3.連帯保証人の審査を通過する方法と落ちた人の特徴

連帯保証人の項目を通過する方法

方法は2つあります。

1.保証会社を使うこと。
2.クレジットカードで家賃を払える物件にすることです。

保証会社の審査項目

保証会社の審査項目は以下のようなものがあります。

・年収に対する支払い能力があるか
・希望物件の敷金・礼金の有無
・職業・勤務先
・年齢(未成年でないか)
・身分証明書があるか
・緊急連絡先がだれか
・過去に滞納した履歴があるか
・引っ越しの理由

物件によっては「保証会社必須」という物件もあるのですが、連帯保証人が立てられない場合、保証会社必須の物件は諦めるか、クレジットカードで家賃を払えるか確認しましょう。

クレジットカードで家賃を支払える物件の場合は、連帯保証人が不要になります。代表的なのはオリコのシステムです。導入している不動産会社も多いので、オリコのシステムを導入している不動産屋会社に行けば確実に利用できます。

連帯保証人の項目で落ちた人の特徴

連帯保証人の項目で落ちた人の特徴は、連帯保証人になってくれた人が、審査で信用できないと判断されてしまった人です。

連帯保証人には、両親、祖父母、兄弟、上司、友人を立てることができますが、親、祖父母、兄弟以外は審査に通ることはほとんどないです。

また、親や兄弟であっても本人と同等、またはそれ以上の収入がある場合でないと、審査に通ることは難しいようです。祖父母も連帯保証人としては有効ですが、実際に支払い能力が認められない時には、やはり審査に落ちてしまいます。

4.人柄・見た目の審査を通過する方法と落ちた人の特徴

人柄・見た目の項目を通過する方法

人柄・見た目の項目を通過する方法はその日だけでも印象を良く見せることです。

人柄・見た目のチェック項目

人柄・見た目は以下のようなチェック項目で判断されます。

・不潔でないか
・ガラが悪くないか(タトゥーや刺青がないか)
・見栄を張っていないか(見合っていない高級外車に乗っていないか)
・怪しくはないか・挙動不審ではないか(表情、服装)
・話し方(常識、礼儀、敬語など)

人柄・見た目は、就職面接に似ています。仮に引っかかりそうな項目がある場合は、その時だけでも隠しましょう。腕や足のタトゥーや刺青は、長そで、長ズボンで隠せます。

首筋にあるならば、コルセットで隠しましょう。ちょっと事故にあってしまって、、という場合は、仕事には影響がないこともしっかり伝えましょう。

他に、家賃や礼金、敷金を執拗に値切ってくる人も嫌われます。ケチ臭い印象だけでなく、支払い能力を疑われることもあるので、執拗に値切り交渉するのは控えましょう。

人柄・見た目の項目で落ちた人の特徴

人柄・見た目で落ちた人の特徴は、実際に会った時の人柄や見た目で、不信感を抱かれてしまった人が落ちます。ご紹介した人柄・見た目のチェック項目のどれかに該当し、悪い印象を持たれてしまったのです。

入居審査を通すと評判の不動産屋は?

入居審査に既に落ちたことがあったり、様々な理由で審査が通る気がしない…と不安な方は、入居審査に強いと評判高い「イエプラ」という不動産屋がおすすめです。

ネット上で運営している「チャット不動産屋」で、わざわざ不動産屋に行かなくても、審査の不安や疑問をすぐに相談できます。

知識や経験をもとに、審査が通りやすい物件を提案してくれるだけでなく、大家に伝える際も審査が通るように工夫して伝えてくれるそうです。

既に審査に落ちてしまった方、水商売の方、個人事業主(フリーランス)の方も、審査に通りたいなら、ぜひ相談してみてください!紹介される物件数もかなり多いです。

審査を「通す」イエプラはこちら

女性スタッフをご希望の方はこちら

イエプラ

入居審査とは?

入居審査とは、大家さんや不動産会社が「この人に部屋を貸してもいいのか」を判断するものです。その人を判断する為に定められた審査項目を満たしていない人が落ちます。主に冒頭でご紹介した4つの項目をクリアできれば通過できます。

そもそも入居審査は誰が行っているの?

賃貸物件の入居審査には以下の3パターンがあります。

①不動産業者のみの審査
②不動産業者と保証会社の審査もある場合
③不動産仲介業者

ただ、不動産仲介業者による審査は正式なものではありません。

①不動産業者のみ

あなたが保証会社を利用せずに保証人を立て、入居審査に応募すれば、基本的に不動産業者のみの審査になります。なお不動産業者には、管理会社や個人大家などが該当します。

②不動産業者と保証会社

あなたが保証人として保証会社を利用する、もしくは、不動産業者の方針で、保証会社の利用が必須条件にされている場合に、不動産業者以外に保証会社の審査も入ります。

ちなみに、保証会社の場合は提出された情報だけを精査します。本人の人柄がどうかは関係ありません。また、2段階のチェックが入るので少し審査が延びたり、厳しい結果になったりすることもしばしばです。

③不動産仲介業者

前述の2つと違い、これは正式な入居審査ではありません。不動産仲介業者の方で、事実上の入居審査をしている場合も非常に多いです。

不動産仲介業者は、借りたい人も貸す側も、双方の事情が見えていますから、彼らの経験則から「この人は審査に通らないな」とか「この人なら審査に出しても大丈夫かな」ということが審査に出さずとも判断できてしまう場合があります。

もちろん、遠まわしに違う物件を勧めてくれたり、正直に難しいと伝えてくれたりもします。仲介業者もできることなら、契約させたいので、あらかじめ難しいと伝えて、他の物件で話を進めたいからです。

入居審査にはどのような人が携わっているか理解できましたか?

入居審査に落ちてしまったら…?

がっかりする少年

「入居審査に落ちてしまった」場合は、一度冷静に状況を整理しましょう。

まず覚えておきたいのが、審査が拒否された場合、いかなる理由でも「基本的に理由は教えてもらえない」ということです。

これは誰に問いただしても個人情報として教えてもらうことはできません。

また、一度ダメだったからといって、その不動産仲介業者のすべての物件がダメになったわけでも、二度と審査に通らないわけでもありません。

審査内容によってはこちらにまったく非が無くても落とされる場合もありますから、そうなった場合は、次の物件に切り替えるのが吉です。

また、一度審査が通らなかった保証会社は、再審査しても基本的に結果は変わりません。保証会社はいくつかありますから、次に選んだ物件では違う保証会社に審査を出すようにしてください。

審査を「通す」イエプラはこちら

女性スタッフをご希望の方はこちら

イエプラ
イエプラ

オススメ記事一覧

年内に引っ越したいなら10月7日までに部屋を探した方が良い理由

 

未公開物件とは?たった1つの正しい探し方【非公開物件】

 

部屋探しサイトおすすめランキング! BEST5【賃貸】

 

不動産屋に行く必要なし!チャット不動産屋「イエプラ」が超便利!

 

「入居審査が通らないかも…」と不安な方におすすめの不動産屋3選

 

おとり物件とは?50の不動産屋を調査してわかった悪質な実態

 

東京で評判の良い不動産屋はここ!

 

不動産屋の物件情報をネットで全部見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

【一人暮らし】初めての部屋探しで注意したい30のポイント

 

初期費用を分割払いする方法!現金の分割は可能?

 

同棲におすすめの間取り【カップル必見】

 

二人暮らしの生活費の目安は?費用モデルでシミュレーション

 

家賃が1ヶ月無料!?フリーレントのメリットやデメリット!

 

不動産屋の営業時間は?遅くまで営業している不動産屋ランキング!

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

深夜0時まで
すぐ対応中!
家AGENT+

follow us in feedly