家の前に立つ女の子

女性の一人暮らしで1階はとても危ない【体験談や防犯対策】

一人暮らしの知識

2017年8月20日投稿

イエプラ イエプラ

女性の一人暮らしで1階が危険な理由、オートロックの防犯性、1階に住む場合の防犯対策や、買った方が良い防犯グッズについて紹介します。

女性の一人暮らしで1階は危険です

1階での一人暮らしは、2階以上と比べてセキュリティが低く、女性を狙った被害に遭う確率が高いため危険です。

性犯罪だけでなく、空き巣や強盗といった被害にも遭いやすいので、女性の一人暮らしで1階に住むことはおすすめしません。

1階に住んだ人の危ない体験談

実際に女性が1階に一人暮らししたときの体験談を紹介します。危険な体験を中心にご紹介します。

・家に帰った直後にチャイムが鳴り、外を確認したら見知らぬ人が立っていました。時間帯や服装からして、セールスなどの人ではないと思います。繰り返しチャイムを鳴らされて、すごく怖かったです。
・住み始めの頃は、危険だと思っていなかったので外に洗濯物を干していました。二ヵ月くらい経った頃に、干していた下着が盗まれていました。
・休日の夜、カーテン越しに影が映っていて、人がいることに気が付きました。窓をたたくと、その人は逃げていきました。窓を割られなくてよかった・・・。
・オートロック付きのマンションに住んでいたのですが、建物の入口付近でずっと立っている男の人を見たことがあります。私が夜、買い物に行って帰るまでの約1時間、ずっといましたね。
・玄関に向か途中で、後ろから誰かがついてきていることに気が付きました。急いで部屋に入り外を確認すると、男の人がドアの前をうろうろしていました。
・初めて一人暮らしが1階でした。住み始めてすぐに空き巣に遭い、一ヵ月で引っ越しをしました。

1階が危険な3つの理由

女性の一人暮らしで1階が危険な理由をご紹介します。

①女性だと特定されやすい
②侵入や逃亡がしやすい
③部屋での動きが外からわかりやすい

①女性だと特定されやすい

1階の部屋は人目につきやすいです。そのため、カーテンの色や干している洗濯物から、女性であることや年齢層を特定されやすいのがデメリットです。

女性が住んでいるとバレることで、犯罪に巻き込まれる可能性が上がります。女性が住んでいると思われないようなカーテンにしても、後をつけられて、すぐに部屋の明かりを付けたら、部屋が特定されてしまいます。

②侵入や逃亡がしやすい

1階が不審者に狙われる最大の理由は、窓や玄関に近づきやすく、侵入と逃亡がカンタンだからです。

また、しっかりと戸締りをしていれば大丈夫というわけでもありません。1階のお部屋の場合、窓を割って侵入されるケースが一番多いのです。また、待ち伏せられて、帰宅と同時に玄関から侵入されることもあります。

③部屋での動きが外からわかりやすい

カーテンを開けるとお部屋の中が丸見えになってしまいます。

しかし、カーテンを閉めていても、夜だと中の様子が影でわかってしまうので、一人でいるのかなど、生活の様子が筒抜けになります。

1階は2階以上に比べ、プライバシーが守りにくいので、女性にとっては犯罪に巻きこまれるリスクが高いです。

オートロックでも安心できない5つの理由

実はオートロック付きでも簡単に侵入できてしまい、安心できません。理由は5つあります。

・センサーにチラシを近づけると開いてしまう
・鍵がなくても暗証番号で誰でも開けられる
・昔の居住者の鍵でも開けられる
・居住者が鍵を開けるタイミングに合わせて侵入できる
・マンションに住む人数=解錠できる人数

女性が襲われた暴漢事件の58%は屋内

警視庁によると、暗い夜道や公園、車の中ではなく、屋内の方が暴漢事件に巻きこまれる確率が高いです。

「屋内ゆえの油断」によって巻きこまれてしまった方も多いそうです。オートロックだから大丈夫!という油断から、コンビニに鍵をかけずに出かけるなどはやめましょう。

警視庁公表の場所別の発生状況
警視庁公表の場所別の発生状況

1階に住む場合の防犯対策

どうしても1階に住まないといけない理由がある方は、これから紹介する防犯対策が効果的です。

①カーテンを遮光タイプにする
②窓に防犯フィルムを張る
③鍵を二重にする・鍵を変える
④玄関に防犯シールを張る
⑤洗濯ものを外に干さない
⑥宅配便は時間指定にする
⑦モニター付きインターホンがある物件を選ぶ

①カーテンを遮光タイプにする

遮光カーテンにすれば、外へ自分の様子が漏れるのを、最小限に抑えられます。

②窓に防犯フィルムを張る

窓からの侵入を防ぐために、防犯フィルムを張って割られないように対策しましょう。

③鍵を二重にする・鍵を変える

玄関のカギを二重にすることで、ピッキングで開錠されにくくなります。またピッキングされにくい鍵に変えると、より防犯性が高くなります。

④玄関に防犯シールを張る

防犯シールなどを張って、防犯対策をしていることをアピールすることで犯罪の抑止に繋がります。

⑤洗濯物を外に干さない

外に洗濯物を干すと、女性とわかってしまうだけでなく、下着泥棒の被害に遭うかもしれません。なるべく外に干すのは避けて、もし干す場合は男性用のものを一緒に干すと良いでしょう。

⑥宅配便は時間指定にする

配達員を装って玄関の開錠を求められる場合があるので、宅配便は時間指定をしましょう。加えて、ドアを開ける前にインターホンで確認するか、一回ドアチェーンをしたまま開けるようにした方が良いです。

⑦モニター付きインターホンがある物件を選ぶ

モニター付きのインターホンであれば、玄関を開ける前に外の様子をしっかり確認できます。

1階に住む場合買った方が良い防犯グッズ

女性が1階で一人暮らしをする際に、買った方が良い防犯グッズを紹介します。

防犯フィルム
防犯フィルム

出典:https://www.amazon.co.jp/

窓を割られて侵入される可能性があるので、防犯フィルムを張って、割られないように対策しましょう。
玄関用2重ロック
玄関用2重ロック

出典:https://www.amazon.co.jp/

玄関に鍵が2つあれば、不審者に、鍵を開けるのは時間がかかると思わせることができます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとしたスキマ時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せて、気になれば内見予約もしてくれます!

不動産屋に行くのがめんどくさい方や、対面で話すのが苦手な方にもおすすめです。

イエプラのトップページ

イエプラはこちらから深夜0時まで
すぐ対応中!

女性スタッフをご希望の方はこちら

イエプラ
イエプラ

オススメ記事一覧

年内に引っ越したいなら10月中に部屋を探したほうが良い理由

 

未公開物件とは?たった1つの正しい探し方【非公開物件】

 

部屋探しサイトおすすめランキング! BEST5【賃貸】

 

不動産屋に行く必要なし!チャット不動産屋「イエプラ」が超便利!

 

「入居審査が通らないかも…」と不安な方におすすめの不動産屋3選

 

おとり物件とは?50の不動産屋を調査してわかった悪質な実態

 

東京で評判の良い不動産屋はここ!

 

不動産屋の物件情報をネットで全部見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

【一人暮らし】初めての部屋探しで注意したい30のポイント

 

初期費用を分割払いする方法!現金の分割は可能?

 

同棲におすすめの間取り【カップル必見】

 

二人暮らしの生活費の目安は?費用モデルでシミュレーション

 

家賃が1ヶ月無料!?フリーレントのメリットやデメリット!

 

不動産屋の営業時間は?遅くまで営業している不動産屋ランキング!

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

深夜0時まで
すぐ対応中!
家AGENT+

follow us in feedly