shutterstock_273501752-min

1DKの間取りでのレイアウトやおすすめポイント【一人暮らし】

一人暮らしの知識

2016年3月13日投稿

イエプラ イエプラ

1DKで一人暮らしを考えている方のために、1DKの間取りのレイアウトやおすすめポイントをご紹介します。「家賃を抑えるならワンルームか1Kだけど…」「でもなるべく広い部屋に住みたいな…。」など相反する考えを巡らせているのではないでしょうか?お財布に優しく、ゆとりのあるスペースを確保したいのなら知らなきゃ損ですよ!

1DKのレイアウト術

1DKのお部屋をさらに広く快適に使うにはどうしたらよいのでしょうか?実際の間取りを見ながら、お部屋の使い方を考えてみましょう!

DKをプチリビングに

DKをリビングに

http://www.stylics.com/coordinate-collection/in22collection/

1DKでもリビングを持つことは可能です。DKスペースにテーブルとチェア、テレビなど娯楽用の家電を配置すると、食事をするだけではなく、くつろぐ場所も作れます。そして寝室を完全に分けられることがメリットに。

ソファベッドを取り入れると、友達が泊まりに来たときの寝る場所も確保できますよ。

間仕切りしてDKの中に小さなお部屋を

DK間仕切り

http://dehuismuts.com/5-room-dividers/

DKを本棚などで仕切ってベッドルームにしてしまいましょう。ベッドは部屋の中でもいちばん大きな家具。居室からベッドをなくすと、お部屋を趣味や広いリビングスペースにできます。

仕切りのなかにデスクを置けば、小さな書斎をつくれます。おうちでも仕事をする人は、仕事とプライベートの切り替えがしやすくなりますね。

ハンガーラックなどでDKにクローゼットを

DKクローゼット

http://scrap-interior.com/articles/

備え付けの収納スペースが少ない場合、居室に収納家具を置くと雑然として生活感が出てしまいますよね。

コートなどをかけるハンガーラックを収納にするとお部屋を広く魅せられます。お出かけ前にさっと羽織れるのもうれしいですね。

戸をはずして広いワンルームに

1DKの間取り

http://www.sansoh-reform.com/type/case/12.html

DKと居室の間の戸が外せるのなら外してしまうのもひとつの手です。

間取りは実質ワンルームになってしまいますが、開放感のある広い空間をつくることができます。ただ、大家さんによってはNGな場合もあるので、戸を外してよいか確認をとってみましょう。

1DKは広くてお得!おすすめポイントは!?

1DKは、ワンルームや1Kに比べ広いですが、1LDKほど家賃も高くならないので、家賃を抑えてすこしでも広いお部屋に住みたい方におすすめです!

1DKのおすすめポイントをご紹介します。

1Kにはないゆとり

1DKは1Kと比べるとキッチンスペースが広く取られていて、ダイニングとしても使用できるゆとりがあります。

収納も1Kより多めの傾向です。一人暮らしなら居住空間も収納スペースも余裕を持って取ることができます。

ほぼ1LDKの間取りも

家賃で比較すると、1LDKのほうが1DKよりも圧倒的に高めの設定です。しかし、実際の間取りを比べて見るとほとんど変わらないというケースもあります。

1DKでも1LDKのような広さや使い勝手のある物件はたくさん存在しています。

レトロ物件が多く賃料が抑えめ

1DKは築年数の古い物件が多めです。ゆえに家賃が安いことがおすすめポイントです!

「築年数が古い」ならボロいお部屋が多いのでは、と感じたかと思いますが、築年数と物件の状態は必ずしも一致しません。築年数にとらわれずに探してみると、きれいな物件にもたくさん出会えます。

1DKの間取りの物件を選ぶときの注意点

1DKの魅力に加えて、1DK物件を選ぶ際のポイントもご紹介していきます。

ダイニングスペースが狭すぎる1DKもある

例えば「DK部分が7畳」というように、限りなく1LDKに近いような物件もあれば、反対に、キッチンスペースを除くとダイニングテーブルがやっと置けるか置けないかくらいの、ほとんど1Kのような1DKもあるのが事実です。

中途半端で使いにくい間取りも

ダイニングスペースは確保できたとしても「テーブルを置くとちょっと邪魔で通りにくい…」というような、中途半端さを感じる物件も多いです。1DK物件を探す際は、できるだけDKの部分が広めの物件を探すことをおすすめします。

1Kと1DKと1LDK、何が違うの?という方のために

1K・1DK・1LDK…、「数字とアルファベットの組み合わせでなにが何だかわからない!」という人もいますよね。そこでザックリと各数字とアルファベットが持つ意味を解説します。

「L」⇒リビング
「D」⇒ダイニング
「K」⇒キッチン

また、アルファベットの前にある数字「1」「2」などは、リビング・ダイニング・キッチン以外のお部屋の数のことを指します。例:1DK、2LDK

つまり例えば1DKなら「ダイニング・キッチンの確保されたスペースと1部屋あるよ」という解釈になります。では、これから一人暮らしのお部屋探しをしている人が、良く見かける間取りを比べてみましょう。

1Kと1DK

ワンルームはお部屋の中にキッチンがありますが、そのキッチンが別になったつくりを1Kと呼びます。1DKは1Kにダイニングが付いている間取りのタイプです。

1DKと1LDK

「ほとんど一緒じゃん!」と思えるこの2つの間取りの違いは『DK部分の広さ』にあります。

不動産公正取引協議会の規約では、その基準が示されていおり、1DKや1LDKのように、DK以外の居室がひとつの物件の場合、間取りの呼び方は下のようになります。

・DKが4.5畳以上⇒1DK
・DKが8畳以上⇒1LDK

同じような見た目でも、LDKの面積がちょっと違うだけで1DKになったり、1LDKになったりするのですね。またあくまで違いは『DK部分の広さだけ』の話なので、物件全体の広さは1LDKよりも1DKの方が広い場合もあるのです。

以下の青い文字をタップすると、1DKと1LDKの違いについての詳細を見ることができます。

1DKと1LDKの違いについての詳細はこちら

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとしたスキマ時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せて、気になれば内見予約もしてくれます!

不動産屋に行くのがめんどくさい方や、しつこい営業が苦手な方もマイペースにお部屋を探せておすすめです。

イエプラのトップページ

イエプラはこちらから深夜0時まで
すぐ対応中!

女性スタッフをご希望の方はこちら

イエプラ
イエプラ

オススメ記事一覧

年内に引っ越したいなら10月中には部屋を探しておくべき理由

 

未公開物件とは?たった1つの正しい探し方【非公開物件】

 

部屋探しサイトおすすめランキング! BEST5【賃貸】

 

不動産屋に行く必要なし!チャット不動産屋「イエプラ」が超便利!

 

「入居審査が通らないかも…」と不安な方におすすめの不動産屋3選

 

おとり物件とは?50の不動産屋を調査してわかった悪質な実態

 

東京で評判の良い不動産屋はここ!

 

不動産屋の物件情報をネットで全部見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

【一人暮らし】初めての部屋探しで注意したい30のポイント

 

初期費用を分割払いする方法!現金の分割は可能?

 

同棲におすすめの間取り【カップル必見】

 

二人暮らしの生活費の目安は?費用モデルでシミュレーション

 

家賃が1ヶ月無料!?フリーレントのメリットやデメリット!

 

不動産屋の営業時間は?遅くまで営業している不動産屋ランキング!

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

深夜0時まで
すぐ対応中!
家AGENT+

follow us in feedly