木の芽

法人契約とは?連帯保証人や必要書類について解説【賃貸】

部屋探しの知恵

2017年7月23日投稿

イエプラ イエプラ

賃貸契約の法人契約とは何か、連帯保証人についてや、法人契約の必要書類などをわかりやすく解説していきます。

法人契約とは貸す人と会社(法人)が契約すること

法人契約とは、個人ではなく会社(法人)が貸主と契約することです。賃貸の法人契約は、社員が転勤するときに会社がお部屋を借りるときや、新しいオフィスを借りるときに多いです。

法人契約は難しく考えなくてOK!

法人契約は、不動産屋と会社の総務がやりとりしてくれます。入居する方が行うことは「住民票の写しを準備する」くらいですので、難しく考えないでください。

連帯保証人が必要か否かは契約したい物件次第

連帯保証人が必要か否かは、契約したい物件次第で変わります。基本的に以下の4項目で決まります。

1.設立年数
2.上場しているか
3.資本金
4.従業員数(会社規模)

社宅代行が入るケースは連帯保証人は不要なことが多い

社宅の契約や解約、入退去管理などを行う社宅代行が入る場合は、連帯保証人が不要なことが多いです。

連帯保証人は入居者か代表取締役

連帯保証人が必要な場合、法人契約の際の連帯保証人は、入居社か代表取締役のいずれかになることがほとんどです。

法人契約の必要書類一覧

必要書類は、上場企業・非上場企業・法人経営者で変わります。必要な場合は「○」を付けています。

不動産屋と会社の総務がやりとりしてくれるので、興味があれば見てください。

提出書類 上場企業 非上場企業 法人経営者
会社概要書
法人税納税証明書 必要な場合あり -
会社膳本
法人の印鑑証明書
社員証の写し
納税証明書 - -
入居者の住民票の写し  必要な場合あり  必要な場合あり

連帯保証人必須の場合は印鑑証明書が必要

連帯保証人必須の場合は、連帯保証人になる人の印鑑証明書が必要になります。上場企業・非上場企業・個人事業者のいずれも必要です。

法人契約は定期借家物件はNG

入居期間があらかじめ決められてしまう定期借家は、会社側に不都合が多いため、会社は法人契約することを許してくれません。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとしたスキマ時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せて、気になれば内見予約もしてくれます!

不動産屋に行くのがめんどくさい方や、対面で話すのが苦手な方にもおすすめです。

イエプラのトップページ

イエプラはこちら深夜0時まで
すぐ対応中!

女性スタッフをご希望の方はこちら

イエプラ
イエプラ

オススメ記事一覧

8月に引っ越したい方必見!時期の特徴や部屋探しの注意点

 

未公開物件とは?たった1つの正しい探し方【非公開物件】

 

部屋探しサイトおすすめランキング! BEST5【賃貸】

 

不動産屋に行く必要なし!チャット不動産屋「イエプラ」が超便利!

 

「入居審査が通らないかも…」と不安な方におすすめの不動産屋3選

 

おとり物件とは?50の不動産屋を調査してわかった悪質な実態

 

東京で評判の良い不動産屋はここ!

 

不動産屋の物件情報をネットで全部見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

【一人暮らし】初めての部屋探しで注意したい30のポイント

 

初期費用を分割払いする方法!現金の分割は可能?

 

同棲におすすめの間取り【カップル必見】

 

二人暮らしの生活費の目安は?費用モデルでシミュレーション

 

フリーレントとは?メリットやデメリット!【意味や仕組み】

 

不動産屋の営業時間は?遅くまで営業している不動産屋ランキング!

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

深夜0時まで
すぐ対応中!
家AGENT+

follow us in feedly