1LDKは二人暮らししやすい?2DKと2LDKと比較してみた【同棲】

同棲に関する知識

2017年8月21日投稿

イエプラ イエプラ

1LDKは二人暮らししやすいか、1LDKと2DKと2LDKの比較や、1LDKで二人暮らしをして分かるメリットやデメリット、間取りごとの二人暮らし失敗談などをご紹介します。

1LDKは二人暮らししやすい?

1LDKで二人暮らししやすいかは、カップルの「性格」と「生活スタイル」によります。

1LDK向けのカップルの特徴

・一日ずっと一緒にいても全くストレスを感じない
・家事を分担している
・家の中で仕事をしない
・一緒の寝室でも苦じゃない
・家賃を抑えたい

1LDKが向いていないカップルの特徴

・一人の時間が欲しい
・寝室は別がいい
・荷物が多い
・家で仕事をする
・子供がすぐにでも欲しい

1LDKで二人暮らししやすいか、否かの判断基準は上記のようになります。この時点で向いていないと感じたら、2DKや2LDKの間取りがおすすめです!

1LDKと2DKと2LDKの比較

1LDKと二人暮らし向けの間取りである2DK、2LDKをカップルのタイプ別で向き不向きを比較しました。自分たちに適した間取りを考えてみてください。

比較項目 1LDK 2DK 2LDK
一人の時間も欲しい派
いつも一緒にいたい派
睡眠を邪魔したくない
物が多い ×
友人を呼ぶ派 ×
すぐに子供が欲しい ×
寝室を分けたい派 ×
家具をたくさん置きたい
なるべく家賃を抑えたい ×

睡眠を邪魔したくないなら2DKか2LDK

お互いの生活リズムが違うと、休みの日や就寝の時間が変わります。寝ている相手の邪魔をしたくないなら、相手の部屋に入らなくても良い2DKか2LDKがおすすめです。

家具をたくさん置きたいなら1LDKか2LDK

ソファやテーブルなど、家具をたくさん置きたい場合は、DKよりもLDKのほうがスペースに余裕があります。

1LDKで二人暮らしでのメリット

①二人の距離が常に近くなる
②生活空間が分けられる
③2DKや2LDKと比べて、家賃が安い

①二人の距離が常に近くなる

1LDKでの二人暮らしは、二人の距離が常に近くなるので、ラブラブカップルにはおすすめの間取りです。

いつも隣に相手がいることで安心感も得られやすいですし、二人で生活していることを強く認識でき、さらに愛情が深まっていくことでしょう。

②生活空間が分けられる

1LDKタイプのお部屋なら、食事やくつろぐ空間と睡眠をとる空間を分けることができます。

食事と寝床が一緒なのが嫌な人には、大きなメリットになるのではないでしょうか。

③2DKや2LDKと比べて家賃が安い

1LDKは比較的家賃も安いのでお金を貯めやすいということもメリットのひとつです。

東京23区の1LDK家賃相場を見てみると、およそ10万~18万円となっていますが、2LDKの家賃相場を見てみると15~30万円と、1.5~2倍のところが多くなっています。

あくまでも東京23区の家賃相場なので郊外であればもっと安くなります。

どちらにせよ1LDKならまだ家賃の安いところが多いので、結婚資金を早く貯めたい、海外旅行に行きたいなどの目標がある二人なら、1LDK物件に住むと良いでしょう。

1LDKで二人暮らしでのデメリット

①収納スペースが足りなくなりがち
②一人の時間が取りづらい

①収納スペースが足りなくなりがち

1LDKはワンルールや1K・1DKといった物件よりも収納スペースは確保できます。

しかし、それでも、2LDKに比べて、寝室にクローゼットや洋服ダンスを置いたら手狭になってしまったり、居間に二人掛けのソファーやダイニングテーブルを置いたら狭くなることも多いです。

特に女性の衣類に関しては、基本的に男性よりも多い傾向があり、「彼の分とスペースは半分にすればOK」と想定していても、それ以上に収納スペースが必要になってしまうことがよくあります。

②一人の時間が取りづらい

一日ずっと一緒にいても全くストレスを感じないと言えど、ずっと二人で共有している空間なので、たまには一人がいいな、、と思うことも。そういった場合は、相手にちゃんと打ち明けましょう。

1LDKに住み始めて、結局、一人の時間が欲しくなった、、という方もまれにいます。ずっとため込んでイライラして、別れる事になっては、元も子もないですからね!

間取りごとの二人暮らし失敗談

1LDKや2DK、2LDKの間取りで、二人暮らし生活の失敗談をご紹介します。

間取りならではの住みにくい点が含まれていますので、同じ失敗をしないように間取りを選びましょう!

1LDKでの失敗談

1LDKは収納スペースが少ないので、部屋が物であふれてしまいました。収納スペースは多く見積もったほうが後悔しません。
生活リズムが違うなら、寝室は分けるべきです。1LDKだと寝ているときにごそごそ物音がして、少し不快でした。
1LDKだと育児が少し大変でした。夜泣きのしたときに、寝室が同じだと旦那を起こしてしまわないかと、気を使うことが多くなって非常に疲れました。

2DKでの失敗談

2DKを選んだけど、脱衣場がなくて、入浴の前後はお互い少し気を使いました。お互いに何でもさらせるなら良いかもしれませんが。
相手がお風呂に入っていると、洗面台が使えなくて困ることが多々ありました。独立洗面台がある部屋を選んだほうが良いです。

2LDKでの失敗談

部屋の広さを求めて2LDKにしたのですが、家賃が二人の給料で払えるぎりぎりなので、趣味に回せるお金が少ないです。
お互いの生活リズムが違うので2LDKに決めたけど、一緒にいる時間が減り、二人の距離が離れたように感じます。

1LDKなら「LDK」が10帖以上で収納多めのお部屋にしよう!

新しい家具

今回の内容をふまえて1LDKで二人暮らしをしよう!と感じたら、いざお部屋を探す際は、リビング10畳以上で収納多めで探しましょう!

間取りが1LDKというだけで、非常に狭く収納が少ないと、新しい生活も様々なストレスでギクシャクしてしまいます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとしたスキマ時間にチャットで希望を伝えるだけでカップル向けのお部屋が探せます!

まとまった時間がなくても、休憩時間や寝る前のベッドなど、いつでもお部屋を紹介してくれて便利です!

不動産屋に行くのがめんどくさい方や、対面で話すのが苦手な方にもおすすめです。

同棲におすすめの間取りの図

女性スタッフをご希望の方はこちら

イエプラ
イエプラ

オススメ記事一覧

8月に引っ越したい方必見!時期の特徴や部屋探しの注意点

 

未公開物件とは?たった1つの正しい探し方【非公開物件】

 

部屋探しサイトおすすめランキング! BEST5【賃貸】

 

不動産屋に行く必要なし!チャット不動産屋「イエプラ」が超便利!

 

「入居審査が通らないかも…」と不安な方におすすめの不動産屋3選

 

おとり物件とは?50の不動産屋を調査してわかった悪質な実態

 

東京で評判の良い不動産屋はここ!

 

不動産屋の物件情報をネットで全部見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

【一人暮らし】初めての部屋探しで注意したい30のポイント

 

初期費用を分割払いする方法!現金の分割は可能?

 

同棲におすすめの間取り【カップル必見】

 

二人暮らしの生活費の目安は?費用モデルでシミュレーション

 

フリーレントとは?メリットやデメリット!【意味や仕組み】

 

不動産屋の営業時間は?遅くまで営業している不動産屋ランキング!

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

深夜0時まで
すぐ対応中!
家AGENT+

follow us in feedly