電卓を持つ女性

一人暮らしの水道光熱費!平均はどれくらい?

一人暮らしの知識

2017年11月4日投稿

イエプラ イエプラ

一人暮らしで水道光熱費(電気代・ガス代・水道代)の平均はどれくらいかかるのか、電気代、ガス代、水道代を節約するコツなどをご紹介します!

毎月の水道光熱費の平均は?

一人暮らししている方300人に月々の水道光熱費の平均をアンケートしました。

電気代、ガス代、水道代を合計した水道光熱費の月々の平均は、約12,544円でした。それぞれの平均金額は以下の表の通りです。水道代は2ヶ月ごとの支払いなので、1ヶ月換算した金額を記載しています。

電気代 約4,818円
ガス代 約4,106円
水道代(1ヶ月換算) 約3,620円

毎月の電気代は約4千円~5千円

一人暮らしでかかる電気代の目安は、季節によってバラつきがあります。春や秋はエアコンをほとんど使わないため、4千円以下で済むことが多いです。夏や冬はエアコンを使う機会が多いため、5~6千円かかることもあります。

オール電化の物件だと、ガス代の代わりに電気代がかかるようになります。

毎月のガス代は約4千円

一人暮らしでかかるガス代の目安は、毎月4千円くらいです。都市ガスなのかプロパンガスなのかによって、費用に差がでます。プロパンガスの方が、都市ガスと比べて、ガス代が1.6倍高いです。

都市ガスとプロパンガスの料金などの違い

また、自炊をする人や、シャワーの時間が長い人、毎日湯船につかる人は5千円以上かかる場合もあります。

水道代は1ヶ月で約3~4千円

一人暮らしでかかる水道代は3~4千円くらいです。シャワーが長い人やお風呂を頻繁に沸かす人の場合は、目安よりも高くなりますが、それでも4千円くらいで収まることがほとんどです。

水道光熱費は地域によって差がある

水道光熱費は、同じ使用量でも地域によって差があります。都内の水道光熱費を他の地域と比べると、千葉や大阪などは年間で約2万円安く抑えらます。

各地域にある電力会社の料金設定の違いや、使用料金の安い都市ガスが利用できないなど、さまざまな要因があります。

新しく一人暮らしを始める際には、住む地域の水道光熱費がどれくらいかかるのか知っておきましょう。以下に、東京を含む関東の主要地域と大阪ででかかる、年間の水道光熱費の平均金額をまとめました。

東京 約135,000円
千葉 約120,000円
神奈川 約125,500円
埼玉 約145,000円
大阪 約110,000円

電気代を節約する6つのコツ

①使わないときはコンセントを抜く
②家電を省電力設定にする
③古い家電を買い換える
④家電の使い方を見直す
⑤支払い方法を変更する
⑥契約しているアンペア数を変更する

①使わないときはコンセントを抜く

コンセントを繋いでいるだけでも待機電力というものを消費しているため、使っていなくても電気代はかかっています。年間で約700円無駄に出費することになります。スマホの充電器や電気ケトルなどのコンセントは、使うときだけ繋いで、使わないときは抜きましょう。

②家電を省電力設定にする

家電をなるべく省電力設定に変更しましょう。省エネ機能がついている家電が多くなってきているので、有効活用して毎月の電気代を減らしましょう。

テレビやエアコンなどを省電力設定にして使用した場合、年間で約2,000円の節約ができます。

③古い家電を買い替える

家電は長く使い続けていると、機能が落ちてきます。エアコンや冷蔵庫の場合、効きが悪くなって無駄な電力を使っていることがあります。長く使っている家電があるなら、思い切って買い換えましょう。少し割高ですが、省エネ家電を購入するのもありです。

以下は、新しい家電に買い換えた場合の、年間節約額の例をまとめたものです。家電の買い替えには費用がかさみますが、長い月日で考えるとお得になります。

買い換える家電 年間節約額
冷蔵庫 約13,000円
エアコン 約18,000円
洗濯機 約7,000円

④家電の使い方を見直す

家電の使い方を少し意識するだけで、電気代はお得になります。例えば、冷蔵庫に食品を入れすぎると、温度調整のために消費する電力が大幅に増えます。冷蔵庫の容量の約7割に抑えれば、年間で約1,000円節約できます。

また、冷蔵庫を狭いスペースに配置していると、本体の放熱がうまくできずに無駄な電力を消費してしまいます。冷蔵庫の放熱に必要なスペースは5cm以上なので、十分なスペースが確保できているか確認してみましょう。年間の節約額は約1,200円です。

⑤支払い方法を変更する

電力会社によっては、口座振替を利用することで割引が適用される場合があります。クレジット払いを利用した場合だとポイントが付くこともあります。振込支払いの人は、お得になるかもしれないので、ぜひ確認してみてください。

⑥契約しているアンペア数を変更する

契約しているアンペア数を変更することで、毎月の電気代を節約することができます。アンペア数とは、一度に使える電気の量です。数値が大きいほど、一度にたくさんの家電を使用可能で、数値ごとに基本料金が設定されています。

家電に記載されている◯Aの数値を足していくことで、どのくらい使っているのか確認できます。一度に多くの家電を使うことが少ない人は契約内容を変更してみてはいかがでしょう。

一人暮らし向けの物件だと20か30アンペアに設定されていることがほとんどです。30アンペアから20アンペアに変更すれば、年間で約3,372円節約、20アンペアから15アンペアに変更すれば、年間で約2,800円節約できます。

それぞれのアンペアに設定されている基本料金は、30アンペアが約842円、20アンペアが約561円、15アンペアが約421円です。現在の契約アンペア数は、ブレーカーのスイッチ部分に記載されているので、一度確認してみてください。

ガス代を節約する8つのコツ

①支払い方法を変更する
②自炊をする場合は作り置きする
③野菜などの加熱は電子レンジを使う
④鍋での調理方法を工夫する
⑤家で揚げ物はしない
⑥洗い物の際にお湯を使わない
⑦シャワーを流したままにしない
⑧お風呂はふたをして沸かす

①支払い方法を変更する

口座振替を利用することで割引が適用される場合があります。クレジット払いを利用した場合だとポイントが付くこともあります。振込支払いの人は、お得になるかもしれないので、ぜひ確認してみてください。

②自炊をする場合は作り置きする

毎日料理するよりも、一度に多く作ったほうがガス代の節約になります。年間の節約額は約500円です。洗い物の回数も減らせるので、水道代の節約もできます。

③野菜などの加熱は電子レンジを使う

野菜の下茹でを電子レンジで行うなどの工夫をすることで、ガス代の節約に繋がります。また、食材に火を通す際に、加熱対応の蓋付き容器を使えば時間短縮できます。電子レンジで加熱した場合、ガスで加熱するよりも半分くらいの金額に抑えられます。

お湯を沸かす際も、ヤカンではなく電気ケトルを使用しましょう。

④鍋での調理方法を工夫する

鍋で調理をする際、鍋蓋を使えば熱が逃げにくくなるので、調理時間の短縮ができます。また、食材をなるべくまとめて茹でることでお湯を沸かす時間を短縮でき、年間約4,500円節約できます。

⑤家で揚げ物はしない

揚げ物の調理は、油を温める・食材を揚げるのに時間がかかります。食材によっては調理時間が長い物もあるので、なるべく家で揚げ物をするのはやめたほうがよいです。

もし家で揚げ物調理をする場合は、少ない油でできる揚げ焼きなど、調理を工夫するとガス代を抑えられます。

⑥洗い物の際にお湯を使わない

洗い物をする際は、なるべくお湯は使わずにガス代を節約しましょう。厚手のゴム手袋などを使用すれば、冬場に手が冷たくなるのを緩和できます。

⑦シャワーを流したままにしない

シャワーの流しっぱなしは非常に無駄です。1日のシャワー時間を1分短くするだけで、年間約1,700円節約できます。

⑧お風呂は蓋をして沸かす

お風呂は蓋をして沸かしましょう。熱が逃げにくくなり、追い焚きの回数や時間を減らせます。年間約2,000円節約できます。

水道代を節約する5つのコツ

①使う水量を減らす
②支払い方法を変更する
③洗濯はまとめてする
④洗濯の回数を減らす
⑤シャワーヘッドに節水グッズを取り付ける

①使う水量を減らす

シャワーや洗い物の際に、水を流したままにしないことが一番簡単な節水方法です。こまめに止めて、必要なときだけ流しましょう。1日1分、水を流す時間を短くできれば、年間で約1,000円節約できます。

また、トイレの水を流す際に、大と小の使い分けを意識することで水道代を節約できます。使い分けがしっかりできれば、年間で約5千円節約できます。

食器洗浄機を使う

食器洗いに食器洗浄機を使うことで、手洗いよりも少ない水量で洗うことが可能で、年間約8,000円節約できます。冬場の冷たい水で洗い物をする必要がなくなりますし、時間の短縮にもなります。

②支払い方法を変更する

口座振替を利用することで割引が適用される場合があります。クレジット払いを利用した場合だとポイントが付くこともあります。振込支払いの人は、お得になるかもしれないので、ぜひ確認してみてください。

③洗濯はまとめてする

洗濯はこまめにするよりも、何日分かをまとめて選択するほうが節水できます。洗濯機の容量の8割くらいがベストです。年間の節約額は約3,800円です。

④洗濯の回数を減らす

上着などのあまり汚れない洋服は、1日着てすぐに洗濯するのはやめましょう。

⑤節水グッズを使用する

節水グッズを使用するのも、節約には効果的です。シャワーヘッドに取り付けるものや、蛇口に取り付けるものもあります。

節約したいならまずは家賃を抑えるべき!

一度住み始めると、家賃の値段は簡単には変えられません。家賃8万円のお部屋ではなく6万円のお部屋に住むと年間24万円を節約できます。家賃を抑えることで、社会人の1ヶ月分の給料と同じくらい節約できると考えると大きいですよね。

これから一人暮らしを始める方は、なるべく家賃を抑えて生活費に余裕を持たせることをおすすめします。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、深夜0時まで、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

イエプラの使い方や利用した人の感想をご紹介しますので、気になったら使ってみてください!

横にスライドすると続きをご覧いただけます。

00

A子さんがイエプラを使ってみた!

「私がイエプラを使った時の流れをご紹介します」
※灰色のボタンを押すと続きをご覧頂けます。

01

帰宅後、イエプラに登録!

友達に教えて貰った『イエプラ』。
お風呂上がりにポチポチっと登録完了!

02

早速お部屋情報を確認!

登録後1分でお部屋が紹介されました。
でも、実はもうちょっと希望条件があるので…

03

チャットで細かくワガママ!

ちょっと多すぎる?!と思ったけど、
とりあえずスタッフさんにチャットで相談。

04

ワガママどおり=理想のお部屋!

しばらくしたらお部屋が追加されました~。
と、ここでひとつ疑問が出てきたので…

05

治安、やっぱり気になる!

最寄り駅周辺の治安についても質問。
近くに交番があるお部屋、チェックしておこう。

06

明日詳細を確認しよう!

深夜0時まで相談できるけど、
今日は残業で疲れちゃったから就寝。

07

外でも手軽にチェック!

朝起きたらまたお部屋が追加されていました。
通勤中とお昼休憩中に確認!

08

見学の相談もかんたん!

交番が近いお部屋が気になるので、
チャットで連絡&日程決定!

09

お部屋の見学!

無事に見学完了。
スムーズでとってもラクラクでした!

とことんワガママに付き合ってくれます はじめての1人暮らしだったので「治安が良いエリア」という条件は絶対。ただ、東京も2~3回旅行で来ただけなので、全く土地勘がありませんでした。

そんな中、治安が良いエリアの相談から、オートロック2階以上徒歩圏内に交番がある……など、チャットでかなりワガママを言いましたが、最終的に、理想のお部屋にめぐり会うことが出来ました!

他のサイトでは見たことがないお部屋が多い 3月に同棲を始めることになり、希望するお部屋がなかなか見つからない中、駄目元でイエプラに登録。

料理をする為、2口コンロキッチンは4畳以上必須。また、独立洗面台に、浴室乾燥機追い炊き……やはり最初は見つかりませんでしたが、毎日新着物件や、非公開物件をご紹介して頂き、6日後に希望の物件が見つかりました! あきらめずに探して頂きありがとうございました!

鳥取からでも東京の部屋の内見予約ができた 急遽、鳥取から東京への単身赴任が決まり、1週間で住む場所を決めなければなりませんでした。チャット上で希望を伝えると、数分で10件以上の情報が届き、鳥取に居ながら見学する部屋を決めることが出来ました。

当日は、希望している部屋に行って中を見るだけで済み、希望通り1週間で引っ越せました。 また引っ越す際は、使わせて頂きます。ありがとうございました。

深夜0時まで丁寧に対応してくれました 私は仕事柄、撮影の時間が読めず、自分で部屋を探す時間を取ることが出来ませんでした。
イエプラは希望を伝え、撮影から戻ると部屋の情報が届いているので、自分で探す手間が省けて良かったです!

深夜0時まで詳しい方にチャットで相談出来るので、仕事が遅い方にも安心ですね。

お客様の声
24歳・高円寺
1K
7万円
お客様の声
27歳・長津田
2LDK
12万円
お客様の声
26歳・桜上水
1LDK
8万5千円
お客様の声
28歳・原宿
1DK
9万円

イエプラ

オススメ記事一覧

部屋探しサイトおすすめランキングBEST5!【賃貸】

 

不動産屋の物件情報をネットで全部見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

未公開物件とは?たった1つの正しい探し方

 

イエプラの口コミや評判!使った人の評価や感想は?

 

東京で評判の良い不動産屋はここ!

 

おとり物件とは?50の不動産屋を調査してわかった悪質な実態

 

1月・2月に引っ越しするなら知っておくべき時期的な注意点【不動産屋が解説】

 

「入居審査が通らないかも…」と不安な方におすすめの不動産屋3選

 

無職で賃貸契約はできるの?不動産屋が【現実】を教えます

 

学生マンションの評判は?デメリットやメリット・利用者の感想公開!

 

【一人暮らし】初めての部屋探しが成功する21のコツと30の注意点

 

家賃が1ヶ月無料!?フリーレントのメリットやデメリット!

 

不動産屋の営業時間は?遅くまで営業している不動産屋ランキング!

 

初期費用を分割払いする方法!現金の分割は可能?

 

二人暮らしの生活費の目安は?費用モデルでシミュレーション

 

同棲におすすめの間取り【カップル必見】

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

             

イエプラメリット

follow us in feedly