カップル画像

同棲のメリットデメリット|うまくいくコツやルール【同棲準備】

同棲に関する知識

2017年3月17日投稿

イエプラ イエプラ

同棲を考えている方に、同棲がうまくいくコツや失敗しないためにしてはいけないNG行為の紹介、破局してしまった方の理由、同棲前に決めるべきルール、同棲をはじめる前にはどんな準備があるかなど、この記事を読めば「同棲」のすべてがわかります。

同棲するメリットとデメリット

同棲するメリット

・家事の分担ができる
・一緒に住んでみないと分からない性格や癖が分かる
・家賃や光熱費の節約ができる
・パートナーが浮気しにくくなる
・いつでも好きな人といられる

同棲するデメリット

・いやでも相手の悪い部分が見える(メリットにもなりうる)
・一緒にいることがマンネリ化してしまう
・1人の時間が減ってしまう
・同棲に否定的な親の説得が大変

同棲した人の体験談まとめ

実際に同棲している/していた人に、同棲してよかったと思うことと後悔したことをアンケートしました。アンケートに答えていただいた人の体験談を紹介します。

同棲して良かったこと

結婚前にお互いの私生活を知れた
お互いの生活感を共有することができたので、結婚までに見つめ直すべきところが明確になりました。相手が普段どんな生活をしているのか素を知ることができて、改めて結婚したいと思えて良かったです。
家事の練習になった
家事が苦手でほとんどできなかったけど、同棲を始めて自然と家事ができるようになりました。結婚後の生活をスムーズにするためにも、家事が苦手な人は1回同棲を経験したほうが良いと思いますよ。
より仲が良くなった
いつでも一緒にいられますし、2人の距離が近くなるので同棲する前より仲が良くなった。お互い隠し事ができなくなるので、相手の嫌なところも見つかるけど、良いところを新たに発見できる。

同棲して後悔したこと

生活リズムが違うとただツラいだけ
生活リズムが違ってなかなか会う時間を作れなかったので同棲を始めました。でも、自分が寝ている時にゴソゴソ物音が聞こえたり、相手を起こさないように気を遣ったりするのがストレスにしか感じなくなりました。想像してた楽しい同棲生活とは全然違ったので、正直後悔してます。
一緒にいることに慣れてマンネリ化する
家にいる間は常に一緒にいるので、刺激が少なくなりマンネリ化してしまいました。同棲する前は会うために必死に時間を作ったけど、いつでも会えるようになったことで必死さがなくなり、二人の熱が冷めたように感じました。
一人になれないのがストレスに感じる
一人になれる時間が減って、自分の趣味などに集中できないことがストレスに感じた。二人で過ごす時間を優先したいカップルなら同棲に向いているかもしれませんが、一人の時間を優先したいなら同棲はしないほうが良いと思う。

結婚できた同棲経験者に聞いた成功のコツ

同棲して結婚までつながった女性50人に、成功のコツは何ですか?とアンケートをとりました。いただいた意見の中でも多かった理由をご紹介します。

いつ結婚するかを決めて同棲の期間を定める

同棲する前にあらかじめ同棲する期間を決めた方が良いみたいです。理由は大きく分けて2つでした。

・ダラダラ過ごして婚期を逃してしまうから
・3年以上同棲するとどちらかが飽きるリスクがあるから

寛大な心を持つ

ちょっとしたことでは動じない、多少嫌な部分が見えても許せる心を持つことが成功するようです。彼氏側も寛大なら、いつまでも仲良く一緒にいられますね。

定期的に話し合う時間を作る

少しづつ不満が溜まり、大喧嘩になることを避けるために、定期的に話し合って、隠さずに本心を伝えることで、大きな問題になる前に解消していくことが大事なようですね。

女性らしくないことすべてがNGな行為

同棲してからは、常に女性らしく振舞うことを心がけてほしいです。これから紹介するような女性らしくない行動は、同棲が失敗する原因になりかねないので絶対NGです。

そんなことしない!と感じる内容も含まれているかもしれませんが、失敗する可能性を下げるために紹介します。

隠せる範囲だからとムダ毛処理をなまける

同棲前は徹底していたムダ毛処理も、同棲生活の慣れのせいか、なまけ始める女性もいますが、ムダ毛が生えている女性を、好きでいられる男性の方が少ないです。

下着姿で恥ずかしげもなく歩く

男性にとって女性の下着姿は、たまに見れる姿だから興奮するものです。夜に魅力が半減して、セックスレスの原因にもなってしまいます。

おならやゲップ(できればいびきも)

「女性=上品」でいたいです。下品なことはやめましょう。ただ、気が抜けておならをしてしまうときもありますよね。ちゃんと恥じらえばOKです!

食べ方が汚い

おならやゲップと一緒です。お皿を持たない、音を立てて食べるといった女性らしくない下品なことは、すでに癖になっていたとしても直しましょう。

クチャクチャと食べる音は、耳に残って彼氏に慢性的なストレスを与えてしまいます。

部屋では化粧をせずすっぴんで過ごす

すっぴんを見慣れてしまうことはしょうがないですが、できるだけ化粧をしてかわいい姿で常に彼氏の前にいれるように心がけたいです。

トイレのドアを開けっぱなしにする

親しき中にも礼儀ありです。女性らしくないことはもちろん、最低限のマナーは守りましょう。

出かけないからとお風呂に入らない

清潔感がないことも女性らしさに欠けます。

他にもある!ついやってしまうNGな行為

「信用されていないんだ」と感じさせる行為

彼氏は信用されていないと感じると冷めてしまいますし、大きな喧嘩の原因にもなりかねません。信用されていないと感じさせてしまうのはこんなことです。

・彼氏のスマホを隠し見る
・過度な束縛
・頻繁な連絡要求

「男だからリードして!」と心を圧迫するような発言

彼にかっこよくリードしてほしい気持ちはわかりますが、同棲はお互いリラックスできる環境にしなければ、じきに破局して終わります。彼氏に一緒にいてストレスを感じさせないことを意識してみてください。

喧嘩から別れ話に発展しないようにする

些細な事から喧嘩に発展して感情的になり、「じゃあ、もう別れる!」と言ってしまい、後悔している女性も多いです。

喧嘩しているときは、彼氏もヒートアップしていることでしょうから、仮に別れたいと感じても、冷静になったときに改めて考えるように心がけてください。

残念ながら失敗してしまった方の破局理由

同棲して破局してしまった女性50人に、なぜ破局してしまったかをアンケートしてみました。中でも多かった理由をご紹介します。

結婚する気がないと気づいた

結婚の予行練習として始めた同棲なのに、同棲しているうちにだんだんと結婚に対して意識が薄くなってしまうことが一番多い別れの原因です。

お金のことで揉めた

どちらかが生活費や家賃が払えなくなったり、パートナーにお金を借りたりして、結果的に喧嘩になり、別れるカップルも多いです。

相手の嫌なところしか見えなくなった

同棲していくにあたり、パートナーのいいところではなく悪いところばかりが見えてしまい、好きではなくなってしまったことが別れる原因になります。

同棲前に決めるべき7つのルール

些細な揉め事を減らすためにも、事前にルールをきめておくことは、大事な準備の一つです。同棲を始める前に決めるべき7つのルールを紹介します。

①生活費は共有の財布で管理する
②家事は大まかに分担する
③定期的に2人で出かける日を作る
④帰りが遅くなる場合は連絡を必ずする
⑤およその就寝時間起床時間を決める
⑥友人を家に招く場合の連絡をする
⑦一人の時間を作る

①生活費は共有の財布で管理する

家賃や食費、水道光熱費などの生活費は、共通の財布で管理するようにしましょう。月のはじめや給料日に2人の口座から生活費の分を抜いて、共通の財布に入れるようにすると良いです。

2人別々で管理していてどちらかがお金遣いの荒い人だと、支払いのときに足りなくて慌てる場合があります。お互いに管理がしっかりできているなら共通の財布は不要ですが、万が一のトラブルにならないように生活費の管理は共通で行いましょう。

生活費の分担の仕方

実際に同棲しているカップルを対象に、生活費の分担方法を聞いてみました。基本的には収入の多いほうが負担割合が大きいようです。

学生同士の場合 彼氏:6/彼女:4
彼氏(社会人)・彼女(学生)の場合 彼氏:9/彼女:1
彼氏(学生)・彼女(社会人)の場合 彼氏:3/彼女:7
社会人同士の場合 彼氏:5/彼女:5

ルールを実践した人の意見

20代女性の意見
生活費の残高は2人がいつでも見られるようにしようと話していたので、共通の口座で管理するようにしていました。貯金の口座も合わせて別で作っていました。
30代男性の意見
自分は少し金遣いが荒かったので、直すために2人で管理するようにしていた。勝手に使うことができないから良い訓練になる。

②家事を大まかに分担する

2人の生活リズムやスケジュールを考えて、大まかな家事の分担を決めましょう。お互いどのくらい家事ができるのかはっきりしていない状態で細かく分担してしまうと、不得意な家事は効率が悪くなり、ストレスに感じることがあります。

曜日ごとで細かく分担するのではなく、彼氏は掃除、彼女が料理など大きく分けることでお互い窮屈な思いをしなくて済みます。

ルールを実践した人の意見

10代女性の意見
家事が得意ではなかったので、最初は細かく決めずに大体で決めていました。苦手な家事のときは、最悪2人でできるようにしていました。
30代女性の意見
自分たちの場合は最初にきっちり細かく分担しすぎて、相手が分担を守れなかったり、うまくできなかったりすることがストレスに感じてしまいました。どの程度家事をこなせるのか確認する期間を作ったほうが良いです。

③定期的に2人で出かける日を作る

マンネリ化を防ぐためのルールです。同棲を始めると一緒にいることに慣れてしまい、刺激が少なくなってしまいます。記念日などを作って、定期的にデートすることでマンネリ化を防ぐことができます。何でもない日にプレゼントを渡してサプライズをするのも効果的です。

ルールを実践した人の意見

20代男性の意見
2人でいることが当たり前になったので、同棲前より熱が冷めてしまった。マンネリ化を防ぎたいなら絶対に決めておくべき。自分は決めていなかったことを後悔してる。
20代女性の意見
同棲を始めた頃はマンネリなんてありえないと思っていたけど、慣れてくるとどうしてもマンネリ化してしまうものです。友人に言われて途中からこのルールを取り入れました。

④帰りが遅くなる場合は連絡を必ずする

帰りが遅くなる場合は必ず連絡をするようにしましょう。ご飯はいるのか、帰りは何時なのかがかわからないのは、待っている側としては非常にストレスです。

ルールを実践した人の意見

20代女性の意見
ご飯を用意したほうが良いのかわからない、先に寝ても良いのかもわからないのはすごくストレスだった。
30代男性の意見
1回連絡をしなかったせいで大喧嘩になったので、このルールは徹底したほうが良いです。遅れる側はそんなことと思うかもしれませんが、待ってる側としては大変ストレスに感じるらしい。

⑤およその就寝時間起床時間を決める

2人の生活リズムを考えて、およその就寝時間と起床時間を決めておきましょう。2人の生活リズムを合わせれば、アラームで相手の睡眠を邪魔する心配がなくなります。生活リズムが大幅にずれている場合は、寝室を分けるなどで対策しましょう。

ルールを実践した人の意見

30代女性の意見

細かいことかもしれませんが、自分が寝ている時間にアラームが鳴るのは結構ストレスです。最初に相談して、ある程度時間を合わせられると良いですね。
20代女性の意見
就寝と起床の時間を合わせることで、生活リズムの改善にもなった。2人で一緒に朝ごはんを食べられるのも良い。

⑥友人を家に招く場合の連絡をする

住んでいる部屋は2人の部屋なので、友人を招く場合は必ず相手に連絡をしましょう。見られたくないものを片付ける必要があるので、なるべく家に招く当日ではなく事前に連絡したほうが良いです。

ルールを実践した人の意見

20代女性の意見
自分の知らないところで私物を見られているかもしれないと思うと、不安でしょうがなかったです。途中から決めたルールでしたが、家に招く際は連絡をもらうようにしました。
20代男性の意見
別に大したものは出ていないから大丈夫だと思ってたけど、女性はけっこう気にするようで喧嘩に発展したことがあります。今では必ず連絡してます。

⑦一人の時間を作る

同棲を始めると一人の時間が少なくなります。自分の時間が減ることにストレスを感じる人は多いです。週に1回一人でいる時間を設けるなどのルールを決めておきましょう。マンネリ化を防ぐことにも繋がります。

部屋が2部屋ある場合は、お互いの部屋で自分の趣味に費やす時間を作りましょう。1部屋の場合はどちらかが出かけるなどして一人の時間を確保しましょう。

ルールを実践した人の意見

20代男性の意見
人と一緒に暮らすのは、好きな相手であっても意外と疲れる。一人になれないことがストレスに感じるようになります。定期的にお互いが一人になる時間を作ることをおすすめします。
10代女性の意見
友人の失敗を聞いてから同棲を始めたので、最初にこのルールは決めていました。適度に距離を保つことができるので、マンネリ化の防止になると思います。彼が率先して外出してくれました。

同棲前にお互いの親に必ず挨拶する

同棲を始める時に必ずお互いの親に挨拶しておきましょう。結婚するわけではないので、そこまで改まる必要はありませんが、1つのけじめとして挨拶は必要です。

実家暮らしから同棲にシフトする場合は、特に挨拶が重要。相手の両親に、自分がどんな人間なのかを知ってもらうためにも、顔を見て話をすることは大切です。

もし同棲を反対された場合に、親を説得するための効果的な14の方法を紹介します。

①生活プランを提示する

収入が不安定で、しっかり生活していけるのかが心配な親の説得方法です。月ごとに収入や貯金額、お金の使い方などを具体的に提示して、提示した通りに生活することを条件に出してみましょう。守れなかった場合は同棲を終了するなどを付け加えるとより効果的です。

②あいさつに行く回数を増やす

よく知らない相手との同棲が心配で反対している親の説得方法です。自分のことを知ってもらうために、あいさつに行く回数を増やして相手の親と話す機会を多く作りましょう。包み隠さず伝えることが大切です。

③電話などでコミュニケーションをとる

自分のことを知ってもらいたいが、相手の実家が遠く、何度もあいさつに行くのが難しい場合は電話などでコミュニケーションを取るようにしましょう。電話だと誠実さが伝わりにくいので、直接あいさつに行けるときにどれだけ良く見られるかが大切です。

④結婚するための準備期間だと伝える

結婚前の同棲が遊びだと思っている親の説得方法です。いずれ結婚する旨を伝えて、準備のために同棲をすると話しましょう。結婚前提だと伝えることで安心させることができます。期間を設けるのも効果的です。

同棲という言葉に抵抗があり、古い考え方を持っている親の説得にも有効です。

⑤親と結婚までの具体的な計画を立てる

同棲に否定的な親の説得方法です。同棲期間を決めて、いつまでに入籍するなど具体的な計画を一緒に立ててみましょう。計画通りにすることを約束し、遊びの同棲ではないことを伝えましょう。

⑥身の回りのことができることを行動で示す

まだ自立できてなく、自分たちで生活していけるのか心配な親の説得方法です。実家で身の回りのことを自分でやる、家計簿を付けてお金を管理するなど、実家を出ても生活していけることを行動で示しましょう。抜き打ちで様子を見に来てもらうなどの条件を付けると、真剣さがより伝わります。

⑦結婚する気があり妊娠したら出産すると伝える

同棲中の妊娠を心配している親の説得方法です。妊娠したら結婚するなどと伝えると、妊娠しなければ結婚はしないのかと返される場合があります。はじめに結婚する気でいることを伝えましょう。妊娠してしまっても、しっかり養っていくことを伝えて安心してもらいましょう。

⑧節度をもって付き合っていくことを伝える

未成年での同棲に反対している場合の説得方法です。あいさつの際に、節度を持って付き合っていくことを伝えましょう。その場しのぎだと思われないように、抜き打ちで見に来てもらうようにお願いしてみるのもありです。

⑨成績が落ちたら同棲をやめる条件を付ける

学業が疎かにならないか心配している親の説得方法です。学生の場合は、成績が落ちたらすぐに同棲をやめることを条件に出してみましょう。同棲を始めても学業とバイトを両立させて行くことを約束しましょう。

⑩通勤・通学の証拠を形に残す

同棲することで、仕事や学業に影響が出ないか心配している親の説得方法です。その日の配布物や出席情報、勤怠情報など形に残るものをとっておき、定期的に見せる旨を伝えてみましょう。

⑪しっかり職に就いてからあいさつに行く

同棲相手がフリーターで、収入や貯金ができるのか心配な親の説得に効果的です。求職中の場合はしっかり職に就いて、落ち着いてからもう一度あいさつに行きましょう。あいさつの際は現在の収入などは隠さずに伝えましょう。

⑫男性が家賃などの生活費を負担する条件を出す

もし結婚せずに同棲解消して、娘が婚期を逃してしまうことを心配する親の説得方法です。男性が家賃や光熱費などの生活費を全額負担して、女性は自分の私物にかかる費用だけ負担するすることを条件に出してみましょう。同棲期間を決めることも効果的です。

同棲解消は女性が婚期を逃して損をすると考えている親が多いため、同棲中は男性の負担が多くなるような条件を提示しましょう。

⑬仕事のことや貯金額などを隠さず正直に伝える

少しマイナスに思われてしまうようなことでも正直に伝えることで、信じられる人だと思ってもらいやすくなります。同棲生活をどういったものにしていくのかなど具体的に話せると、より信頼してもらえます。

⑭同棲のあいさつをする前に何回か会う機会を作る

初めてのあいさつで同棲の話しをされたら驚かれますし、許しが出る確率は低いです。休日出かけた帰りなどに、何回かちょっとしたあいさつをして面識を作っておきましょう。自分のことを知ってもらえますし、相手の親と距離を縮めるのに有効です。
同棲前にお互いの親にあいさつをした際に、もし同棲を反対されてしまった場合の説得方法を紹介します。

同棲を始める前にかかる初期費用

同棲を始める前にかかる費用は、同棲カップルの平均家賃9万円の場合、2人分の合計で約72万円~75万円です。

・お部屋契約にかかる初期費用
・家具家電や日用品の購入費

お部屋契約にかかる初期費用

同棲を始める前にかかる費用は、お部屋の家賃や家具家電・日用品の購入費によって変わります。以下の早見表を、どのくらい費用がかかるのかの参考にしてみてください。

住む部屋の家賃 かかる初期費用(2人分)
5万円 約53万円~56万円
6万円 約57万円~60万円
7万円 約62万円~65万円
8万円 約67万円~70万円
9万円 約72万円~75万円
10万円 約76万円~79万円
12万円 約84万円~87万円
15万円 約98万円~101万円

お部屋契約の初期費用項目一覧と相場

賃貸契約時には契約したい物件の家賃の4~5ヵ月分の初期費用が必要になります。項目一覧と費用相場は以下の通りです。

敷金 家賃1ヶ月分
礼金 家賃1ヶ月分
前家賃 家賃1ヶ月分
日割り家賃 日数で異なる
保証会社利用料 家賃の50%~100%
火災保険 20,000円
仲介手数料 家賃1ヶ月分
鍵交換代 15,000円

家具家電や日用品の購入費

家具一覧と費用目安

内訳 費用目安
ベッド類・シーツ・掛け布団 約3万円
テーブル・イス 約1万5千円
ソファー類 約2万円
カーペット 約2万円
カーテン・レースカーテン 約2万円
収納家具 約1万5千円
食器棚 約1万円
合計 約13万円

家電一覧と費用目安

内訳 費用目安
冷蔵庫 約3万円
洗濯機 約2万5千円
テレビ 約2万円
ブルーレイレコーダー 約2万円
電子レンジ 約1万円
炊飯器 約5千円
掃除機 約1万円
電子ケトル 約1万円
照明 約1万円
エアコン 約2万円
合計 約16万円

日用品一覧と費用目安

内訳 費用目安
調理器具(フライパン・鍋など) 約3千円
食器・コップ 約3千円
ティッシュ・トイレットペーパー 約2千円
食器用洗剤・スポンジ 約千円
シャンプー・ボディーソープなど 約3千円
タオル類 約3千円
洗濯バサミ・洗濯かご 約千円
ハンガー・ピンチハンガー 約千円
洗濯洗剤・柔軟剤 約2千円
合計 約2万円

同棲で毎月かかる生活費は約22万

同棲を始めてから月々にかかる二人分の費用は、平均家賃の9万円の場合で約22万円です。

家賃 約90,000円
食費 約35,000円
水道光熱費 約10,000円
交際費・娯楽費 約38,000円
通信費 約17,000円
その他(衣類・日用品) 約30,000円
合計 約220,000円

同棲におすすめの間取り

同棲がうまくいくためのおすすめの間取りを紹介します。お部屋を探す際の参考にしてみてください。

一番理想な間取りは2DK

2DKは居室が2部屋あるので、お互いのプライベートな空間を持つことができます。ケンカしても一人になれる空間があるので頭を冷やすことができる、生活リズムが違っても相手の睡眠の邪魔にならないなどのメリットがあります。

DK部分が6畳以上あるので、2人で過ごす空間も確保できます。少し古い物件が多いですが、その分家賃が低く設定されており、約8~9万円で探すことができます。

2DK

2人の時間を優先したいなら1LDK

2人の時間を優先したいカップルなら1LDKがおすすめです。居室を2人の寝室、LDKを2人がくつろぐスペースにすれば生活空間を分けることができます。スペースに余裕があるので、収納場所に困りません。

2部屋ある感覚で使えるため、生活リズムがずれてしまっても彼氏がリビング、彼女が居室など寝室を分けることもできます。家賃相場は約12~13万円で、2DKよりも約4万円高いです。

1LDK

2部屋欲しいけど家賃は抑えたいなら2K

それぞれ自分の部屋がほしいけど、家賃はなるべく抑えたいカップルには2Kがおすすめです。2Kの家賃相場は7万円前後なので、2DKの家賃相場と比べると約1万円安く探すことができます。

生活リズムが違っても、それぞれ寝室があるので相手の睡眠を邪魔せずに生活ができます。キッチンが少し広めに作られているなら、テーブルを置いて2人で食事する空間を作ることができます。

2K

お金に余裕があるなら2LDK

お互いの収入がある程度安定していて家賃が高くても問題ないカップルなら、2人以上で済むことを前提に作られている2LDKがおすすめです。2DKよりも広くなっており、ゆとりのあるが生活できます。

お互い個室を持てるため、プライベートな時間を確保できます。また、1LDKと同じようにリビングを二人でくつろぐ空間にできるので、一緒に過ごす時間を大切にできます。家賃相場は約14~15万円です。

2LDK

出典:http://www.jyohoku-estate.com/blog/entry-56259/

同棲するなら二人とも世帯主になるべき

二人とも世帯主になるイメージ図

同棲のために引っ越した場合、

・二人とも世帯主になる
・片方が世帯主、片方が同居人になる

の2通りの住民票の届け出方法がありますが、二人とも世帯主になる方法はデメリットがないのでおすすめです。

二人とも世帯主だと、住民票の手続きは一人暮らしと変わりません。また、住民票に同棲相手の名前が載らないので、会社に住民票を提出しても同棲はバレません。

世帯主と同居人になると住民票に名前が残る

世帯主と同居人になるイメージ図

二人のうちどちらかを世帯主、もう一人を同居人として届け出る方法で、二人とも世帯主になる方法と違い、住民票にお互いの名前が残ります。

自分の住民票に同棲相手の名前が載るため、同棲していることが会社にバレる可能性があります。

同棲を解消して市外に引っ越した場合、住民票から相手の名前は消えます。ただ、市内で引っ越した場合は名前に線が引かれるだけで、名前自体は残ってしまいます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとしたスキマ時間にチャットで希望を伝えるだけでカップル向けのお部屋が探せます!

まとまった時間がなくても、休憩時間や寝る前のベッドなど、いつでもお部屋を紹介してくれて便利です!

不動産屋に行くのがめんどくさい方や、対面で話すのが苦手な方にもおすすめです。

同棲におすすめの間取りの図

女性スタッフをご希望の方はこちら

イエプラ
イエプラ

オススメ記事一覧

年明けに引っ越したいなら12月中に部屋を探しておくべき理由

 

部屋探しサイトおすすめランキングBEST5!【賃貸】

 

未公開物件とは?たった1つの正しい探し方

 

不動産屋の物件情報をネットで全部見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

イエプラの口コミや評判!使った人の評価や感想は?

 

おとり物件とは?50の不動産屋を調査してわかった悪質な実態

 

東京で評判の良い不動産屋はここ!

 

「入居審査が通らないかも…」と不安な方におすすめの不動産屋3選

 

家賃が1ヶ月無料!?フリーレントのメリットやデメリット!

 

二人暮らしの生活費の目安は?費用モデルでシミュレーション

 

不動産屋の営業時間は?遅くまで営業している不動産屋ランキング!

 

【一人暮らし】初めての部屋探しが成功する21のコツと30の注意点

 

同棲におすすめの間取り【カップル必見】

 

初期費用を分割払いする方法!現金の分割は可能?

 

無職で賃貸契約はできるの?不動産屋が【現実】を教えます

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

深夜0時まで
すぐ対応中!
家AGENT+

follow us in feedly