一人暮らしのお部屋

【一人暮らし】初めての部屋探しで注意したい20のポイント

一人暮らしの知識

2017年3月28日投稿

イエプラ イエプラ

初めて一人暮らしする方必見!部屋探しで注意したいことを20ポイント紹介します。部屋探しの際に参考にしてください。

1.敷金なしはお得になったわけではない

入居時に「敷金なし」でも、お得になったわけではありません。

敷金とは、家賃滞納時の保証金や、退去時の修繕・清掃費が発生したときのためにあらかじめ預けておくお金のことです。

入居時に預けないだけで、退去時に修繕・清掃費は請求されます。つまり「先に払うか後に払うか」だけの違いです。

2.おとり物件に注意しよう

おとり物件とは、不動産屋が既に埋まってしまっていることを分かった上で、集客のためにネット上に掲載したままにして、問い合わせがあったお客様を騙してお店に呼ぶ悪質な手口のことです。

全く存在しない物件を勝手に作り上げて集客することもおとり物件に該当します。

おとり物件の特徴

おとり物件にはいくつか特徴があります。あくまで特徴ですので、該当するすべての物件がおとり物件とは限りません。

相場に対して安い家賃の物件

全く理由も無く、相場に対して賃料が安い物件はおとり物件の可能性があります。

物件情報に「仲介先物」と表記されている

物件情報を掲載するルールに、物件情報を出している元が、大家さんとどのような関係性なのかを表記しなければならないというものがあります。

大家さんとの関係性が「仲介先物」と表記されていたら、おとり物件の可能性があります。「仲介先物」の場合は、唯一大家さんと関わりがないのです。おとり物件として載せていても大家さんにバレないのです。

大家さんとの関係性は以下のいずれかになります。

貸主  大家さん本人
代理  大家さんと関わりが深い代理人
仲介元付  大家さんに直接物件情報の掲載を任されている人
仲介先物  仲介元付に物件情報の掲載を任されている人、大家と直接の関わりはなし

詳細住所の明記がない

住所が○○区までしかなかったりする場合も、おとり物件と怪しんでください。住所から物件情報を調べられては困る理由があるということです。

現地待ち合わせで内見できない物件

不動産屋に、来店せずに直接物件前で待ち合わせして内見したいというと、「一度来店する必要がある」と渋られた場合もおとり物件を疑いましょう。

3.家賃は手取りの3分の1~4分の1を目安に考える

一人暮らしのヘヤ

家賃は月の手取りの3分の1~4分の1を目安に探しましょう。大学生で、親が家賃を出してくれる場合は、希望するエリアの相場を不動産屋に聞いて参考にしてください。

手取りに対する家賃の目安をまとめましたので、部屋探しの際に参考にしてください。

手取り額 家賃の目安
150,000円 37,000~50,000円
180,000円 45,000~60,000円
200,000円 50,000~67,000円
250,000円 62,000~83,000円

4.「○畳」ではなく「専有面積」を見るべき

例えば10畳と表記されていた場合、その10畳は風呂トイレや押し入れ、ベランダ部分も含まれています。

つまり物件を比較したくても、同じ10畳で、物件によって風呂トイレや押し入れ、ベランダ部分の広さが異なるため、生活部分の広さが「畳」では比較できないのです。

生活部分を比較したい場合は「専有面積」で比較しましょう。専有面積は生活部分の広さの指標です。

同じ10畳でも物件ごとで専有面積が大きく違うので部屋探しの際は注意しましょう。

5.ワンルームと1Kの違いは仕切りの有無

一人暮らし向けの間取りはワンルームと1Kですが、違いは「仕切りドアの有無」です。

ワンルームは仕切りがなくすべてがひと続きの間取りで、1Kはキッチンとリビングスペースに仕切りドアのついている間取りです。

ワンルームにお部屋の改装を機に、仕切りが後付けされていることも多く、改装前の間取り図のままの場合、間取り図では仕切りの有無が判別できなかったりします。実際に内見して確かめましょう。

6.アパートとマンションの違いは構造と階数の2つ

白いソファ

アパートとマンションの違いは構造の違いと階数の違いの2つです。

構造の違い

アパート 木造、軽量鉄骨造
マンション 鉄骨造、鉄骨コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリート

木造、軽量鉄骨造以外は、マンションという理解で問題ないです。ただ稀に、鉄骨造のアパートといったレアなケースもありますが、少数なので基本的には紹介した違いで理解しましょう。

階数の違い

アパート 2階までしかない
マンション 3階以上ある

エレベーターがあるのはマンション、無いのはアパートといった覚え方でも良いです。2階建てのアパートにエレベーターは必要ないのでついていません。

マンションの方がアパートより優れている

マンションのほうがアパートより優れている項目は多くあります。

項目 マンション アパート
耐火性 高い 低い
防音性 高い 低い
通気性 高い 低い
防犯性 高い 低い
管理人 いる いない
エレベーター ある ない
24時間ゴミだし 可能 不可

防音性も断然マンションの方が高い

構造 マンションorアパート 防音性
鉄骨鉄筋コンクリート マンション ★★★★★
鉄筋コンクリート マンション ★★★★☆
鉄骨造 マンション ★★★☆☆
軽量鉄骨造 アパート ★★☆☆☆
木造 アパート ★☆☆☆☆

7.「ユニットバス=風呂トイレが一緒」という認識は間違い

ユニットバスの意味は、風呂トイレが一緒ではなく「周りの壁・天井・床が一体になっているお風呂」です。

バスやトイレや洗面台が一緒、一緒じゃないということは、ユニットバスかどうかの判断材料にはなりません。

間違った認識だった方は驚くかもしれませんが、下の浴室もユニットバスです。

高級感のあるユニットバス

出典:http://bathtoilet-reformplaza.com/goods/g_bath

判断基準の「周りの壁・天井・床が一体になっているお風呂」という条件を満たしていますよね。

8.ロフト物件はデメリットが多い

ロフト物件は生活スペースと趣味部屋・寝室を分けることができ、天井も高くなるので解放感が生まれて、一人暮らしの方に人気ですが、たくさんのデメリットがあるのです。

以下にデメリットをまとめましたので、部屋探しの際に参考にしてみてください。

・夏場は蒸し風呂状態になる
・暖房冷房が余分にかかる
・階段の上り下りが面倒
・ロフト部分の天井に頭をぶつける
・落下の危険性がある
・掃除スペースが広い
・家賃が単身者用の間取りと比べ少し高い

9.オートロックの防犯性は低いです!

オートロックは簡単に開けられてしまいます。不安な女性の一人暮らしでも安心できるわけではありません。

オートロックは、以下の5つの理由より防犯性が低いです。

・センサーにチラシを近づけると開いてしまうこと
・鍵がなくても暗証番号で誰でも開けられること
・昔の住人の鍵でも開けられること
・住人が鍵を開けるタイミングに合わせて侵入できること
・マンションに住む人数=解錠できる人数であること

10.駅近マンションは意外とデメリットが多い

便利という理由で「駅近」に絞ってお部屋を探すのはデメリットを知ってからでも遅くないです。

・同じくらいの設備では家賃が高くなる
・電車や踏切の音がうるさい
・夜中でも騒がしい
・飲食店が多いので、ゴキブリが出やすい
・マンションのエントランスに酔っ払いが寝ていることがある※おう吐物があることも

家賃の安さや静かな住環境を求めるなら駅近マンションはやめるべき

駅に近くなるにつれ、家賃が高くなり、人が多くなります。なんとなく駅から近い方がいいなという考えなら、住んでから後悔するかもしれません。新たなお部屋に一番何を求めるのかを再度考えてみてください。

11.キレイなお部屋がいいからと築年数浅めだけで探さない

お部屋探しの際に「キレイなお部屋がいいから」という理由で、築浅だけから探す方がいますが、間違った探し方です。

築年数が経過していても、リノベーションされて新築のようにきれいなのに、築年数を絞ったことにより見落としてしまうことがあるからです。

12.独立洗面台は必ず必要とは限らない

独立洗面台は生活スタイルによって必要か否かが変わります。どんな人に必要か、いらないのかをご紹介しますので、どちらが当てはまるか確認してみてください。

こんな人に独立洗面台は必要

・洗面台で身支度をすべて終わらせたい人
・友人が来たときに、キレイで新しい部屋だと思われたい人
・お風呂のとき以外に濡れたお風呂場に入りたくない人
・同棲カップルやルームシェアで住む人
・夜の仕事の人(外見に気を使う人)
・コンタクトの人(洗浄液などを置く場所が必要だから)

こんな人は独立洗面台はいらない

・朝シャワー派で洗顔や歯磨きなどをすべて浴室で済ませる人
・身だしなみを整えるときにあまり鏡を見ない人
・リビングでドライヤーやメイクをしたい人

13.駅徒歩○分は実際に歩いてみないとわからない

駅徒歩は「1分=80m」という基準の元に表記されています。しかし坂道や信号の多さで変わってきます。

またSUUMOやHOME’Sなどの物件情報サイトは、駅徒歩をチェックする検索方法なので、実際は6分かかるお部屋も、5分以内のチェックに該当させたいからと、1分サバを読んで表記されていることがあります。

内見時に実際に歩いてみることをおすすめします。

14.大通り沿いのマンションはデメリットばかり

大通り沿いのマンションは、以下のようなデメリットがありますので、一人暮らしの部屋探しではおすすめできません。

・車の騒音がうるさい
・大型トラックが通ったときの揺れが気になる
・排気ガスによって空気が悪い(洗濯物が汚れる)

15.フリーレント物件のカラクリについて

フリーレントとは「無料で借りる」という意味で、入居後1〜3ヶ月程度の家賃を無料とする契約形態です。「得した!」と思えますが、実はお得に見せているだけかもしれません。

まずはフリーレントの説明からします。

フリーレント契約の説明

http://home.adpark.co.jp/contents/freerent/

例えば、家賃10万円の賃貸マンションを2年間(24ヶ月)で借りたとき、家賃総額は10万円×24ヶ月で計240万円となります。これが入居後1ヶ月のフリーレントならば、家賃総額は10万円×23ヶ月で230万円となります。

フリーレントになった10万円を24ヶ月で割ると、1ヶ月あたり4166円お得になります。つまり、1ヶ月あたりの家賃が約9万6千円になったとも例えられます。

ただ、実はこの物件の家賃がほんとは9万5千円だったとしたらどうでしょうか?

フリーレントじゃなくても、フリーレントなことで、お得に感じてしまいがちですが、大家さんにうまく騙される結果になりますよね。

16.マンスリーマンションのデメリットについて

レオパレスなどで扱っているマンスリーマンションは、家具家電も付いていて、すぐに一人暮らしを始めやすいと人気ですが、デメリットがありますので理解しておきましょう。

マンスリーマンションのデメリットは以下の通りです。

・普通のマンションより一日単位の費用が高い
・一括で前払いをする必要がある
・契約期間中の解約が難しい

普通のマンションより一日単位の費用が高い

3ヶ月90日間でマンスリーマンションと、普通の賃貸マンションでかかる費用を考えると、マンスリーマンションの方が割高です。

どれくらい割高なのかというのは、それぞれのマンスリーマンションのプランによって変わってしまうのですが、賃貸マンションで7万円の家賃なら、マンスリーマンションでは9万~10万円ほどになります。

一括で前払いする必要がある

入居の際にまとまったお金を前払いする必要があります。ある程度の初期費用の準備がないとマンスリーマンションには入居できません。

契約期間中の解約が難しい

長期での契約をしていて割引対象となっている際に、諸事情で引越しをするとなると、違約金が発生してしまい大金を請求されてしまうというケースも少なくありません。

マンスリーマンションは長期で入居する契約をすると、一日当たりの家賃が安くなる仕組みなので、つい長期で契約してしまうと起こってしまうので、契約の際に違約金事項をきちんとチェックしましょう。

17.内見は絶対にすべき

カラフルな壁紙

内見は絶対にすべきです。間取り図からはわからないことがたくさんあります。

また室内だけ確認してしまう方もいますが、内見は大きく分けて、室内、建物全体、周辺環境の3つを確認するようにしましょう。

内見の際の細かなチェック項目は、こちらの記事を参考にしてください。

内見の際のチェックポイント一覧【チェックリスト付き】

18.内見したいお部屋はすぐに内見しないと埋まります

「内見したいお部屋が何部屋か見つかったら、まとめて内見しよう」という考え方はNGです。理由は、自分が内見したいと思う条件が良いお部屋は、他の人も気になっているので、入居される可能性が高いからです。

「何部屋か見つかったら」では、まとめて内見しようと思ったときには、すでに別の方が入居していることも多いです。

19.部屋探しにおすすめの時期を知っておこう

部屋探しにおすすめの時期は、部屋探しで重視する項目で変わります。重視する項目ごとで部屋探しにおすすめの時期をまとめましたので、参考にしてみてください。

重視する項目 部屋探しにおすすめの時期
 家賃の安さ  5月、11月、12月
 物件数の多さ  2月、3月、4月
 新築物件の多さ  3月、9月

20.家賃交渉は成功しないものと思っておこう

家賃交渉の成功率は全体の5%~10%です。しかも、ほとんどが1000円~2000円単位です。

なにも知らない人は、家賃は簡単に下がるものと考えていますが、賃貸物件の契約時の敷金や礼金といった初期費用よりも、圧倒的に難易度が高いです。

賃貸契約で、家賃だけ唯一永続的な収入になるので、大家もそう簡単に値下げには応じてくれません。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとしたスキマ時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せて、気になれば内見予約もしてくれます!

まとまった時間がなくても、休憩時間や寝る前のベッドなど、いつでもお部屋を紹介してくれて便利です!

不動産屋に行くのがめんどくさい方や営業マンと対面することが苦手な方にもおすすめです。

イエプラはこちらから

女性スタッフをご希望の方はこちら

イエプラ

イエプラ

オススメ記事一覧

5月に引っ越したい方必見!時期の特徴や部屋探しの注意点

 

未公開物件とは?たった1つの正しい探し方【非公開物件】

 

不動産屋に行く必要なし!チャット不動産屋「イエプラ」での部屋探しが超便利!

 

「入居審査が通らないかも…」と不安な方におすすめの不動産屋3選

 

初期費用を分割払いできる唯一の方法【賃貸】

 

おとり物件とは?50の不動産屋を調査してわかった悪質な実態

 

東京で評判の良い不動産屋さんはここ!

 

【一人暮らし】初めての部屋探しで注意したい20のポイント

 

不動産屋の物件情報をネットで全部見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

無職で賃貸契約はできるの?不動産屋が【現実】を教えます

 

東京のおすすめの不動産屋ランキング!【口コミで高評価】

 

【カップル必見】同棲におすすめの間取り

 

家賃目安の早見表【手取りの4分の1推奨】

 

フリーターで一人暮らしは現実的?手取り15万円以上推奨!

 

分譲賃貸とは?メリットデメリットを徹底解説!

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

深夜0時まで
すぐ対応中!
家AGENT+

follow us in feedly