森林

「築年数が新しい」で探そうとしていませんか?メリットデメリットを知りましょう!

部屋探しの知恵

2017年12月7日投稿

イエプラ イエプラ

築年数が古い物件のメリットやデメリットってなに?古い物件を探す際の注意点は?といった、築年数に関する疑問に回答します!築年数が浅い物件にこだわり過ぎないほうが良い理由も解説!

築年数が古い物件のメリット

①築浅の物件よりも家賃が安い
②家賃が安いのに綺麗なお部屋がある
③家賃に対して広いお部屋が多い

①築浅の物件よりも家賃が安い

築年数が古くなればなるほど、物件は人気が無くなります。そのため、大家さんは建物が古くなるごとに家賃を下げて、入居希望者が減らないようにしています。

築年数ごとに、新築物件との家賃の差を比較しました。築年数ごとにどんどん値下げされていることが分かります。

築5年~築10年未満 3,000円~7,000円安い
築10年~築20年未満 5,000円~10,000円安い
築21年~築30年未満 15,000円~20,000円安い
築30年以上 25,000円~35,000円安い

東京23区にあるワンルーム・1K・1DK・1LDKの平均家賃を参照

②家賃が安いのに綺麗なお部屋がある

リノベーション済みの物件は、新築と変わらないくらい内装が綺麗です。しかも、リノベーション済みだからと言って家賃が上がることはほとんどありません。

1974年築・リノベーション済み物件の内装
リノベーション物件の内装

③家賃に対して広いお部屋が多い

古い物件の間取りは1980年代に流行したDKタイプが多く、安い家賃で広いお部屋がたくさんあります。また、2Kや3Kなどの間取りは1960年ごろに流行した間取りで、DKタイプよりさらに古いです。

築年数が古い物件のデメリットと解消方法

①虫が出やすい
②設備が充実していない物件が多い
③外気が入りやすいため冬は寒い
④新築物件より地震に弱い建物が多い
⑤隣の部屋の音が響くお部屋が多い

①虫が出やすい

リフォームなど何も手を加えられていない物件だと、ちょっとした隙間から虫が侵入してくることがあります。また、古い木造の建物は特に虫が出やすいです。

ただ、市販の防虫剤を使ったりゴミを溜めないようにすれば、十分対処できます。防虫剤は、部屋にまいて虫が寄り付かないようにするものと、直接虫に吹きかけるものを両方準備しておくのがおすすめです。

②設備が充実していない物件が多い

築年数が古い物件は、新しい物件と比べて設備が充実していないことが多いです。冷暖房が古く効きが悪かったり、水温を調節できないタイプの蛇口だったりします。

ただ、壊れてしまった設備は大家さんに申し出れば交換してくれます。古くなって効きが悪い設備も新品に交換してくれることがあるので、大家さんや不動産屋に確認してみましょう。

③外気が入りやすいため冬は寒い

古い物件は、通気性が良い素材で建てられている場合が多いです。夏場は部屋に熱がこもらないので快適に過ごせますが、冬場は外の冷気が伝わりやすいので、室内にいても外と同じくらい寒いことがあります。

窓用の断熱シートや、断熱カーテンを使って冷気を遮断しましょう。また、アルミサッシは非常に冷気を伝えやすいので、冬になったらサッシ用の断熱テープを貼ると良いです。

④新築物件より地震に弱い建物が多い

1980年以前に建てられた建物は、現在の建物よりも地震に弱いです。現在の基準と比べて耐震基準が低かったことと、時間経過によって構造が弱くなっていることが原因です。

ただ、耐震基準に関する法律が大きく変わった1981年以降は、どの物件も同じ耐震基準で建てられています。1982年に建てられた築30年以上の物件と2018年に建てられた新築の物件は、同じくらいの耐震性がある建物です。

⑤音が響くお部屋が多い

木造の物件は、周辺のお部屋の音が響きやすいです。昔は木造の物件が主流だったので、築年数が古い物件は音が響くことが多いです。

ただ、音漏れしやすいかどうかは、築年数の古さではなく建物の構造によって違います。築年数が古くても、コンクリート造や鉄骨造なら音が響く心配はありません。

築年数が古い物件を内見する際の注意点

築年数が古い物件を内見する際は、以下のポイントに注意しましょう。

注意する項目 チェックマーク
・管理費が周辺の物件に比べて高くないか
・床がきしんでいないか/傾いていないか
・水回りにカビが生えていないか
・天井が雨漏りでシミになっていないか
・排水管が詰まっていないか
・冷暖房などの設備はきちんと動くか
・水道から赤黒いさび水が出ないか
・エントランスや通路はきちんと掃除されているか

築年数にこだわり過ぎると好物件を逃す

築年数が古い物件にも、新築物件と変わらないくらい良い条件のお部屋はたくさんあります。

新しい物件にこだわって、古い物件を希望から外してしまうと、良い条件のお部屋を見つけられる可能性が減ってしまいます。

新築で気に入る物件が無かったら、築年数を古くして探すようにしましょう。不動産屋に伝えれば、リノベーション済みの物件だけ紹介してもらうこともできます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

まとまった時間がなくても、移動中の電車や自宅にいてもお部屋を紹介してもらえて便利です!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
イエプラのメリット

イエプラ

オススメ記事一覧

部屋探しサイトおすすめランキングBEST5!【賃貸】

 

不動産屋の物件情報をネットで全部見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき5つの理由

 

未公開物件とは?たった1つの正しい探し方

 

イエプラの口コミや評判!使った人の評価や感想は?

 

東京で評判の良い不動産屋はここ!

 

おとり物件とは?50の不動産屋を調査してわかった悪質な実態

 

2月・3月に引っ越しするなら知っておくべき時期的な注意点【不動産屋が解説】

 

「入居審査が通らないかも…」と不安な方におすすめの不動産屋3選

 

無職で賃貸契約できる3つの方法と可能性を上げる6つのコツ

 

学生マンションの評判は?ユニライフやナジックの評判も解説!

 

【一人暮らし】初めての部屋探しが成功する21のコツと30の注意点

 

家賃が1ヶ月無料!?フリーレントのメリットやデメリット!

 

不動産屋の営業時間は?遅くまで営業している不動産屋ランキング!

 

初期費用を分割払いする方法!現金の分割は可能?

 

二人暮らしの生活費の目安は?費用モデルでシミュレーション

 

同棲におすすめの間取り【カップル必見】

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly