4階建てのマンション

マンションとアパートの違いは?それぞれの特徴を徹底比較!

部屋探しの知恵

2018年3月28日投稿

イエプラ イエプラ

マンションとアパートの違いって何?それぞれにどんな特徴があるの?といった、マンションとアパートの違いについて解説します!それぞれの建物に向いている人の特徴や、建物の名前によく使われる言葉、間取り図に使われる用語集、普通の賃貸以外の選択肢もあわせて公開!

マンションとアパートに明確な違いは無い

法律的に明確な区別はされていません。高級そうな建物でもアパートと呼ぶこともできますし、築40年くらいのボロアパートもマンションと呼べます。

マンションとアパートに明確な違いはありませんが、不動産屋ごとにルールを設けている場合が多いようです。「マンションという名前なのにアパートっぽい」というような誤解を避けるためです。

また、最終的に建物の名前をアパートとするのか、マンションとするのかを決めるのは「大家さん」です。そして、大家さんも不動産業界のおおよその分け方に沿ってマンションかアパートか決めている場合がほとんどです。

一般的にマンションと呼ばれる物件
一般的にマンションと呼ばれる物件
一般的にアパートと呼ばれる物件
一般的にアパートと呼ばれる物件

マンションとアパートの違い早見表

マンションとアパートのそれぞれの特徴を、早見表で比べてみました。全体的な差は、アパートは「家賃が安めだがグレードが低いお部屋」で、マンションは「家賃が高いがグレードが高いお部屋」というイメージです。

マンション アパート
家賃 高め 安め
防犯性 高め 低め
設備 充実している 少なめ
部屋の広さ 狭い部屋が多い 広い部屋が多い
階数 3階以上 2階以下
構造 コンクリート造が多い 木造・軽量鉄骨造が多い
防音性など
建物の性能
高め 低め

マンションのほうが家賃や管理費が高め

マンションとアパートでは、マンションのほうが家賃が高い傾向にあります。マンションは、アパートよりも設備や建物構造のグレードが高く、人気があるためです。

また、マンションには24時間在中の管理人がいたり、エレベーターが付いていることが多いので、管理費が高くなりやすいです。

マンションのほうが防犯性が高め

マンションタイプの建物は、オートロックがあったり、エントランスや廊下などの共用スペースに監視カメラが付いていて、防犯性が高い場合が多いです。

一方、アパートタイプの建物は共用部分が小さいためか、オートロックやカメラが備え付けられている建物が少ないです。

ちなみに、築年数が新しい建物であれば、マンションにもアパートにもカメラ付きインターホンが備え付けられていることが多いです。

マンションのほうが設備が整っている

マンションタイプの物件は、アパートタイプの物件よりも、追い炊き機能や浴室乾燥機、床暖房などの設備が整っています。

マンションとアパートで、それぞれの設備が備わっている割合を、不動産屋専用の物件情報サイト「ATBB」を使って、東京23区の物件で比較してみました。

どの設備も、マンションのほうが多い割合で備え付けられています。

マンション アパート
追い炊き 68% 23%
浴室乾燥機 32% 22%
床暖房 8% 0.6%

アパートのほうが広い部屋が多い

マンションは建物の構造上、お部屋に柱や梁の部分が出っ張ってしまい、お部屋に圧迫感が出る場合が多いです。また、いびつな形の間取りになるので、家具や家電を配置しづらいです。

アパートはマンションよりも細い構造で建っているので、お部屋に柱や梁が干渉しません。

柱が無いアパートの例 柱があるマンションの例
柱が無いアパートの例 柱があるマンションの例

出典:http://faisisiba.naganoblog.jp/e357061.html

マンションは3階以上でアパートは2階以下

マンションは3階以上ある物件で、アパートは2階までの物件と区別されることがあります。

階数以外の判断基準は、エレベーターが付いている物件をマンション、付いていない物件をアパートと呼ぶ場合もあります。

マンションはコンクリートでアパートは木造

マンションは主にコンクリート造で、アパートは主に木造と軽量鉄骨造です。そのため、アパートはマンションに比べて防音性や耐火性が低いと言われます。

マンションは階数が高く、木造や軽量鉄骨造では建物自体を支えられないので、コンクリート造が用いられることが多いです。

防音性などの性能は「構造ごと」に違う

防音性や耐震性などの性能は、建物構造によって異なります。アパートに多い木造や軽量鉄骨造は防音性や耐震性などが低く、マンションに多いコンクリート造は防音性・耐震性が高いです。

ただし、稀にコンクリート造のアパートや、木造のマンションがあります。間取り図や情報サイトに構造が書かれていない場合は、実際に内見して、壁の強度を確かめるしかありません。

以下は、建物構造と性質の特徴を比較した表です。SRC造とRC造はマンション、鉄骨造と木造はアパートに使われることが多いです。

SRC RC 鉄骨造 木造
防音性 ×
耐震性
耐火性 ×
通気性 × ×

音が気になるなら新築のコンクリート造

コンクリートが使われているSRC造とRC造は、防音性がほかの構造より優れています。また、SRC造やRC造の中でも、部屋と部屋の間の壁にコンクリートが入っている場合はさらに防音性が高いです。

また、築年数が古い建物はコンクリート造でも音漏れが気になることがあります。ひび割れなどの劣化から防音性が下がっているためです。

耐震性はSRC造以外あまり大差は無い

SRC造だけ耐震性に優れていますが、RC造と鉄骨造と木造に大きな差がありません。

地震の揺れがとても苦手で、絶対に揺れを感じたくないという人はSRC造にするべきですが、多少揺れても崩れなければ良い、という人は木造や鉄骨造で十分です。

木造は通気性が高く風通しが良い

木材は通気性が高く湿気がこもりにくいので、結露が発生しづらく、快適に過ごせます。反対に、冷暖房が効きづらいという欠点もあります。

一方、SRC造やRC造など、コンクリートが使われている構造は気密性が高く、空気がこもりやすいです。冷暖房の効きが良い半面、結露ができやすいのでお部屋の手入れが大変です。

それぞれの建物に向いている人の特徴

アパートに住むのに向いている人の特徴と、マンションに住むのに向いている人の特徴をまとめました。お部屋探しの際の参考にしてみてください。

マンションでの生活に向いている人の特徴

・家賃の安さよりも建物のグレードを優先したい
・地震が不安で、耐震性が高い物件に住みたい
・セキュリティ設備が整っている物件に住みたい
・隣人との付き合いは最低限で良い

アパートでの生活に向いている人の特徴

・できるだけ家賃を抑えたい
・近隣住民との付き合いを大切にしたい
・風通しが良く湿気が少ないお部屋に住みたい

建物の名前では違いを判断できない

物件の名前を決めているのは大家さんです。「〇〇レジデンス六本木」のようなおしゃれな名前の物件でもアパートの可能性もありますし、マンションに「〇〇荘」と名づけることもできます。

大家さんは入居してもらいたいので、実際の物件の様子に対して名前だけがおしゃれだったりする場合もあります。

建物の良し悪しは建物の名前では判断できないので、間取り図や不動産屋の情報、内見などで確認できる建物自体の性能で決めるべきです。

以下に、物件名によく使われるカタカナ語の意味を簡単にまとめました。どの言葉も海外で「集合住宅」や「邸宅」を表す場合が多いです。

用語 意味
コーポ 集合住宅を意味する「コーポラティブハウス」の略称
ヴィラ 「田舎の大邸宅」という意味の英語
レジデンス 「邸宅」という意味の英語。高級な物件に用いられる場合が多い
ハイツ 「高台の集合住宅」という意味の英語
シャトー 「貴族のカントリーハウス」という意味のフランス語
パレス 「身分が高い人の住居」という意味の英語

上記の一覧のように、日本の賃貸物件は、意味よりも語感を優先して、誇張した名前を付けることが多いです。

物件情報に使われる用語集

お部屋探しの際目にすることが多い、用語と意味を簡単にまとめました。

用語 意味
1K・2DKなどの数字 お部屋に居室がいくつあるかを示します。「1K」なら「1部屋+キッチン」で「2DK」なら「2部屋+ダイニングキッチン」という意味です。
R
【Room】
「居室とキッチンスペースが扉で区切られていないお部屋」の意味で「1R」と表記されます。
K
【Kitchen】
キッチンスペースを表します。1Rの場合は居室の中にキッチンスペースが含まれているので、間取り図に「K」と書いていなくてもキッチンがあります。
DK
【Dining Kitchen】
ダイニングキッチンを表します。キッチンとの違いは食事スペースがあるかどうかで、7畳以下の食事スペースがある場合は「DK」と表記されます。
LDK
【Living Dining Kitchen】
リビングダイニングキッチンを表します。DKとの違いは食事スペースの広さで、8畳以上の食事スペースがある場合は「LDK」と表記されます。
WIC/WCL
【Walk in closet】
「歩ける広さを確保した収納スペース」を表します。収納用の棚やハンガーラックが備え付けられている場合が多いです。
WC/T
【Water closet / Toilet】
WCもTも「お手洗い」を表します。
RBL
【Roof balcony】
階下の屋根を利用して作られている「ルーフバルコニー」を表します。
PS
【Pipe space】
水道管や電気の配線を通す「配管スペース」を表します。
EV
【Elevator】
共用部の「エレベーター」を表します。エレベーターから自室の玄関までの経路を確認する際に役立ちます。

間取りの表記方法とキッチンスペースの違い

お部屋の間取りは「1K」や「2LDK」のように、略称で表記されます。意味は「お部屋の数+キッチンスペースの大きさ」です。

以下に、それぞれのキッチンスペースの違いをまとめました。

特徴
ワンルーム
(1R)
「K」「DK」などの間取りと違って、キッチンスペースと居住スペースが同じ空間にある
K 居住スペース+6帖以下のキッチンスペース
DK 居住スペース+6~10帖未満のキッチンスペース
LDK 居住スペース+10帖以上のキッチンスペース

また、上記以外にも、例外的に「SLDK」や「LDK+S」といった間取りの表記方法があります。サービスルーム(納戸)を含む間取りという意味ですが、物件数が少なく、あまり見かけません。

間取り図に関する詳しい解説はこちら

SLDKやLDK+Sに関する解説はこちら

普通の賃貸以外にも選択肢はある!

普通の賃貸物件以外にも、以下の一覧のような契約形態があります。普通の賃貸にこだわらず、自分に最も適している形態のお部屋に住みましょう。

特徴
学生マンション 学生専用のマンションで、家賃が安いが騒がしくマナーが悪い傾向にある
シェアハウス 複数人で1つの物件に住む方法。喧嘩したときにトラブルが起きやすい
マンスリーマンション
ウィークリーマンション
1週間や1ヶ月単位で契約できる物件で、家具や日用品完備の場合が多い
分譲賃貸 賃貸として借りられる売買用の物件で、グレードがかなり高い
定期借家 期間限定で借りられる賃貸物件で、期間が終わると基本的に更新できない

学生マンションについての詳しい解説はこちら

分譲賃貸についての詳しい解説はこちら

定期借家についての詳しい解説はこちら

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとしたスキマ時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せて、気になれば内見予約もしてくれます!

不動産屋に行くのがめんどくさい方や、しつこい営業が苦手な方もマイペースにお部屋を探せておすすめです。

イエプラはこちらから
イエプラのメリット

イエプラ

オススメ記事一覧

おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

不動産屋の物件情報をネットで全部見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき5つの理由

 

未公開物件とは?たった1つの正しい探し方

 

イエプラの口コミや評判!使った人の評価や感想は?

 

東京で評判の良い不動産屋はここ!

 

おとり物件とは?50の不動産屋を調査してわかった悪質な実態

 

4月は費用が抑えられて部屋探しにおすすめ!特徴や部屋探しの注意点を大公開!

 

「入居審査が通らないかも…」と不安な方におすすめの不動産屋3選

 

無職で賃貸契約はできるの?不動産屋が【現実】を教えます

 

学生マンションの評判は?デメリットやメリット・利用者の感想公開!

 

【一人暮らし】初めての部屋探しが成功する21のコツと30の注意点

 

家賃が1ヶ月無料!?フリーレントのメリットやデメリット!

 

不動産屋の営業時間は?遅くまで営業している不動産屋ランキング!

 

初期費用を分割払いする方法!現金の分割は可能?

 

二人暮らしの生活費の目安は?費用モデルでシミュレーション

 

同棲におすすめの間取り【カップル必見】

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

             

イエプラメリット

follow us in feedly