shutterstock_302492714

フリーターの一人暮らしはキツい?手取りいくら必要?物件探しでの4つの注意点を解説

一人暮らしの知識

2017年8月24日投稿

イエプラ イエプラ

フリーターの一人暮らしは現実的に生活していけるのでしょうか?毎月いくら収入があれば良いのか、フリーターで一人暮らしを考えている方が最初にするべきこと、一人暮らしの生活費は最低どのくらいかかるのか、フリーターならではの物件探しの注意点、ツラくない生活を送るための節約ポイントなどをご紹介します。

月の手取りが15万円以上なら一人暮らしは現実的

フリーターの方が一人暮らしできるかは、月にどのくらい収入があるかによります。一人暮らしをするなら、手取りが15万円あればツラくありません。

一人暮らしには最低でも9万円以上かかります。また、月の収入から国民年金が約16,000円、都内の場合の国民保険料が約10,000円、所得税が約2,000円、合計で約3万円ほど引かれます。

急な出費や病気などで一時的に収入が得られなくなった際の備えを考慮すると、手取り15万円くらいは必要です。

フリーターが手取り15万円以上得るには

フリーターの方が手取り15万円以上の収入を得るには、時給1,000円のバイト8時間を週5日と、掛け持ちでもう一つバイトを週に1回入れる必要があります。

週の6日間をバイトに費やせば、フリーターの方でも手取り15万円以上得られます。ただ、自由に過ごせる時間が少ないので、楽しい生活ができるとは言えません。

一人暮らしで最低限かかる生活費の内訳

フリーターの方が一人暮らしをするなら、毎月の収入に対してどのくらい出費があるのか、一人暮らしでは何にお金がかかるのか、あらかじめ把握しておく必要があります。

一人暮らしで最低限かかる生活費は、低めに見積もっても、生活費は9万円以上必要になります。また、生活費とは別に、税金や保険料が収入から引かれるので、毎月最低12万円以上の収入がないと、一人暮らしは難しいです。

家賃 約40,000円
水道光熱費 約7,000円
食費 約20,000円
衣類・日用品購入費 約10,000円
通信費(スマホ代) 約5,000円
その他(交通費・娯楽費・交際費) 約10,000円
合計 約92,000円

フリーターならではの物件探しでの注意点

フリーターの方ならではの、賃貸物件を借りる際の申し込み時のポイントや、入居時の注意点などを徹底解説していきます。

正規雇用者限定の賃貸物件は諦めるしかない

一部大家さんや管理会社の中には、フリーターという雇用形態に好意的ではないところもあります。中には「正規雇用者であることが条件」としている場合もありますから、こればかりはお部屋は諦めざるを得ません。

家賃の安さを大前提で考えよう

生活費のお話の際に、家賃を抑えて、生活費に余裕を持たせるという事をお話ししましたが、家賃を抑える理由はこれだけではありません。

フリーターは正規雇用者と違って、働らかなければ収入がありません。万が一、交通事故や病気などで倒れた場合でも払える金額の家賃帯で賃貸物件を借りておくべきなのです。

物件希望はあまり通せない

「大きい駅の近くで、徒歩10分以内、2階以上、バス・トイレ別、独立洗面台 etc…」などという好条件の物件では、正直フリーターで賃貸するのは厳しいと言えます。

好条件であればあるほど家賃は高くなりますし、なによりそういった物件であればあるほど入居者の安定収入が求められるからです。

フリーターである分、正規雇用者に比べて家賃を支払えなくなるリスクが高くなるので、ここではある程度の妥協も余儀なくされるケースがほとんどです。

賃貸契約の名義人は親族にすべき

部屋を借りるときの名義人を大きく分けると、

1. 本人が借主名義人
2. 親族が借主名義人

の2パターンがあります。

正直に言いますと、あなたがフリーターでも、親が正規雇用者で安定収入がある場合は、親族名義で借りる方がスムーズに賃貸契約することができます。

もちろん「親や親戚には頼れない(頼りたくない)から本人名義で契約したい」という場合も本人名義で借りることはできますが、保証会社の利用を条件とされたり、連帯保証人を必ず親族にしたりと一定の制約は設けられます。

今後、定職に就くつもりであれば、この時だけは親を頼りにしてもいいかもしれません。

節約を意識した生活を心がける

フリーターの方が節約して、お金にゆとりがある生活を送るための方法を4つご紹介します。うまく節約をすれば、少額ですが貯金も可能です。

①家計簿を付けて毎月の出費を見れるようにする

節約するために、自分が何にお金を使っているのかしっかり理解することが大切です。家計簿を付ければ、毎月何にどのくらいお金を使っているのか形に残すことができます。

いつでも見れるようにしておくことで、自然と無駄なお買い物をしなくなります。最近では、スマホで簡単に管理できるものがあるので、手軽に始めることができます。無駄遣いを減らせば、浮いた分を貯金にまわせます。

②毎月かかる固定費を見直す

家賃やスマホ代など、月々固定でかかる費用の見直しは、節約するのにかなり効果的です。

手取り15万円の場合、4.5万円ほどが適性の家賃ですが、3.5万円以下に抑えれば、月々1万円の余裕が見込めます。

スマホ代に関しては、大手キャリアから格安SIMに乗り換えれば、約8,000円ほど安くなる場合があります。また、スマホの利用プランに無駄はないか、毎月どのくらい使用しているのか確認してみましょう。

③外食ではなく自炊を増やす

食費を抑えるためには自炊が一番です。毎日コンビ二で買う人は、毎日自炊している人に比べ、食費が2倍くらいかかります。

毎日自炊をするのは難しい場合でも、なるべく自炊を心がけることで、少しずつ出費を減らすことができます。1回の料理で何食分かまとめて作ることで、水道光熱費の節約もできます。

④お金のかからない趣味を見つける

フリーターの方が毎月安定して貯金をするためには、趣味にお金を贅沢に使う余裕はありません。生活費を切り詰めなければなりません。

読書やDVD鑑賞など、なるべくお金のかからない、1回の出費で長く楽しめる趣味を見つけましょう。

無理して一人暮らししても辛い思いをするかも

毎月の収入が15万円以下の場合、辛い思いをして生活しなければならないかもしれません。自由な時間が少ないうえに、節約してギリギリの生活を送らなければなりません。

もし、毎月の収入が15万円以下なら、無理して一人暮らしをせずに、お金を貯めてから一人暮らししてみてはいかがでしょうか?自分は一人暮らしできると感じた方は、以下のことを意識してください。

  • 家賃を抑えて生活に余裕を持たせる
  • お部屋は万が一の際でも払える家賃帯にする
  • 親族名義ができるならば親族名義にすべき

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、チャットで希望を伝えたら専属スタッフがお部屋を探してくれます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます!

不動産屋に行くのがめんどくさい人や営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです。

フリーターの方でも審査が通るお部屋をたくさん紹介してくれます!

イエプラはこちらから
イエプラのメリット

イエプラ

オススメ記事一覧

部屋探しサイトおすすめランキングBEST5!【賃貸】

 

不動産屋の物件情報をネットで全部見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき5つの理由

 

未公開物件とは?たった1つの正しい探し方

 

イエプラの口コミや評判!使った人の評価や感想は?

 

東京で評判の良い不動産屋はここ!

 

おとり物件とは?50の不動産屋を調査してわかった悪質な実態

 

2月・3月に引っ越しするなら知っておくべき時期的な注意点【不動産屋が解説】

 

「入居審査が通らないかも…」と不安な方におすすめの不動産屋3選

 

無職で賃貸契約できる3つの方法と可能性を上げる6つのコツ

 

学生マンションの評判は?ユニライフやナジックの評判も解説!

 

【一人暮らし】初めての部屋探しが成功する21のコツと30の注意点

 

家賃が1ヶ月無料!?フリーレントのメリットやデメリット!

 

不動産屋の営業時間は?遅くまで営業している不動産屋ランキング!

 

初期費用を分割払いする方法!現金の分割は可能?

 

二人暮らしの生活費の目安は?費用モデルでシミュレーション

 

同棲におすすめの間取り【カップル必見】

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly