不動産屋の立ち合い

内見とは?持って行くべき便利な持ち物とチェックリスト!【内覧】

部屋探しの知恵

2017年12月14日投稿

イエプラ イエプラ

内見とは何なのか?内覧との違いは?内見に持って行くべき持ち物は?といった、内見・内覧に関する疑問をすべて解消します!内見時のチェックポイントや注意点、不動産屋に聞くべきポイントも大公開!

内見は気になるお部屋を実際に見ること

内見とは、内部見学の略称です。不動産屋やネット上の物件情報で気になったお部屋に、実際に行って見学することです。お部屋を採寸したり、設備を使ってみたりと、細かくお部屋をチェックする作業全体のことを意味します。

お部屋を借りるまでの手順は、①ネットなどで物件情報を見る、②お部屋を内見しに行く、③申し込み、④入居審査、⑤契約手続きの5ステップあり、内見は2番目に行うものです。

内見と内覧の意味はほとんど同じ

内見と内覧の意味はほとんど同じですが、不動産業界では使い分けられています。気になるお部屋を見たい時には「内見」を使い、建築後のマンションなどが、ちゃんとできているかを確認したい場合には「内覧」を使います。ただ、あくまで業界内での使い方なので、気にする必要はありません。

また、関東では「内見」が、関西では「内覧」が多く使われていると言う話もあります。

内見してからお部屋を決めるべき

近年では、不動産サイトに掲載されている物件情報が充実してきています。室内やお部屋設備の写真など、実際に見に行かなくてもお部屋の情報を得られます。

お部屋探しに時間をかけたくない人や、現地に行くのが少し面倒に思っている人などは「写真でなんとなくどんな部屋か分かったから、このまま契約しよう」と考えるかもしれません。

ただ、内見なしでお部屋を決めるのは避けたほうが良いです。隣住民の生活音はどのくらい聞こえるのかなど、実際にお部屋に行ってみないと分からないことがたくさんあるからです。

室内だけ確認して内見を終えてしまう人がいますが、建物全体と周辺環境、駅から徒歩で実際どのくらいかかるのかなども確認しておくべきです。

良いお部屋を探すためには、内見が一番大切な要素です。どんな生活になるのかイメージしながらお部屋の内見をしましょう。

内見で役立つ6つの持ち物はコレ!

内見に行く際は、以下の6つを準備しましょう。不動産屋が準備してくれるものもありますが、万が一のために自分で用意しておいたほうが良いです。

持ち物 重要度
①お部屋の図面 必須
②スマホ 必須
③メジャー(5mくらい測れるものが理想) 必須
④筆記用具・メモ用紙 あったほうが良い
⑤ビー玉・水平器 あったほうが良い
⑥スリッパ あったほうが良い

①お部屋の図面

部屋の広さをチェックした点をメモするため、お部屋の図面は必ず持って行きましょう。自分で準備できない場合は、不動産屋に「メモしたいから印刷して欲しい」と伝えれば準備してくれます。

図面にメモするべき情報は、お部屋のサイズとコンセントの位置です。また、壁にキズやひどい汚れが残っていたら、どの辺りにキズや汚れがあったかもメモしておきましょう。

②スマホ

スマホ1台あれば、カメラ・方位磁石・懐中電灯の役割を果たせるので、必ず持っていくべきです。

カメラは、お部屋の内観や気になったポイントを記録するのに使います。元々付いていたキズや汚れがあったら、修繕費用を要求されないようにするために、必ず内見時に撮影しておきましょう。

方位磁石は、窓がどの方角を向いているのか確認する際に使います。iPhoneでは標準アプリとして最初からダウンロードされていますが、Androidの場合は無料アプリをダウンロードする必要があります。

また、お部屋に電気が無く、内装がハッキリ見えない場合は、懐中電灯の機能が便利です。お昼でも、日当たりが悪いお部屋では薄暗くて内見しづらい場合があります。

③メジャー

お部屋を採寸する際に使います。情報サイトや不動産屋で見れるお部屋の図面は簡単な情報しか書かれていないので、測り忘れてしまうと、家具を買う際にサイズが分からなかったり、元々持っている家具を置けないことに気づけません。

距離は5mくらい測れるもので十分です。ホームセンターなどで1,000円以下で売っています。

④筆記用具・メモ用紙

筆記用具もメモ用紙も、担当の不動産屋に借りられることがほとんどですが、万が一の場合のことを考えて持参したほうが良いです。

1つのお部屋の内見は基本的に1度しか行けないので、気になったことや質問したいことなどをメモしておいて、あとで忘れてしまわないようにしましょう。

スマホのメモ機能でも代用できますが、素早く書いたり、図と一緒にメモを取ったりする際は紙とペンのほうがラクです。

⑤ビー玉・水平器

ビー玉や水平器は、部屋が傾いていないか確認する際に使います。築年数が20年以上経っている古めのお部屋の場合は、特に重要です。リノベーション・リフォーム済みのお部屋でも、部屋の傾きは直せません。

お部屋が傾いていることは、不動産屋や大家さんにとって当然マイナスポイントになるので、図面などの物件情報には書かれていません。また、お部屋の傾きは見た目では分かりづらいので、実際に内見した際に確認するべきです。

床にビー玉や水平器を置いてみましょう。生活に支障が出る傾きは1000分の3度未満とされていて、ビー玉は1000分の5度以上の傾きで転がるため、ビー玉が転がらなければ生活に困ることはありません。

⑥スリッパ

クリーニング済みのお部屋や新築の物件なら靴下でも汚れませんが、クリーニングされていないお部屋ではかなり汚れてしまいます。ちなみに、長期間人が入っていないお部屋には、床が汚すぎて土足で内見する場合もあります。

100円ショップやコンビニで使い捨てのスリッパが売っているので、1日の内見につき1足くらい用意しておきましょう。

内見の際のチェックポイント一覧

室内・建物・周辺環境の3つに分けて、チェックポイントを一覧にしました。お部屋を内見する際のチェックリストとしても使ってみてください。

室内

部屋の広さ 実際の広さを体感し、必要な箇所を採寸する
汚れ・傷 壁や床、天井の損傷を確認
カビ・結露 カビの発生跡がないか確認
建て付けが良いか、日当たり、眺望
ドア 建て付けが良いか、家具を搬入できるか
収納スペース クローゼットや押し入れの有無、収納力の確認
水回り キッチン、洗面室、浴室、トイレの水圧、損傷、汚れ
設備 照明、インターホン、エアコン、暖房機器、ボイラー、ブレーカー
洗濯機スペース 室内に洗濯機を置くスペースがあるか、置ける洗濯機のサイズ確認
ベランダ
バルコニー
ベランダ・バルコニーの広さ、防犯面の確認
コンセント・端子 コンセント、テレビ端子、LAN端子
電波状況 携帯電話の電波受信状況、ネット環境
生活音 隣や上下階の住人の生活音、壁の厚さ
におい 前入居者の生活臭

建物

セキュリティ 防犯カメラとオートロックの有無、カギの数と形状、ポストの形
ゴミ置き場 ゴミ置き場の位置、清潔感
郵便ボックス カギの有無、空き室数チェック
駐輪・駐車場 位置、屋根の有無

周辺環境

交通アクセス 最寄駅までの時間、距離、電車の本数、終電時間
治安 人通りや街灯の数、交番の有無
近隣施設 最寄りの商業施設や公共施設
環境音 騒音の元になる施設の有無、面している道路の交通量

チェックポイント詳細解説【室内】

部屋の広さ

お部屋の広さはできるだけ細かくメジャーで測り、記録しておくべきです。間取り図に書かれている情報は正確ではないことがあるので、必ず自分で測るようにしましょう。

以下は、最低限測っておくべき場所の一覧です。

・玄関の高さ・横幅
・くつ箱の高さ・横幅・奥行き
・リビングルームの広さ
・クローゼットの高さ・横幅・奥行き
・カーテンレールの長さ・床までの高さ
・冷蔵庫・洗濯機を置くスペースの横幅・奥行き

汚れ・傷

例えば築浅物件でも、前の住人の住み方次第で、色んな場所に汚れや傷が残っていることがあります。

汚損箇所 チェックポイント
天井 ・煙草の煙による変色
壁・壁紙 ・煙草の煙による変色
・湿気による壁紙のヨレや浮き
・家具の引きずり跡
・扉のぶつけ跡
・時計など設置時の画びょう穴
床・畳 ・家具の引きずり跡
・飲み物や化粧品をこぼした汚れ
・ペットの生活痕

カビ・結露

日差しが入らない北向きの部屋や鉄筋コンクリート造の建物は、結露やカビが発生しやすいです。クローゼットや部屋の四隅、窓の周囲などがカビていないか重点的に確認するべきです。

特に、窓の周りの壁紙をよく見てみましょう。もし壁から浮いていたら、湿気が強く、カビや結露が発生しやすいお部屋の可能性が高いです。

開閉して建て付けを確認したり、カーテンの取り付けを考慮してサイズと数を確認しておきます。

目の前に大きな建物があると、南向きでも日当たりが悪かったり、プライバシーを確保できないことがあります。

ドア

玄関ドアや室内ドア、収納扉などの動作に問題がないか確認しましょう。また、引越し当日に困らないようにサイズを測っておくべきです。

特に玄関ドアは、最大でどれくらい開くのか確認しましょう。引っ越し作業がしやすいので、180度開くドアがおすすめです。

収納スペース

洋服や荷物が多い人はウォークインクローゼットや押し入れなど、収納スペースの有無や広さを確認しておきましょう。

併せて、利用頻度が高いキッチン上の吊り棚・キッチンシンクの下・洗面所の下・お風呂場・トイレの小棚など、小さい収納スペースの有無も確認しておくと良いです。

水回り

キッチンであればコンロの形状や冷蔵庫置き場、洗面所であれば洗濯機置き場を確認しましょう。浴槽とトイレには実際に座ってみて、サイズ感や問題点を確認しましょう。水道が使える場合は、水圧チェックも忘れずに行うべきです。

さらに、トイレのタンクの中をチェックしましょう。手入れが行き届いていないと、カビが生えていることがあります。もしカビていたら、入居までにキレイにして欲しいと依頼するべきです。

設備

生活に必要な設備の有無を確認し、可能であれば動作チェックも行いましょう。ブレーカーに関しては、一人暮らしで、電化製品をあまり使わない人だと20アンペア、多く使う人であれば30アンペアが目安です。

また、エアコンが備え付けの場合、製造年月日を必ず確認しましょう。古いエアコンは、カビ臭いにおいがしたり、空調の効きが悪かったりします。

洗濯機置き場

洗濯機置き場が屋内・屋外のどちらにあるか確認しておきます。

基本的に屋内にある場合が多いですが、古いタイプのアパート物件の中には、ベランダや廊下に洗濯機置き場が設けてあるものもあります。

とくに女性は、防犯上屋内に洗濯機置き場がある方が好ましいので、できる限り屋内洗濯機の物件を選ぶようにしましょう。

ベランダ・バルコニー

ベランダやバルコニーをチェックする際は、以下の2点に注意しましょう。

①目の前に建物があるかないか
②簡単に登れそうな屋根や木が無いか

例えば、南や西向きの日当たりが良いと言われる物件でも、目の前に建物があると全く日が当たらないことがあります。

また、防犯性を考えて2階以上の部屋を選んでも、向かいに同じ高さの建物があると、部屋の中が丸見えになる恐れがあります。

コンセント・端子

入居した時に、家具や家電をどのように配置するか具体的にイメージしながら、コンセントや端子の位置と数を確認しておきましょう。

コンセントがあった場所と差込み口の数をメモしておくと、家具の配置を決める際に便利です。

電波状況

鉄筋コンクリート造のマンションや、高層の建物に囲まれている物件は携帯電話の電波が届きにくいので、全ての部屋で受信状況を確認してください。

また、物件によっては、インターネット回線を引く工事が必要なお部屋があります。非常に手間と時間がかかるので、工事不要かどうか事前に確認しておきましょう。

生活音

他の住人の生活音がどのくらい聞こえるのかチェックしましょう。両隣や上階が空き部屋のときは、携帯電話を鳴らしたり、足音を聞いたりして確認したいところです。

また、迷惑にならないようなら、隣の部屋との間の壁を軽くノックしてみましょう。ノックの音が反響しなかったら、隣の部屋の音が聞こえないくらい頑丈だと思って良いです。

におい

前の入居者が喫煙者の場合は、タバコのにおいが残っているかもしれません。

また、下水のにおいがするお部屋もあります。ただ、原因は物件の欠陥ではなく、下水道管の悪臭や、害虫の侵入を防ぐ排水口の排水トラップの水が蒸発して、においが漏れている場合がほとんどです。

また、内見時にイヤなにおいがしたとしても、入居時にはクリーニングされてにおわなくなっている場合があります。不動産屋に、きちんとにおいを取ってくれるか確認しましょう。

チェックポイント詳細解説【建物】

セキュリティ

防犯カメラやオートロックの有無と、玄関ドアが二重ロックか確認します。セキュリティが高い物件では、エレベーターに防犯カメラが設置され、鍵のタイプがディンプルキーの場合が多いです。

また、外側からポストに手を入れてみるべきです。簡単に手が入ってしまうポストでは、郵便物を盗まれて個人情報を悪用されてしまう可能性があります。おすすめのポストは投入口が細く、外側から手を入れたりのぞいたりできないタイプです。

ゴミ置き場

敷地の隣接した公道沿いにごみ捨て場がある物件も多いですが、比較的新しいマンションには、共用部に24時間ごみ捨て可能なごみ捨て場が設けられていることが多いです。

必ずしも24時間ごみ出し可能である必要はありませんが、いつでも捨てられると、生活の中でごみを貯め過ぎないで暮らせるので、意外に便利です。

駐輪・駐車場

自転車や車を置くスペースと、屋根の有無を確認します。人目に付かない奥まった場所にあると、盗まれる可能性があるので注意が必要です。

ちなみに、備え付けの駐輪場や駐車場でも、料金が発生する場合があります。家賃とは別として計算されます。

チェックポイント詳細解説【周辺環境】

交通アクセス

物件資料に記載されている駅から物件までの所要時間は、1分=80mで換算していることが多いので、駅までどれくらいかかるのか実際に歩いて確認する必要があります。

駅では、通勤時間帯の本数や終電時間のほか、駐輪場の有無や料金などもチェックしましょう。

治安

物件周辺治安は、不動産屋に聞いてもなかなか正確な情報は得られません。ただ、以下3つの観点でセルフチェックすると、とくに夜間の生活のしやすさは想像がつきやすいです。

・帰り道の街灯の明るさ
・物件周辺と帰宅路の人通り
・物件周辺のお店の種類

これだけだと、直接治安が良い悪いを判断することはできませんが、帰り道に心配がいらないだけでも暮らしやすさは格段に変わります。

とくに女性の一人暮らしであれば重要なポイントになるので、上記3点を踏まえて、内見日とは別に暗い時間に実際に歩いて確認すると、より正確に把握できるのでおすすめです。

近隣施設

コンビニやスーパーをはじめ、銀行、郵便局、病院、交番、ドラッグストア、100円ショップ、クリーニング店など、生活に不便がないか確認しましょう。

特にコンビニやスーパーなどのお買い物施設は毎日のように利用するので、できるだけ物件の近くにあるのが望ましいです。外食が中心の人なら、飲食店がどのくらいあるのか確認しておくと良いです。

環境音

生活していくうえで、建物周辺の環境音は気にしておくべきポイントです。近くに工場などの騒音の元になるような施設はないか、交通量の多い道路に面していないかなどを確認しましょう。

内見時に不動産屋に聞くべき5つのポイント

内見の際、不動産屋に聞いておくべきポイントを5つまとめました。ただ、個人情報だからと言って教えてくれないことがあります。しつこく聞きすぎると印象が悪くなるので、断られたときはあきらめるようにしましょう。

①どれくらい空室のままなのか

気になったお部屋が、どれくらいの期間空室のままなのか聞いてみましょう。

もし長い間空室だったとしたら、大家さんは家賃交渉に応じてくれやすいです。多少家賃を下げてでも、早く空室を埋めたいと考えるからです。

②他の住人からクレームが出ているか

不動産屋あてに、住人から物件についてのクレームが来ていることがあります。クレームがたくさん出ているようなら、別のお部屋を借りたほうが良いでしょう。

ただ、クレームの情報は不動産屋と大家さんにとっては隠したいことなので、教えてくれる可能性は低いです。

③前の住人が住んでいた期間

もし前の住人がすぐに出て行ったとしたら、お部屋に長く住めない原因があるかもしれません。反対に、長期間住んでいて転勤で引っ越したとしたら、本当は出て行きたくないくらい、住みやすいお部屋だったと想像できます。

④周辺住人の家族構成と生活時間

両隣と上階、下階に住んでいる住人の家族構成と生活時間を聞きましょう。

上階に家族連れが住んでいたら子どもの足音がうるさいかもしれませんし、隣に深夜勤務の人が住んでいたら、夜中に騒音がするかもしれません。

内見までの流れと所要時間

内見までの流れは以下の2段階です。

①不動産屋に鍵を手配してもらう
②物件まで移動する

所要時間は内見する物件数によって異なりますが、最長でも9時間ほどで、1日に内見できる物件は4~5件が限度です。1部屋にあまり時間をかけなければ、より多くのお部屋を内見できますが、細かい部分まで確認しきれません。1部屋あたりの内見は約30分~1時間ほどです。

また、できれば1つのお部屋を、朝と夕方に分けて2回内見したほうが良いです。日の入り方や街の雰囲気などが、朝と夜では全く違うからです。隣の住人が帰ってきている場合は、生活音がどのくらい聞こえるのか確認もできます。

①不動産屋に鍵を手配してもらう

内見したいお部屋には鍵がかかっているので、不動産屋に鍵を手配してもらう必要があります。その場で手配してもらえる場合と、手配に時間がかかる場合があります。

その場で手配できた場合はすぐに物件へ移動し始められますが、鍵が他の不動産屋にあったり、物件の大家さんが持っていたりする場合は、手配に時間がかかります。

事前に不動産屋に連絡しておき、鍵の手配がスムーズにできるようにしましょう。

②物件まで移動する

物件までは、不動産屋の車で移動することが多いです。ただ、できれば電車で物件の最寄り駅まで行って、物件まで歩いたほうが良いです。街の雰囲気を知ることができますし、駅までの移動時間を知ることができます。まれに物件情報に記載されている時間と異なる場合があるので、実際に歩いて確認しましょう。

気になるお部屋はすぐに内見しないと埋まってしまう

「内見したいお部屋が何部屋か見つかったら、まとめて内見しよう」という考えかたは良くないです。自分が内見したいと思う条件が良いお部屋は、他の人も気になっているので、入居される可能性が高いからです。

気になるお部屋が見つかったら、すぐに不動産屋へ連絡して内見しに行きましょう。先に入居者が決まってしまって、後悔しないようにしましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、深夜0時まで、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

イエプラの使い方や利用した人の感想をご紹介しますので、気になったら使ってみてください!

横にスライドすると続きをご覧いただけます。

00

A子さんがイエプラを使ってみた!

「私がイエプラを使った時の流れをご紹介します」
※灰色のボタンを押すと続きをご覧頂けます。

01

帰宅後、イエプラに登録!

友達に教えて貰った『イエプラ』。
お風呂上がりにポチポチっと登録完了!

02

早速お部屋情報を確認!

登録後1分でお部屋が紹介されました。
でも、実はもうちょっと希望条件があるので…

03

チャットで細かくワガママ!

ちょっと多すぎる?!と思ったけど、
とりあえずスタッフさんにチャットで相談。

04

ワガママどおり=理想のお部屋!

しばらくしたらお部屋が追加されました~。
と、ここでひとつ疑問が出てきたので…

05

治安、やっぱり気になる!

最寄り駅周辺の治安についても質問。
近くに交番があるお部屋、チェックしておこう。

06

明日詳細を確認しよう!

深夜0時まで相談できるけど、
今日は残業で疲れちゃったから就寝。

07

外でも手軽にチェック!

朝起きたらまたお部屋が追加されていました。
通勤中とお昼休憩中に確認!

08

見学の相談もかんたん!

交番が近いお部屋が気になるので、
チャットで連絡&日程決定!

09

お部屋の見学!

無事に見学完了。
スムーズでとってもラクラクでした!

とことんワガママに付き合ってくれます はじめての1人暮らしだったので「治安が良いエリア」という条件は絶対。ただ、東京も2~3回旅行で来ただけなので、全く土地勘がありませんでした。

そんな中、治安が良いエリアの相談から、オートロック2階以上徒歩圏内に交番がある……など、チャットでかなりワガママを言いましたが、最終的に、理想のお部屋にめぐり会うことが出来ました!

他のサイトでは見たことがないお部屋が多い 3月に同棲を始めることになり、希望するお部屋がなかなか見つからない中、駄目元でイエプラに登録。

料理をする為、2口コンロキッチンは4畳以上必須。また、独立洗面台に、浴室乾燥機追い炊き……やはり最初は見つかりませんでしたが、毎日新着物件や、非公開物件をご紹介して頂き、6日後に希望の物件が見つかりました! あきらめずに探して頂きありがとうございました!

鳥取からでも東京の部屋の内見予約ができた 急遽、鳥取から東京への単身赴任が決まり、1週間で住む場所を決めなければなりませんでした。チャット上で希望を伝えると、数分で10件以上の情報が届き、鳥取に居ながら見学する部屋を決めることが出来ました。

当日は、希望している部屋に行って中を見るだけで済み、希望通り1週間で引っ越せました。 また引っ越す際は、使わせて頂きます。ありがとうございました。

深夜0時まで丁寧に対応してくれました 私は仕事柄、撮影の時間が読めず、自分で部屋を探す時間を取ることが出来ませんでした。
イエプラは希望を伝え、撮影から戻ると部屋の情報が届いているので、自分で探す手間が省けて良かったです!

深夜0時まで詳しい方にチャットで相談出来るので、仕事が遅い方にも安心ですね。

お客様の声
24歳・高円寺
1K
7万円
お客様の声
27歳・長津田
2LDK
12万円
お客様の声
26歳・桜上水
1LDK
8万5千円
お客様の声
28歳・原宿
1DK
9万円

イエプラ

オススメ記事一覧

部屋探しサイトおすすめランキングBEST5!【賃貸】

 

不動産屋の物件情報をネットで全部見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

未公開物件とは?たった1つの正しい探し方

 

イエプラの口コミや評判!使った人の評価や感想は?

 

東京で評判の良い不動産屋はここ!

 

おとり物件とは?50の不動産屋を調査してわかった悪質な実態

 

1月・2月に引っ越しするなら知っておくべき時期的な注意点【不動産屋が解説】

 

「入居審査が通らないかも…」と不安な方におすすめの不動産屋3選

 

無職で賃貸契約はできるの?不動産屋が【現実】を教えます

 

学生マンションの評判は?デメリットやメリット・利用者の感想公開!

 

【一人暮らし】初めての部屋探しが成功する21のコツと30の注意点

 

家賃が1ヶ月無料!?フリーレントのメリットやデメリット!

 

不動産屋の営業時間は?遅くまで営業している不動産屋ランキング!

 

初期費用を分割払いする方法!現金の分割は可能?

 

二人暮らしの生活費の目安は?費用モデルでシミュレーション

 

同棲におすすめの間取り【カップル必見】

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

             

イエプラメリット

follow us in feedly